マニラのエリア紹介

マニラ エリア

マニラはルソン島中西部にあるフィリピンの首都で、フィリピンの政治、経済、文化、交通及び情報の中心地で、人口の数も国内で一番の大都市です。

マニラの正式な名称はメトロ・マニラです。マニラ市をはじめとする17の行政地域のことをメトロマニラ(マニラ首都圏)と呼び、通常マニラと言う場合はこのメトロ・マニラを指して、マニラ市はマニラ・シティと呼ばれています。

地図で見ると小さく感じますが、マニラのエリアは意外と広範囲に及びます。大きな地区で分けると、マカティ市 、マニラ市、ケソン市、オルティガス地区 、ボニファシオ・グローバルシティ地区の5つがあります。
今回は、それぞれの地区がどのような特徴を持つのか詳しく説明していきます。

マニラの主要な9つのエリア

マニラ エリア

マニラ首都圏であるメトロ・マニラは、ちょうど日本の東京23区と同じような位置づけになります。東京23区が特別区の集合体であるのに対し、マニラ首都圏は市と町の異なる行政体が融合しています。

歴史地区や歓楽街、現代的なビルの建ち並ぶビジネス街、ショッピング街など、それぞれの地区ごとに違った顔を持っており、その多様さがマニラ市の大きな魅力となっています。

LINE留学相談

マカティ市

マニラ エリア

マカティ市(Makati City)はマニラの東南に位置している都市で、マニラの経済中心地であり別名「フィリピンのウォール街」とも呼ばれています。

中心部に位置するCBD(中心業務地区)と呼ばれる近代的な高層ビルの摩天楼がそびえ立つことからフィリピンのウォール街と称されています。

日系企業や外資の大手企業、金融機関もたくさん集まるフィリピンビジネスの中心地で、東京の丸の内や大手町にあたる場所です。

ここは先進国以上といってもいいほどの美しい街並みの近代都市の景観が広がり、その中には高級ショッピングモールや世界的に有名な5つ星の高級ホテルも立ち並んでいます。

マカティ市は、これからさらなるフィリピン経済の中心地として注目が集まっている場所でもあり、今後も安定した成長が見込められているため、外国人の駐在員には特に高級コンドミニアムの需要が高いエリアになっています。

マニラ市

マニラ エリア

Photo by : Manila Public Information Office

マニラ市(Manila City)は別名「東洋の真珠」とも呼ばれています。ここはスペインによって植民地にされていた16世紀末(一時期を除く)からの首都と、マニラ首都圏の中核の都市の二つの顔を持ちます。

マニラ湾の美しい夕陽や、世界遺産のサン・アグスチン教会など、スペイン統治時代の歴史的な建築物が残る西洋と東洋の文化が融合した歴史的な都市です。

LINE留学相談

ケソン地区

マニラ エリア

Photo by : Quezon City Government

ケソン地区(Quezon City)はメトロ・マニラの北東部に広がるエリアです。政府機関が集まっている地区でもあります。フィリピン大学やアテネオ大学があり、学園都市となっています。

オルティガス地区

マニラ エリア

Photo by : Ortigas Center CBD

オルティガス地区(Ortigas Area)は、マニラ首都圏のマンダルヨン市、パシッグ市、ケソン市にまたがるエリアで、首都圏でマカティに次ぐ2番目に大きなビジネスと金融の中心地です。
フィリピンで人気のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の拠点でもあります。

フィリピン国内に2か所ある証券取引所の1つがこの地区にあり、中華系のフィリピン企業エリアもあり、フィリピン大企業の本社や一流の外資系企業、各種教育機関、複数のショッピングモールや高級ホテルが集まった、モダンな雰囲気の街になっています。

フィリピン経済を支える英語力を活かした会社の中心地として、常に人の流れが絶えず、今後も海外を対象とするコールセンターなどBPO産業の拡大により、さらなるオフィスの需要が高まると予想されています。それにつれて、労働人口の増加とともに住宅の需要が一段と増すエリアとも言われています。

ボニファシオ・グローバルシティ地区

マニラ エリア

ボニファシオ・グローバルシティ地区(Fort Bonifacio Global City:通称BGC)はマニラの中で注目No.1の大型の開発地区であり「フィリピンの近未来都市」とも呼ばれています。

2000年以降、急速に開発が進んでいる洗練された近未来都市であり、日本でいうところの横浜みなとみらいのような場所です。

ビジネス街や高級住宅地として開発が進んでいるボニファシオ・グローバルシティは、緑の公園を囲む形でオシャレなカフェ、レストラン、ショップが集まったハイ・ストリートを中心に、高級住宅や大手企業や国際的な金融機関の高層オフィスビルが広がっています。

ここはグローバルシティの名の通り、複数のインターナショナルスクールや日本人学校、各国の大使館なども集まっています。生活の利便性も高いので、多くの外国の駐在員が住んでおり、マニラ首都圏で今後最も成長・発展が期待される都市でもあります。

エンターテインメント・シティ・マニラ

マニラ エリア

上記の5つの地区以外に、最近注目をされている場所があります。それは、エンターテインメント・シティ・マニラ(Entertainment City Manila)です。ここは「アジアのラスベガス」とも呼ばれている世界最大級のカジノ複合リゾート施設です。

