ハワイでの滞在方法は何がある?滞在期間ごとにおすすめをご紹介!

ハワイ 滞在

ハワイを訪れる方の中には、現地でどのような滞在方法があるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

ハワイには、滞在期間に応じて以下の滞在方法があります。

  • 【1カ月未満の短期滞在】
  • ・ホテル
  • ・ゲストハウス
  • ・ホームステイ
  • ・コンドミニアム
  • 【1カ月以上の長期滞在】
  • ・シェアハウスやルームシェア
  • ・アパート
  • ・学生寮

とはいえ各滞在方法の特徴や滞在先の探し方はわからない方もいるかもしれません。

そこで今回はハワイでの滞在方法の種類、滞在先の探し方、滞在する際の注意点について紹介します。ハワイへの渡航に際し、現地での滞在先を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

なお、レートは1ドル=113円で計算しています。

ハワイ滞在のおすすめエリア

ハワイ 滞在

ハワイには、滞在におすすめのエリアがいくつかあります。ここでは4カ所ご紹介するので、滞在先選びの参考にしてみてください。

エリア(1)ホノルル

ホノルルはオアフ島の南東部に位置するエリアです。観光スポットも多く、ワイキキビーチ、アラモアナセンター、ダイヤモンドヘッドなど日本でも有名な観光スポットが多く集まっています。

日本語が通じるお店も多く、飲食店でも日本語のメニューを用意しているところもあります。宿泊先でも日本語で交渉できるところもありますので、ハワイに初めて訪れる方にはうってつけのエリアと言えます。

エリア(2)ウインドワード

オアフ島の東側の海岸に位置するエリアがウインドワードです。カイルアビーチやラニカイビーチなどが有名で、ハワイの大自然を存分に楽しむことができます。

エリア(3)ノースショア

ノースショアはオアフ島の北部に位置するエリアです。自然環境が豊かで、ハワイの中でもビーチから夕日がきれいに見れることで有名です。

エリア内にはリゾートホテルも点在しており、都会の喧騒を離れ、ゆっくり過ごしたい方にはおすすめのエリアです。

エリア(4)リーワード

オアフ島の西側の海岸に位置するエリアがリーワードです。リーワードにはリゾートホテルが多く存在し、マリオットやイヒラニリゾート、ディズニーのリゾートホテルが有名です。

ホノルルからは少し離れているので、ホテルではゆったりとした時間を過ごし、一味違った休暇となることでしょう。

短期滞在におすすめの方法

まずは短期におすすめの滞在方法をご紹介します。

滞在方法(1)ホテル・ホステル

ハワイ 滞在 ホテル

短期間の滞在にはホテルやホステルでの滞在がおすすめです。特にホテルでは南国の落ち着いた雰囲気が感じられるものも多いため、旅行者の滞在先として人気があります。

ハワイでは、ホテル・ホステルともにワイキキに集中しています。しかし、リゾートホテルとなるとリーワード周辺にも多くなってきます。

おすすめエリア

・ワイキキ
・ノースショア
・リーワード

相場の料金(1日当たり)

ホテル・ホステル:20ドル(2,260円)〜
リゾートホテル:500ドル(56,500円)〜

滞在先を探す方法

ネットの宿泊サイトで好みの宿泊先を探しましょう。
agoda(https://www.agoda.com/ja-jp/?cid=-218

滞在方法(2)ゲストハウス

ハワイ 滞在 ゲストハウス

短期の滞在にはゲストハウスもおすすめです。ゲストハウスはホテルとは異なり、滞在者同士でコミュニケーションを取る機会も多いため、滞在先で人と話したいという方に人気の滞在方法となっています。

建物はワイキキ周辺に集中しています。

おすすめエリア

・ワイキキ
・カイルア

相場の料金

20ドル(2,260円)〜

滞在先を探す方法

ネットの宿泊サイトやバックパッカー向けの格安サイトがあります。
agoda(https://www.agoda.com/ja-jp/?cid=-218

滞在方法(3)ホームステイ

ハワイ 滞在 ホームスホームステイ

ハワイでは、留学の滞在方法としてホームステイを選択する場合が多いです。ハワイの家庭の文化が知れるホームステイは、土地の文化に興味がある方におすすめの滞在方法となっています。

