【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

アイルランド留学にビザは必要?ビザの種類から申請方法までを解説

ビザ

アイルランド留学をする人がまず考えなければいけないものがビザ。具体的にどのようなビザがあって、自分はどのビザを取得すべきかわかってない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アイルランド留学に必要なビザの種類から、申請方法までをまとめました。留学を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

尚、費用はすべて1EUR(ユーロ)=130円で計算しています。

アイルランド留学するのにビザの申請が必要なケース

アイルランド

アイルランドへ留学する場合には、ビザが必要なケースとそうでないケースがあります。90日以内の短期留学ならビザを取得する必要はありませんが、90日以上滞在する場合、ビザが必要になります

以下では、短期留学生向けのビザなしの無査証入国と、長期留学生向けの学生ビザとワーキングホリデービザ2種類の特徴や取得方法について説明したいと思います。

無査証入国(ビザなし)

観光を楽しむ女性

日本人がアイルランドへ観光や短期留学するために入国する場合、ビザなしで渡航可能です。また、入国の際は帰りの航空券の提示を求められますが、残高証明書や現金などで、帰りの航空券が買えるほどの十分な資金があることを説明できれば、入国時に必ずしも帰りの航空券を持っている必要はありません。

特徴

無査証入国をする場合、有効期限が6ヶ月以上有効なパスポートさえあれば入国することができます。しかし就労は認められないので注意が必要です。

有効期間

無査証入国で滞在できる日数は、入国日から90日以内です。もし滞在を延長したい場合、滞在期間内にイミグレーションオフィスか警察署に行き、GNIB(外国人登録)を行えば、更に90日(最大で180日)まで滞在を延長することができます。しかし旅行保険がないと延長できない場合があるので注意してください。

どれくらい前に準備すべきか

無査証入国の場合、用意するものはパスポートのみなので、特に準備するものはありません。もしパスポートを持っていない場合は、申請から取得までに1週間〜2週間ほどかかるので、余裕を持って1ヶ月前から準備を始めましょう。

学生ビザ

会話する学生

90日以上の留学に必要となるのが学生ビザです。

語学学校の場合は、アイルランド政府が認定している学校でフルタイム(週15時間以上)の授業を受けることが、大学または専門学校の場合は、アイルランド政府が認定している学校で1年以上フルタイム(週15時間以上)の授業を受けることが取得の条件です。

特徴

学生ビザの特徴は、渡航前に学生ビザの申請や手続きをする必要がないということです。学生ビザが取得できる多くの国では事前に申請が必要なのですが、アイルランドの場合は渡航後に申請ができます。

そのため事前に日本で学校を決めなくても、現地で留学先を探すことも可能です。

有効期間

滞在できる期間は学校の種類によって違うので以下を参照してみてください。

種類 期間
語学留学 8ヶ月の滞在が可能。2回までビザの延長が出来るのため、最長24ヶ月の滞在が可能。
大学・大学院 1年ごとの更新で、最長7年の滞在が可能。

どれくらい前に準備すべきか

学生ビザの場合、必ずしも事前に学校を決める必要はないので、まずは無査証入国し、その後アイルランド国内で申請を行うことが可能です。

しかし、入国する際に入学許可証などがあったほうが入国を楽に行えるので、入国に手間取りたくないという人は、事前に日本で学校を決め、準備していくことをオススメします。

申請条件

学生ビザを申請するには以下の条件を満たす必要があります。

種類 条件
語学留学 政府が認めている学校でフルタイム(15時間以上)の授業を受けること。
大学・大学院 政府が認定している学校で1年以上フルタイム(週15時間以上)の授業を受けること。

申請方法

入国審査時に必要資料を持っていれば、始めの1ヶ月のみ学生ビザが捺印されます。3ヶ月以上留学する場合は、現地のイミグレーションオフィスか警察署に行き、GNIB(外国人登録)をする必要があります。

申請に必要な書類

各種申請には以下の書類が必要です。

申請 必要書類
入国時の学生ビザの捺印 ・パスポート
・入学許可証
・学費の支払証明書
・滞在費証明(現金や英文預金残高証明書など)
・出国の航空券
GNIB(外国人登録) ・パスポート
・入学許可証
・住所証明
・銀行口座開設、残高証明(3,000EUR(390,000円))
・保険加入証明
・申請料 300EUR(39,000円)

就労について

アイルランドでの就労できる時間は、フルタイムで学校へ通っている期間とホリデー期間とで異なり、更に学生ビザでの就労は、語学学生であるか大学生であるかで条件が違います。

