2月に留学するメリット・デメリットとは?春休みの短期留学におすすめ

2月に留学するメリット・デメリットとは?春休みの短期留学におすすめ

「2月の春休みを利用して留学したい」
「でも、ベストな時期なのか分からなくて迷っている」
という人は多いのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、2月の留学はおすすめです。春休みのまとまった時間で短期の語学留学ができ、集中的に英語力を伸ばすことができます。

ただし、2月の留学は注意すべきポイントもあります。2月は日本人や韓国人の留学生が増える時期です。選ぶ国や出発のタイミングによっては、渡航費が高くなったり、希望する学校が定員オーバーになったりというリスクがあります。

2月の留学を成功させるために、この時期特有の気をつけるべき点を理解しておきましょう。

今回は、2月の留学の特徴やおすすめの留学プラン、短期留学のメリット・デメリットなどを紹介します。おすすめの国や注意点など、具体的なお話もするので、2月の留学を迷っている人はぜひ参考にしてくださいね。

2月は留学にベスト?この時期の特徴を解説

2月は留学にベスト?この時期の特徴を解説

まずは、2月に行く留学の特徴として、次の3つを紹介します。

  • ・春休みで日本人留学生が多い
  • ・航空券が値上がりしやすい
  • ・年間を通してもっとも留学する人が多い

特徴1.春休みで日本人留学生が多い

2月は日本の大学が春休みに入るため、1〜2ヶ月の留学に行く学生が増えます。また、年度が変わる時期なので、長期留学などの学生もそのタイミングで行く人も多いです。

年度末が近くなり、有給消化のために休暇を取って1〜2週間の短期留学をする社会人もいます。このように2月は、学生・社会人共に留学する人が増えるピークシーズンにあたります。

特徴2.航空券が値上がりしやすい

2月は、出発のタイミングや行き先によって航空券が値上がりする時期です。

大きな要因は、1月から2月にかけて、中国の春節と重なるためです。例年、春節の大型連休は、世界各国を訪れる中国人観光客が増加します。

トリップドットコムの調査によると、春節期間の人気旅行先は、トップが日本。日本人の留学先として人気のフィリピン・オーストラリア・アメリカも上位にランクインしています。そのため、日本と各留学先を発着するチケットが高騰しやすいです。

春休みを使って留学する日本人も増えることから、渡航費が高くなってしまう可能性があります。

【出典】中国人旅行者の今春節休暇は日本が人気旅行先トップに

特徴3.年間を通してもっとも留学する人が多い

あまり知られていませんが、留学業界では、2月が年間を通してもっとも留学生が多い時期と言われています。

先ほど述べたように、2月は学生や社会人が留学に行きやすいタイミングです。

そのため、人気の学校やコースは早めに埋まってしまうので、早めに準備や申し込みをすることをおすすめします。

LINE留学相談

2月におすすめの留学プラン

2月におすすめの留学プラン

2月に留学を考えている人には、短期の語学留学がおすすめです。その理由やおすすめの期間について詳しく説明していきます。

2月は短期の語学留学がおすすめ

春休みを利用して留学する人は、可能な留学期間が限られているでしょう。1週間〜2ヶ月ほどの短期で留学するなら、海外の語学学校に通う「語学留学」がおすすめです。

語学留学のメリット・デメリットは、次の通りです。

語学留学のメリット

  • ・短期間の留学が可能
  • ・自分のレベルに合わせた学習ができる
  • ・さまざまな国の人と国際交流できる

短期間で集中的に英語の基礎を学び、他の国の留学生と交流できるのがメリットです。

語学留学のデメリット

  • ・ネイティブスピーカーとの交流は少ない
  • ・大学のような専門的な勉強はできない
  • ・近隣都市を旅行する時間が取りにくい場合も

語学学校に通う学生は非ネイティブのため、普段ネイティブスピーカーと関わる機会は案外少なく、リアルな会話のスピードや現地の文化などを体感しづらいのがデメリット。

また、留学中に語学以外の専門知識を学ぶことは難しいです。

基本的に月曜日から金曜日まで授業が毎日あるため、別の都市に観光や小旅行をする時間が取りづらい難点もあります。

語学学校のメリット・デメリットについて、詳しくは以下の記事で解説しています。
語学学校のメリット・デメリット!学校の種類について紹介します!

以上を踏まえて、「2月の限られた休暇を使って、英語力を上げたい」という人には、短期の語学留学をおすすめします。

おすすめの期間は1ヶ月!

