ファームジョブ成功者に聞いた!ワーホリで優良ファームを見つる方法と仕事を楽しむコツ#メルボルンで働く 05

ファームジョブ

みなさん、こんにちは。オーストラリア・メルボルンで競技チアリーディングの選手として留学をしている笠原園花(かさはら そのか)です。

本連載はメルボルンで留学やワーホリをしながら仕事をしている日本人に密着取材し、そのリアルな生活ぶりをお伝えする「メルボルン・留学お仕事シリーズ」第5弾! ファームジョブ編です。

今回紹介するのは、ワーキングホリデービザを利用しクイーンズランド州スタンソープにある農場「Eastern Color」でファーム業を行う、鳥羽瀬寛子(とばせひろこ)さんです。

メルボルンでフィットネスの資格を取得し仕事とすることを目標に、オーストラリアに来たそうです。

鳥羽瀬さん

鳥羽瀬 寛子さんの自己紹介
1993年生まれ。青山学院大学を卒業後、広告代理店でウェブ広告のマーケティングに従事。3年勤務した後、退職。大好きなダンスと、フィットネス関連の資格を取得し仕事にしたいという夢を叶えるために、オーストラリアへの渡航を決意。

資格取得のための専門学校がメルボルンにあったことがきっかけで、メルボルンでの生活を決めました。現在はセカンドワーキングホリデービザ取得のため、メルボルンでの生活の前にクイーンズランド州でのファーム業を行っています。

ファームジョブとは何をする仕事?

ファームジョブ

ファームジョブは多くの場合、イチゴなどのフルーツや野菜を摘む作業を行います。中には茶摘工場での勤務など、珍しいケースもあるようです。

1年目のワーキングホリデー中に地方での農業を88日以上行うと、ワーキングホリデーでもう一年滞在できる「セカンドビザ」が取得できるとあって、多くの在豪日本人がファーム業を経験しています。

しかし、労働状況は過酷と言われることが多いのも事実。給料が出来高制のため、天気が悪くフルーツや野菜のピッキングができない日は、給料がでないといったことは日常茶飯事のようです。

そのため、多くの日本人から「ファームは辛い。」「辛くて途中でやめてしまった。」という声を多く聞きます。

一方で、鳥羽瀬さんは「ファームでの仕事は楽しい」といいます。そんな鳥羽瀬さんに、ファームで成功する秘訣や優良ファームの探し方について聞いてみました!

LINE留学相談

ファームの仕事がある日の一日

ファームでの一日は「朝が早い!」と、皆口を揃えて言います。さて、鳥羽瀬さんはオーストラリアでどのような一日を送っているのでしょうか?

3:50am 起床

ファームジョブ

日が昇る前の暗い中での起床。朝が苦手な人でも、ファームではこの時間に起きるのが日常となります。同じファームで働く人と共同生活となるため、寝坊して遅刻する心配が軽減されるようです。

