カナダでのワーキングホリデーにかかる費用まとめ!1年の滞在にはどれくらいの貯金が必要?

カナダ ワーキングホリデー 費用

photo by:VisualArtStudio / Shutterstock.com

こんにちは。カナダ・トロントへの留学経験があるmayuです。

海外留学やワーキングホリデーの行き先として、カナダは高い人気を誇ります。しかし、アジア圏などと違ってカナダは物価が少し高めです。ワーキングホリデーを考えている方は、どのくらいの費用が必要なのか気になっているのではないでしょうか。

そこで今回は、カナダにワーキングホリデー留学をする場合の費用目安や、節約できるポイント、さらには現地でワーキングホリデー費用を稼ぎながら過ごす場合のおすすめアルバイトなどについて、詳しくご紹介していきます。

カナダへのワーキングホリデー留学を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。
※記事内ではカナダ・ドルをCADと表記し、為替レートには2023年1月25日時点での情報を参照し、1CAD=99円で計算しています。

【留学行くか迷っているなら、まずはLINEで相談!】

LINEで留学のプロに無料相談

いつかは留学へ行ってみたい。そう思った今すぐ留学相談!

スクールウィズのLINE相談なら、ちょっとした疑問から具体的な留学先の検討、見積もり・申込手続きまで留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に対応しているので、検討が一気に前に進みます。

【LINE相談で知れること】
1. 目的を叶えるための留学プランづくり
2. 学びたいことや学習・生活環境など希望に合った留学先のご紹介
3. 想定する期間や留学先で実際にかかる費用
4. ビザや航空券などの準備の流れ

LINEだからいつでも思い立った時に聞ける。憧れの留学に「あなたにピッタリなプラン」を見つけてみませんか?

【無料】LINEで留学相談する!

カナダでのワーキングホリデーにかかる費用項目と金額の目安【1年】

カナダ ワーキングホリデー 費用

まずはカナダでのワーキングホリデーにおいて、どのような費用が発生するのかをピックアップし、ざっくりとした目安の金額とともにご紹介していきます。

合計費用の目安

ワーキングホリデーでは、渡航後に語学学校へ通うかどうかによって目安となる費用が大きく変わります。

渡航後全く語学学校へ通わない場合には、現地での生活費と滞在費が主な出費となり、総額費用の目安は200〜300万円ほど、渡航後3ヶ月語学学校へ通う場合には、250〜350万円ほどを想定しておきましょう。

内訳の目安は以下の通りです。

項目(1)ビザの申請料金

カナダにワーキングホリデー目的で渡航する場合、ビザの申請費用(プログラム参加費・バイオメトリクス(個人識別情報)提出費・就労許可証取得費)として、341CAD(33,759円)が発生します。

オンラインで申請できるため、渡航前に必ず取得しておきましょう。

項目(2)学費

滞在する都市や学校によっても前後しますが、語学学校に通う場合の学費は1ヶ月で20万円、3ヶ月で50万円ほどが目安です。

長期の受講だと割引が適用される学校もありますが、安すぎる場合は学校の質自体が良くないこともあるので、慎重に検討しましょう。

費用のほかにもカリキュラムの内容や、自分が到達したい語学レベルなどに合わせて学校を選ぶことが大切です。

項目(3)滞在費

カナダでの滞在方法は、大きく分けて、シェアハウス・ホームステイ・一人暮らしの3種類があります。

費用の目安は、シェアハウスなら、光熱費やネット代などを含めて1ヶ月あたり7〜8万円ほど、ホームステイは、光熱費に加えて食費も含まれているため、1ヶ月あたり10万円ほどです。

ホームステイのほうが割高ではありますが、現地の人々の生活に触れる機会があると、より留学生活が充実することでしょう。

一人暮らしの場合は、場所によって相場が異なりますが、バンクーバーやトロントなどの都市部だと、家賃だけで月額1,000CAD(約9万円)というのも珍しくありません。

