半年の留学は成果がある?メリットや注意点、計画に向けて必要なことを解説

留学 半年

「英語力を身に付けたいけど、半年間で効果はあるのかな?」
「英語力やスキルを伸ばすには半年で足りるだろうか」
「半年間の留学って費用はどのくらいになるだろう」

と悩んでいませんか?

留学に行きたいけれど半年間で何ができるのか、いくら必要なのかは想像しにくいですよね。

そこで今回は、半年間の留学で選べる留学方法、滞在費を含めた目安の費用、そして英語力の伸び具合といった疑問にお答えします。

留学のメリットや計画を立てる上で重要なポイントも紹介していますので、参考にしてみてください。

スクールウィズでの留学お申込みで
最大33,979円相当プレゼント!

LINEで留学のプロに無料相談

スクールウィズでは、留学の口コミ投稿でもらえるAmazonギフト券やレアジョブ英会話のお得なクーポンを合わせた、最大33,979円相当をお申込み者へプレゼント中!
他にも代理店手数料0円と最低価格保証で、最安値の留学が実現できます。

お得なこのチャンスに、ぜひスクールウィズの利用をご検討ください!

【無料】LINEで留学相談する!

半年の留学で選べる留学方法と費用相場

留学 半年 費用

半年留学できる方法は、大きく分けて語学留学、交換留学、専門留学の3種類。どれも勉強することがメインの留学方法です。

一方、ワーホリやインターンのような海外に働きに行くことが目的の場合、約1年の長期の留学をするのが一般的です。

そこで今回は語学留学・交換留学・専門留学のそれぞれの特徴と、半年間でかかる費用相場を紹介します。なお費用相場は、アメリカに留学したものと仮定して計算しています。

1.語学留学

もっとも主流なのが語学留学です。英語を学ぶことを目的とした留学方法で、現地でも学生から社会人までさまざまな年代と国籍の人が語学学校に通います。

それでは、語学留学の特徴と費用相場を見ていきましょう。

特徴

上述の通り、語学留学は英語を学ぶことを目的とした留学です。ELS(English Language School)と呼ばれる語学学習の専門学校や大学の語学習得コースなどに通います。

初級から上級までさまざまなクラスがあり、入学するとまず最初にクラス分けテストを受けて英語力をチェックします。

テスト結果によって受ける授業やクラスが決まるので、学生時代に培った語学力を維持したい人や新しく英語を学びたい人など、その人に合ったレベルの授業を受けることが可能です。

費用相場

アメリカ、カナダ、オーストラリア、マルタ、フィリピンなど渡航する国や、現地で受講する授業コース、現地での滞在方法などで費用は変わります。

そのため、今回は下記の条件での総額を見ていきましょう。

  • ・留学先:アメリカ
  • ・コース:ESLでの英語学習コース(週20~29時間の授業)
  • ・滞在方法:ホームステイ(朝・夜ご飯付き)

アメリカに半年間留学した場合、トータルでかかる費用は約300〜340万円です。内訳は以下の通り。

  • ・学費:約120〜160万円
  • ・生活費:約150万円
  • ・渡航費:約30万円

アメリカ国内でも地域によって物価が異なるため一概には言えませんが、最低でも約300〜340万円と見積っておきましょう。

また、ホリデー期間に国内旅行に行きたいなど観光や遊びも考えている人は、プラスで旅費がかかります。

以下の記事では、半年間の語学留学でかかる費用について詳しく紹介しています。アメリカとカナダ、フィリピンなど留学先の費用比較もしていますので、参考にしてください。
【2022年版】半年のアメリカ語学留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!

2.交換留学

交換留学とは、海外の提携校と自分たちの学校の生徒を一定期間交換するプログラムを指します。交換留学は現役の大学生や高校生が対象です。

それでは、交換留学の特徴と費用相場を見ていきましょう。

特徴

交換留学は語学留学と異なり、人材交流や文化交流を目的としています。上述の通り交換留学に参加するのは現役の高校生や大学生で、対象の生徒は約半年~1年間、現地校の生徒と同じ授業を受けます。

交換留学は提携を結んでいる学校に留学します。現地校で取得した単位は、日本で通っている大学や高校の単位にカウントされるため、大学や高校を休学しなくて済むのが魅力です。

ただし、交換留学プログラムに応募するには学校や団体が設けている要件をクリアする必要があります。ほとんどの場合、高校は英語力と学業の成績、大学ではGPAと必要な英語力の証明書の提出が求められるので、募集要件をしっかりチェックしましょう。

