トロントの空港情報と市内へのアクセス方法

飛行機

カナダ最大の都市で、ナイアガラの滝の玄関窓口でもあるトロントですが、留学先の候補として、または旅行先としてトロントに行くことを考える人もいるでしょう。トロントはまさにモザイク国家としてのカナダを象徴するような多民族・多文化都市です。

今回は日本からトロントまでの行き方と、空港から市街地までのアクセス方法についてご紹介していきます。

留学カウンセラーがあなたのお悩みを無料で伺います!

「留学にはどれくらい費用がかかるんだろう?」
「渡航時期や期間はどうしよう?」
「留学先はどこにしよう?」

その留学のお悩み、プロに相談してみませんか?

スクールウィズでは無料で留学相談を受付中。 留学について気になっていることがある方、ぜひお気軽にご相談ください。

LINEで留学相談する

無料留学相談

日本からトロントまでのアクセス方法

日本からトロントまで

日本からトロントまでの直行便は羽田、成田、中部国際空港から出ています。ANAもしくはエアカナダで、羽田からトロントまで12時間で着きます。

乗り継ぎがある便は、デルタ航空、エアカナダ、アメリカン航空を使用しての運行で、最低でも15時間はかかります。乗り継ぎ便であれば、上記以外の空港からもおよそ1回の乗り継ぎで行くことができます。それぞれ乗り継ぎがスムーズであっても19〜24時間ほどかかります。

直行便がない空港からトロントへ向かう場合は、国内線で直行便がある空港に行き、そこから直行便でトロントに行けば乗り継ぎ時間で長く待たされることはありません。国内で直行便に乗り換えることをおすすめします。

LINE留学相談

到着空港情報

トロント 空港

photo by:EQRoy/ Shutterstock.com

トロント・ピアソン国際空港カナダ最大の国際空港になります。空港内ではターミナル1とターミナル3の2つのターミナルが使用されています。各ターミナルはLINKトレインという空港内電車で結ばれています。またシャトルバスも運行しています。空港内では全域フリーWifiが利用できます。

ターミナル1では主にエアカナダとスターアライアンスに加盟する航空会社が使用しています。ターミナル3はウェストジェット航空、スカイチーム、ワンワールドの各社が利用しています。
また空港内では誰でも入れる有料のプラザ・プレミアム・ラウンジがあります。2時間で40ドル、3時間で50ドル、6時間の利用で70ドルで利用が可能です。他のクレジットカードの特典で利用できるラウンジのように、アメニティが充実しており、食べ物と飲み物は自由に取ることができ、朝食メニューやアルコールのドリンクもあります。

残念ながらシャワーはありませんが、それ以外は快適に過ごせる空間となっています。

トロント国際空港内のお店

カナダ最大の国際空港として、空港内には多くの店があります。スターバックス、サブウェイ、ティム・ホートン、A&Wなどの軽食・カフェチェーン店はもちろん、トロントの有名店、ベーグル屋のCaplansky’s Deli、イタリアン料理のBoccone Trattoria by Massimo Capraといった店もあり、カナダ最後/最初の食事を満喫できます。

空港から市内への行き方

空港から市内

空港から市内に出るまでは以下4つの方法があります。

・TTC(Toronto Transit Commission:トロント交通局)
・UPエクスプレス(Union Pearson Express)
・GOトランジット・バス
・タクシー

それぞれの利用方法について紹介をしていきます。

TTCの利用の場合

TTCはトロント交通局が運営する市バスで、深夜帯限定2路線を含めた計4路線を運行しています。運賃はどの路線でどこまで乗っても一律3ドルで利用できます。

192 Airport Rocket

192番系列のバスはピアソン国際空港と地下鉄のキップリング駅(kipling)を結んでいます。キップリング駅からはブロアー・ダンフォースラインに乗り、トロントのダウンタウンへ向かいます。西へ行く電車のみ運行しているため分かりやすいと思います。

所要時間は約25分で、他の方法よりも安くかつ早くダウンタウンに着くことができます。運行間隔は、5分から10分に1本です。

52A Lawrence West(ローレンス駅行き)

ピアソン国際空港各ターミナルから地下鉄Lawrence駅及びLawrence West駅間を結んでいます。Lawrence駅までの所要時間は約70分です。運行間隔は、10分から20分に1本です。

300A Bloor-Dunforth (ブロアーダンフォース通り行き)

300Aのブロアーダンフォース通り行きのバスが深夜限定で運行しており、ピアソン国際空港からダンフォースストリート・ブロアーストリートを結んでいます。所要時間は約45分で、毎日午前2時から5時の運行となります。

332 Eglinton West(エグリントン・ウェスト駅行き)

332系統のバスも深夜限定で運行しており、ピアソン空港からエグリントン駅間を結んでいます。所要時間は約45分で、毎日深夜1時半から5時の間のみの運行となります。

UPエキスプレス(Union Pearson Express)

UPエキスプレスはトロント・ピアソン国際空港とユニオン駅を結ぶ、2015年6月にできた新しい鉄道路線です。空港からダウンタウンまでわずか25分で行くことができます。早朝5時半から深夜1時まで、15分毎に運行しており、ダウンタウン中心部からピアソン国際空港に最速でアクセスができます。料金は片道12ドル、PRESTOというSuicaのような電子カードを使えば9ドルで利用が可能です。また乗り場はターミナル1にのみあります。

GOトランジットバスの場合

GOトランジットはトロント郊外の各都市を結んでいるバスです。ダウンタウンではなく郊外に行く場合は利用するといいでしょう。

ルート40 Airport Express GO Bus

リッチモンドヒルセンター行きで、運行間隔は1時間に1本です。

ルート34 Brampton/North York Bus(Westbound)

ヨークミルズ駅行きで、運行間隔は30分から1時間に1本です。

ルート34 Brampton/North York Bus(Eastbound)

ブランプトン駅行きで、運行間隔は30分から1時間に1本です。

GOトランジットバス

それぞれ降りるバス停によって運賃は変わります。

タクシー

タクシーの場合は目的地まで直で行けるため、利便性は一番高いと言えます。運賃は50ドルから70ドルまで見ておくといいでしょう。またカナダはチップを払う文化があるため、運賃の10%から20%のチップを支払うといいでしょう。

LINE留学相談

まとめ

以上日本からトロントへのフライト情報と、トロント空港から市街地までのアクセス方法でした。これからトロントを訪れる方は参考にしてみてください。

トロント留学に戻る

LINE留学相談

トロント留学ガイド

トロント留学のメリット・デメリット

トロント留学の費用まとめ

1週間のトロント留学費用

1ヶ月のトロント留学費用

3ヶ月のトロント留学費用

半年のトロント留学費用

1年のトロント留学費用

トロントの治安事情

トロントの気候とおすすめの服装

トロントの生活ガイド

トロントの交通事情

トロントのエリア情報

トロントの定番観光スポット

トロントの人気アクティビティ

トロント留学の休日の過ごし方

トロント留学の滞在方法

トロントの空港と市内へのアクセス方法

トロント留学での両替情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

スクールウィズならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう オンライン個別面談を予約する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

スクールウィズなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。