2月に留学する人におすすめの期間は1ヶ月です。

理由は、1〜2週間の期間では、語学力の向上がそれほど期待できないためです。おそらく少し英語に耳が慣れてきたタイミングで帰国することになるでしょう。特に2月に高騰する渡航費を考えると、費用に見合った効果が得られない場合も。

対して、1ヶ月の留学期間があれば、一定の基礎英語力の向上が見込めます。「先生の言っていることが理解できるようになった」「英語を話すのに抵抗がなくなった」など、ある程度の上達が実感できるはずです。

留学期間は長いに越したことはないですが、かかる学費・生活費や確保できる休みの長さを考慮すると、1ヶ月が現実的でしょう。

短期留学のメリット、デメリット

短期留学のメリット、デメリット

続いては、約1ヶ月の短期で留学するメリット・デメリットについてお伝えします。

短期留学のメリット

短期留学のメリットは、以下の通りです。

  • ・長期留学よりも費用が安く済む
  • ・ビザが不要で手続きが簡単
  • ・初めての留学でもハードルが低い

期間が短い分、学費や生活費が安く抑えられます。また、3ヶ月以内の短期の留学は、ビザが不要な国が多く、長期留学よりも準備が楽です。

短期留学は、初心者向けのプログラムや格安のプランもあるため、留学未経験者でも安心して挑戦できるのがメリットです。

短期留学のデメリット

短期留学のデメリットは、以下の3つが挙げられます。

  • ・英語力の劇的な向上は期待できない
  • ・日本人同士で固まってしまうことが多い
  • ・留学生活を満喫するための時間が足りない

まず前提として、1週間から1ヶ月ほどの短期留学で、英語を完全にマスターすることは難しいです。特に最初は英語環境に慣れず、日本人同士で固まってしまい、外国人留学生との交流ができずに終わってしまうパターンも多いです。

英会話に慣れてきて、上達を感じ始めた頃に帰国しなければならないこと、観光地を巡る時間を十分に取りづらいことから、物足りなさを感じる人もいるでしょう。

LINE留学相談

2月の留学をおすすめする人

2月の留学をおすすめする人

次のような人には、2月の留学をおすすめします。

  • ・大学の春休みを利用して英語力をアップしたい学生
  • ・新年度に予定している長期留学の前に、英語への抵抗感をなくしたい人
  • ・初めての留学でひとまず短期間海外に行ってみたい人
  • ・外国人留学生と仲良くなって、海外の友達を作りたい人

学生の場合は春休みを利用することで、学校を休まずに留学することが可能です。語学留学してみたいと思いつつも実現できていなかった人は、ぜひ休み期間を使って挑戦してみましょう。

長期留学前の準備や腕試しとして行くのもおすすめ。また、外国人留学生が増える時期なので、友達を作りやすいでしょう。

2月の留学におすすめの国

2月の留学におすすめの国

次は、2月の留学におすすめの国として、以下の3カ国を紹介します。

  • ・フィリピン
  • ・オーストラリア
  • ・カナダ

おすすめ1.フィリピン

まずは、日本人の留学先として人気が高く、2月がベストシーズンのフィリピンについてご紹介します。

特長

フィリピン留学の特徴は、以下の通りです。

  • ・他の国より費用が安い
  • ・マンツーマン授業が受けられる
  • ・目的に合わせて選べる学校・プログラムの数が多い
  • ・休日に遊べるリゾートが充実

そして、2月のフィリピン留学は、次のような人におすすめです。

  • ・留学費用を安く抑えたい人
  • ・初心者向けコース・TOEIC対策コース・ビジネス英語コースなど、自分のレベルや目的に合うプログラムを選びたい人
  • ・マンツーマンレッスンを受けて、短期集中で英語力を鍛えたい人
  • ・休日にリゾートを楽しみたい人

詳しい特徴やメリットを知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。
フィリピン留学とは?特徴とメリット・デメリットを徹底解説!

2月の気候

フィリピン留学の中で特に人気が高いセブ島の2月の気候を紹介します。

2月のセブ島は乾季にあたり、雨はほとんど降りません。晴天が多く、夏のように温暖な2月~5月は、セブ留学のベストシーズンです。服装は日本の夏服で問題ありませんが、室内は寒いことがあるので、薄手の長袖があると安心です。

【2020年版】セブ島の気候とオススメの服装を解説!

費用

フィリピンに1ヶ月留学する際の費用総額は、約33万円です。

フィリピン留学は、3食付きの寮生活で、授業料・滞在費・食費が含まれたプランが多いです。費用の詳細は、以下のページを参考にしてください。

1ヶ月のフィリピン留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!

おすすめ2.オーストラリア

オーストラリアは日本と季節が逆のため、2月はちょうど夏の時期。自然や街の観光スポットも楽しめるオーストラリアをご紹介します。

特徴

オーストラリア留学の特徴は、次の通りです。

  • ・幅広い選択肢(都市・学校・コース)から留学プランを選べる
  • ・治安が良く安心して過ごせる
  • ・大自然を感じられる観光スポットがある

2月のオーストラリア留学は、次のような人におすすめです。

  • ・適度に勉強しつつ、カフェ巡りや観光をして留学生活を楽しみたい人
  • ・日本の寒さから逃れて、夏のオーストラリアを満喫したい人
  • ・ゆくゆくはワーキングホリデーを視野に入れている人

詳しい特徴やメリットを知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。
オーストラリア留学とは?特徴とメリット・デメリットを徹底解説!