4:30am 出勤

ファームジョブ

ファームから用意されているシェアハウスから勤務先である農場までは送迎車があります。起きてから支度をして車に乗り、チーム全員で出勤です。

11:00am 〜4:00pm 業務終了

ファームジョブ

ファームでの業務終了時間は、収穫予定のフルーツや野菜が全て摘み終わった時です

そのため、天気が良く実が多くなっている時は業務時間が伸びますが、天候が悪くほとんど摘むものがなかったという日は数時間で業務終了となってしまうようです。

5:30pm 友人達と夕飯へ

ワーホリ中の夕食

日によって変わる業務終了時間ですが、業務が終わり帰宅した後は、友人達と外出したり夕飯を食べに行くことが多いようです。

毎日一緒に働くチームの皆とは、朝から晩まで常に一緒。本当の家族のように仲が深まります。

9:00pm 就寝

翌日の早起きに備えて、夜9時には就寝します。

休日の過ごし方

ワーホリ中の休日の過ごし方

ファームジョブがある場所は地方の場合が多いため、「周辺に遊ぶところがない」ということも。

休日には、友人達と少し遠出をして余暇を楽しむようです。鳥羽瀬さんの場合、同じ州にあるムービーワールドというテーマパークに遊びに行ったりもしたそうです。

ワーホリ中の休日の過ごし方

優良ファームで働くには? 仕事の探し方

ファームによって仕事内容や条件などに良し悪しがあるようですが、鳥羽瀬さんはどのように優良ファームでの仕事を見つけたのでしょうか?仕事探しのコツを聞いてみました。

FACEBOOKグループで仕事を探すのが主流

ファームの仕事をしたいと思った時に、まず見るべき求人サイトは実はFacebookだといいます。Facebookにはファーム専用の求人グループがいくつかあり、多くの人がその情報をみて応募するようです。

必ず加入すべきFacebookグループ
「Famz オーストラリア最大の求人・ファームコミュニティ」
「Farm Kangaroo」

鳥羽瀬さんの場合、他にもFacebookの検索窓で「オーストラリア ファーム」などとキーワード検索して出てきたグループには加入してみたそうです。

オーストラリアの日系向け情報サイトでも

下記のような、日系情報サイトにもファームの求人情報が掲載されていることがあるようです。

「チアーズ」
https://cheers.com.au

「日豪プレス」
https://nichigopress.jp

友人の紹介が一番安心

ファームで職を得るにあたって、一番安心で安全な方法は「友人の紹介」。すでにファーム業を終えた日本人に、どのファームが良かったか、どんな労働条件だったかを直接聞いてみましょう。

日本では知り得ない情報や、悪徳なファーム会社の情報などは現地で得るのがベスト。

そのためにも、ファームでの就労を開始する前に一度現地に住み、コネクションを作りながら情報収集するのが優良ファームを見つけ出す一番の方法と言えるかもしれません。

LINE留学相談

ファームで働いてみて良かったこと

ファームジョブ

大変な作業が多いファームジョブですが、実際に働いてみてメリットや良かったことはあるのでしょうか。

お金が貯まりやすいこと

シーズンにも場所にもよりますが、ハイシーズンになると収穫が増えるため、その分多くお金を稼ぐことができるようです。

鳥羽瀬さんの場合、これまでのファーム生活で一番稼いだ額が、9月のハイシーズンで1ヶ月に4,550ドル。これは日本円にして、約35万円!

