留学先でホームステイをするメリットとデメリットとは?楽しく生活するコツをご紹介!

留学 ホームステイ

「留学をするうえでホームステイを利用した方がいいのかな……」
と思っている方。

海外における日常の生活をリアルに体験できるホームステイは、留学するうえでたくさんのメリットがあります。ホームステイのメリットとデメリットをしっかりと理解し、自分に合った滞在方法を選べば、より充実した留学生活を送ることが可能です。

とはいえ、具体的にメリットとデメリットがどのようなものなのかは、わかりにくいですよね。

そこでこの記事では、ホームステイのメリット・デメリット、他の滞在方法との違い、ホームステイ先の探し方などをご紹介します。ホームステイの良し悪しを判断するのは難しく感じますが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、ホームステイのメリットとデメリットについて知りましょう!

【PR】

そもそも留学の滞在方法は何がある?

留学 ホームステイ

留学する上で滞在の方法には、

  • ・ホームステイ
  • ・学校の寮
  • ・シェアハウス
  • ・アパート

の4つがあります。自分の望む留学のライフスタイルをはっきりさせることで、より良い滞在方法を選ぶことが可能です。それでは、1つずつ見ていきましょう。

滞在方法(1)ホームステイ

ホームステイとは、留学先の現地に住んでいる普通の家庭にお邪魔し、その家族と一緒に生活を送る滞在方法です。留学生を受け入れてくれる家族を「ホストファミリー」と呼びます。ホームステイ先を選ぶ際は、基本的には語学学校が探して紹介してくれるケースが多いです。

滞在方法(2)学校の寮

学校の寮は、語学留学に来た生徒がまとまって滞在することができる宿泊施設です。

語学学校が用意した寮には、

  • ・大学の寮
  • ・民間の寮(レジデンス)
  • ・語学学校が所有する寮

などさまざまなものがあります。学校の寮の場合、通常は2~4人部屋で、1人部屋のケースは稀です。バスルームやキッチン、テレビラウンジやコインランドリーなど、設備は共用で使用します。

滞在方法(3)シェアハウス

シェアハウスは、民間のアパートやマンションなどを複数名で借りてシェアする滞在方法です。宿泊料金を折半することができるため、コストを抑えながら留学するのに人気の滞在スタイルです。

生活のスタイルは学校の寮と似ていますが、宿泊先の手配や生活ルールなどは自分たちで対応する必要があります。

滞在方法(4)アパート

アパートは、最も自由度が高い滞在方法です。日本でアパートを借りる時と同様に、不動産と契約して部屋を借ります。部屋の手配から設備の管理まで、自分ですべて行う必要があります。

留学中にホームステイをするメリット

留学 ホームステイ メリット

留学中にホームステイをするメリットは、

  • ・英語の習得スピードがアップする
  • ・現地の文化や生活習慣を学べる
  • ・安心して語学習得に集中できる

の3つです。1つずつ見ていきましょう。

メリット(1)英語の習得スピードがアップする

1つ目のメリットが、英語の習得スピードがアップすることです。

ホームステイでは現地の家族と生活を共にするため、当然のことながら英語での会話量が増えます。また、ホストファミリーの家族同士の会話を耳にする時間も長くなります。そのため、一人で生活しているよりもずっと早く英語を身に付けることが可能です。

また、語学学校の友人と遊んだり、夜更かししたりする機会を作りにくいため、勉強に集中できる環境が確保できます。

メリット(2)現地の文化や生活習慣を学べる

2つ目のメリットが、現地の文化や生活習慣を学べることです。

ホームステイでは、普段のありのままの生活を共に過ごすことができるため、日本にはない文化や生活習慣を知る機会がたくさん生まれます。通常の観光などでは気づくことのできない、貴重な経験を得ることが可能です。

語学を学ぶことはもちろん大切な目的ですが、意外にその後の人生に役立つのが、多様な文化や価値観を知ることであったりもします。せっかく留学するのであれば、そのような経験が得やすいホームステイを選ぶことをおすすめします。

メリット(3)安心して語学習得に集中できる

3つ目のメリットが、安心して語学習得に集中できることです。

海外での長期生活においては、急病やトラブルなど、自分一人では解決できないような事態に陥るケースもあります。そんな時に身近に、助けてくれる人たちがいてくれることは、何よりも大きな助けとなりますし、心理的にも安心です。