また留学する地域や学校は、日本で在学中の学校や申し込んだ留学団体によって指定されるのが一般的です。私費留学のように、自分で行きたい時期や地域を細かく決めることはできませんので、その点はご注意ください。

費用相場

交換留学のメリットは、語学留学などの私費留学よりも費用を抑えられること。上述の通り、交換留学は基本的に提携校に留学します。在籍している日本の学校の学費が現地の授業料としてカウントされるため、留学先の学校の学費はかかりません。

そのため交換留学に必須の費用は下記の通り。

  • ・生活費:約150万円
  • ・渡航費:約30万円

滞在費や渡航費などの費用だけで留学できるため、合わせて180万円前後と他の留学方法に比べると費用を抑えながら留学できます。

ただし学校の交換留学プログラムを使用する場合は、留学中であっても日本の学校に学費を納める必要があります。実際に半年間でかかる金額は「留学費+日本の学費」であることは覚えておきましょう。

3.専門留学

専門留学とは専門知識の習得やキャリアアップを目的とした留学方法で、学生よりも社会人に人気の傾向があります。それでは、専門留学の特徴や費用について詳しく見ていきましょう。

特徴

上述の通り、専門留学とは自身のキャリアを磨くために専門知識を身に付けることを目的とした留学です。

英語学習の場合は一般英語の授業とは異なり、ビジネスで使うことを想定とした実践的な英語を学びます。

さらにプログラミングやデザインなど、身に付けたいスキルを学ぶことができるのも特徴です。

テック系だけでなく、英語教員育成コースや営業に必要なスピーキング力向上に重点を置いたコース、バリスタコースなど、取得できるスキルは多岐にわたります。

学校によっては求めるスキルに合わせて、オーダーメイドでカリキュラムを組めるところもあります。短期インターンシップ体験や、現地企業に訪問できる体験授業を設けている学校もあり、スキルアップしたい社会人や海外就職を目指す人におすすめの留学方法です。

費用相場

アメリカに専門留学した場合、目安となる学費は下記の通り。

語学学校の学費が約120万円からなのに対し、専門留学ではスキルに関する授業も受講するため、学費が高くなるのが一般的です。

  • ・学費:約200万円
  • ・生活費:約150万円
  • ・渡航費:約30万円

また分野によっても金額が異なり、コースを多く受講した場合やアートデザイン系コースに留学した場合は費用が高くなる傾向があります。

身に付けたいスキルによって総額が変わるので、自分が何を習得したいか、どんな授業を受けたいかを事前にしっかり考えましょう。

LINE留学相談

半年の留学ではどんな成果が得られる?

留学 半年

半年ほど語学学校に通った場合、どのような成果が得られるのでしょうか。英語力とそれ以外のポイントから、半年留学するメリットを紹介します。

英語力

もっとも気になるのが、「半年間の留学で英語力はどれだけ伸びるのか」ということではないでしょうか。一般的に2~3ヶ月経つと英語に慣れ始め、3~6ヶ月するとリスニング力・スピーキング力の向上、TOEICやTOEFLなどのテストの点数が伸びると言われています。

実際に仙台白百合女子大学が日本学生支援機構(JASSO)の留学支援制度を使用し半年間留学した生徒に対して行った調査では、ほとんどの生徒が留学前よりもTOEICのスコアを100点前後伸ばすことができたと回答しています(※1)

半年間で英語を完全に理解できる、ペラペラに話せるようになる状態に辿り着くことは難しいものの、日常会話はスムーズにできるレベルは期待できそうです。

英語力以外に得られるもの

英語力のほか、学習意欲やコミュニケーションスキルを高められるのも留学のメリットです。先述した仙台白百合女子大学の調査では、留学に行った全員が英語学習への意欲がさらに高くなったと回答しました(※1)

大手学習塾の河合塾が留学経験者を対象に行った調査によると、中長期の留学後に「将来に明確な考え方を持てるようになった」と回答した人は54.9%存在します(※2)

ビジネスで英語を使いたい、海外で就職したいといった長期的な目標がある人は、半年間でも留学を経験することでさらにモチベーションを高められそうです。

個人的には約1年のアメリカ留学を経験し、異文化体験を通してコミュニケーションスキルを高めることができました。

私が留学したアメリカには特に、世界各国から幅広い年齢の留学生が集まります。留学するまでは外国人と接すると緊張して上手く話せなくなるタイプだったため、最初はそのような環境に不安を感じていました。

しかし授業でチームで協力してプロジェクトを進めたり、クラブ活動ではさまざまなルーツを持つ人とアクティビティを楽しんだりすることで、日本人・外国人問わず話しかけれるコミュニケーションスキルが身に付きました。

そのほか、チャレンジ精神が身に付いた、忍耐力が付いたという人もいます。

以下の記事で留学を経験した人の感想、留学のメリットを紹介していますので参考にしてみてください。
留学する意味ってあるの?留学するメリット・デメリットを解説!

