School Withとは

School Withは海外留学、語学留学の口コミ情報サイトです。
世界各国の語学学校と、留学経験者の口コミを多数掲載!

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    実際に留学を経験した人の口コミを
    4000件以上掲載しています!

  • 見積り、申込の手数料無料!

    実際に留学を決めた際の費用の見積りや
    申込みサポート手数料は無料です!

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

こんな違うの!?アメリカの主要8都市ごとの気温、気候について解説してみた

アメリカ

アメリカは東西南北にまたがる広大な土地を持っています。
日本と比較すると約25倍もの面積があるんですね。
そのため、同じ国の中でも訪れる地域や時期によって気温、気候が大きく異なります。
北海道と沖縄以上の気温差があることもあります。

「この前アメリカに旅行したけど半袖で十分だったよ!」

などと友達に言われて、実際同じ時期に行ったら全然違ったなんてことも。

旅行や留学の時は、地域ごとに、気候の特徴を知っておく必要があります。

今回はアメリカの主要都市であるボストン、ニューヨーク、マイアミ、シカゴ、ダラス、シアトル、ロサンゼルス、サンフランシスコの8都市の気温、気候についてそれぞれ解説します。

これからアメリカへ行かれる方は参考にしてみてください!

1. ボストンの気温・気候

ボストンの気温・気候

ボストンはアメリカの東海岸に位置しています。日本の札幌と同じくらいの緯度にあり、日本と同様四季があります。

最高気温は約28度、最低気温は約-6度、年間を通して平均気温は約10度です。

夏は高温多湿になるので、基本は半そでで大丈夫です。しかしたまに寒い日もあるので、夏でも長袖を持ち歩くことをおススメします。

またニューヨークよりも北に位置し、カナダとの国境近くに位置するボストンの冬の気温はかなり寒く、雪も降り地面が凍ることもありますので、歩きやすい靴が必要です。

2. ニューヨークの気温・気候

ニューヨークの気温・気候

ニューヨークはアメリカ西海岸中部に位置しています。四季はありますが、春・秋が短いです。

最高気温は約28度、最低気温は約−4度、年間を通して平均気温は約12度です。

ニューヨークの冬はアメリカの中でも非常に寒く、毎年降雪があります。
春・秋は、不安定で、氷雨が降る日もあれば、暑くて湿度の高い日もあります。

また夏は早朝・夕方に強い雷雨を伴ったサンダーストームが毎日発生します。あまりにも風・雨が強いので傘が役に立ちません。こういう時はお茶などをして雨がやむのを待っていた方がいいです。

また、夏でも室内は冷房が効いているので、長袖を持ち歩くことをおススメします。

一番訪れるのに最適な月は、暑くもなく寒くもない5月や、9、10月です。

3. マイアミの気温・気候

マイアミの気温・気候

マイアミはアメリカ南端に位置するフロリダ州最大の都市です。
マイアミは一年中温暖な気候です。真夏は湿度が高く蒸し暑く夕立が多いです。

一方冬は日中20度くらいまで気温が上がるため過ごしやすい気温となっています。

最高気温は約32度、最低気温は約15度、年間を通して平均気温は約24度です。

マイアミへの持ち物の必需品はサングラスと帽子、日焼け止めです。

また、ビーチリゾートが多いのでカジュアルな服装でもホテルやレストランは問題ありません。ただ、高級レストランの場合は、ショートパンツやデニムはNGというところが多いので注意が必要です。

4. シカゴの気温・気候

シカゴの気温・気候

シカゴはアメリカ中西部に位置し、アメリカ第3の都市です。シカゴにも四季がありますが、ニューヨーク同様春・秋が非常に短いです。基本的には、夏と冬の2つの季節です。

最高気温は約28度、最低気温は約-11度、年間を通して平均気温は約9.5度です。

7,8月の夏は気温が28度を下回り比較的天気も安定しているため、訪れるのに一番いい時期です。

冬はとにかく寒いです。数回は豪雪となり、空港が閉鎖されてしまうことがあります。

また、シカゴは風の街としても有名ですので、体感温度は実際よりも低くなります。万が一冬に訪れるのであれば、帽子・マフラーなどで完全防寒が必要です。

5. ダラスの気温・気候

ダラスの気温・気候

ダラスはアメリカ南部テキサス州に位置する都市です。ダラスは夏の気温が40度を超えることもありますが、湿度が低いため、過ごしやすい気候です。

最高気温は約36度、最低気温は約0.5度、年間を通して平均気温は約18.6度です。

冬は寒波のため氷点下になることもありますが、春と秋は、天候は安定しています。ただ春は雨が多く、竜巻が発生します。アメリカの各都市の中でも一年を通して気温の差が激しいのがダラスの特徴です。

夏は、半そでで問題ありませんが、日焼け対策用品は必須です。また冬は厚手のコートや手袋、帽子が必要です。

6. シアトルの気温・気候

シアトルの気温・気候

アメリカの西海岸北部に位置するシアトルは穏やかな海洋性気候です。冬に多くの雨が降り、夏に乾燥することから地中海性気候の特徴も持っています。

最高気温は約24度、最低気温は約2度、年間を通して平均気温は約11度です。

シアトルは頻繁に雨が降るため、RAINY CITYの別名があります。年間の降水量はそこまでではないのですが、霧雨や小雨が多く、曇りの日が多いためこの名前がつきました。

夏でもぐっと気温が下がる日があるので、長袖は必要です。冬は日本と同様コートが必要になりますが、雨が多いのでカッパなどあると防寒対策にもなり便利です。

7. ロサンゼルスの気温・気候

ロサンゼルスの気温・気候

ロサンゼルスはアメリカ西海岸最大の都市です。アメリカの中でも年間を通してとても温暖で過ごしやすく、天国のような地域です。

日本より乾燥しているので、温度のわりに体感温度が低くカラッとしています。

最高気温は約25度、最低気温は約9度、年間を通して平均気温は約17度です。

冬は気温も下がり、雨季もあります。朝は冷え込み場所によっては、霜がおりることもあります。夏でも日が落ちると冷え込みますので長袖は必要です。

海沿いは太平洋からの冷たい海風の影響で冷たい風が吹きます。日中はとても過ごしやすい気温です。

また日によって気温の差があるのもロサンゼルスの特徴ですので、半そで・長袖両方を持って訪れることをおススメします

8. サンフランシスコの気温・気候

サンフランシスコの気温・気候

アメリカ西海岸に位置するサンフランシスコの気温は、夏は暑すぎず、冬は寒すぎず、春や秋は暖かく、季節の変わり目があまりはっきりしていません。年間を通してとても過ごしやすい気候です。

最高気温は約23度、最低気温は約5度、年間を通して平均気温は約14度です。

サンフランシスコは霧の街と呼ばれています。特に夏の朝夕には深い霧が発生することが多いです。そのため夏でも寒いと感じる日もあります。

9,10月でもインディアンサマーと呼ばれる暑い日があったりします。

降水量はとても少ないので雨の心配は必要ありません。服装に関しては夏でもカーディガンでなく、ジャケットくらいの厚手のものが必要です。


本記事ではアメリカの主要8都市の気温、気候についてそれぞれ解説してみました。アメリカを観光する際は地域ごとの気候や気温に十分注意してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

留学経験者、留学中の方
ライターとして活動しませんか?

School With 留学ブログ ライター募集
みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。