ワーキングホリデー中は語学学校へ通うべき?通う場合の期間や費用相場、学校の選び方などを解説

ワーキングホリデー 語学学校

「ワーキングホリデー中は語学学校に行った方が良いのかな……」

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、ワーキングホリデー中は数カ月だけでも語学学校に通うことをおすすめします

語学学校に行かない場合でもアルバイトなどすることは可能です。しかし学校で英語力を最大限に高めておく方が、より時給の良いアルバイトができる可能性が高いからです。

また学校に通うことで友達ができる、現地生活に慣れる時間ができるなどのメリットもあります。

とはいえ、なぜワーキングホリデー中に語学学校に通った方が良いのかは、なかなか分かりにくいですよね。

そこで今回は、ワーキングホリデー中に語学学校に通うメリットとデメリット、語学学校に通うべき人の特徴などを順に紹介します。

今回の記事を参考に、ワーキングホリデー中の計画を少しずつ考えていきましょう!

スクールウィズでの留学お申込みで
最大33,979円相当プレゼント!

LINEで留学のプロに無料相談

スクールウィズでは、留学の口コミ投稿でもらえるAmazonギフト券やレアジョブ英会話のお得なクーポンを合わせた、最大33,979円相当をお申込み者へプレゼント中!
他にも代理店手数料0円と最低価格保証で、最安値の留学が実現できます。

お得なこのチャンスに、ぜひスクールウィズの利用をご検討ください!

【無料】LINEで留学相談する!

ワーキングホリデーでは語学学校に通わないと行けない?

ワーキングホリデー 語学学校

まずワーキングホリデー中に語学学校へ通った方が良いのか、簡単に解説しますね。

ワーキングホリデーは語学学校に通わなくても問題はない

ワーキングホリデー中は原則、語学学校に通う義務はありません。就学や就労、観光など自由に過ごせるぶん、現地での過ごし方は個人の自由となっています。

到着してすぐに働いたり、1年間ずっと観光し続けたりすることも可能なので、語学学校に通わずにワーキングホリデーを楽しむ人も多いです。

現地の生活に慣れたり語学力をつけたりしたいなら語学学校へ通おう

先ほどワーキングホリデーで語学学校に通う義務はないとお伝えしました。ただし以下の場合、語学学校に通った方がワーキングホリデーが充実することは多いです。

・仕事探しをスムーズに進めたい人
・英語初心者、もしくはTOEIC600点以下の英語力の人

まずワーキングホリデーではアルバイトができますが、海外で働くにはTOEIC700点以上の英語力が必要です。例えばカフェなど接客業の場合、現地スタッフとスムーズなやり取り、そしてネイティブお客さまへの対応などをするため、英語力がないと仕事になりません。

また英語力がないと、求人を探すことも難しいですよね。「海外で働く経験がしたい!」と考えている人は特に、英語力がないと1年間のワーキングホリデーを楽しめないことになるのです。

語学学校に通う方が仕事に必要な英語力を身に付けたうえで、アルバイトを探すことが可能です。

LINE留学相談

ワーキングホリデー中に語学学校に通うメリットとデメリット

ワーキングホリデー 語学学校

先ほどワーキングホリデーで働きたい人は語学学校に通うのがおすすめとお伝えしましたが、学校に通うのはメリットもデメリットもあります。それぞれ解説しますね。

メリット

ワーキングホリデー中に語学学校に通うメリットは、以下の4つです。

  • ・接客用語やビジネス英語など仕事に必要な英語力を身に付けられる
  • ・現地に友達ができる
  • ・友達との情報交換でアルバイト先や滞在先が見つかることもある
  • ・学生寮・ホームステイなど滞在先も確保しやすい

何度もお伝えしたように、英語力が高まる分アルバイトに採用される可能性は高くなります。

また初めての土地でも友達ができることで、一緒に遊んだり勉強したり、寂しさを感じることがありません。さらには情報交換や紹介でアルバイトが見つかることも多いです。

デメリット

対して語学学校に通うデメリットは、以下の3つです。

  • ・学費が必要なので、留学費用を多めに用意する必要がある
  • ・働ける期間が短くなる
  • ・英語力が高い人は退屈に感じる

まず語学学校には授業料などが必要になるので、そのぶん留学費用は高くなります。さらに語学学校は短くても1週間、長いと数カ月から半年ほど通うことになるので、その間はアルバイトができません。

