School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

マルタってどんな国?マルタの特徴とおすすめスポット

マルタという国の特徴やそのおすすめスポットについて、実際に留学のためにマルタに滞在経験のある私がご紹介します。

マルタでの語学留学を検討されている方、マルタに行く予定の方は、ぜひ参考になさってください。

【PR】

私のマルタでの滞在経験

マルタの風景

私は、2008年の2月から3月のちょうど1ヶ月間、語学留学もかねてマルタのセントジュリアンに滞在しました。

一応1人旅という名目でしたが、1人で何もかも行動することに不安を覚えたため、語学学校の敷地内にある学生寮で1ヶ月間お世話になりました。

マルタってどこにあるの?

マルタの風景

マルタは、イタリア、シチリア島のすぐ下にある小さな島です。

テレビでイタリアの地図が映ってもようやく見つけられるかどうか、かなり注目しないことには見つけられないような、小さな小さな島です。

私は関西在住ですが、まず関西国際空港からドバイ経由でラルナカ島を通り、飛行機でまるまる1日かけてようやく到着できる距離。

九州地方からの渡航者もいましたが、彼らは約2日かけないといけない距離です。

関東方面からの渡航者ではイギリス経由で来た方もいて、ルートは色々あるようですが、日本からでは直通便はありませんでした。

マルタの気温・季節ってどんな感じ?

マルタの風景

とても暖かく過ごしやすい気温の国です。

しかし私がマルタについた2月の日はひどく寒くて日本から着ていったダウンコートが手放せず、そのダウンコートを着たまま寝ました。

翌日に学校の先生が話されていましたが何十年に一度の寒波だったそうで、運悪く?その日に到着してしまいました。

普段は暖かい国のようですが、1月2月はとても寒い時期もあるので気をつけなければいけないと思いました。

特に1月〜2月の渡航では、コート等も用意するべきでしょう。

マルタの一押しなポイント・特徴

1.日本人が少ない!そしてヨーロッパの友達がたくさんできる!

ヨーロッパの友達のイメージ画像

マルタに行くにあたり色々なガイドブックを読みましたが、日本人が少ないとよく書かれています。

英語を真剣に話したいと思ったのでこれはいいかなと思って決めましたが、実際に行ってみるとやはり他の国よりも少ないと感じたので、英語を真剣に勉強するのにはいいと感じました。

また、ヨーロッパからの留学生が多いことが特徴なので、ヨーロッパからの友達がたくさんできます。

これは他の国の留学ではなかなかないのではないのでしょうか。

2.気温が暖かく、過ごしやすい!

温暖な気候のイメージ画像

上でも書いたように私は何十年に一度の寒波の時にマルタに行ってしましましたが、それ以外は冬でも比較的暖かい気温で、心地よく過ごすことができました。

しかし友達の話では夏は驚くほど暑いそうなので、十分に注意が必要だそうです。

私はちょうど冬の季節に行きましたので、寒い冬に渡航するのはとてもおすすめです。

風の強い日もありますが、爽やかな風が吹き抜け、外で日なたぼっこをするのもとても好きでした。

ちょっと暖かくなればプールにも入ることができますし、海もあります。

気候、海、気温などがこの国の魅力です。

3.安全で治安がいい

マルタの風景

マルタはとても治安がよい国だと思います。

バスで寝ていて財布を取られたという話も聞きましたが、無理にひったくりに遭うようなこともありませんでした。

実は、一緒に行動していた友達のお財布が置き引きに遭ったことがあります。

ただ、一緒に警察に行き、届け出も出したところ、なんとお友達のお財布が帰ってきたのです。

盗んだ犯人が防犯カメラに映っていたということもあるのですが、友達と一生懸命に状況を説明して、防犯カメラなどを見せてくれと頼みました。

犯人がそれを認め、すぐにお財布が返ってくる。

珍しい例かもしれませんが、こういったこともありました。

マルタでおすすめなスポット

1.ゴゾ島

マルタ、ゴゾ島の風景

学校のオプションツアーで、ゴゾ島にフェリーで行ってきました。

美しい海を眺めながら、ゴゾ島に行きました。

生活している人も多いですし、お土産などがたくさん買えるので、ぜひ一度訪れるべき場所だと思います。

レストランもありますし、現地の人とふれあうこともできます。

特にお土産売り場は、おそらくマルタで一番種類が豊富でバラエティーに富んでいると思いました。

マルタのお土産を買うなら、ゴゾ島がおすすめです。

行った時はそれを知らなかったので、少ししか買わずに後で後悔しました。

2.コミノ島

マルタ、コミノ島の風景

コミノ島は、ゴゾ島とは違い、無人島です。

無人島という響きに憧れて行ってきました。

少人数のグループで行きましたが、本当に誰もいませんでした。

私は日本にない景色が見たいと思っていたのですが、コミノ島に咲く植物は日本では見たことがないものばかりで、まるで異空間にいるようでした。

何よりも海が綺麗すぎて、何も言葉が出ませんでした。

人がいないところでそっと涙しました。

おそらく日本のどこを探してもあのような美しい海を探すことなどできないと、今でもそう思っています。

3.日本食レストラン 響(ひびき)

マルタの日本食レストラン 響

私はいつも海外では食事に困っています。

実際、マルタで私が美味しいと感じるものは少なかったのですが、友人の薦めで日本食レストラン「響(ひびき)」に行きました。

マルタでは高級なお店の1つに入ると思います。
ディナーで1人5千円ほどお支払いしました。

海外での日本食とはどんなものかと思いましたが、日本人の私でも「美味しい、日本食だ!」と感動しましたし、マルタ流に(?)アレンジした料理もありました。

全てが美味しい料理、素敵な店構え、絶対に行くべき素晴らしいお店でした。

まとめ

マルタという国について、少しは伝わりましたでしょうか。

マルタの気温・季節、一押しスポットなどについてご紹介しました。

マルタに行く予定のある方、留学を検討されている方は、ぜひ参考になさってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。