また食事などの心配をしなくて良いため、語学習得に集中しやすい環境を確保することができます。安心して語学習得に集中したい方にとって、ホームステイはおすすめです。

留学中にホームステイをするデメリット

留学 ホームステイ デメリット

留学中にホームステイをするデメリットは、

・何をするにも自由度が少ない
・ホストファミリーとの間でトラブルが起きる可能性がある

の2つです。こちらも1つずつ見ていきましょう。

デメリット(1)何をするにも自由度が少ない

1つ目のデメリットが、何をするにも自由度が少ないことです。

ホームステイでは、ホストファミリーの生活にすべてを合わせる必要があります。

  • ・食事の内容や時間
  • ・お風呂の使い方
  • ・門限

など、ホストファミリーごとのルールが決められることが多く、自分勝手な生活はできません。

もし留学中に「現地でできた友人との時間を最優先にしたい」「ナイトスポットを楽しみたい」などの希望がある場合は、ホームステイはややデメリットが大きいです。

デメリット(2)ホストファミリーとの間でトラブルが起きる可能性がある

2つ目のデメリットが、ホストファミリーとの間でトラブルが起きる可能性があることです。

ホストファミリーとはいえ相手も人間ですので、人間関係がこじれることは十分に考えられます。

  • ・性格が合わない
  • ・ハウスルールが厳しすぎる
  • ・あまり歓迎されていないように感じる

など、ホストファミリーとの間でトラブルが起きると、留学生活そのものに支障をきたしかねません。実際ホストファミリーとうまくいかず、留学を途中で切り上げる知人も見てきました。

一生に一度あるかないかの留学でそのような事態に陥ることはとても辛いことです。自身が留学に求めるものをはっきりとさせておいたり、ホストファミリーの事前調査をしっかりしておくことで、トラブルのリスクを低くすることができます。

ホームステイはどんな人におすすめ?

留学 ホームステイ

留学する上でホームステイがおすすめの人は、以下の通りです。

  • ・語学習得を最優先したい人
  • ・初めての海外留学で不安を感じている人
  • ・現地の暮らしを身近に経験したい人
  • ・ライフスタイルにあまりこだわりがない人

個人的には、ホームステイは語学留学をするうえで一番良い滞在方法だと感じています。特に現地の暮らしなどを知る機会は、ホームステイ以外ではなかなか得ることができません。最優先の目的である語学習得を目指しつつ、異文化に触れることのできるのがホームステイの特長です。

ホームステイと寮生活・シェアハウス生活との違いとは?

留学 ホームステイ

ホームステイと寮生活・シェアハウス生活との違いは、言い換えると「パッケージツアー」と「個人ツアー」の違いに似ていると言えます。

パッケージツアーは、あらかじめ決められた枠組みの中で旅行に参加します。自由度は低いですが、その分ツアー会社が色々と手配してくれるため、安心して旅行をすることが可能です。

一方、個人ツアーは航空券の手配から滞在先、食事、すべて自分1人で行わなければいけません。さまざまなトラブルに巻き込まれるリスクは高まりますが、自分の行きたいところに思い立った時に行ける自由度が魅力です。

ホームステイはパッケージツアーと同じく、さまざまな面に配慮されているため、安心した留学生活を送ることができます。一方、寮生活・シェアハウス生活は個人旅行と同じく、すべてを自分で対応する必要があります。

メリットは決定権がすべて自分にあるため、望みのライフスタイルを実現することができる点です。

ホームステイするときの持ち物

留学 ホームステイ

ここではホームステイする時の持ち物についてお伝えします。ホームステイ先で用意されているものと、自分で持っていくべきもの、それぞれを把握しておくことで確認漏れなく持ち物を準備することが可能です。

持ち物については現地で調達することもおすすめですが、海外のグッズは日本ほど品質が高くないことが多いので注意が必要です。日常使いのものなど、自分の気に入ったものやこだわりがあるものについては、日本にいるうちに準備をしましょう。

