School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

留学する意味ってあるの?メリット・デメリットを徹底比較

留学のメリット・デメリット

こんにちは!ライターのモリキアユミです。

私は以前オーストラリアとフィリピンに留学していました。

留学経験をしようか迷っている方の中には、「留学は意味がないのかな?」と考えている方も多いのではないでしょうか?実際に「留学中に遊んでしまった」「期間が短くて英語力が伸びなかった」といったデメリットの声もあり、留学をためらってしまうケースも少なくありません。

しかし、英語力や就職活動での成果、視野や交友関係の広がり、自信やコミュニケーション能力の変化といったメリットを感じている方も多く、留学の目的や目標を事前に定めておけば、留学は意味のあるものになります。私自身、2カ国留学をした経験からも、留学にはメリットが多いと感じています。

そこで今回は、留学したメリットやデメリット、留学するときに気をつけることに加えて、学生と社会人で留学する意味や大学留学と語学留学、短期留学それぞれの意味を徹底的に解説します。これを読めば留学のデメリットにハマることなく、実りのある留学をすることができます。

【PR】

成功する留学・メリットについて

成功

留学経験のある方は、さまざまなメリットを感じています。中でも、英語力や就職活動での成果、視野や交友関係の広がり、自信やコミュニケーション能力の変化などがあり、学んだことも多かったようです。

メリット1  英語力が日本で勉強するよりも伸びやすい

海外留学中は、英語力が日本よりも比較的伸びやすいです。毎日外国語を聞き続けるだけでなく、勉強したフレーズをすぐに実践できる環境であることが理由です。

学校やホームステイ先では、毎日現地の言葉を話します。そのため、リスニング力やスピーキング力は、現地語で会話をしていると徐々に鍛えられていきます。単語やフレーズを勉強したあとにすぐに実践できる環境でもあり、語学は身につきやすいです。

まわりの留学生も勉強しに来ている人ばかりのため、モチベーションは高いです。刺激を受けて、勉強へのモチベーションも下がりにくく、勉強が進む環境に身をおくことができます。

メリット2  就職活動でアピールできる

留学経験は、アピール材料になり評価されることもあります。帰国後の就職活動に「留学は有利」と感じる方が多いです。

もちろんただ留学に行っただけで、何も結果が残らなかった場合に留学の意味はありません。しかし、「TOEICスコアを800点まであげた」「留学中のインターンでこれだけの成果を出した」というように、なにか打ち込んだことや結果を出したことがあれば、十分なアピール材料になります。

メリット3  日本について理解し、国際感覚が身につく

日本から海外に出ることによって、日本のことを客観的に理解し、国際感覚を身につけることができます。

海外にいることで、日本がどのような印象を持たれているのか、他の国はどのような考え方や習慣、文化があるのかということを、直に感じ、理解することができます。実際の感覚は、日本で日本人といるときには味わえないことです。

メリット4  日本人以外の世界各国の友人が多数できる

留学先では、各国から留学生がやって来るため、世界各国に友人を作ることができます。

どの国にも、韓国や中国といったアジア系の留学生は多いです。それだけでなく、ヨーロッパや中東、中南米など、世界各国から学生がやって来ており、友人を作る機会も多いです。たくさん友人を作って国際交流を図るためにも、「自ら話しかける」「相手の文化や習慣を受け入れる」といったことを心がけましょう。

メリット5  自分に対する自信がつく

留学中に、自分に自信が持てるようになるということもメリットです。

海外の授業は、日本のような先生の話を聞く受動的なスタイルとは違い、発言や発表など、生徒の能動的な参加態度が求められます。ディスカッション、パワーポイントを用いた発表、グループワークといった授業が多く、複数人と話しながら授業を行い、課題もしなければいけません。受動的な態度では、成績が下がってしまうこともあります。

そのため、人前に立って話したり他の学生と協力しているうちに、堂々と発言する、自分に自信を持って話すといったことがしやすくなるようです。海外で英語を勉強しながら自信を身につけられることは、大きな利点です。