おすすめエリア

・ワイキキ
・マカハ
・ノースショア

相場の料金

50ドル(5,650円)〜

滞在先を探す方法

自分が所属している教育機関の専門課に相談しましょう。

滞在方法(4)コンドミニアム

ハワイ 滞在 コンドミニアム

コンドミニアムはキッチンなどの生活家具があらかじめ備わった部屋に暮らすことで、その土地の生活を体験できる滞在方法です。

1泊から取り扱っているコンドミニアムもあれば、週単位、月単位からしか扱っていないコンドミニアムもあるので、確認が必要になってきます。

おすすめのエリア

・ワイキキ
・プナルウ
・タートルベイ

相場の料金

1日 10〜80ドル(1,130〜9,040円)〜

滞在先を探す方法

物件のオーナーに直接連絡を取るか、以下のサイトで物件を探してみてください。
ホノルル掲示板(https://kaigai-bbs.com/usa/hnl/thread/rent/

長期滞在におすすめの方法

続いて長期におすすめの滞在方法をご紹介します。

滞在方法(5)シェアハウス・ルームシェア

ハワイ 滞在 ホームステイ

シェアハウスやシェアルームに滞在することで、家でも英語で生活することができます。同じ家に住む、さまざまな人と交流できますので人脈を広げていくことができます。

しかし、ハウス内やルーム内で決められているルールがありますので、しっかりと守る協調性も必要です。

おすすめのエリア

・ハワイ(ホノルル)
・ノースショア
・ワイアルア

相場の料金(1日当たり)

35ドル(3,955円)〜

滞在先を探す方法

以下のサイトで物件を探してみてください。
びびなびHawaii(https://hawaii.vivinavi.com

滞在方法(6)アパート

ハワイ 滞在 アパート

ハワイのアパートは月極めのみで募集しているところが多いですが、1カ月単位の料金では安い金額が設定されている場合もあります。誰にも邪魔されずに部屋でゆっくりと休むことができるのが特長です。

おすすめエリア

・ワイキキ
・ワイアルア
・ハレイワ
・ライエ

相場の料金(1日当たり)

1,100ドル(124,300円)〜

滞在先を探す方法

以下のサイトで物件を探してみてください。
Craigslist(https://honolulu.craigslist.org/

滞在方法(7)学生寮

ハワイ 滞在 学生寮

学生寮なので学校の近くにあるものが多くなります。なかには滞在保証金や、空港までの送迎代などがかかる場合もあります。しかし、すぐに生活が始められるように手配もしてくれるところもあるので、学校生活をスムーズに始められるようになっています。

学生寮なので厳しいルールがある場合もあります。もちろん門限などもない自由な学生寮もあるので、事前によく確認をしておく必要があります。

おすすめエリア

・ワイキキ
・ライエ
・カポレイ

相場の料金(1日当たり)

70ドル(7,910円)〜

滞在先を探す方法

自分が所属している教育機関の専門課に相談しましょう。

ハワイで滞在する際の注意点

ハワイ 滞在

ハワイで滞在するにはいくつか注意すべき点があるので、最後に確認しましょう。

注意点(1)人気が少ない場所は避ける

ハワイは日本人が多く暮らしているとはいえ、日本以上に治安に気をつけて行動する必要があります。滞在先はなるべく人気の少ないエリアを避けるようにしましょう。

注意点(2)契約は慎重に確認する

滞在先によっては、入居する際に物件のオーナーや仲介業者と契約を結ぶ場合があります。その際は自分がどのような条件で契約を結ぶか、書面でしっかりと確認するようにしましょう。

場合によっては契約書をよく読まなかったばかりに思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。

ハワイの滞在方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

ハワイでは、短期滞在にホテルやゲストハウス、長期滞在にはシェアハウスや学生寮などの滞在先がおすすめです。

これからハワイを訪れる予定のある方は今回紹介したポイントを踏まえ、現地での滞在先を検討してみてください。

ハワイ(ホノルル)留学に戻る

ハワイ(ホノルル)留学ガイド

ハワイ(ホノルル)留学の特徴とメリット・デメリット

1週間のハワイ(ホノルル)留学費用の内訳と総額

1ヶ月のハワイ(ホノルル)留学費用の内訳と総額

3ヶ月のハワイ(ホノルル)留学費用の内訳と総額

半年のハワイ(ホノルル)留学費用の内訳と総額

1年のハワイ(ホノルル)留学費用の内訳と総額

ハワイ(ホノルル)の地区・周辺エリア情報

ハワイ(ホノルル)の現地生活情報

ハワイ(ホノルル)の空港情報と市内へのアクセス方法

ハワイ(ホノルル)のおすすめ観光スポット情報

ハワイ(ホノルル)の天気・気候と服装

ハワイ(ホノルル)のアクティビティ情報

ハワイ(ホノルル)ハワイの治安情報

ハワイ(ホノルル)の両替情報

ハワイ(ホノルル)の滞在先の種類と特徴

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。