ホームステイ先で用意されているもの

ホームステイ先で用意されているものは、基本的に「合宿所」や「青年宿泊所」のような施設を利用する場合と同じと考えて問題ありません。

  • ・布団やベッドなどの寝具
  • ・洗濯機や冷蔵庫など、生活する上で必要な電化製品
  • ・食事

などについてはホームステイ先で用意されています。その他はホームステイ先にもよりますが、勉強用のデスクや、各種消耗品が利用できるところもあります。

心配な方は、事前にホームステイ先に確認を取るようにしましょう。

自分で持っていくべきもの

自分で持って行くべきものは、かなりの数になるため、確認漏れが発生しないようにチェックリストを作っておくことをおすすめします。

ここでは、留学に必要と考えられる持ち物を厳選してピックアップしました。この中から自分にとって必要なものをさらに整理し、自分に合ったチェックリストを作ってみてください。

【ホームステイで必要な持ち物】

・衣類(Tシャツ、長袖シャツ、ウィンドブレーカー、ジーンズ、靴下、下着、帽子)
・洗面用具(歯ブラシ、歯磨き粉、ボディソープ、シャンプー)
・洗濯用品(洗濯ばさみ、ハンガー、洗濯ネット)
・速乾性タオル
・爪切り
・雨具(折りたたみ傘、レインウェア)
・南京錠、チェーンロック
・常備薬(下痢止め、目薬、胃腸薬、塗り薬、バンドエイド)
・電子辞書
・モバイルバッテリー
・タコ足延長コード

ホストファミリーへのお土産はどうする?何がおすすめ?

留学 ホームステイ お土産

ホームステイをするのであれば、ホストファミリーへのお土産を用意していくことをおすすめします。

これは決まりではありませんが、長期間お世話になるホストファミリーとの良い関係性を築くことは、留学生活を充実させるうえで重要です。最初のコミュニケーションや気持ちを伝える手段として、お土産はとても良いアイテムと言えます。

ホストファミリーへのお土産として喜ばれるのは、

・日本でしか手に入らないもの
・日本らしいもの

です。私が実際に日本からのお土産として喜ばれたものは「扇子」「折り紙」「けん玉」などでした。食べ物は合う合わないがあるので、プラスアルファのお土産として持って行くと良いでしょう。

ホームステイ先でトラブルはある?体験談は?

留学 ホームステイ

一般的にホームステイのイメージは、とても親切そうな家族が温かく迎えてくれるような感じではないでしょうか。仲の良いご夫婦、元気な子供達、そんな家族に囲まれて過ごせるようなイメージがあると思います。

しかし、そのイメージを持ちすぎると、実際にホームステイしてギャップがある場合がっかりしてしまいます

私がアメリカで滞在したのは、これまでに何度もホストを務めてこられたご家庭で、ある意味ホームステイをビジネスとして捉えていました。そのため必要以上のコミュニケーションをもつ機会がなく、自分のイメージしていたものと違う生活にがっかりしてしまいました。

このように、自分のイメージしているホームステイと違ったものであった場合、留学のモチベーションが大きく下がってしまいます。できるだけ事前にホームステイ先の情報や評判を聞いておきましょう。

確認しておきたいホームステイ先のルールや心構え

留学 ホームステイ

ホームステイ先では「ハウスルール」と呼ばれる、各家庭ごとに決められたルールがあります。例えば私が滞在したところでは、

  • ・シャワーは1人10分まで
  • ・洗濯機は2日に1回の使用
  • ・布団は自分で定期的に干す

などのルールがありました。大抵ハウスルールは、滞在初日にホストファミリーから伝えられます。初めて聞いた時は「シャワー10分は短いな」と感じましたが、あとあと水が貴重な国であることがわかり、そのルールにも納得しました。

日本の文化と他国の文化の違いをよく理解していないと、思わぬ不満やトラブルが発生する可能性がありますので注意しましょう。

食事

ホームステイ先の食事は、基本的に朝食と夕食が提供され、お昼は各自自由に食べるスタイルが多いです。食事についてのハウスルールは主に「食材」と「食事の時間」の2つです。

ホストから苦手な食材や料理などについて聞かれた際は、しっかりと伝えておきましょう。また食事の時間は基本的にホストファミリーに合わせて取ることになります。

「食事が不要な場合は〇〇までに伝える」といったハウスルールもありますので、しっかりと確認してください。この2点をはっきりさせておかないと、 後々ホストへも迷惑をかけ、不要なトラブルを発生させてしまいます。