現地でのアルバイトで得られるお金は少なくなるので、そのぶん出費が増えます。

またそもそも英語力が高い人は授業を受けても新たな学びが少なく、「意味がない……」と感じる可能性もあります。

ワーキングホリデー中に語学学校に通うべき人の特徴

ワーキングホリデー 語学学校

先ほど「英語力が高い人は退屈に感じるかも」とお伝えしたように、一部の人は語学学校に通う必要がありません。

そこでここでは、語学学校に通うべき人を紹介します。

語学学校への入学をおすすめする人の特徴

語学学校に通うことをおすすめするのは、以下のような人です。

  • ・英語初心者
  • ・海外でのオフィスワークなど専門的な仕事を探している人
  • ・初めての海外生活に不安がある人

まず英語力があまり高くない場合、語学学校に通って自身の語学力を高めておきましょう。

また英語ができないと、英語を必要としない仕事にしか採用されなくなります。ITや不動産などオフィスワークを希望している人は、語学学校でビジネス英語を学んでおくことをおすすめします。

海外生活に不安がある人も、語学学校に通って友達を増やしておく方が安心です。

一方でフルーツピッキングなど、比較的英語力が求められない仕事に就く場合には、必ずしも語学学校へ通う必要はありません。

LINE留学相談

【期間】ワーキングホリデーでは語学学校に何カ月通うのが良い?

ワーキングホリデー 語学学校

続いては、実際にワーキングホリデー中に語学学校に通うとしたら何カ月が良いのかを解説します。また語学学校に通うときの注意点も紹介しますので、あわせて参考にしてみてください。

おすすめの通学期間は3カ月

結論からお伝えすると、ワーキングホリデー中に語学学校に通うのは「3カ月」がおすすめです。

その理由は以下の3つ。

  • ・英語力が伸びるには数カ月の時間が必要だから
  • ・数カ月の時間があれば、アルバイト探しも同時に進められるから
  • ・3カ月というのは海外での生活に慣れて、余裕が出てくる頃だから

まず英語力は、1日や2日で伸びるものではありません。さらに海外での生活も最初は慣れないことが多いので、毎日を過ごすだけで疲れることが多いです。

勉強に集中すると他のことをする余裕はなくなるうえに、あれもこれもと手を出すとどれも中途半端になりかねません。英語力と精神面、両方とも余裕を持ってアルバイトできるのは数カ月くらい経った頃なので、3カ月がちょうど良いかと思います。

英語力に不安がある人や英語初心者の場合は、4カ月や6カ月などもう少し伸ばしても構いません。数カ月を基準に、自分の英語力と相談しながら考えてみてください。

注意点:国によって就学期間に制限がある

基本的にワーキングホリデーでは語学学校に通うことをおすすめしていますが、すべての国で何カ月も就学できるわけではありません。

実はワーキングホリデービザを使った就学には、一部の国で期間制限があるのです。

例えば、以下の国です。

【3カ月まで】
・ノルウェー

【4カ月まで】
・オーストラリア
・スペイン

【6カ月まで】
・ニュージーランド
・カナダ
・香港

制限期間を超えての就学はできません。

ただし今後変更される可能性もありますので、渡航先の最新情報をチェックするようにしておいてください。

【国別】ワーキングホリデーで語学学校に通った場合の費用【3カ月】

先ほどワーキングホリデーで語学学校に通うのは、3カ月がおすすめだとお伝えしました。

そこで次は、人気の国で語学学校に通った場合、費用はいくらかかるのかを簡単に紹介します。

国(1)オーストラリア

ワーキングホリデー 語学学校 オーストラリア

オーストラリアで3カ月ほど語学学校に通った場合、平均的な学費には55万円ほど必要です。

カテゴリ 費用項目 モデル費用
学費 授業料 45.7万円
学校支払い諸費用 9.3万円

滞在費用などを含めた合計費用は「3カ月のオーストラリア留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!」を参考にしてみてください。

オーストラリアで通学する語学学校を具体的に検討するなら、スクールウィズのLINE相談をご利用ください。費用やおすすめの都市や語学学校の提案、見積もりや申込手続きなど、状況に合わせて留学カウンセラーが無料で相談に乗るので、検討を前に進められます。

\何も決まっていなくてもOK!/

【無料】留学相談してみる!

