ゴールデンウィーク期間中の営業について

3ヶ月のロサンゼルス留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!

最終更新日:2019/12/11

ロサンゼルス 留学 費用 3ヶ月

日本人の留学先として不動の人気を誇るアメリカ。世界最先端のエンタメ、スポーツ、テクノロジーを求めて世界中から人が集まるので、いろんな文化に触れながら英語を学ぶことができます。

特にロサンゼルスは、ハリウッドをはじめ映画にまつわる観光名所が数多くあるので、アメリカ映画好きの留学生にはぜひおすすめの渡航先となっています。

そんなロサンゼルス留学を実現するために、まず考えなければいけないのが留学費用。ロサンゼルスは物価が日本と比べ高いということは多くの方が知っていますが、具体的な留学費用となると、そもそもどんな費用が発生するのか、その費用にどれくらいの金額がかかるのかはなかなかイメージしづらいですよね。

そこでこの記事では3ヶ月のロサンゼルス留学を想定して、授業料や滞在費から航空券や海外保険、現地でのお小遣いなど項目別に分け、留学費用をわかりやすくご紹介します。

この記事を読み終わった時には、ロサンゼルス留学の具体的な費用がわかり、貯金を貯めるなどロサンゼルス留学の実現に向け前進できるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

為替レートは、1ドル=110円で計算しています。留学の費用は個々の勉強・生活スタイルによって大きく異なります。解説している金額は、平均的な留学費用になります。

【留学行くか迷っているなら、まずはLINEで相談!】

LINEで留学のプロに無料相談

いつかは留学へ行ってみたい。そう思った今すぐ留学相談!

スクールウィズのLINE相談なら、ちょっとした疑問から具体的な留学先の検討、見積もり・申込手続きまで留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に対応しているので、検討が一気に前に進みます。

【LINE相談で知れること】
1. 目的を叶えるための留学プランづくり
2. 学びたいことや学習・生活環境など希望に合った留学先のご紹介
3. 想定する期間や留学先で実際にかかる費用
4. ビザや航空券などの準備の流れ

LINEだからいつでも思い立った時に聞ける。憧れの留学に「あなたにピッタリなプラン」を見つけてみませんか?

【無料】LINEで留学相談する!

ズバリ!3ヶ月のロサンゼルス留学費用の総額は?

ロサンゼルス 留学 費用 3ヶ月 総額

それぞれの項目の解説に入る前に、3ヶ月のロサンゼルス留学の総額をお伝えします。総額が知りたい方はこちらを参考にしてください。

項目 かかる費用
授業料 30万円〜53万円
滞在費 27万円〜96万円
その他学校に支払う費用 3万円~5万円
航空券 9万円~12万円
海外旅行保険 0円~8万円
ビザ 0円〜2万円
現地生活費 30万円〜60万円
総額 99万円~236万円

それぞれの項目について詳しく知りたい方は、一つずつ詳しくみていきましょう。

LINE留学相談

語学学校の授業料:30万円〜53万円

ロサンゼルス 留学 費用 3ヶ月 授業料

ロサンゼルスでの語学留学で必要な授業料の目安は、留学時期や場所、期間によりますが3ヶ月30万円〜53万円ほどかかります。立地や講師のレベル、設備によって授業料が3倍近い開きがあります。

ロサンゼルスでは、語学学校の数が多く、競争が激しくなっています。教育の質もさまざまで、安さだけで選んでしまうと講師のレベルが高くなかったり、大人数クラスになってしまい学習の質が良くなかったりしてしまうこともあります。

授業料を抑えるコツ

特に費用を抑えるのに有効なのが、授業のコマ数を減らすことです。

しかし注意しなければいけないのが、コマ数を減らすことで学習時間も減るということです。もちろん、減らした時間分を自習に当てるなどの対策はできますが、アウトプットの時間は減ってしまうことが多いです。

また時間ができた分外へ外出もしやすくなり、結果として生活費が高くついてしまうことも。コマ数を減らす際は、仮にコマ数が減っても自分の留学の目的は達成されるのかを考える必要があるでしょう。

滞在費:27万円〜96万円

ロサンゼルス 留学 費用 3ヶ月 滞在費

滞在費用は、学費についで大きな出費です。費用は寮、ホームステイ、ルームシェアによって異なります。また、滞在する時期によっても費用が変わり、繁忙期には家賃が割高になります。