項目(4)生活費

オーストラリアでは、1カ月あたり5~10万円ほど生活費がかかります。1年間滞在するには、約60~120万円必要だと思ったほうがいいでしょう。

これには食費や交際費、交通費などが含まれます。カナダの物価は高く、外食や出かける機会が多いと、生活費はどうしても高くなりがちです。

項目(5)渡航費

時期や航空券の買い方によっても値段は変動しますが、渡航費は往復で10万〜15万円が相場となります。

カナダへ行くには直行便を利用しても10時間以上かかるので、航空券もアジア圏などと比べると高めです。

項目(6)海外旅行保険

ワーキングホリデービザでカナダに滞在するには、滞在期間分の海外旅行保険に加入することが必須条件となっています。費用は1年あたり13万〜26万円が相場です。

加入する保険は日本の会社のものでも、カナダの会社のものでも問題ありません。日本国内の保険会社の旅行保険は比較的補償が手厚く、カナダの保険は必要最低限の補償でコストをおさえたものが多いため、自身の希望に応じて適したものを選びましょう。

LINE留学相談

カナダでのワーキングホリデーに向けて貯金しておきたい金額とその理由

カナダ ワーキングホリデー 費用

ここからは、カナダでのワーキングホリデーに向けて事前に貯金しておきたい金額と、その理由についてご説明していきます。

カナダでのワーキングホリデー、最低でも100万円は準備しておこう

カナダでのワーキングホリデーには、最低でも100万円ほどの貯金があることが望ましいです。もちろん、現地での生活スタイルや語学学校に通うかどうかによっても、準備しておきたい金額は変わります。

初めてのワーキングホリデーの場合は、仕事がすぐに見つかるかどうかもわかりません。特にカナダは物価が少し高めですので、あらかじめ資金には余裕を持っておいたほうがいいでしょう。

また、出発時に帰りの航空券を持っているか、帰りの航空券を買える資金があることがビザの発給条件となっています。日本にいる間に少しでも貯める努力をするに越したことはありません。

ワーキングホリデーに向けて100万円を準備しておきたい理由

慣れない海外で生活しながら、お金が減っていくストレスと戦うことは想像以上に辛いものです。

常に家賃や交通費などの心配があると、せっかくの滞在も楽しめません。現地を観光する時間や、友人との思い出を犠牲にしてまで働き詰めになることが、思い描いたワーキングホリデーライフではないでしょう。

また、ワーキングホリデーは就職先が決まったうえで渡航する制度ではないため、すぐに仕事が決まるかどうかは、あなたの語学力や現地でのツテ、そして運に委ねられています。

私がカナダで知り合った友人はワーキングホリデービザで来たものの、働くかどうかは「気が向いたら」と話していました。働かなくても生活できるくらいの資金があれば、心にもずいぶん余裕ができるはずです。

カナダでのワーキングホリデー費用をおさえる方法3つ

カナダ ワーキングホリデー 費用

カナダでのワーキングホリデーにはある程度まとまった資金が必要となりますが、かかる費用をおさえながら無理なく滞在することも可能です。

ここでは、カナダのワーキングホリデー費用をおさえる方法を3つご紹介していきます。

方法(1)語学学校の期間を短くする

学費は出費のなかでも大きな割合を占めるため、語学学校に通う期間を短縮させると、月に数万円の節約も十分可能です。

働くために必要な最低限の語学レベルを身に付けてからは、通学期間の調整を検討するとよいでしょう。

方法(2)語学学校の授業数を減らす

語学学校は授業数を選べるところが多いため、学校に通う期間を変えずとも授業の数を減らすことで、費用をおさえられます。

授業以外でも英語を使う工夫をしたり、自習で補ったりすれば、授業数が少なくても意外と問題ありません。

むしろ授業を詰め込みすぎないことで、現地での生活を楽しむ余裕も出てきます。費用や時間の面で無理のないように授業を組みましょう。

方法(3)シェアハウスで固定費をおさえる

カナダでの生活に慣れてきたら、ホームステイではなくシェアハウスに切り替えることで固定費をおさえることができます。

ほかにも食事は自炊、移動には入居者専用の自転車を使うなど、心がけ次第で生活費をさらに節約できるのもシェアハウスのメリットです。

LINE留学相談

カナダでのワーキングホリデー中に滞在費用を稼ごう!おすすめのアルバイト3つ

ある程度の費用が用意できても、生活していけるか不安なときには、ワーキングホリデービザでできるアルバイトを探してみましょう。

ここでは、カナダでのワーキングホリデー時におすすめのアルバイトや、稼げる金額の目安などについてご紹介していきます。

おすすめアルバイト(1)レストランのホールスタッフ

レストランで働くウェイトレス

ワーキングホリデーでカナダに滞在する間のアルバイトとして最も人気なのは、レストランなど飲食店での仕事です。

接客する上である程度の英語は必須ですが、まだ英語がそれほど堪能でない場合は、日本食レストランで働く選択肢があることも魅力だといえます。

とはいえ、お店によっては日本語しか使わないところもあったり、最低限の英語しか使わなかったりするところもあるため、英語力の向上が目的のワーキングホリデーにはあまり向かないかもしれません。