メリット6  国際的なコミュニケーション能力が身につく

授業や日々、各国からの留学生と交流する中で、「自分の意見をハッキリと、分かりやすく伝える」といった、国際的なコミュニケーション能力を身につけることができます。

日本にいると、授業で発言を求められることは少なく、外国人と関わる機会も自分から求めなければ、少ないです。しかし、留学中は各国からの留学生と交流できるだけでなく、毎日授業や会話をする中で、コミュニケーションを取り続けます。

さらには、異なる文化や習慣で育ってきた人同士のため、理解や価値観が違うことも多いです。そのため、相手の文化や習慣に配慮しながら、分かりやすく伝える必要があります。そうして、日々交流する中で、自然と相手に配慮した国際的なコミュニケーション能力が身についていきます

メリット7  理系は「専門スキル+語学」をアピールできる

海外留学というと、文系の方がするイメージが強いのではないでしょうか?理系の方にとってはメリットを感じにくいかもしれませんが、留学によって、「専門スキル+語学」の両方を手に入れることができます。

理系の方はいままで習得した専門的スキルに、留学で新たに語学というスキルを加えることができます。英語が話せる人はたくさんいても、専門スキルまで持っている人は少ないです。2つのスキルを掛け合わせることができるというだけでも、就職活動や帰国後の進路を考える際に、大きなメリットになります。

失敗する留学・デメリットについて

失敗

留学には、メリットが多い反面、デメリットもあります。特に、勉強がおろそかになる、就職活動で評価されない、英語が伸びなかった場合に、デメリットを感じるようです。

ケース1 観光メインの生活になってしまった

語学留学として渡航したものの、観光ばかりの留学になってしまった場合、留学をデメリットと感じやすいです。

特に、1ヶ月以下の短期留学の場合に注意が必要です。短い時間の中で、勉強も観光も行うとなると難しく、遊んでしまったという方も多いです。短期留学中は、自分を律することが求められます。

観光しつつ、しっかりと勉強もしたい場合は、3ヶ月以上の留学が適しているでしょう。時間は大いにあるため、勉強も遊びも実現できる生活を送ることができます。

ケース2  英語力が伸びずに終わってしまった

留学したけれど、英語力が伸びなかったという場合もあります。原因には、遊んでしまった、友人とのコミュニケーションを重視した、アルバイトばかりの生活だったというようなことが挙げられます。

留学中は、観光や遊び、友人といった誘惑だけでなく、ワーキングホリデーの場合はアルバイトもできるため、どれを優先すべきか迷います。しっかりと語学力を伸ばすためにも、「どれだけ伸ばしたいのか」という目標は事前に考えておきましょう。「TOEICを100点アップさせる」というように、到達度が数字で分かりやすい目標を立てると、モチベーションが下がりにくいです。

ケース3  就職活動で留学経験がブランクに捉えられた

近年、留学する人はたくさんいます。そのため、就職活動で「留学しました」というだけではメリットにはならず、むしろ日本を離れていたことをブランクに捉えられてしまうこともあるようです。

留学しただけでは、大多数のうちの1人にしかなりません。また、「留学」が目的となってしまっていて、結果を残していない学生も多いです。ブランクと捉えられないためにも、「英語+専門的なスキル」を磨きましょう。

TOEICなどで英語能力の高い人は、国内にもいます。現地でしかできない経験をするというように、留学期間に様々な挑戦をして、結果を残していくことが必要です。自分が他人と差をつけられる何かを見つけて、実践できるように考えておきましょう。

ケース4 日本語でのアルバイトばかりの生活になってしまった

ワーキングホリデーの場合、日本語でのアルバイトばかりの生活になるというデメリットもあります。

ワーキングホリデーでは、現地でアルバイトを行う方も多いです。しかし、アルバイトばかりで勉強しなくなった、日本人ばかりの場所で日本語を使って働いていたなど、日本と変わらない環境になってしまうこともあります。