寮は3ヶ月27万円〜96万円

寮の滞在費用は、3ヶ月27万円〜96万円と授業料と同額かそれ以上かかります。

寮生活では、相部屋であることが多くさまざまな国籍の留学生とコミュニケーションをとることができます。比較的自分のペースで行動できるので、マイペースに生活したい方やさまざまな国籍のかたと友だちになりたい方にはおすすめです。

なお寮の場合、滞在費とは別にデポジット費用を取られることがあります。デポジット費用とは「設備の破損などに対する保証金」のことで、滞在中に施設内のものを壊さなければ返金されます。

ホームステイは3ヶ月36万円~48万円

ホームステイは3ヶ月36万円~48万円が相場で寮と同じくらいかかります。ロサンゼルスは他の都市に比べて費用が高くなっています。
アメリカのホームステイの滞在費用、注意点、英語力アップのための過ごし方を解説

ルームシェアは3ヶ月27万円~45万円

ロサンゼルスでのルームシェアはロサンゼルスの場合、中央に近い場所だと45万円程度になりますが、郊外を選ぶと27万円程度まで安くおさえられます。

費用を安く済ませるためには郊外のエリアを選ぶ必要があります。通学に時間がかかりますがさまざまな国籍の留学生と一緒に生活することになるので楽しい留学生活を送ることができるでしょう。

ルームシェアは、なんでも一人でこなさないといけないので上級者向けです。信頼できる友人が見つかり、ある程度海外暮らしに慣れてから挑戦するといいでしょう。

滞在費を抑えるコツ

費用を抑えるのに有効なのが、滞在先に学生寮を選ぶことです。

ただし注意点としては、自炊ができないと外食ばかりになり、結果として費用がかさんでしまうことです。滞在先を決める際には、食事を自分が作れるかという点を学生寮を検討する際にあわせて考えましょう。

LINE留学相談

その他学校で発生する費用:3万円〜5万円

ロサンゼルス 留学 費用 3ヶ月 教科書代

ロサンゼルスへの語学留学では、次の費用が必要になります。

入学金:1万円〜2万円

学校に支払う授業料の他に必要となります。学費に含まれている場合と、含まれていない場合があります。1万円〜2万円が相場です。

空港送迎費:1万円〜2万円

現地空港の到着してから、滞在先までの送迎を語学学校に手配してもらえます。費用は片道1万円、帰国する際も依頼すると2万円ほどかかります。

教科書代:5,000円~1万円

授業で使う教科書の費用です。受講するコースによって冊数が異なります。一冊5,000円~1万円ほどかかります。

注意したい出費が教科書代です。現地についてからの購入が多く見落とされがちなので、痛い出費になります。新品の他にも古本があったり、学校によっては教科書貸し出しサービスもあるので、少しでも節約したい場合は積極的に利用しましょう。

航空券:9万円~12万円

ロサンゼルス 留学 費用 3ヶ月 飛行機

留学時期と留学先によりますが、航空券の相場は9万円~12万円となります。渡航費を節約したい場合は、閑散期で航空券が安い時期に留学したり日本からアメリカまで格安航空会社の便を利用したりするといいでしょう。

航空券費用を安く抑えるコツ

航空券の料金を安く抑えるには、直行便ではなく経由便を選ぶという選択肢があります。経由便の場合、直行便と比べ移動時間はかかってしまいますが、その分料金が安くなることが多いです。
アメリカ行きの格安航空券を解説!安く購入するコツは、時期と航空会社を選ぶこと

海外旅行保険:0円~8万円

ロサンゼルス 留学 費用 3ヶ月 海外旅行保険

留学時には、海外旅行保険に加入しておきましょう。

急な病気やトラブルの際に必ず必要になります。海外旅行保険は平均して6万円~8万円です。インターネットを利用すればどこでも申込みできます。

現地についてから申込みも可能ですが留学初日からお世話になる可能性も十分あるので、事前に申し込みを済ませておきましょう。
アメリカ留学で保険ってどうするべき?おすすめ保険を徹底比較!