留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に回答いたします

国(2)ニュージーランド

ワーキングホリデー 語学学校 ニュージーランド

ニュージーランドで3カ月ほど語学学校に通った場合、平均的な学費には53万円ほど必要です。

カテゴリ 費用項目 モデル費用
学費 授業料 45.8万円
学校支払い諸費用 7.3万円

滞在費用などを含めた合計費用は「3カ月のニュージーランド留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!」を参考にしてみてください。

ニュージーランドで通学する語学学校を具体的に検討するなら、スクールウィズの留学カウンセラーが無料で相談に乗るので、下のボタンよりLINE登録の上ご相談ください。

\何も決まっていなくてもOK!/

【無料】留学相談してみる!

留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に回答いたします

国(3)カナダ

ワーキングホリデー 語学学校 カナダ

で3カ月ほど語学学校に通った場合、平均的な学費には49万円ほど必要です。カナダはオーストラリアやニュージーランドに比べると、少し安くなりそうですね。

カテゴリ 費用項目 モデル費用
学費 授業料 42.9万円
学校支払い諸費用 6.6万円

滞在費用などを含めた合計費用は「3カ月のカナダ留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!」を参考にしてみてください。

カナダで通学する語学学校を具体的に検討するなら、スクールウィズの留学カウンセラーが無料で相談に乗るので、下のボタンよりLINE登録の上ご相談ください。

\何も決まっていなくてもOK!/

【無料】留学相談してみる!

留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に回答いたします

ワーキングホリデー中に通う語学学校の選び方3つ

ワーキングホリデー 語学学校

最後に、ワーキングホリデー中に語学学校を選ぶポイントとして、

  • ・目的に合ったカリキュラムやコースが用意されている
  • ・多国籍な学生が集まる環境や日本語禁止のルールがある
  • ・滞在先やアルバイトを紹介してくれる

の3つを紹介します。

選び方(1)目的に合ったカリキュラムやコースが用意されている

1つ目は「目的に合ったカリキュラムやコースが用意されている」です。

多くの人は、何か目的を持ってワーキングホリデーに挑戦しているのではないでしょうか。その目的に合った授業を受けられる学校の方が、ワーキングホリデーは充実しやすくなります。

例えば、

・カフェで働きたいからバリスタコースのある学校にする
・海外のIT企業でアルバイトしたいからビジネス英語のカリキュラムを受講する

などです。

学校は、目的達成に必要なカリキュラムやコースをもとに探すようにしましょう。

選び方(2)多国籍な学生が集まる環境や日本語禁止のルールがある

2つ目は「多国籍な学生が集まる環境や日本語禁止のルールがある」です。

語学学校に通う目的は「英語力を高めること」。そのため日本人以外の留学生が集まる学校や、母国語を禁止して英語だけを話すルールのある学校の方が、英語力は伸びやすいです。

英語を話すチャンスが多いかどうか、学校の環境から判断してみましょう。

選び方(3)滞在先やアルバイトを紹介してくれる

3つ目は「滞在先やアルバイトを紹介してくれる」です。

先ほどメリットで「語学学校がアルバイトなど情報交換の場になることもある」とお伝えしました。アルバイト情報は友達同士だけでなく、語学学校が掲示板を使って募集していることも多いです。

アルバイト先は学校から紹介してもらう方が、なんだか安心できますよね。情報提供の場となるかどうかも、学校を選ぶ基準として考えてみてください。

また、学校によっては英文での履歴書を添削してもらえることもあるので、サポート内容は事前に確認しておきましょう。

まとめ

ワーキングホリデー 語学学校

今回は、ワーキングホリデー中に語学学校に通う必要はあるのかどうか、解説しました。

おさらいすると、そもそもワーキングホリデーは就学や就労など、自由に過ごせる制度です。語学学校に通わなくても問題ありませんが、以下の人は学校で勉強しておく方がワーキングホリデーが充実しやすいです。