日本食レストランを選ぶなら、ある程度の英語力が身についたあとがおすすめです。

半年のアルバイトで手に入る金額の目安

多くのレストランでは時給とチップ代がスタッフの収入となる仕組みをとっています。

それを加味して、バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州のアルバイト(チップがあるお店向け)の最低時給は2023年1月時点で15.65CAD(約1,549円)です。

したがって週4日、1日あたりの実働が6時間の場合、チップを除いて最低でも約1,502CAD(約15万円)前後が1ヶ月あたりのアルバイト代となります。

なお、税金の支払いなどで200〜300CAD(約2万〜3万円)の差し引きがあり、手取り金額では1,200〜1,300CAD(約12万〜13万円)ほどです。

レストランの場合はチップだけで1時間あたり6CAD(約600円)ほどが見込めるため、さらに1ヶ月あたり500CAD(約5万円)以上は上乗せでしょう。

そのため、半年間レストランでアルバイトをした場合、だいたい10,200〜10,800CAD(約101万〜107万円)が収入の目安となります。

おすすめアルバイト(2)ホテルスタッフ

ホテルスタッフ

国内外のお客さんが利用するホテルのスタッフも、ワーキングホリデー滞在者に人気のアルバイトです。業務内容は勤務するホテルや英語力によって左右される傾向にあります。

たとえば、ビジネスで使用するような高度な英語もマスターしているようであれば、宿泊するお客様を案内したり、スタッフと連携をとりながら行う業務を担当したりすることもあるでしょう。

しかし、まだ英語がそれほど堪能でない段階では、ベッドメイキングや部屋の清掃などを担当することが多くなります。

収入に関しては、高度な英語を使う業務のほうが高収入になる傾向があります。最初はベッドメイキング担当からスタートして、語学力を高めていくことでフロント業務などを担当することもでき、それにあわせて収入を増やしていくことも可能です。

半年のアルバイトで手に入る金額の目安

ベッドメイキングのスタッフの給料は、時給に加えて1日10CAD(約1,000円)程度のチップで構成されています。

バンクーバーにおける最低時給15.65CAD(約1,549円)で試算すると、週40時間働けば、1ヶ月あたり2,504CAD(約25万円)の給料が見込めます。

上の金額に税金の差し引き、チップを加算すると、半年間ホテルで働いた場合には、14,400〜15,000CAD(約143万〜149万円)ほど稼ぐことができます。時給の高いフロントスタッフなどを担当できれば、もっと稼げるでしょう。

体力を使う仕事ではありますが、ホテルによっては住み込みでの勤務も可能な場合もあるので、生活費がおさえられるのも魅力です。

おすすめアルバイト(3)ギフトショップ

ギフトショップのスタッフ

お土産などを販売するギフトショップも、ワーキングホリデー滞在者に人気があるアルバイトのひとつです。基本的には英語を使う仕事ですが、日本人観光客が多く訪れるようなお店では重宝されます。

ギフトショップでは、同じワーキングホリデー滞在者はもちろん、現地のカナダ人も多く働いています。カナダ人の友達もたくさん作ることができ、日本では味わえない経験をすることができるのも魅力です。

また、ホテルのフロントスタッフほど高度な英語力がなくても働けるほか、接客を通して英語力がアップするというメリットもあるので、英語力を上達させたい場合にはおすすめだといえます。

半年のアルバイトで手に入る金額の目安

ギフトショップにはチップがありませんので、お給料は比較的安めです。1ヶ月あたりの月給はだいたい1,400CAD〜1,500CAD(約14万〜15万円)が相場でしょう。

半年間ギフトショップで働いた場合は、8,400CAD〜9,000CAD(約83万〜89万円)程度が稼げる金額の目安です。稼ぐことを目的にするのであれば、掛け持ちで他の仕事をするなどの工夫が必要かもしれませんね。

とはいえ、接客を通して英語力を向上させることができるため、まだあまり英語を習得できていないワーキングホリデー滞在者には向いている仕事だといえます。

まとめ

本記事では、カナダにワーキングホリデー留学をする場合の費用や、節約できるポイント、さらには現地でワーキングホリデー費用を稼ぎながら過ごす場合のおすすめアルバイトなどについてご紹介しました。