海外旅行保険料を抑えるコツ

海外旅行保険の費用を抑えたいと考えている方は、クレジットカード付帯の保険の利用を検討してみてもいいかもしれません

クレジットカード付帯の保険であれば、渡航の際わざわざ保険に加入しなくても、アメリカに持参、あるいはアメリカ国内でカードを利用することで保険の適用が認めらます。

一方、カード会社とカードの種類によって補償内容や期間などが異なってきますので、クレジットカード付帯保険を利用する場合は必ず事前に補償内容と条件を確認しておきましょう。

保険会社の出しているプランよりも保証内容が薄いことが多いので、もしもの時に備え準備をしっかりとしておきたい方は、クレジットカード付帯の保険ではなく、保険会社の保証内容が手厚いプランに加入してください。

ビザ:0円〜2万円

ロサンゼルス 留学 費用 3ヶ月 ビザ

ロサンゼルスでの語学留学では滞在期間に関わらず、週18時間以上英語コースを受講する場合は学生ビザが必要です。発行手数料としておよそ2万円が必要になります。

また受講時間に関わらず、ロサンゼルスに渡航する際は必ず電子渡航認証システム「ESTA」を申請する必要があるので注意が必要です。こちらは日本円で2,000円ほどの申請料金がかかります。
アメリカ留学にビザは必要?ビザの種類から申請方法までを解説

現地生活費:30万円〜60万円

ロサンゼルス 留学 費用 3ヶ月 生活費

留学費だけではなく、生活費ももちろんかかります。ロサンゼルスの物価は日本に比べて全体的に割高です。現地生活費は30万円〜60万円が目安になります。生活費を抑えるには、食費をいかに節約できるかにかかっています。

ロサンゼルスの外食費は1食1,000円ほどかかり、チップ制なので価格の10~20%のチップを払わなくてはなりません。

ロサンゼルスの物価について

ロサンゼルスではレストランで食事する場合、普通の2人分のコース料理で1万円、ファストフードで1,000円が目安になります。全体的に日本よりも物価は高いです。

詳しい品目についての値段は下の記事で紹介しているので、ロサンゼルスでの生活イメージを持ちたい方はぜひ参考にしてみてください。
【徹底比較】アメリカの物価は高い?食費や家賃、留学費用まで都市別の物価も解説します

現地生活費を抑えるコツ

現地生活費を抑えるには、やはり食事をなるべく自炊にすることが効果的です。

ロサンゼルスの場合、外食の価格が日本と比べ高い上にチップも支払う必要があるので、外で食事を取ると想像以上にお金がかかってしまいます。

予算別:ロサンゼルス留学の費用シミュレーション

ここまでロサンゼルスの留学費用について、ざっくりと料金の幅をご紹介してきました。しかし正直幅がありすぎていまいち参考にならないと感じた方もいるかもしれません。

そこでここでは、実際の語学学校の費用を例に出しながら、各選択と発生する費用を、費用感別に紹介していきます。

留学予算101万円〜なるべく費用を抑えたいなら取るべき選択〜

ロサンゼルス 語学学校 MLI ハリウッド

まずはなるべく費用を抑えた留学する場合の費用を、MLI ハリウッドを例に紹介します。

項目 取るべき選択 かかる費用
授業料 ESL 18時間/週 30万円
滞在費 学生寮 27万円
入学金 - 1.5万円
空港送迎費 送迎をつける 1万円
教材費 - 0.5万円
航空券 渡航時期:2〜3月 9万円
海外旅行保険 クレジットカード付帯の保険を利用 0円
ビザ 学生ビザを申請します 2万円
生活費 食事:自炊
休日:勉強を中心に過ごす
30万円
総額 - 101万円

この価格帯での留学ができる語学学校の例

MLI ハリウッド

留学予算163万円〜スタンダードな留学をするなら取るべき選択〜

ロサンゼルス 語学学校 EC ロサンゼルス

続いては、一般的なロサンゼルス留学の費用を紹介します。ここではEC ロサンゼルスを例にします。

項目 取るべき選択 かかる費用
授業料 General English 20コマ/週 52万円
滞在費 ホームステイ 43万円
入学金 - 2万円
空港送迎費 送迎をつける 2万円
教材費 - 0.5万円
航空券 渡航時期:いつでも 10万円
海外旅行保険 保険会社のプランに加入 6万円
ビザ 学生ビザを申請します 2万円
生活費 食事:ホームステイ側が提供+1食自炊
休日:遊びと勉強でバランスよく休日を過ごす
45万円
総額 - 163万円