  • ・英語初心者
  • ・海外でのオフィスワークなどより専門的な仕事を探している人

実際に語学学校に通うことには、以下のメリットがあります。

  • ・接客用語やビジネス英語など仕事に必要な英語力を身に付けられる
  • ・現地に友達ができる
  • ・友達との情報交換でアルバイト先や滞在先が見つかることもある
  • ・学生寮など滞在先も確保しやすい

学校に通うときは、3カ月を目処に入学するのがおすすめ。英語力が伸びるのには数カ月の時間が必要なうえに、その頃には現地での生活にも慣れて、余裕を持ってアルバイト探しができるからです。

学校を探すときは最後に紹介したポイントをもとに、自分に合うところを調べてみてくださいね。

具体的に語学学校の検討を進めるなら、スクールウィズの留学カウンセラーが無料で相談に乗るので、下のボタンよりLINE登録の上ご相談ください。

\何も決まっていなくてもOK!/

【無料】留学相談してみる!

留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に回答いたします

あなたはどのステップにいる?語学留学実現までの流れ

留学 ステップ

語学留学を具体的に検討するなら、まずは留学を実現するまでの流れを確認しましょう!留学準備では大まかに5つのステップがあります。


  1. ステップ1:目星をつける
  2. ステップ2:相談する
  3. ステップ3:申し込む
  4. ステップ4:渡航準備
  5. ステップ5:出発!

留学を思い立ったら、まずは渡航時期、期間、渡航先の目星をつけてみてください。
いつ、どれほどの期間、どんな国で留学するかイメージが持てると具体的な計画を立てやすくなります。

考えることが多い留学準備には、プロの伴走者を

留学 ステップ

留学へ行くとなると考えることはたくさんあります。

  • 「そもそもどんな留学体験ができるんだろう?」
  • 「気になる留学先はあるけど、自分に合っているかわからない」
  • 「結局のところ何から準備を始めたらいいんだろう?」
  • 自分で調べてみたものの、ネット上ではさまざまな意見が発信されていて、何を信じていいかわからないまま、検討途中で止まってしまう留学生は多くいます。その疑問、無理に一人で解決せずに留学カウンセラーに相談してみませんか?

    英語力アップに強い留学エージェント「スクールウィズ」

    スクールウィズ

    スクールウィズは英語力アップに強い留学エージェントです。 初中級者のための英語学習プログラム「プレ留学」×「カスタム留学プラン」であなたの留学を、経験豊富なカウンセラーが万全の体制でバックアップ致します。

    1. 【スクールウィズが選ばれる7つの理由】
    2. 1. 専門家監修!英語学習プログラム「プレ留学」で事前学習もバッチリ
    3. 2. 充実した英語学習サポート体制!
    4. 3. 1万通り以上から選べる「カスタム留学プラン」
    5. 4. 経験豊富なカウンセラーによるベストなプラン提案
    6. 5. 代理店手数料0円&最低価格保証
    7. 6. 安心安全、充実の留学サポート体制
    8. 7. スマホで相談から手続きまで完結!

    せっかくの留学を失敗してほしくない想いから、英語力を伸ばす独自のサポート、納得いくプランづくりに力を入れています。

    いま英語力に不安があっても、しっかり準備するから大丈夫。留学で、憧れだった「英語を話せる理想の自分」を私たちと一緒に実現させましょう!

    留学に対するご質問から、留学プランづくり、事前の英語学習、留学中のサポートまで対応しておりますので、ご相談お待ちしております。

    【無料】LINEで留学相談する!

    こちらの記事もあなたにオススメです

    この留学ブログを書いた人

    モリキアユミ

    モリキアユミ

    1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

    カテゴリーから記事を探す

    英語力アップの留学エージェントなら
    スクールウィズ

    無料留学相談する!

    英語力を伸ばす「あなたにピッタリな留学プラン」を一緒に見つけましょう

    \直接話を聞いて相談したいなら/

    留学カウンセラーと
    個別面談する(オンライン)

    \まずは気軽に相談したいなら/

    公式LINEで
    相談・質問する LINE留学相談 QRコード

    スクールウィズのユーザーになる
    ×

    会員登録は無料!30秒で完了します。
    以下いずれかの方法で会員登録してください。

    既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。