半年の留学をおすすめする人の特徴

留学 半年

実際に留学期間を考えるうえで、「本当に半年間の期間が必要?もっと短くてもいいかも?」と思う人、また「半年間で足りる?」と思う人もいるのではないでしょうか。

ここでは半年間の留学が向いている人、半年未満の留学でも十分にメリットを感じられる人、それぞれの特徴を紹介します。

半年の留学はこんな人におすすめ!

半年間でできる留学は、語学留学・専門留学・交換留学が一般的です。

どれも中長期で海外に滞在することになるので、まとまった時間が取れる人、しっかりと英語力・スキルを伸ばしたい人、海外に住んでみたい人に向いています。

特に専門留学の場合、英語と専門スキルの両方を授業で学びます。学校によっては最初の数ヶ月は英語学習だけに注力し、英語に慣れたらスキル授業を開始するコースもあり、英語力が乏しい場合は半年の期間が必須です。

半年間海外に住むことになるので、視野を広げたい人や日本ではできない体験をしたい人にもおすすめです。

短期留学では海外生活や英語に慣れた頃に帰国することになりますが、長期留学は数ヶ月を使って英語に慣れることに注力しても英語を使って生活できる時間が残っています。

時間が経つにつれ英語力が上がり、できることの幅も広がるので、旅行したり友達を作ったりしやすくなりますよ。

半年より短い期間でも問題ない人

海外に行ってみたい、一度英語の環境に身を置いてみたいという人、会社員で休職・退職せずに留学したいという人は、数週間~数ヶ月の短期留学をおすすめします。

特に初めて海外に行く人は、もしかしたら海外の生活が肌に合わないかもしれません。そうなると半年間も滞在するのは辛いですよね。

長期留学に踏み切る前に、1週間でも短期留学で海外経験を積んでみるのがおすすめです。

また語学留学が目的、かつ長期間の間会社を不在にできない人も短期留学の方がおすすめです。最短1週間から留学できるコースもあり、連休や有給を利用して留学できます。

長期に比べると英語力アップはあまり期待できませんが、生きた英語や外国の生活に触れることで、英語学習のモチベーションアップに繋がるはずです。

その後退職して半年留学するといった形にすることで、いきなり長期留学するよりは失敗する確率を減らせます。

もし今お伝えした内容を踏まえ留学期間を迷う場合には、スクールウィズのLINE相談をご利用ください。予算や希望国、その他留学条件を踏まえ、無料で留学カウンセラーが留学期間やおすすめの留学先を提案するので、検討を前に進められます。

\何も決まっていなくてもOK!/

【無料】留学相談してみる!

留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に回答いたします

LINE留学相談

半年留学するときの注意点

留学 半年 注意点

次に、半年留学するときに注意したい2つのポイントを紹介します。

1.まとまった費用が必要になる

最大の懸念点は費用です。

記事冒頭でも記載した通り、留学方法や渡航先の国によって差はありますが、半年間の留学では150万円以上の費用がかかる場合がほとんど。アメリカに留学する場合の費用は300〜340万円前後にも及びます。

そのため、語学留学が目的かつ費用を抑えたい人は、アメリカではなく物価の安いフィリピンやフィジーなどを検討するのがおすすめです。記事後半でも改めて紹介しているのでチェックしてみてください。

2.社会人は仕事を休職・退職する必要がある

社会人の場合、半年間留学をするには会社を休職、もしくは退職する必要があります。帰国後に希望のポジションに戻れるのか、転職先は見つかるのかと不安になりますよね。

確かに半年の留学には休職や退職が必要となり、ブランクとなる可能性もあります。

しかし社会人留学を考えて、退職して留学をする人はめずらしくありません。そして留学で次の転職までブランクができても、しっかり準備をする、または留学で何らかのスキルを得ていると転職活動もスムーズに進めることが可能です。

以下の記事では、退職して留学した先輩達の体験談を紹介しています。語学留学から専門留学、ワーキングホリデーまでさまざまな経験談をピックアップしているので参考にしてみましょう。
退職して留学するのが不安。後悔しないために必要な準備や手続きを徹底解説

