【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

ホノルル観光といったらここ!現地で楽しめるおすすめスポット11選

観光

ホノルルでは、ワイキキ ビーチをはじめ多くの抑えておきたい観光スポットがあります。

今回はそんなホノルルでも特におすすめの観光スポット11カ所を厳選してご紹介したいと思います。

観光スポット(1)ワイキキ ビーチ(Waikiki Beach)

ワイキキ ビーチ

8つのビーチから構成されている、世界的に有名な観光スポットです。ビーチの端から端までが約3キロメートルと広く、好きなロケーションで羽を伸ばせます。サーフィンやパドルボードのレンタルもあるので、これを機に趣味をひとつ増やすのはいかがでしょうか。

また、ビーチの近くでは、レストランやバーといった飲食店も充実しています。泳ぐのに疲れたら、一息つくことができます。ワイキキビーチは日本人観光客に人気があり、日本語が得意な店員さんも多いので、英語が苦手でも安心です。

観光スポット(2)ダイヤモンド ヘッド(Diamond head)

ダイヤモンド ヘッド

約30万年前の噴火によりできた、標高232メートルの火山です。ハワイのランドマーク的な存在で、ハワイの州立公園に指定もされています。ワイキキから近く、観光ツアーでも定番の人気スポットです。

ハイキングコースとしては初心者でも楽しめる難易度で、登山用の服装や靴の準備がなくても、サクッと2時間ほどで往復ができます。日の出を拝むための早朝登山が人気で、ワイキキビーチを見下ろす形の絶景は一生の思い出になります。

観光スポット(3)カイルア・ビーチ・パーク(Kailua Beach Park)

カイルア・ビーチ・パーク

全米No.1ビーチに選ばれたこともある人気スポットで、カルイア観光をするなら、まずココを抑えておきましょう。きめ細かな白い砂浜とエメラルドグリーン色の海が、リゾート気分を盛り立ててくれます。

シャワーやトイレ、更衣室が完備されていて、女性も安心です。バーベキューやピクニックなどもできるので、ファミリー層にも人気です。駐車場が広く、レンタカーでも気軽にアクセスできますよ。

観光スポット(4)ハナウマ湾(Hanauma Bay Nature Preserve)

ハナウマ湾

オアフ島南東部にある人気シュノーケリングスポットです。自然保護区に指定されるほどシュノーケリングの条件が良く、穏やかな波とキレイな熱帯魚が魅力。ワイキキから路線バス一本、乗り換えなしでアクセスできます。

入場料が必要ですが、その分トイレなどの設備がしっかり整っています。また、環境保護ビデオの視聴が義務付けられていて、ビデオを通じてハワイの自然について勉強ができます。営業は9~18時、夏期(5月下旬~9月上旬)は19時まで閉館が延長されます。

観光スポット(5)ノースショア(North Shore)

ノースショア

オアフ島北海岸にあるサーフタウンです。4つのエリアに分かれていて、コーヒーが名物だったり、ウミガメが住んでいたり、巻き上がる波のトンネルがサーファーに人気だったりと、エリアによってそれぞれ違った魅力が味わえます。

エビの養殖が盛んで、B級グルメのガーリックシュリンプが名物です。ワイキキなど他の場所でも食べられますが、本場の味を楽しみに訪れる観光客がたくさんいます。ホノルル市内からは車で1時間ほどかかります。

観光スポット(6)KCCファーマーズマーケット(KCC Farmers' Market)

KCCファーマーズマーケット

毎週土曜日の午前中に開催される市場です。野菜や果物、軽食、ドリンクなどの食品から、ジャムやナッツ、はちみつなどの名産まで、幅広く販売しています。地元住民にも人気のイベントです。

開催場所がダイヤモンドヘッドのふもとなので、日の出を見に山を登った後、朝ごはんを食べに来る観光客もいます。他のファーマーズマーケットより日本語が通じやすいことも、日本人観光客に人気の理由の1つです。

