School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

フィリピンでのタクシーの乗り方を徹底解説!注意点とチップ事情とは

フィリピン留学をする多くの日本人が、タクシーを日常的に使っています。ガイドブックなどでも「タクシーは安全で1番お勧め」という記事を目にします。

フィリピンでタクシーを気軽に使える理由の1つが安さです。
普通のタクシーは、なんと初乗り40ペソ(約103円)。日本と比較すると圧倒的に安いんです。

今回はフィリピンでのタクシーの乗り方、注意点などをご紹介します。

【PR】

フィリピンでのタクシーの乗り方

フィリピンのタクシー

フィリピンで街中を歩いていると、そこらじゅうにタクシーが走っています。そのためタクシーを探すのに困ることはそこまでないでしょう。乗り方はいくつかの注意点を除き、基本的に日本で乗るときと同じです。

日本と同様に手を上げて合図をし、タクシーを止めます。
このとき、行き先はタクシーに乗る前にドライバーに告げましょう。
目的地が少し遠いと乗車を断ったり、いきなり降ろされたりします。

乗ったらすぐに、ドライバーがメーターの計測ボタンを押したかどうかを確認しましょう。メーターを使わず、ボッタクられる可能性があります。
もし押す素振りを見せなかった場合は「Do you have the meter?」と言ってすぐ確認しましょう。

降車する際の支払い方法ですが、メーターに表示された金額を払えばオッケーです。
ぴったりの金額でもいいのですが、たいていの人が少し多めにチップとしてあげてるようです。5ペソで十分だと思います。

フィリピンの他の交通手段(ジプニーなど)と比較して、安全、快適、行き先までダイレクトなので、留学生にはオススメの交通手段です。

タクシーに乗る際の注意点

フィリピンのタクシー

日本とは異なる、フィリピンのタクシーに乗車する際にいくつか注意すべきポイントがあるので、確認していきましょう。

細かいお金を用意すべし!

フィリピンではタクシードライバーが十分なお釣りを用意していないことが多いです。
500ペソ以上の高額紙幣で支払うと、お釣りはないと言われることが結構な頻度であります。そのため、タクシーに乗る際は、細かいお金を用意しておきましょう!

忘れ物はするな!

タクシーから降りる際は、忘れ物がないかの確認を絶対にするようにしましょう!
物を忘れると一生返ってきません。おそらくドライバーの私物になっていることでしょう。

メーターを使いこなそう!

フィリピンタクシーのメーター

フィリピンのタクシーでは、ドライバーが外国人に対して高い値段でぼろうとしてくることがあります。

ドライバーが外国人だとわかるとメーターを使わずに、乗る前に「◯◯ペソ」提示してくることが多いです。ほとんどの場合水増しされた価格なので、「Please meter(メーターを使って)」とちゃんと伝えましょう。ただし道路状況や、目的地がとても遠い場合にはメーターを使わない文化があり交渉必須になるので、その場合は提示金額を下げる交渉をするといいです。

ちなみに、マニラの渋滞は本当にすごいです。世界都市で9位と聞きました。雨のときはタクシーの需要があるので、必ずと言っていいほど高めの料金を設定してきます。
私はその行為に納得できず、夜の雨の中、寮まで1時間半程かけて歩いて帰ったことがあります。ただ、安全面を考えるとこれは決してお勧めできないです。素直にタクシーに乗りましょう。

また、日本ほど国自体が安全ではないので、極力1人では乗らないこと、夜中に酔って乗らないことですね。ボッタクり行為に喧嘩になったりすると面倒なことになるので、交渉はほどほどにしておくといいかもです。
ボッタクられたとしても、日本円では数十円程度で済む場合が多いので。

タクシーメーターがある場所はタクシーによって異なります。適宜メーターの場所と数値はチェックしておきましょう!

知っておくと便利!フィリピンタクシー豆知識

フィリピンのタクシー

地図アプリを使ってみよう!

携帯やタブレットで自分の現在地を示してくれる地図を開いておくととても便利です。自分が今どこにいるのかがわかり安心です。ネットに繋がってなくても、繋がった場所から地図を開いておけば現在地を示してくれるアプリがiPad にはついています。私は移動のときは、いつもネット環境でiPadの地図を開いてそこから移動するようにしています。

タガログ語を使ってみよう!

裏技としてはタガログワードをちょこちょこ使うことです。

すると「お、こいつ知ってるな。フィリピンは初めてじゃないな。」
となり、高い値段をふっかけられることが少なくなることがあります。

  • 「デレッチョ」:真っ直ぐ
  • 「オポ」:はい(Yes)

などは、私も使ったりすることがあります。

空港で安いタクシーを拾う場合

空港には様々なタクシーがいます。
黄色のタクシーはエアポートタクシーといって、空港への行き来専用です。普通の街中のタクシーに比べて若干割高です。
割高なタクシーが嫌な方は、到着ゾーンから出発ゾーンに移動しましょう。

出発ゾーンには街中のタクシーがいます。それは、街中のタクシーが空港まで誰かを送ってきた場合が多いからですね。
こちらは、通常の料金(初乗り40ペソ)で乗ることができます。


私はフィリピンのマニラに住んで4ヶ月になり、現地の人の感覚に近くなってきたのか、ほんの数十円でさえ安くしたいという欲がでてきてて、滅多にタクシーは乗らなくなりました...笑

しかし、フィリピンに慣れていない方は、お金をケチるのではなく、安全なタクシーを選ぶのが得策です。いいドライバーの人と楽しく英語で会話をすることもありましたし、こちらからチップを払いたくなりような親切なドライバーもいました。

少し長くなりましたがフィリピンのタクシー事情と乗り方、注意点をお送りしました。

「一カ月15万円から、英語留学ができる!?マンツーマンレッスン中心だから英語初心者でも安心!

常夏の島国フィリピンで、あなたも英語留学に挑戦してみませんか?

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

なまたまご

なまたまご

以前日本で働いていて仕事を辞めフィリピンに留学しております。私の夢であり、誰もが憧れている「英語を話したい!」この目標を達成するために毎日奮闘しております。失ったものもあるけど、それ以上に多くのものを得ています!現地のリアルでディープな話を提供していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。