一般的なロサンゼルス留学の場合、授業は午前・午後どちらもあります。放課後は学校主催のアクティビティも多く、観光とあわせて他の留学生との交流も楽しめます。

この価格帯での留学ができる語学学校の例

EC ロサンゼルス

3ヶ月のロサンゼルス留学費用まとめ

ロサンゼルス 留学 費用 3ヶ月 まとめ

以上が3ヶ月のロサンゼルス留学にかかる留学費用についてでした。

今回ご紹介した費用はあくまでも一例になります。地域や学校、受講コースや滞在先タイプによって費用は大きく変動していきます。気になる学校がありましたら、まずは費用の無料見積りをしてみましょう。

見積もりを取ることで、留学費用のより具体的な金額を想定でき、貯金などの留学準備を早く進めることができるようになります

まず行動を取ることが、あなたの理想の留学を実現する最短ルートです。

ロサンゼルスの語学学校は下のページで一覧にて紹介しているので、見積もりを取る際の参考にしてみてください。
ロサンゼルスの人気語学学校ランキング

あなたの目的に合った語学学校をご紹介します!

留学 ステップ

留学先となる国や都市のイメージを持てたら語学学校選びに移りましょう。ただし、国や都市と違い、語学学校選びはより希望を整理しながら進めていく必要があります。

  • ポイント1. 留学の目的
  • ポイント2. 生徒規模や雰囲気
  • ポイント3. 日本人留学生の比率や日本人スタップの有無
  • ポイント4. 立地
  • ポイント5. 滞在方法、滞在先の希望
  • 特に生徒規模や雰囲気、日本人留学生の比率や日本人スタッフの有無などは時期によって変わりやすいので、自分で調べた情報だけで決めてしまうと学校選びで失敗してしまう恐れがあります。
    より最新の情報をもとに語学学校を決めるなら、留学エージェントに相談してみましょう。

    英語力アップに強い留学エージェント「スクールウィズ」

    スクールウィズ

    スクールウィズは英語力アップに強い留学エージェントです。 初中級者のための英語学習プログラム「プレ留学」×「カスタム留学プラン」であなたの留学を、経験豊富なカウンセラーが万全の体制でバックアップ致します。

    1. 【スクールウィズが選ばれる7つの理由】
    2. 1. 専門家監修!英語学習プログラム「プレ留学」で事前学習もバッチリ
    3. 2. 充実した英語学習サポート体制!
    4. 3. 1万通り以上から選べる「カスタム留学プラン」
    5. 4. 経験豊富なカウンセラーによるベストなプラン提案
    6. 5. 代理店手数料0円&最低価格保証
    7. 6. 安心安全、充実の留学サポート体制
    8. 7. スマホで相談から手続きまで完結!

    せっかくの留学を失敗してほしくない想いから、英語力を伸ばす独自のサポート、納得いくプランづくりに力を入れています。

    いま英語力に不安があっても、しっかり準備するから大丈夫。留学で、憧れだった「英語を話せる理想の自分」を私たちと一緒に実現させましょう!

    留学に対するご質問から、留学プランづくり、事前の英語学習、留学中のサポートまで対応しておりますので、ご相談お待ちしております。

    【無料】LINEで留学相談する!

    ロサンゼルス留学ガイド

    ロサンゼルス留学のメリット・デメリット

    1週間のロサンゼルス留学費用

    1ヶ月のロサンゼルス留学費用

    3ヶ月のロサンゼルス留学費用

    半年のロサンゼルス留学費用

    1年のロサンゼルス留学費用

    ロサンゼルスの治安事情

    ロサンゼルスの気候とおすすめの服装

    ロサンゼルスの生活ガイド

    ロサンゼルスの交通事情

    ロサンゼルスのエリア情報

    ロサンゼルスの定番観光スポット

    ロサンゼルス留学の休日の過ごし方

    ロサンゼルス留学の滞在方法

    ロサンゼルスの空港と市内へのアクセス方法

    ロサンゼルス留学での両替情報

    英語力アップの留学エージェントなら
    スクールウィズ

    無料留学相談する!

    英語力を伸ばす「あなたにピッタリな留学プラン」を一緒に見つけましょう

    \直接話を聞いて相談したいなら/

    留学カウンセラーと
    個別面談する(オンライン)

    \まずは気軽に相談したいなら/

    公式LINEで
    相談・質問する LINE留学相談 QRコード

    スクールウィズのユーザーになる
    ×

    会員登録は無料!30秒で完了します。
    以下いずれかの方法で会員登録してください。

    既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。