観光業の活性化と新たな雇用のつくるフィリピン政府の国家プロジェクトとして、アジアのラスベガスを目指した世界最大級のカジノ複合リゾート施設です。場所は、マニラのニノイ・アキノ国際空港からも近いマニラ湾沿岸開発が進む所にあります。

総面積120万平方メートルの敷地に、中国やシンガポール、東南アジアなど海外の観光客を呼び込むため、総工費約150億ドルをかけ、カジノ、高級ホテル、高級コンドミニアム、コンベンションセンター、劇場、レストランなどが続々と開発されています。
その広さは、東京ディズニーランドの2倍強にもなります。

カジノ産業はこれからフィリピン経済に大きな経済効果をもたらすことが期待されているので、その開発と合わせて周辺エリアの不動産市場の活性化も見込まれています。

エルミタ・マラテ地区

リサール公園の南端からマニラ湾沿いに広がる地区。宿泊や両替、エンターテイメントなど観光客向けの施設などがそろっているので、短期滞在するのには便利な場所。

キアポ・チャイナタウン地区

マニラ エリア

Photo by : Wikipedia

サンチャゴ要塞の北側のパシグ川の北側に隣接した二つの地区。LRTを境に東がキアポで西がチャイナタウンになる。キアポ地区はブラックナザレで有名なキアポ教会を中心とした庶民の町。

パサイ地区

マニラ エリア

Photo by : Wikipedia

国内・国際空港にも近い地区。LRT1号線エドゥサ駅とMRTの起点のタフト・アベニュー駅が交差する地区とその周辺。長距離バスのターミナルが集中している。

用途別のおすすめエリア

快適な生活を送るなら「ボニファシオ・グローバルシティ地区」

ボニファシオ・グローバルシティ地区は街自体が計画されて作られており、道路や建物などの配置がよく整っています。治安もよく、夜女性が一人でランニングも行えます。

エリア内には外資系企業も多く進出しており、マニラの中でも住んでいる人々の国際色が豊かです。

治安面で注意が必要なエリア「マラテ」


マニラの中には、特に犯罪に巻き込まれないよう注意が必要なエリアがあります。ここではマラテを紹介します。

エルミタ・マラテ地区はマニラの繁華街といわれるエリアで、ゴーゴーバーやナイトクラブが並んでいます。ニセ警官による詐欺や美人局といった犯罪が多いことでも有名です。

2018年には、マラテ地区で白昼堂々と日本人が殺害された事件もあり、観光客は近づかない方が良い場所といえます。日本人の男性が東南アジアに行くのは売春狙いというように、観光客狙いの客引きも少なくありません。

女性を連れだしたら、法外な金額を要求されたというようにぼったくりも日常茶飯事です。当然、スリやひったくり、拳銃をつきつけて強盗をするホールドアップなどの被害に遭うケースも多いので、夜間の1人歩きはしないようにしましょう。

その他に危険なエリアや具体的にどのような犯罪が多いか、また犯罪に巻き込まれないためにはどんな対策をすべきかは下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

マニラの治安は大丈夫?現地のトラブル事例から危険な目に遭わないためのポイントまで紹介
海外を訪れる方の多くが気にするのが現地の治安。渡航する国や地域によっては治安の悪いエリアもあり、生活する上でさまざまな点に注意が必要です。特に海外に比べ治安の良い日本で暮らしている人にとっては、思わぬことがトラブルのきっかけになることも十分にあります。そこで今回はマニラの治安に関して、現地で注意すべきトラブル事例、危険な目に遭わないためのポイントなどを紹介します。
2020/04/27

マニラのエリア紹介まとめ

マニラは首都だけあって、他のフィリピンの都市よりも抜きんでた発展具合を遂げています。経済都市としてだけではなく、高級ホテルや大型のショッピングモール、カフェやレストランなど、そこで暮らす人向けの施設も充実しています。

マニラと言えば心配されるのが治安面です。一部の地域ではスリ、盗難、強盗、ホールドアップなど被害が多いので、そういう場所にはできるだけ近づかないようにして常に身の安全を確保しましょう。

今回はマカティ市 、マニラ市、ケソン市、オルティガス地区 、ボニファシオ・グローバルシティ地区の5つのエリアを紹介しました。

この5つのエリアは、バスか電車かタクシーの移動手段で訪れることができます。これを読んで急激な経済発展を遂げるマニラが気になった方は、ぜひ訪れてみてください。

マニラ留学に戻る

LINE留学相談

マニラ留学ガイド

マニラの地区・周辺エリア情報

マニラ留学の特徴とメリット・デメリット

マニラへ渡航する前に知っておきたい両替情報

マニラの治安情報

マニラのおすすめ観光スポット情報

マニラの空港情報と市内へのアクセス方法

マニラの現地生活情報

マニラの天気・気候と服装

1週間のマニラ留学費用の内訳と総額

1ヶ月のマニラ留学費用の内訳と総額

3ヶ月のマニラ留学費用の内訳と総額

半年のマニラ留学費用の内訳と総額

1年のマニラ留学費用の内訳と総額

マニラ留学の失敗事例と後悔しないためのポイント

マニラの病院情報

マニラの交通事情まとめ

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。