シーズンでない時期を選んでしまうと、毎日働いても月に1,000ドル程度しか稼げなかったという例もあるので、シーズン・場所選びが重要です。

摘みたての苺が食べ放題なこと

ファームで働く特権といえば、摘みとったその場で食べられること

出荷不可となったフルーツや野菜は持ち帰ることもできるので、食費を浮かせることも可能です。

心が広くなったこと

ファームでは予期せぬ事態がたくさん起こります。

最近では、突然の台風直撃によりほぼイチゴがほぼ全滅状態になってしまったということも実際に起きたようです。

何が起こるかわからないファーム生活を過ごすことで、臨機応変に対応する力がつき、些細なことをいちいち気にしなくなったといいます。

ファーム業で大変だったこと

ファームジョブで大変なこと

メリットもありますが、ファームで大変だったことやデメリットも伺ってみました。

悪天候でも仕事は強行されること

大雨強風だろうとお構いなしで、ピッキング業務を行わなければいけません。

アウトドアに慣れていない人にとっては厳しい環境であることは間違いないです。

ハイシーズンはほとんど休みがないこと

フルーツや野菜の収穫量が増えるシーズンになると、ほとんど毎日休みなしで一日10時間程度働くことがあるようです。

体力には自信があるという鳥羽瀬さんでも「さすがに辛かった」といいます。

朝がとても早いこと

先述したように、ファームの朝はとても早いです。業務が終わる時間が早いとはいえ、毎日の早起きが辛いと思う人は少なくないようです。

ファーム業に向いている人、向いていない人

ファームジョブ

最後に、ファームジョブに向いている人や、向いていない人についても伺ってみました。

競争意識が高い人には向いている

業務に対してガツガツと動ける人が向いていると鳥羽瀬さんは言います。

例えば、ハイシーズンになると摘めば摘むほどお金を稼げるので、まるでそこは個人対個人の戦場のようになります。

「たくさん摘むぞ!」という目標意識が高い人であればファーム業を楽しめるかもしれません。

体力に自信がない人には向いていない

摘むペースは人それぞれありますが、あまりに摘むスピードが遅いとクビになってしまうこともあるようです。数多く摘めないとその分の稼ぎが減ってしまうので、「全く稼げない」といって辞めてしまう人が多いようです。

潔癖な人、共同生活ができない人は向いていない

ファーム業自体が泥まみれになるような仕事ですが、そもそも指定されたシェアハウスに住むことが必須となるので、そこでの共同生活ができないという人には向いていないといいます。

まとめ

いかがでしたか?ファーム業に関しては、楽しめる人と楽しめない人の二つに大きく分かれてしまうようですが、目標意識が高く、体力・根性がある人にとっては、やりがいのある職業かもしれませんね。

これからファームでの勤務を考えている皆さんにとって、この記事が参考になれば幸いです。

次回のメルボルンお仕事シリーズもお楽しみに!

メルボルンで働く美容師、バリスタ、セラピスト、オフィスワーク編もぜひチェックしてみてください ↓↓

ワーホリでもオフィスワークできる! その条件や仕事の探し方のコツを、経験者に聞いてみた #メルボルンで働く 04
本連載はメルボルンで留学やワーホリをしながら働く日本人に密着取材し、そのリアルな生活ぶりをお伝えする「メルボルン・留学お仕事シリーズ」第4弾! オフィスワーク編です。今回紹介するのは、ワーホリビザでメルボルンに滞在しながら、留学生サポート会社の事務及びマーケティング担当として勤務する小西楓花さん。メルボルンでオフィス事務として働くようになったきっかけやその日常に迫りました。
2019/11/13
企画・取材

ワーホリでマッサージセラピストとして働くには? 先輩セラピストに聞いてみた #メルボルンで働く 03
メルボルンで留学やワーホリをしながら仕事をしている日本人に密着取材する、「メルボルン・留学お仕事シリーズ」第3弾! マッサージ・セラピスト編です。今回は、ワーホリビザでメルボルンに滞在し、マッサージ・セラピストとして勤務する岡本更紗さん。いかにしてセラピストとしての職をメルボルンで得たのでしょうか?仕事がある日の一日を覗いてみましょう。
2019/10/11
企画・取材

ワーホリで美容師として活躍するには? 先輩美容師にインタビューしてみた #メルボルンで働く 02
ワーキングホリデービザを利用しメルボルンに滞在しながら、日系美容室で働く武田ゆうさんにインタビューしてみました。日本で美容師資格を持つ武田さんの美容師歴は12年。韓国でもワーホリをしながら美容師として働いた経験をもっています。メルボルンに渡航後わずか10日目で美容師としての仕事を獲得した武田さんに、「メルボルンにおける美容師としての仕事」について伺いました。
2019/09/24
企画・取材

コーヒーの街・メルボルンでバリスタとして働くには?先輩バリスタに学ぶ仕事獲得術 | #メルボルンで働く 01
オーストラリア・メルボルンで留学をしている笠原です。本連載ではメルボルンで留学やワーホリをしながら仕事をしている日本人に密着取材していきます。今回紹介するのは、メルボルンでバリスタとして働きながら学校に通う飯尾かよさんです。現在メルボルンでどのような日常を過ごしているのでしょうか。その1日に密着してみました。
2019/07/26
企画・取材

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

笠原園花

笠原園花

東京を飛び出し、2017年から競技チアリーディングの選手としてオーストラリア・メルボルンで活動中!オーストラリア・メルボルンの情報をたっぷりとお届けします!過去には韓国、ドバイでの在住歴もあり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。