2月の気候

オーストラリアの中で人気のシドニーの気候を紹介します。

2月のオーストラリアは、日本と真逆の夏。日本と比べて湿度が低いので、カラッとした過ごしやすさが魅力です。

服装は半袖で大丈夫ですが、室内との寒暖差が激しいため、羽織れるものを用意しておきましょう。また、紫外線がかなり強い点にも注意が必要です。

【2020年版】オーストラリアの気候とおすすめの服装を解説!

費用

オーストラリアに1ヶ月留学する際の費用総額は、約34〜66万円です。

留学費用の内訳は、以下のページをご参照ください。
1ヶ月のオーストラリア留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!

おすすめ3.カナダ

カナダは他の国に比べて、2月の航空券が安くなりやすいです。カナダの特徴や気候について詳しく紹介します。

特徴

カナダ留学の特徴は、次の通りです。

  • ・2月のカナダはオフシーズンなので、1年を通じてもっとも航空券が安い
  • ・バンクーバーへの直行便が多く、日本からのアクセスが便利
  • ・訛りの少ないキレイな英語が学べる
  • ・メキシコ・ブラジル・ヨーロッパなど、世界各国から留学生が集まる
  • ・多様性を重んじる文化を肌で感じられる

2月のカナダ留学は、次のような人におすすめです。

  • ・費用をおさえて欧米圏に留学したい人
  • ・アメリカ英語に近いキレイな英語を身に付けたい人
  • ・多様な国の人と交流し、視野を広げたい人

詳しい特徴やメリットを知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。
カナダ留学とは?特徴とメリット・デメリットを徹底解説!

2月の気候

カナダの中でも人気が高いバンクーバーの気候を紹介します。

カナダの冬は日本よりも寒く、雨も多いです。ただしバンクーバーは、トロントやカルガリーほど冷え込むことはありません。

「ウィンタースポーツを楽しみたい」「費用が下がるオフシーズンを狙いたい」という人には、狙い目の時期でしょう。

【2020年版】バンクーバーの気候とオススメの服装を解説!

費用

1ヶ月カナダに留学する場合の費用総額は、約35〜66万円です。

内訳は、以下のページをご参照ください。
1ヶ月のカナダ留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!

2月の留学における注意点

2月の留学における注意点

2月に留学に行く人は、以下のポイントに注意しましょう。

  • ・季節が逆の国もある
  • ・日本人が少ない国・学校を探す
  • ・半年前の申込みがおすすめ

注意点1.季節が逆の国もある

2月の日本は平均気温が10℃を下回る冬ですが、留学先によっては夏の国もあります。

例えば、オーストラリアは、南半球に位置するため、2月は平均気温20℃を超える夏です。フィリピンも、1年を通して夏のような気候なので、2月でも30°Cを超える真夏日になることがあります。

留学先の2月の気候よく確認して、服装や持ち物などを準備しましょう。暑い国に行く人は、夏服や汗を拭くためのハンカチ、サンダル、サングラスなどを忘れずに持って行ってくださいね。

注意点2.日本人が少ない国・学校を探す

前述した通り、2月は日本人留学生が多い時期です。極力日本語を話す機会を減らしたい人は、日本人が少ない国や学校を探しましょう。

留学中周りに日本人が多いと、どうしても日本語を話すことが多くなってしまいます。英語学習に集中したい人にとってはデメリットとなり得るので、注意が必要です。

マルタ共和国やアイルランドは日本人留学生が少ない国と言われています。フィリピンやオーストラリアにも日本人が少ない都市や学校はあるので、迷ったら留学エージェントに相談してみるとよいでしょう。

注意点3.半年前の申込みがおすすめ

2月の留学を考えている人は、半年前には申込みをしましょう。

留学のピークシーズンになると、人気の語学学校や滞在先は定員オーバーとなる可能性があります。また、航空券が値上がりしたり、売り切れたりするリスクも大きいです。

希望の学校やステイ先がある人は、半年前には計画をスタートしましょう。そして、申込み・飛行機のチケット購入を済ませておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、2月の留学について解説しました。

おさらいすると、2月の留学の特徴は、次の通りです。

  • ・春休みで日本人留学生が多い
  • ・航空券が値上がりしやすい
  • ・年間を通してもっとも留学する人が多い

そして、2月の留学では、以下の3つに注意しましょう。

  • ・季節が逆の国もある
  • ・日本人が少ない国・学校を探す
  • ・半年前の申込みがおすすめ

2月の貴重な休みを利用して、短期留学するのはとてもおすすめです。1ヶ月ほどの語学留学なら、費用を抑えつつ、英語の基礎を身につけられます。

School Withでは、無料の留学相談を受付中です。国や学校選びに迷ったら、気軽に相談してみてくださいね。

LINE留学相談

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

yuki

yuki

広告代理店での企画営業を退職後、カナダ留学・ワーホリ、フランスワーホリを経験。15カ国・40都市の渡航経験があります。現在は、田舎で野菜を育てながら、半農半フリーランスのWebライターとして活動中です。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。