カナダは物価が少し高いぶん、ワーキングホリデーで滞在する際には、ある程度貯金をしておくことがおすすめです。

しかし、ワーキングホリデー滞在者向けの仕事もたくさんありますので、もしワーキングホリデー費用が足りなくても働きながら過ごすことができるのもポイントだといえます。

海外に長期滞在する場合には特に費用面での不安は大きいものですが、今回ご紹介した節約方法やアルバイトなども検討しつつして、具体的なワーキングホリデープランを立ててみてはいかがでしょうか。

なお、学校選びなど具体的な相談をしたい場合には、LINEより留学カウンセラーが相談に乗らせていただきます。相談自体は無料なので、お気軽にご相談ください。

\何も決まっていなくてもOK!/

【無料】留学相談してみる!

留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に回答いたします

あなたはどのステップにいる?語学留学実現までの流れ

留学 ステップ

語学留学を具体的に検討するなら、まずは留学を実現するまでの流れを確認しましょう!留学準備では大まかに5つのステップがあります。


  1. ステップ1:目星をつける
  2. ステップ2:相談する
  3. ステップ3:申し込む
  4. ステップ4:渡航準備
  5. ステップ5:出発!

留学を思い立ったら、まずは渡航時期、期間、渡航先の目星をつけてみてください。
いつ、どれほどの期間、どんな国で留学するかイメージが持てると具体的な計画を立てやすくなります。

考えることが多い留学準備には、プロの伴走者を

留学 ステップ

留学へ行くとなると考えることはたくさんあります。

  • 「そもそもどんな留学体験ができるんだろう?」
  • 「気になる留学先はあるけど、自分に合っているかわからない」
  • 「結局のところ何から準備を始めたらいいんだろう?」
  • 自分で調べてみたものの、ネット上ではさまざまな意見が発信されていて、何を信じていいかわからないまま、検討途中で止まってしまう留学生は多くいます。その疑問、無理に一人で解決せずに留学カウンセラーに相談してみませんか?

    英語力アップに強い留学エージェント「スクールウィズ」

    スクールウィズ

    スクールウィズは英語力アップに強い留学エージェントです。 初中級者のための英語学習プログラム「プレ留学」×「カスタム留学プラン」であなたの留学を、経験豊富なカウンセラーが万全の体制でバックアップ致します。

    1. 【スクールウィズが選ばれる7つの理由】
    2. 1. 専門家監修!英語学習プログラム「プレ留学」で事前学習もバッチリ
    3. 2. 充実した英語学習サポート体制!
    4. 3. 1万通り以上から選べる「カスタム留学プラン」
    5. 4. 経験豊富なカウンセラーによるベストなプラン提案
    6. 5. 代理店手数料0円&最低価格保証
    7. 6. 安心安全、充実の留学サポート体制
    8. 7. スマホで相談から手続きまで完結!

    せっかくの留学を失敗してほしくない想いから、英語力を伸ばす独自のサポート、納得いくプランづくりに力を入れています。

    いま英語力に不安があっても、しっかり準備するから大丈夫。留学で、憧れだった「英語を話せる理想の自分」を私たちと一緒に実現させましょう!

    留学に対するご質問から、留学プランづくり、事前の英語学習、留学中のサポートまで対応しておりますので、ご相談お待ちしております。

    【無料】LINEで留学相談する!

    こちらの記事もあなたにオススメです

    この留学ブログを書いた人

    mayu watanabe

    mayu watanabe

    会社員時代にWEBセールスライターを経験したのち独立し、現在はフリーライターとして主にスポーツや旅行の分野で活動しています。カナダへの留学経験や趣味である海外旅行の経験を活かし、独学での英語勉強法や留学、海外旅行に関する情報などを発信していきます!

    カテゴリーから記事を探す

    英語力アップの留学エージェントなら
    スクールウィズ

    無料留学相談する!

    英語力を伸ばす「あなたにピッタリな留学プラン」を一緒に見つけましょう

    \直接話を聞いて相談したいなら/

    留学カウンセラーと
    個別面談する(オンライン)

    \まずは気軽に相談したいなら/

    公式LINEで
    相談・質問する LINE留学相談 QRコード

    スクールウィズのユーザーになる
    ×

    会員登録は無料!30秒で完了します。
    以下いずれかの方法で会員登録してください。

    既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。