School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

どんな天気でもマルタを満喫!季節ごとの天気と気候まとめ

皆さんはマルタ共和国という国を聞いたことがありますか?知らないという方は、少なからずいるのではないでしょうか。

マルタ共和国は日本と同じ島国で、綺麗な青い海に囲まれ、眩しい日差しが降り注いでいます。そのような青い海と温暖な気候から、近年、マルタ共和国で英語を学ぶ日本人が急増しているのです。

留学をする上で気候は大切ですよね。天気が良ければ、気分もハッピーで英語を学べます!今回は、今人気のマルタ共和国の気候事情を徹底解剖していきたいと思います!!

【PR】

マルタ共和国ってどこにあるの?

マルタ共和国はヨーロッパの南イタリア、シチリアの真下あたりに位置しています。

ヨーロッパに位置しているので、マルタ共和国へ観光・留学しに来る人のほとんどがヨーロッパ人で、特にイタリア人、フランス人、スペイン人が多いですね。その中でもイタリアとマルタ共和国は非常に近いため、日本から中国へ行くほどの航空券代で、気軽にイタリアへも観光できますよ。

成田空港からマルタ共和国まで直行便はないので、15時間以上かかります。そんな日本と離れているマルタ共和国の気候事情はどうなのか詳しく見ていきます。

マルタ共和国の年間の気候

マルタ国旗

マルタ共和国は基本的に3月末から10月中旬までが夏季で、10月末から3月初旬までが雨季(冬季)となっています。夏季のピークは6月から9月、雨季のピークは11月から2月中旬です。

雨季と聞くと毎日雨が降り続けるといったイメージを持ちますが、マルタの雨季は2日~3日に1度降るといったもので、しかも長くて3時間ほどしか降りません。マルタ共和国の水不足問題はこの降水量に関係しているため、現地の人々はとても水を大切にしていますよ。

10月から3月までは夏季ですが、朝晩と日中で気温の差がとても激しいので長袖のシャツとその上にジャケットを1枚羽織ると良いと思います。

マルタ共和国の都市別の気候

マルタ共和国は日本の福岡県ほどの面積しかありませんが、各都市によって気候差はあります。そこで今回は、「バレッタ」、「スリーマ」、「セントジュリアン」というマルタ共和国の都市を比較してみました。

マルタ共和国の首都「バレッタ」の特徴と気候

バレッタ

バレッタはマルタ共和国の首都です。バレッタの街には、1980年にユネスコの世界遺産に登録された古代の建築が多くあります。その一方、マルタ共和国の首都であるので、商業や行政などの中心地となっています。バレッタにはマルタ共和国唯一の空港があるので、行く際はこの空港を使用することになりますね。

バレッタの気候ですが、マルタ共和国は地中海に位置するので、夏季の平均気温は約30度程度ですが、日差しが強くかつ乾燥しています。雨がほとんど降らないので多くの人が海で海水浴をしています。
その一方、冬季の平均気温は18度程度なのでそこまで冷え込みませんが、かなり降水量が多いです。昨年度は、10月から3月まで各月、1ヶ月の半分以上雨が降りました。

体感気温が低いので、ジャケットやパーカを着るといった対策が必要だと思います!

マルタ共和国主要都市「スリーマ」の特徴と気候

スリーマ

スリーマは首都バレッタに並ぶ主要都市の1つで、沿岸にたくさんの美しい船が停泊していて、建物は沿岸に沿って並んでいるのが特徴的。スリーマに住んでいる人の多くがカフェやレストランに入り、そのきれいな海を見ながらゆったりと生活を送っています。とても穏やかな世界が広がっている情景が浮かぶのではないでしょうか。

ですが、夏季と雨季では状況が一変します。
夏季は、多くの男性は上裸やシャツのボタンをせず羽織るだけで、時間があれば皆すぐ海に飛び込んで泳いでいましたね。

しかしそのような気候は夏季だけで、雨季の1番の特徴はどこの都市よりも強風が吹き荒れます。しかも目と鼻の先に海があるため、海風がとんでもなく強いです。
そのため11月から3月下旬にかけて、スリーマは実際の温度よりも体感温度がかなり低く感じました。
なので、少し厚着をして対策をする必要があります!

「娯楽の都市」セントジュリアンの特徴と気候

セントジュリアン

セントジュリアンという都市を一言で表すなら「娯楽の都市」だと思います。セントジュリアンでは夜になると、カジノ、クラブがオープンするので、多くの人がナイトライフを充実させています。

セントジュリアンの気候は、夏季も冬季も昼間は本当に穏やかで、スリーマのように特別強風が吹き荒れるといったことはありません。しかし、夜は人々の熱気なのか、他の都市に比べ厚着をしている人々は見かけませんでした。

私もよく夜に、セントジュリアンに訪れていたのですが、雨季であっても寒いと感じたことはありませんでしたよ。他の地域に比べ昼間と夜の温度差がそこまでないと思います!

最後に

マルタの海

いかがでしたでしょうか?

最近になって人気を増しているマルタ共和国は、海が近く気候も暖かいです。さらに日本以上に治安も良いと言われるほどなので、マルタ共和国という国を楽しみながら英語を勉強できるのではないでしょうか。

時間があればまたマルタ共和国へ行きたいなと思えるくらい良い場所です。これからマルタ共和国に旅行、語学留学を考えている方は是非ご参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

なつき

なつき

3ヶ月間マルタ共和国に留学経験。それ以来マルタ共和国の文化と青いビーチの虜に。現在はシステムエンジニアとして日々奮闘中。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。