サンフランシスコ留学とは?特徴とメリット・デメリットを徹底解説!

サンフランシスコ 留学 メリット デメリット

「サンフランシスコに留学したい」
「でも本当に留学先に選んで大丈夫かな……」

と悩んでいませんか?

サンフランシスコは有名企業がオフィスを構えるシリコンバレー、映画やドラマの撮影場所となっているゴールデンゲートブリッジなど、有名スポットが多数ある都市です。

また日系移民が移住した経緯から、現在も日本人が2万人ほど住んでいます。

刺激的かつ日本も感じられる環境であることから、日本人が安心して留学できる場所です。

しかし実際に留学して英語力アップなどの効果があるのか、どんな留学生活を送れるのかは、なかなかイメージしにくいですよね。

そこで今回はサンフランシスコの特徴、留学するメリットやデメリット、サンフランシスコ留学をおすすめする人の特徴を紹介します。

今回の記事を参考にしながら、留学先を本当にサンフランシスコにして良いのか、じっくり考えていきましょう。

※記事は2022年7月時点の情報を参考にしています。
※この記事は1USD=約137円で計算しています。

留学カウンセラーがあなたのお悩みを無料で伺います!

「留学にはどれくらい費用がかかるんだろう?」
「渡航時期や期間はどうしよう?」
「留学先はどこにしよう?」

その留学のお悩み、プロに相談してみませんか?

スクールウィズでは無料で留学相談を受付中。 留学について気になっていることがある方、ぜひお気軽にご相談ください。

LINEで留学相談する

無料留学相談

サンフランシスコはアジア人も多く暮らすIT産業が盛んな都市

サンフランシスコ 留学 特徴 魅力

サンフランシスコはアメリカのカリフォルニア州北部にある都市で、2021年時点で市内の人口は88万人、サンノゼやバークレーなどを含めたベイエリア全体では700万人以上が暮らしています(※1)

街のシンボルであるゴールデンゲートブリッジは、ドラマ『フルハウス』のオープニング映像でも使われていることから、写真を見ればピンとくる方もいるかと思います。

サンフランシスコの特徴はさまざまな国出身の人が生活していることです。

サンフランシスコにはスタートアップ企業から人気のシリコンバレーがあり、市内には世界から集まったIT産業に従事する人々が暮らしています。

その他サンフランシスコの特徴について、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。
サンフランシスコってどんな街?基本情報から観光地までまとめてみた

LINE留学相談

サンフランシスコ留学の体験談!州立大学付属の語学学校で語学留学

アメリカ サンフランシスコ

Photo by : Sakiさん

ここからは具体的な留学生活がイメージできるように、留学経験者の体験談を見てみましょう。今回はアメリカ・サンフランシスコに留学したSakiさんを紹介します。

Sakiさんはサンフランシスコにあるサンフランシスコ州立大学付属の語学学校American Language Instituteに留学しました。

留学生活で印象的だったのは、ホストファミリーや留学生との交流だとSakiさんは話します。

ホストファミリーはフィリピン人、また留学先の学校も中国や台湾、サウジアラビア、クウェートなど多国籍な環境で、サンフランシスコならではの留学生活を送ることができたそうです。

Sakiさんの留学体験談について、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。
アメリカ語学留学ってどんな感じ?現地留学生が学校生活をレポート〜サンフランシスコ州立大学付属語学学校編〜

サンフランシスコ留学のメリット

サンフランシスコ 留学 メリット

ここまでサンフランシスコでの生活について紹介しましたが、実際に留学するとメリットもデメリットもあります。

そこでまずは、サンフランシスコ留学のメリットとして、上の7つを紹介しますね。

メリット1.街がコンパクトで移動しやすい

サンフランシスコ 留学 メリット 移動に時間がかからず生活しやすい

サンフランシスコでは主要なスポットがダウンタウンの固まっており、あまり移動に時間をかけずに観光や買い物などを楽しめます。

また交通機関も地下鉄(BART)やバス(MUNI BUS)、路面電車、ケーブルカーなどが整備されており、車がなくても困りません。

乗車料金もそれほど高くなく、バスは1回2.25USD(約309円)です。サンフランシスコは坂が多い街でもありますが、交通機関を利用することで楽に移動できます。

サンフランシスコの交通事情については、以下の記事を参考にしてみてください。
サンフランシスコの交通事情まとめ!利用料金からおすすめの移動手段まで徹底解説

メリット2.年間を通した気温差が小さい

サンフランシスコ 留学 メリット

photo by:sodake / Shutterstock.com

サンフランシスコの気候は、年間を通した気温変動が少なく、季節による環境変化の影響を受けづらいです。

例えば夏の最高気温は20℃前後で、日本のように40℃近くまで上がることは少ないです。一方で冬は最低気温が氷点下になることはあまりなく、平均気温は10℃台で推移し、日本の冬ほどは寒くはなりません。

他の都市では、季節によって降水量が一気に増える気温が氷点下まで下がることもあるため、サンフランシスコは年間を通して出歩きやすい気候といえます。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。
サンフランシスコの気候とオススメの服装を解説!