洗濯

洗濯は、共用で洗濯機を使わせてもらえるケースと、近場のコインランドリーを紹介されるケースがあります。

強要で洗濯機を使ってもらえる場合は、

  • ・利用できる時間帯や頻度
  • ・洗剤の利用について
  • ・洗濯物の干し方について

などを確認しておきましょう。

お風呂

海外のお風呂は基本的にシャワーで済ますことがほとんどです。先にお伝えした通り、水が貴重な国が多いため、シャワーの利用が原因でトラブルになるケースはたくさんあります。

シャワーの利用については、

・利用できる時間や頻度
・石鹸やシャンプーの利用

などをしっかり確認し、ホストファミリーに迷惑をかけないようにしましょう。

ホームステイ先の探し方

留学 ホームステイ

語学留学でホームステイ先を選ぶ場合、多くは語学留学のパッケージからそのまま依頼するケースが多いと思います。ホームステイ先を探すには、この他にもいくつかの方法があります。

ここでは、

  • ・語学学校のエージェントを利用して探す
  • ・インターネットを利用して探す
  • ・友人や知人に紹介してもらって探す

の順にホームステイ先の探し方をお伝えします。

探し方(1)語学学校のエージェントを利用して探す

1つ目の探し方が、語学学校のエージェントを利用して探す方法です。

語学学校では滞在先を決める際に、語学留学のパッケージとしてホームステイ先を紹介してもらうことができます。紹介には料金がかかりますが、専門のエージェントがヒアリングを踏まえた上でホームステイ先を探してくれるので安心です。

自分で探すことが難しい方や、時間がない方におすすめのサービスと言えます。

探し方(2)インターネットを利用して探す

2つ目の探し方が、インターネットを利用して探す方法です。

最近はインターネット上でホームステイ先を探せるサイトができています。インターネットを利用して探すことのメリットは、

・費用を抑えることができる
・たくさんのホームステイ先から選べる

です。登録自体は無料でできるため、興味のある方は1度登録して、中身をチェックしてみることをおすすめします。おすすめのサイトは、

Homestay.com(https://www.homestay.com/
homestaybay(https://www.homestaybay.com/ja

です。

探し方(3)友人や知人に紹介してもらって探す

3つ目の探し方が、友人や知人に紹介してもらって探す方法です。

身近な人が利用したホームステイ先であることから、細かな点までヒアリングをして安心して利用することができます。周りにホームステイを経験した友人や知人がいない場合は難しいかもしれませんが、友人の友人がホームステイをしている場合もあります。

できるだけ周囲の友人や知人にホームステイ先を探していることを伝えておくと良いでしょう。

まとめ

ここまで、留学先でホームステイをするメリットとデメリットについてお伝えしました。

おさらいしますと、留学中にホームステイをするメリットは、

  • ・英語の習得スピードがアップする
  • ・現地の文化や生活習慣を学べる
  • ・安心して語学習得に集中できる

の3つです。

語学を学ぶことはもちろん大切な目的ですが、それだけでなく、多様な文化や価値観を知ることのできるホームステイは魅力的な滞在方法と言えます。

一方でホームステイのデメリットは、

・何をするにも自由度が少ない
・ホストファミリーとの間でトラブルが起きる可能性がある

の2つです。

ホストファミリーとの間でトラブルが起きると、留学生活そのものに支障をきたしかねません。留学の目的をはっきりさせておいたり、ホストファミリーの事前リサーチをしっかりしたりすることで、トラブルのリスクを低くすることができます。

ホームステイ先を探す方法は、

  • ・語学学校のエージェントを利用して探す
  • ・インターネットを利用して探す
  • ・友人や知人に紹介してもらって探す

の3つです。状況によってベストは探し方は異なりますので、自分に合った方法でホームステイ先を探してください。

ホームステイは人生の中で1度あるかないかの貴重な機会です。メリットとデメリットをしっかりと押さえ、自分の納得のいくホームステイ先を選びましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

長濱 裕作

長濱 裕作

学生時代はお金を貯めて海外各地を放浪。異文化に触れる楽しさや多様性の価値を知る。学生結婚を経て12年に渡り大手アミューズメント企業に勤めるも、家族と過ごす時間を増やすために退職。現在は田舎に引っ越して古民家を購入、半農半ライターとして生活。子どもたちの留学の在り方についても勉強中。妻ラブな3児の父。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。