School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

留学はキャリアに役立つ?オーストラリア留学経験が第一志望の内定に導いた!

社会人キャリア

こんにちは。School With スタッフの Mimi です!

留学することで本当に英語力は上がるのか?

進学や今後のキャリアのために英語力アップを目的として留学を考えておられる方は、その後の自分の人生にどんな風に役に立つのか?ということはとても気になると思います。

私は高校生の時に交換留学制度を利用して半年間オーストラリアに留学したことが大学進学、特に就職活動とキャリアにとても役立ちました。

第一志望の大学に指定校推薦で入学することができたのですが、学校内推薦で選ばれる際に交換留学の経験があることが評価されました。

実際に志望校での面接試験では、留学経験を踏まえて日本の教育制度について疑問に思ったことなど自信を持って答えることが出来たと思います。

新卒採用の就職活動では語学力やバイタリティーが評価され、

第一志望の会社の内定と希望部署の配属を勝ち取り、

その後のキャリアでも一貫して語学力を生かした仕事をずっと続けています。実際にどのように役立ったのか?私が留学した背景なども踏まえて具体的にご紹介していきます。

【PR】

オーストラリア交換留学のきっかけ

オーストラリア留学の様子

私は高校1年生の時に交換留学制度を利用して、オーストラリアのクイーンズランド州、ブリスベンにある私立高校に半年間交換留学をしました。

留学のきっかけは、

小学生の時から芽生えていた英語が話せるようになりたい!

という思いから中学生の時に参加した2週間の短期留学プログラムでの痛烈な経験からでした。

ホームステイ先のホストファミリーが話していることが全くわからず、何を聞かれているのかわからなければ、回答することもできませんでした。

小学生の時から日本で英会話スクールに通い、少しは話せるのではないかという私の淡い期待は打ち砕かれ、今までに感じたことのないような敗北感を味わいました。

そして、短期留学プログラムから戻った私は

『もっと英語が聞き取れるようになりたい!』
『もっと英語が話せるようになりたい!』

という目標ができた私は、高校生になったら絶対に長期で留学したい!いう強い想いでいっぱいでした。

そして、今まで以上に学校生活では特に英語の勉強に打ち込み、選考試験を突破して半年のオーストラリア留学へと旅立つことになりました。

オーストラリア交換留学中にリスニング力が飛躍的にアップ!

留学直後はホストファミリーや授業で先生が話していることはやはりさっぱりわかりませんでした。

まわりの日本人長期交換留学生は1年間という人が多い中、私の留学期間はその半分の半年なので焦る気持ちでいっぱいだったのを覚えています。

そこで、私よりも先に来ていた日本人留学生の先輩達に、どのような方法で英語を勉強しているのかアドバイスを貰いました。

私が特にリスニング力をあげるために実践したのは下記の2つです。

まず1つ目は『単語力をあげること』です。

英語でも日本語でも意味のわからない単語を何度聞いても、ずっとわからないままだよ!とのアドバイスから、日本から持って来ていた単語帳を使ってとにかく単語を覚えるようにしました。

授業中に先生が黒板に書いている単語でわからないものをノートに書きとり、辞書で調べたり、先生の会話の中から何度も出てくる単語はカタカナや英語で書き取り、友達やホストシスターに意味を教えてもらったりしました。

自分が理解できる単語が増えてくると、聞き取る能力も比例してアップしたのを覚えています。

2つ目は『ホストファミリーと一緒にテレビを見る』ことです。

ホームステイ先のホストファミリーは夕食の後、ドラマやドキュメンタリー番組をよく見ていたので一緒に見るように心がけました。

ドラマでの会話シーンは普通の会話よりもとても早く、さっぱりわかりませでしたが、わからなくても英語をたくさん聞くことも重要!とのアドバイスもあり、一緒に見るようにしていました。

テレビの内容について、ホストファミリーとの会話が弾むという別の効果もありました!学校から帰って来たら、家ではひたすら単語を覚え、英語を勉強するという効果が少しづつ現れてきたことを覚えています。

4ヶ月が過ぎたあたりでは、ホストファミリーとの夕食時にも自分から質問して、学校であったこと以外の様々な話題について英語を聞き取れる、話せるという実感も沸いて来ました。半年後の帰国直前時には、簡単なテレビドラマやドキュメンタリー番組なども理解できるまでにリスニング力がアップ!

ホストファーザーのお気に入りの映画『プリティーウーマン』を一緒に見て、ほとんど理解できたときには感激でした。

留学体験が『第1志望大学の合格』への大きなきっかけに!

オーストラリア留学

オーストラリアでの交換留学プログラムに参加したことは、単に英語力の飛躍的なアップだけではなく、「将来どの大学で、何を学びたいか?」という大学進学に関する大きな答えを私にもたらしてくれました。

高校2年と3年の時に滋賀県の高校生代表として、外務省主催の環境問題をテーマとした日米青少年の国際会議に高校生パネリストとして参加する機会を得ました。
世界的に有名な環境活動家のレスター・ブラウン氏などの講演を聞かせてもらい、環境問題、国際協力、途上国の教育問題など、具体的に将来大学で学びたいことのイメージを掴むことができました。

最終的には国際機関にお勤めの方からのアドバイスでICU(国際基督教大学)への入学を目指すことになりました。

猛勉強の甲斐あって、長期交換留学プログラム、国際会議への参加経験なども評価され1枠だけだった学校推薦を受け、晴れてICUに入学することができました!