メリット3.ジャパンタウンがあり、日本を感じられる

サンフランシスコ留学のメリット・デメリット

photo by:Michiko Kurokawa / Shutterstock.com

先ほどサンフランシスコは移民が多いとお伝えしましたが、実は日本人の多くもサンフランシスコに移住した過去があります。現在も現地には日系人がたくさんいるのです。

その名残でサンフランシスコには日本を感じられるジャパンタウンがあり、中にはシンボルである五重塔、日本食レストランや日本の書店などが集まります。

留学中にホームシックになっても、ジャパンタウンに行けば日本食を食べたり日本語表記を見たり、安心できる環境です。

長期留学でも日本を感じる環境があるため、不安になったときでも安心です。

メリット4.有名企業が誕生したシリコンバレーがある

サンフランシスコ留学のメリット・デメリット

photo by:achinthamb / Shutterstock.com

冒頭でもお伝えした通り、サンフランシスコといえばシリコンバレーを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。

シリコンバレーはITサービスの生誕地と言われるほど多くのサービス・企業が誕生しており、実際にAppleやGoogle、Facebook、Intelといった世界的に有名な企業がオフィスを構えています。

過去に有名企業や人気サービスが誕生した背景から、現在も世界中から起業家が集まります。

英語学習だけでなく、起業を考えている人やビジネスを学びたい人にとっては魅力的な都市ですね。

メリット5.アジア系が多い環境で暮らせる

サンフランシスコ 留学 メリット

photo by:Daily Travel Photos / Shutterstock.com

サンフランシスコはもともと移民が多いこと、先ほど紹介したシリコンバレーがあることから留学生からも人気のエリアです。そのため語学学校や大学の留学生の国籍も多様です。

実際にアメリカ全体での数値と比べると、サンフランシスコではアジア系、ヒスパニックやラテン系人口の占める割合が多くなっています(※2)

人種 アメリカ全体 サンフランシスコ
白人 59.3% 39.8%
黒人、アフリカ系 13.6% 5.1%
アジア系 6.1% 34.3%
ヒスパニック、ラテン系 18.9% 15.2%
その他 2.1% 5.6%

サンフランシスコでは、アメリカ最大級の中華街があるなど中華系をはじめアジア人は特に多い都市です。

LINE留学相談

サンフランシスコ留学のデメリット

サンフランシスコ 留学 デメリット

サンフランシスコ留学にはメリットだけでなく、上のようなデメリットもあります。

ひとつずつ解説しますね。

デメリット1.家賃が高い

サンフランシスコ 留学 デメリット お金

サンフランシスコは人気が高まっていることから、物価が上昇しています。留学費用への影響も大きく、中でも家賃が値上がりしています。

例えばNUMBEOのデータによると、サンフランシスコの1ヶ月あたりの家賃は3,181USD(約43万7,000円)と、費用は世界で4番目に高いことが明らかになっています(※3)

日本は一人暮らし用のアパートでも家賃5〜10万円ほどで住めるため、ギャップを感じますよね。サンフランシスコ留学では多めの滞在費用が必要です。

ただし留学生はシェアハウスやルームシェア、学生寮などを選ぶと、もう少し滞在費を抑えることは可能です。

例えば学生寮であれば、滞在費は1ヶ月あたり15〜24万円と、アパートの半額以上に安い費用で滞在できます。

留学費用の合計で見ると突出して高い訳ではありません。語学学校や滞在先選び、自炊による食費の節約など、その他の出費を抑える工夫をしましょう。

デメリット2.一部の地域の治安があまり良くない

サンフランシスコ留学のメリット・デメリット

photo by:Myra Thompson / Shutterstock.com

サンフランシスコはアメリカの中でも治安が良いと言われているエリアですが、日本ほど安全な訳ではありません。スリなどに気を付けることは必要な上、まだまだ治安が悪いエリアも見られます。

在サンフランシスコ日本国総領事館によると、テンダーロイン地区やサウス・オブ・マーケット地区、ウエスタン・アディションなどが要注意で、過去には日本人の被害も報告されています(※4)

特にテンダーロインは人気エリアのユニオンスクエアに、ウエスタン・アディションはジャパンタウンに近いため、観光中に迷い込まないように注意しましょう。

注意が必要な犯罪やエリアについて、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。
【2020年版】サンフランシスコの治安事情まとめ!トラブル事例から防犯のポイントまで紹介

デメリット3.在留邦人が多く、日本を感じることもある

サンフランシスコは過去に多くの日本人が移住した過去から、現在も日本人が多いエリアです。

実際に外務省が発表する日本人数の多い都市ランキングで第11位にランクインし、2021年時点で2万89人の日本人が在住しています(※5)