渡航先で日本語ばかり使う環境にならないためにも、英語が話せる場所や専門的な業種に就く、そのためにはどれくらいの英語力が必要なのか、どれくらいの留学期間であれば可能なのか、事前に調べておきましょう。調べたうえで、今の自分に足りない英語力を補えるよう、勉強や留学の計画を立てて準備しておきましょう。

ケース4 留学費用が高い

「留学は高い」というイメージを抱いている方も、多いのではないでしょうか?実際に、アメリカやオーストラリアなど、日本より物価の高い国もたくさんあります。そのため、生活費と学費など、費用がかかることもデメリットになります。

しかし、最近はフィリピン留学のように、格安で留学できる国も増えています。フィリピンは物価も安いため、先進国よりもかなり費用を抑えた留学が可能です。国選びの際に、費用や物価を一緒に調べてみましょう。

ケース5 生活環境が快適でない

日本は生活水準が高い国です。街はきれい、ご飯がおいしい、マナーが良いなど、快適に生活することができます。

しかし、日本以上に生活水準が高い国はなかなかなく、留学中に生活環境の違いから、ストレスを溜めてしまうこともあります。渡航前に留学先の生活水準や治安などを調べて、自分と合いそうかどうか、確認しておきましょう。

意味のある留学にするために気をつけるべきこと

飛行機

留学には、メリットもデメリットもあります。では、メリットを感じられる、意味のある留学にするには、どうすれば良いのでしょうか?

(1) 留学する目的を明確に決めておく

留学する目的は、渡航前にしっかりと決めておきましょう。「英語をこれだけ話せるようになる」「海外就職のためにビジネス英語を身につける」というように、留学後の姿を明確にイメージしておくと安心です。目的を決めておけば、モチベーションが下がったときも持ち直しやすいです。

(2) 「英語を習得したい理由」を考えながら勉強する

英語を勉強すると決めたときに、「英語を話せたらかっこいいな」というような、なんとなくの理由を思い浮かべていませんか?何となくで決めた目標や理由では、英語を話せるようにはなりません。

しっかりと英語を身につけるためにも、英語を話せるようになったあとに何をしたいかを考えておくと、モチベーションが続きやすいでしょう。

(3)英語+専門スキルを磨いておく

英語だけでなく専門スキルも一緒に磨いておくと、帰国後の就職活動で留学経験が有利に働きやすいです。

留学する方はいまとても多く、年間約9万7千人もいると言われています。そのため、「留学して英語を勉強しました」というだけでは、多数の人との差別化が難しくなっています。そのため、英語以外の専門スキルも一緒に磨いておくと、差をつけることができるでしょう。

参考:文部科学省

(4)就職活動のための留学にしない

「就職活動で有利になるから」という理由で、留学をしないようにしましょう。留学は手段であって、目的ではありません

留学をしただけでは、就職活動で有利にはなりません。あくまでも、「留学で得た経験から仕事に活かせること」があって、初めて他の方と差をつけることができます。就職するためではなく、将来の仕事で活かせるスキルを身につけられるように、留学中の行動を考えていきましょう。

(5)現地の人と積極的にコミュニケーションを取る

日本では、日本人とのコミュニケーションが圧倒的に多いです。だからこそ、留学中は現地人と積極的にコミュニケーションを取りましょう。

どの国でもその国出身の人、その国で生活している人とは、現地でしかコミュニケーションが取れません。学校やアルバイト先など、関わるチャンスはたくさんあります。積極的に話しかけて、コミュニケーションを取っていきましょう。

補足1:学生と社会人で留学する意味の違い

留学といっても、タイミングは人によってバラバラです。学生と社会人、それぞれの立場で留学する意味の違いをご説明します。

学生の内に留学する意味・メリットは?