半年の留学を成功させるポイント

留学 半年 ポイント

失敗や後悔をしない留学生活にするためには、留学前の準備が重要になります。ここでは、特に大切な3つのポイントを紹介します。

1.なぜ留学したいのか整理する

上述の通り、留学の目的によって最適な期間や留学方法が変わります。そのため、まずはなぜ留学したいのか、留学の目的を整理しましょう。

語学を学びたい人もいれば、キャリアアップしたい人、英語を身に付けて海外企業で働きたい人、海外就職を目指す人、海外での暮らしを経験したい人など、人によって目的はさまざまです。

英語を学びたいのであれば語学学校、海外大学で授業を受けたいなら交換留学、専門知識を学びスキルアップしたいなら専門留学と目的に合った留学方法を選びましょう。

目的に合わせて選ぶことで、「こんなはずじゃなかった」「本当に勉強したかったのはコレじゃなかった」と後悔する可能性も下げることができますよ。

下記の記事では、留学経験者の目的例・体験談を紹介しています。実際に他の人はどんなことを考えて留学に行ったのかを参考にしてみましょう。
どうしてみんな留学するの?留学経験者の留学理由や目的とは

2.本当に半年の時間を取れるのか考える

次に、期間について考えます。仕事の状況によっては半年の時間を取れない可能性もありますよね。休職できない場合、退職して帰国後は転職活動をする必要があるかもしれません。

期間を考えることは、留学に対する覚悟や真剣度を高めることでもあります。自分が本当に半年もの時間を取れるのか、半年かけて留学するほど真剣な気持ちなのか、もう一度状況を確認しましょう。

3.帰国後にどういう生活を送りたいかイメージしてみる

帰国後の姿をイメージすると、留学を通して何を得たいのかが分かりやすくなります。

具体的な想像ができなくても、「こうなりたい!」「こういうスキルが欲しい!」といった姿を一度イメージし、その姿が本当に留学を通してしか得られないのかどうかを確認しましょう。

渡航した後に「これは日本でもできたな」「わざわざ留学するまでもなかったな」と後悔する可能性を低くできますよ。

また目指すべき方向性を見直すことでモチベーションも高まります。

留学生活では思うように英語が喋れず壁にぶつかったり、歯がゆい思いをする日もありますが、このとき振り返った将来の希望の姿が自分を支え、留学をやりきる気力に繋がるはずです。

半年の留学に向けて準備したいこと

留学 半年 チェックリスト

半年留学すると決めた場合、最適な留学プランを立てるために考えたい3つのポイントを紹介します。

1.自分の予算を把握する

まず最初に予算を決めましょう。留学は、どれだけお金を用意できるかで選べる国が変わります。

主要な留学先は下記の9か国です。

  • ・アメリカ
  • ・カナダ
  • ・イギリス
  • ・オーストラリア
  • ・ニュージーランド
  • ・アイルランド
  • ・フィリピン
  • ・フィジー
  • ・マルタ

予算が潤沢な場合、アメリカやカナダ、イギリスなどの物価が高い国も選択肢に入りますが、できるだけ費用を抑えたいならフィリピンやフィジーなど物価が安い国がおすすめです。

また国の中でも、エリアによってかかる金額が異なります。特にアメリカ・ニューヨークやカナダ・バンクーバーは大都市ゆえに学校数が多い一方で、他のエリアに比べ物価が高い傾向です。

プランを考え始めるときは気になる国を決め、その後各エリアの物価状況をリサーチしましょう。

2.勉強したいことを決める

予算を把握したら、次は勉強したいことを決めましょう。英語を学びたいなら語学留学、専門知識を習得したいなら大学や専門学校への留学など、目的によって留学方法が変わります。

目的の整理は学校や留学先のエリアを選ぶうえでも大切です。例えばアートデザインを勉強したい場合、フィジーやフィリピン・セブ島などよりもニューヨークやロンドンなど都会の方が最先端のアートに触れる機会が多いと期待できます。

留学方法によって準備すべき内容も異なります。

以下の記事では、目的に合わせた9つの留学方法と準備、ビザ情報などを紹介しています。「自分にはどの留学方法が適しているだろう?」「準備は何が必要だろう?」と悩んでいる人は参考にしてください。
留学するにはどんな方法がある?9つの留学方法別に考えるべきこと、準備を解説します!