私が高校生の時はまだインターネットが普及しておらず、私は滋賀県の田舎に住む高校生でしたので、実際に国際協力の分野で勉強している大学生の方や国際機関で働いておられる社会人の方からアドバイスをもらえることは今振り返ってみても、非常にラッキーなことだったと思います。

また大学生の時にはネパールの教育支援を行う国際NPOの大学生ボランティアグループに所属し、ネパールへのスタディーツアーを企画しました。実際にネパールを訪れ、教育問題や環境問題の最前線で活躍されているNPO職員の活動を実際に見れたこと、ネパールの学生と交流できたことは、就職活動においても大変有益な経験となりました。

国際会議の様子

語学力が特に評価され第一志望の旅行会社の内定と希望部署の配属を獲得!

大学卒業後は青少年の国際交流に関する仕事がしたいと思い、旅行代理店を志望して第1志望の会社から内定を頂きました。

交換留学時代に身に付けた語学力、異文化への適応能力、その経験をその後の国際会議参加や国際NGO団体でのボランティア活動などへとつなげていく行動力などを評価いただきました。

配属先が決まった後に知らされたことですが、私が配属された支店は内閣府などの官公庁や国際機関を中心とした顧客を持ち、1番英語力を必要とする支店でした。
実際に配属された課も私がこの会社を希望した一番の理由である、青少年の国際交流事業を中心に行っており、入社してすぐに英語を使ってお客様とやり取りをする業務を任されました。

実は、会社の中で1番英語が必要な支店にも関わらず、英語でコミュニケーションできる社員は数名しかおらず、英語が話せることはこの支店で働く上でとても強みであることを感じていました。

英語を使った重要な仕事を次々に任される!

社会人キャリア

入社8ヶ月後に、課長から重要な話があると呼び出され、海外出張の話をされました。来月、東ティモールに係長と一緒に行ってくれないかということでした。

2001年当時の東ティモールはインドネシアからの独立を目指し、国連の暫定統治下にある状況でした。日本のPKO活動に関連した業務で、様々な契約事を実際に現地で取りまとめる必要があり、係長の指示に従い、私が通訳の役割を担って欲しいという理由でした。

旅行代理店では添乗業務でハワイやヨーロッパなど、海外に行く機会はたくさんありますが、主に有名な観光地を回る社員旅行や優秀社員への褒賞旅行などに付き添うことが多かったです。数ある日本の旅行代理店の業務の中でも、この海外出張の目的な内容はとても特殊なものだったと思います。

日本の自衛隊やJICA(国際協力機構)の方など国際協力の最前線で仕事されている方達の活動を出張中に垣間見ることができ、とても印象深い仕事でした。

その後、会社として新規事業として力を入れて取り組んで行く※MICE事業においては、英語力も必要となるため、強化メンバーとして社内で選抜され、特別な研修も受けさせて頂きました。この事業では主に国際機関が主催する国際会議の旅行、会場、通訳手配などを行う業務を担当し、最終的には社長賞を頂くことができました。

※ MICEとは、企業などの会議(Meeting)、企業の行う報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称です。

働きぶりを評価してくださったお客様からヘッドハンティングされ、ステップアップの転職!

入社8年目の時、累計で約80の国のお客様との仕事をさせていただき、忙しい毎日を過ごす中で自分の今後のキャリアについて考えていたちょうどその時、過去にJETRO(日本貿易振興機構)のお仕事で航空券の手配をさせて頂いたアメリカ人のお客様が仕事で来日された際に連絡を頂きました。

なんと連絡頂いた内容は、ご自身の日本のビジネスパートナーである日本の会社で働く気はないか?というお話でした。この日本の会社は海外の有名なレストランが日本に進出する際のビジネスパートナーとなり、日本での運営業務を行っており、提案されたポジションは社長秘書。業務内容にも興味があり、当時の業務経験を活かせると思い、会社訪問と面談を経て転職することに致しました。

このアメリカ人のお客様以外にも、英語力等を評価して頂き、担当させて頂いたお客様の新たに設立される日本事務所でのお仕事などお声がけ頂きました。

その後、私のキャリアは外資系通信会社での勤務などを経て、現在のShool Withでの勤務に至りますが、英語のコミュニケーション能力のおかげで、外資系企業の日本進出時のポジションなど、様々にお声がけをいただいて来ました。実際のビジネスで使う英語は仕事を通じて新たに学ぶことも多っかったですが、リスニング力など、高校生の時のオーストラリア留学時に培ったベースがあってこそだと思います。

英語が話せることは、私のキャリアにおいては自分の興味のある分野で国際的な環境、日本人だけにとどまらず、たくさんの国のお客様との交流を可能にしてくれました。

また、多民族国家であるオーストラリアでの留学生活は相手の宗教や文化など様々なバックグランドを配慮して行動すること、自分の意見をはっきり述べることなど、日本人以外の人たちと仕事するうえで大切な基礎を学ばせてもらいました。

英語でコミュニケーションできることは、仕事の選択肢と機会を必ず広げるものと私は信じています。
そのきっかけは高校生の時に挑戦したオーストラリアでの半年間の交換留学でした。

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。