学生のときに留学する意味やメリットは、以下の3つがあげられます。

  • ・長期留学がしやすい
  • ・失敗しても挽回できる
  • ・早いうちから国際感覚を身につけられる

学生の間は、時間がたっぷりとあります。休学した場合は1年間すべてを留学に当てることもでき、長い時間をかけて英語を学ぶことも可能です。また、時間があるため万が一留学先選びや学校選びに失敗しても、変更や挽回することが可能です。

社会人だからこそ留学する意味・メリットとは?

対して、社会人を経験してから行う留学には、どのような意味やメリットがあるでしょうか?以下の3つがあげられます。

  • ・短い時間でも目的意識を持って取り組める
  • ・社会人経験を活かした留学
  • ・目的や手段として留学する意味をしっかりと考えられる

社会人の方の中には、短い時間を使って留学する方も多いです。少ない時間だからこそ、目的意識をハッキリと持って留学でき、社会人経験で身につけた計画性や実行力を活かすこともできます。

補足2:大学留学 or 語学留学する意味の違い

留学といっても、海外の大学へ通って専門領域を学ぶ留学や、語学習得を目的とした語学留学など、種類がたくさんあります。海外の大学への留学、語学留学、短期留学、それぞれの意味の違いは、いったい何なのでしょうか?

海外の大学に留学する意味は、専門領域を学べること

海外の大学への留学には、「専門領域を深く学ぶ」という意味があります。場所が海外というだけで、専門的な領域を学ぶという点では、日本の大学と変わりません。

ただし、海外の大学では課題の多さや進級と卒業の厳しさが日本と異なります。海外の大学は課題が多く、進級や卒業に関しても、試験をしっかりと突破しなければ単位を認定してもらうことはできません。

厳しい環境と感じるかもしれませんが、専門知識はしっかりと身につきます。また、海外の大学では英語、もしくはその国の言語で勉強するため、日本語で勉強している中では気づけなかった学びを得ることもできます。

ただし、「外国語で授業を聞いて理解するくらいの語学力がある」ということは前提になります。

語学留学する意味は、学んだ言語を実践できる場があること

語学の習得をメインとする語学留学は、「覚えた言語をすぐに実践できる環境であること」に意味があります。

語学留学は、ネイティブの方や先生から、他国から来た留学生とともに語学を学びます。そのため、生きた言葉が学べるだけでなく、覚えた単語やフレーズを、翌日の授業や友人との会話ですぐに実践することが可能です。そのため、ネイティブとの会話ができることやインプットしたことをすぐにアウトプットできることで、語学が身につきやすいです。

短期留学のメリットは、自分の語学力を把握できること

1週間や1ヶ月といった、短期留学にも意味はあります。「海外の雰囲気を掴める」ことに加えて、「自分の語学力を客観的に把握する」ことができます。

短期留学は短い時間の中で勉強するため、語学力を著しく伸ばすことは難しいです。しかし、実際にネイティブや他国からの学生との会話の中で、自分の語学力を客観的に把握することができます。「まったく話せなかった」「簡単な単語しか聞き取れなかった」といった経験をすることで、帰国後の語学学習のモチベーションに繋げることができます。

まとめ

留学をする人が増えたいま、「留学しても意味がない」という意見もよく聞くようになりました。しかし留学経験のある方は、英語力や就職活動での成果、視野や交友関係の広がり、自信やコミュニケーション能力の変化といったメリットを感じています。ただ、勉強がおろそかになる、就職活動で評価されない、英語が伸びなかった、費用が高いといったデメリットも、人によっては感じます。

なので留学を意味のあるものにするためにも、「留学する目的」を事前にしっかりと考えておきましょう。目的と目標をしっかりと設定しておくことで、デメリットを感じたときに持ち直しやすいです。また、学生と社会人で留学する違い、大学への留学か語学留学か、短期留学にするのか、といったこともどれが自分の留学スタイルに合っているのか、しっかりと考えておきましょう。

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。