観光スポット(7)イオラニ宮殿(Iolani Palace)

イオラニ宮殿

ハワイ初代国王のカメハメハ大王像が設置されているハワイ唯一の宮殿です。この大王像は複製で、オリジナルの像はカメハメハ一世生まれの地、ハワイ島カパアウに納められています。

イオラニ宮殿内は自由に見学することができ、1日1回行われる日本語ガイドツアー(要予約)も人気です。宮殿内には豪華な調度品が飾ってあり、かつて王国が繁栄した歴史を目のあたりにすることができます。

観光スポット(8)タンタラスの丘(Tantalus Lookout)

タンタラスの丘

ワイキキから車で約20分ほどのビュースポットです。昼間はダイヤモンドヘッドやワイキキビーチを一望でき、夜には宝石のようなホノルルのパノラマ夜景が堪能できます。バスならクヒオ通りから約30分ほどの距離です。

観光スポット(9)ビショップ博物館(Bishop Museum)

カメハメハ大王のひ孫、バニース・パウアヒ王女の追悼目的で、1889年に建設されたハワイ最大の博物館です。ハワイの歴史や文化を学べる、200万点以上の資料がくまなく展示されています。

ハワイ諸島の成り立ちを最先端技術で学べるサイエンスアドベンチャーセンター、ハワイの星々の様子を体験できるプラネタリウムなど、豊富なプログラムが人気です。また、無料の日本語ガイド館内ツアーが実施されているので、ファミリー層もしっかり楽しめます。

観光スポット(10)ホノルル美術館(Honolulu Museum)

美術コレクターのチャールズ・クック夫人が収集した美術品を展示するため、1927年に建設したハワイ最大の美術館です。ピカソ・ゴッホ・ゴーギャンといった有名な画家の絵画や、葛飾北斎の浮世絵など、世界中の美術品が3万4000点以上も展示されています。

週3回行われている日本語ガイドツアーや、日本語オーディオガイドによるセルフツアーもあるので、芸術に詳しくない方でも安心して楽しめます。また、鑑賞後は館内のカフェやギフトショップが人気です。

観光スポット(11)アラモアナセンター(Ala Moana Center)

アラモアナセンター

ハワイを代表する世界最大規模のショッピングセンターです。340以上のショップと4つのデパートが併設され、1日かけても回りきれないほどの大ボリューム。1階はフードコートが中心となり、2~3階はアパレルブランド、4階はレストランが集中しています。

クリスマスはサンタクロースと記念撮影ができたり、お正月は日本式で福袋が販売されたり、季節ごとのイベントが楽しく、家族で何度行っても飽きることなく満喫できます。

以上ホノルルの人気観光スポットでした。ホノルルには魅力的な観光スポットがたくさんあるため、時間がある方は一つ一つゆっくり楽しんでください。

ホノルル留学に戻る

ハワイ(ホノルル)留学ガイド

ハワイ(ホノルル)留学の特徴とメリット・デメリット

1週間のハワイ(ホノルル)留学費用の内訳と総額

1ヶ月のハワイ(ホノルル)留学費用の内訳と総額

3ヶ月のハワイ(ホノルル)留学費用の内訳と総額

半年のハワイ(ホノルル)留学費用の内訳と総額

1年のハワイ(ホノルル)留学費用の内訳と総額

ハワイ(ホノルル)の地区・周辺エリア情報

ハワイ(ホノルル)の現地生活情報

ハワイ(ホノルル)の空港情報と市内へのアクセス方法

ハワイ(ホノルル)のおすすめ観光スポット情報

ハワイ(ホノルル)の天気・気候と服装

ハワイ(ホノルル)のアクティビティ情報

ハワイ(ホノルル)ハワイの治安情報

ハワイ(ホノルル)の両替情報

ハワイ(ホノルル)留学の休日の過ごし方

ハワイ(ホノルル)の滞在先の種類と特徴

ホノルル留学の失敗事例と後悔しないために知っておきたいポイント10選

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。