3.渡航時期を考える

目的や学校の目安が付いたら、渡航時期を考えます。

半年間留学する場合、社会人は休職・退職の手続きも必要になりますよね。会社には早めに伝えなければならないため、ざっくりとでも出発時期を決めておきましょう。

希望の出発時期から逆算すると、休職・退職の計画を立てやすくなりますよ。

ちなみに大学へ留学する場合、9月や1月の授業開始に合わせて渡航するのが一般的です。対して語学学校は通年で入学できるところも多く、自分のスケジュールに合わせて留学できます。

留学方法によって渡航時期や準備期間も異なるため、確認しておきましょう。

まとめ

留学 半年

今回は半年間の留学を通してできること、費用相場や準備方法、注意点について解説しました。留学をより有意義なものにするためにも、事前のリサーチや準備はとても大切です。

おすすめはまず自分が留学で何を得たいか、何を達成したいのかを決めること。目的意識を持つことが留学を成功させるためのポイントです。

迷ったときや分からないことがあるときは今回紹介したポイントを考えつつ、留学エージェントに相談するのもおすすめです。

スクールウィズのLINE相談では、費用やおすすめの都市や語学学校、見積もりや申込手続きなど、状況に合わせて留学カウンセラーが無料で相談に乗るので、検討を前に進められます。

\何も決まっていなくてもOK!/

【無料】留学相談してみる!

留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に回答いたします

あなたはどのステップにいる?語学留学実現までの流れ

留学 ステップ

語学留学を具体的に検討するなら、まずは留学を実現するまでの流れを確認しましょう!留学準備では大まかに5つのステップがあります。


  1. ステップ1:目星をつける
  2. ステップ2:相談する
  3. ステップ3:申し込む
  4. ステップ4:渡航準備
  5. ステップ5:出発!

留学を思い立ったら、まずは渡航時期、期間、渡航先の目星をつけてみてください。
いつ、どれほどの期間、どんな国で留学するかイメージが持てると具体的な計画を立てやすくなります。

考えることが多い留学準備には、プロの伴走者を

留学 ステップ

留学へ行くとなると考えることはたくさんあります。

  • 「そもそもどんな留学体験ができるんだろう?」
  • 「気になる留学先はあるけど、自分に合っているかわからない」
  • 「結局のところ何から準備を始めたらいいんだろう?」
  • 自分で調べてみたものの、ネット上ではさまざまな意見が発信されていて、何を信じていいかわからないまま、検討途中で止まってしまう留学生は多くいます。その疑問、無理に一人で解決せずに留学カウンセラーに相談してみませんか?

    英語力アップに強い留学エージェント「スクールウィズ」

    スクールウィズ

    スクールウィズは英語力アップに強い留学エージェントです。 初中級者のための英語学習プログラム「プレ留学」×「カスタム留学プラン」であなたの留学を、経験豊富なカウンセラーが万全の体制でバックアップ致します。

    1. 【スクールウィズが選ばれる7つの理由】
    2. 1. 専門家監修!英語学習プログラム「プレ留学」で事前学習もバッチリ
    3. 2. 充実した英語学習サポート体制!
    4. 3. 1万通り以上から選べる「カスタム留学プラン」
    5. 4. 経験豊富なカウンセラーによるベストなプラン提案
    6. 5. 代理店手数料0円&最低価格保証
    7. 6. 安心安全、充実の留学サポート体制
    8. 7. スマホで相談から手続きまで完結!

    せっかくの留学を失敗してほしくない想いから、英語力を伸ばす独自のサポート、納得いくプランづくりに力を入れています。

    いま英語力に不安があっても、しっかり準備するから大丈夫。留学で、憧れだった「英語を話せる理想の自分」を私たちと一緒に実現させましょう!

    留学に対するご質問から、留学プランづくり、事前の英語学習、留学中のサポートまで対応しておりますので、ご相談お待ちしております。

    【無料】LINEで留学相談する!


    【参考文献一覧】

    こちらの記事もあなたにオススメです

    この留学ブログを書いた人

    仲野もも

    仲野もも

    東京在住のライターです。キュレーションメディアの編集ライターとして記事制作に従事した後、現在はフリーで活動中。特技は英語で、学生時代はアメリカ・ジョージア州に留学を経験しました。趣味は旅行と映画鑑賞で、海外に行ったら映画のロケ地巡りや地ビール巡りをするのが好きです。

    カテゴリーから記事を探す

    英語力アップの留学エージェントなら
    スクールウィズ

    無料留学相談する!

    英語力を伸ばす「あなたにピッタリな留学プラン」を一緒に見つけましょう

    \直接話を聞いて相談したいなら/

    留学カウンセラーと
    個別面談する(オンライン)

    \まずは気軽に相談したいなら/

    公式LINEで
    相談・質問する LINE留学相談 QRコード

    スクールウィズのユーザーになる
    ×

    会員登録は無料!30秒で完了します。
    以下いずれかの方法で会員登録してください。

    既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。