先ほど紹介したように、サンフランシスコはジャパンタウンなど日本を身近に感じる環境から、完全に日本から離れて海外一色の生活になることは難しいです。

また8月の夏休みや年末年始など日本人の休暇シーズンには、留学先の語学学校にも日本人が増える傾向があります。

語学留学で英語学習に集中したい場合、なるべく日本から離れたい場合は日本人の少ない語学学校を探す、ホームステイなどで交流の機会を持つなど、環境選びを工夫しましょう。

デメリット4.朝晩の気温差が激しく、体調を崩しやすい

サンフランシスコ留学のメリット・デメリット

サンフランシスコは季節ごとの気温の変化は激しくありませんが、1日の中で気温差が激しい日があります。

例えば日中は汗ばむくらい暑かったのに、夕方から夜にかけて長袖が必要になるほど冷えるなどです。また夏には霧の影響で寒くなり、その寒暖差から体調を崩すこともあります。

温度調整のできるパーカーやシャツといった羽織ものを用意するなど、服装には注意しましょう。

デメリット5.坂道が多く、徒歩移動は大変

サンフランシスコ留学のメリット・デメリット

サンフランシスコは歩いてみると坂の多い街だと感じます。滞在先から学校までの登校時間、観光中の徒歩移動など長時間歩くのは大変です。

ただしメリットでお伝えしたように、サンフランシスコは交通機関が発達しています。なるべく電車やバスを使うなど、交通機関を積極的に使用すると移動が楽です。

サンフランシスコの交通機関では、日本でいうSuicaやICOCAのようなクリッパー(Clipper)という交通カードが利用できます。

利用範囲は限られますが、各乗り場や改札で専用の読み取り機にクリッパーを当てるだけで、簡単に乗り降りすることが可能です。

1枚でも持っておくと、切符購入の手間が省けて観光の時間短縮にもつながります。

サンフランシスコ留学をおすすめする人の特徴

サンフランシスコ 留学 おすすめ

ここまでサンフランシスコ留学のメリット・デメリットを紹介しました。サンフランシスコ留学は、IT産業に興味のある方におすすめです。

また観光スポットも充実していることから、短期留学でも勉強と観光の両方を楽しむことができます。

対して、物価は高く少しでも留学費用を抑えたい方には向かないため、次の留学先も考えてみましょう。

物価が安く治安も良いサンディエゴ留学!
サンディエゴ留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説!
物価が安く、節約しながらアメリカで生活したいならシカゴ留学!
シカゴ留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説!

まとめ

サンフランシスコ留学 メリット

photo by:Daily Travel Photos / Shutterstock.com

今回はサンフランシスコ留学のメリットやデメリットを紹介しました。

おさらいすると、サンフランシスコに留学するメリットは次の7つです。

  • ・街がコンパクトで移動しやすい
  • ・年間を通した気温差が小さい
  • ・ジャパンタウンがあり、日本を感じられる
  • ・有名企業が誕生したシリコンバレーがある
  • ・アジア系が多い環境で暮らせる

この記事を読んでサンフランシスコに魅力を感じた人は、具体的な留学準備を進めていきましょう。

留学のプランに悩んだら、留学エージェントに相談するのがおすすめです。

スクールウィズでも相談を受け付けています。気になる方はまずこちらのLINEを登録してみてくださいね。
LINEで無料相談する


【参考文献一覧】

※1、2...U.S. Census Bureau「U.S. Census Bureau QuickFacts: San Francisco City, California」(参照日:2022-07-27)

※3...NUMBEO「Price Rankings by City of Apartment (1 bedroom) in City Centre (Rent Per Month)」(参照日:2022-07-27)

※4...在サンフランシスコ日本国総領事館「安全の手引き」(参照日:2022-07-27)

※5...外務省「海外在留邦人数調査統計」(参照日:2022-07-27)

LINE留学相談

サンフランシスコ留学ガイド

サンフランシスコ留学のメリット・デメリット

1年のサンフランシスコ留学費用

1週間のサンフランシスコ留学費用

1ヶ月のサンフランシスコ留学費用

3ヶ月のサンフランシスコ留学費用

半年のサンフランシスコ留学費用

サンフランシスコの治安事情

サンフランシスコの気候とおすすめの服装

サンフランシスコの生活ガイド

サンフランシスコの交通事情

サンフランシスコのエリア情報

サンフランシスコの定番観光スポット

サンフランシスコ留学の休日の過ごし方

サンフランシスコ留学の滞在方法

サンフランシスコの空港と市内へのアクセス方法

サンフランシスコ留学での両替情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

スクールウィズならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう オンライン個別面談を予約する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

スクールウィズなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE登録&無料相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。