時期 就労可能時間
学校フルタイム時 最大週20時間まで
ホリデー中 最大週40時間まで

注意点

学生ビザの申請はアイルランド国内でも可能ですが、その際事前に日本から必要書類を持っていくことを忘れないようにしましょう。

ワーキングホリデービザ

カフェ店員

ワーキングホリデービザはアイルランド国内で観光や就学、就労などができるビザです。ワーキングホリデーは長期滞在しながら異文化に触れることで、国際理解を高めることが可能です。

特徴

アイルランドが1年間に発行しているワーキングホリデービザは400人まで、ビザの申請ができる時期は年に2回と決まっているのが特徴的です。

有効期間

ワーキングホリデーの有効期間は最長1年で、ビザの延長はできません。

どれくらい前に準備すべきか

アイルランドのワーキングホリデービザは申請期間が決まっており、渡航予定時期によって申請期間が違います。申請時期は年によって異なるので、詳しくはアイルランド大使館のウェブサイトから確認してください。
アイルランド大使館

どれくらい前に準備すべきか

ワーキングホリデービザの申請は、抽選があるため人によって準備期間が異なります。抽選は年に2回なので、少なくとも渡航予定の半年前には準備を始めましょう。

申請条件

ワーキングホリデービザ申請者は、以下の条件を満たしている必要があります。

・現在日本に居住していること
・一定期間アイルランドで休暇を過ごす事を本来の目的とすること
・申請受理時点で、年齢が18歳以上30歳以下であること
・扶養家族を同伴しないこと
・有効なパスポートと帰国用航空券、または、それが購入できる十分な資金を保持していること
・アイルランド滞在中、生活に必要な資金として50万円以上の預金があること
・以前にワーキングホリデープログラムでアイルランドに渡航した経験がないこと
・健康かつ、犯罪歴がないこと
・滞在期間をカバーする医療保険に加入すること

申請方法

アイルランド大使館のウェブページから申請書をダウンロードし、英語で必要事項を記入します。その後、添付ファイルに記載されているメールアドレスへ送ります。

大使館から連絡があったら必要書類をアイルランド大使館へ書留で郵送しましょう。パスポート、医療保険、航空券以外の書類は返却されません。もし必要なら事前にコピーしておきましょう。
アイルランド大使館

申請に必要な書類

必要書類は以下の通りです。英文で提示しなければいけないものもあるため、早めの準備を心がけましょう。

・申請許可のE-mailのコピー
・申請書
・写真2枚(6ヶ月以内に撮影されたもの)
・パスポート(原本とコピー)
・英文履歴書
・英文残高証明書
・英文卒業証明書または英文在学証明書
・医療保険証券または付保証明(英文原本トA4コピー1枚)
・航空券(原本とコピー)
・返信用レターパック510(自身の氏名と住所を記載)

申請費用、支払い方法

申請費用は60EUR(7,800円)です。アイルランド大使館へ必要書類を送った後、申請許可が下りれば大使館から案内があるので従いましょう。

入国後にすること

入国後、1ヶ月以内にGNIB(外国人登録)を行う必要があります。必要書類は以下の通りです。

  • ・パスポート
  • ・ワーホリ発給許可証
  • ・申請料 300EUR(39,000円)

まとめ

アイルランドは短期間であればビザなしで入国することができ、学生ビザの申請も入国後でも可能ということで、留学するにはとても便利な国です。しっかりと準備して留学生活を楽しんでください。

アイルランド留学に戻る

アイルランド留学ガイド

アイルランド留学の特徴とメリット・デメリット

アイルランドの現地生活情報

アイルランド英語の特徴と訛り

目的からアイルランド留学を探す

2ヶ国留学のススメ

アイルランド留学コース選定ガイド

アイルランドの天気・気候と服装

アイルランド留学で失敗しないための学校の選び方

アイルランド留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のアイルランド留学費用の内訳と総額

1ヶ月のアイルランド留学費用の内訳と総額

3ヶ月のアイルランド留学費用の内訳と総額

半年のアイルランド留学費用の内訳と総額

1年のアイルランド留学費用の内訳と総額

アイルランド留学に必要なビザ情報

アイルランドの祝日情報

アイルランド留学の出国から帰国までの流れ

英語試験対策とスコア換算表

アイルランド留学おすすめ人気都市ランキング

アイルランド留学持ち物リスト

アイルランド留学前の準備の流れ

アイルランドのおすすめ観光スポット情報

アイルランドの空港情報と市内へのアクセス方法

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。