交換留学を選ぶメリットとは?英語力アップよりも専門科目を学びたい人におすすめ

交換留学

「交換留学ってどんなところがおすすめなんだろう……」
と思っている方。

海外で勉強するにはさまざまな留学スタイルがありますが、交換留学はその中でもメリットが多く、おすすめの留学方法です。交換留学であれば、日本の大学に通うのと同じように、海外の大学で学びたい学問を学ぶことができます。

とはいえ、具体的に交換留学がどのようなものなのかは、わかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • ・交換留学のメリット・デメリット
  • ・交換留学に必要な英語力
  • ・交換留学に必要な費用の目安
  • ・交換留学の注意点

などをご紹介します。

交換留学はハードルが高そうに感じますが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。まずはこの記事で、交換留学のメリットについて知りましょう!

【PR】

そもそも交換留学とは?

交換留学

ひとくちに「留学」と言っても、「正規留学」「短期留学」「語学留学」「認定留学」など、いろいろな留学の呼び方があり、初めての人は理解しにくいと思います。

ここでは、「交換留学」についての概要をわかりやすくお伝えしますね。

交換留学とは、学校が協定を結んでいる海外の学校での留学

交換留学とは、シンプルに言うと「学校が協定を結んでいる海外の学校での留学」を指します。

日本の高校や大学は、海外の学校と交換留学の協定を結んでいる場合があり、その制度を利用して留学するのが交換留学です。つまり「日本から海外へ」「海外から日本へ」と、お互いの学校が学生を「交換」できる仕組みになっています。

また交換留学は、海外の提携している学校との「人材交流」「文化交流」を目的にしているため、他の留学制度に比べて留学先が指定されていたり、利用条件が厳しかったりする点もあります。しかし、交換留学にはそれを十分に上回るメリットがありますので、ぜひ検討してみてくださいね。

交換留学と認定留学の違い

ここでは、交換留学と認定留学の違いについてお伝えします。

交換留学と似ているので混同しがちな「認定留学」。認定留学は「日本の大学に在籍しながら海外の大学に1年間留学し、海外で取得した単位を在籍する日本の大学に移行できる留学」です。

これだけ読むと交換留学と変わらないように思ってしまいますが、認定留学は交換留学と異なり、

  • ・留学費用が自己負担
  • ・留学手続きは大学側がしてくれないため、自分でしなければならない
  • ・留学期間中も日本の学校に学費を払わなければいけない場合が多い

などの点でややハードルが高くなります。

もちろん「留学先の学校を自由に選べる」という大きなメリットはありますが、できるだけお金をかけずに安心して留学したい人にとっては交換留学がおすすめです。

交換留学の期間

留学の期間はプログラムによって変わりますが、半年から1年間であることが多いです。

比較的短い期間で留学できる交換留学は、自分の目標に対して集中してアプローチできる点が良いところと言えます。仮に大学で「正規留学」する場合は、4年間海外の学校に通わなければなりません。これだとなかなかハードルが高いですよね。

短い期間の留学ならお試し的な感覚で留学できますし、仮に「ちょっと合わないな」と思っても、最長1年ですのでそれほどダメージは受けません。

交換留学のメリット

交換留学 メリット

交換留学のメリットは、

  1. 好きな専門科目を学べる
  2. その他の留学に比べてコストが抑えられる
  3. 留学期間が短く、海外留学のハードルが低い

の3つです。1つずつ説明しますね。

メリット1. 好きな専門科目を学べる

1つ目のメリットが、好きな専門科目を学べる点です。

交換留学は海外の大学で通常の講義を受けるため、自分の関心がある専門科目を学ぶことができます。関心の高い内容を勉強することでモチベーションも保ちやすく、英語力アップにもつながりやすいです。

もちろん講義を聞くには最低限の英語力がなくては理解できません。そのためにも一定のレベルの英語力を備えていることが交換留学の条件になっているのです。

メリット2. その他の留学に比べてコストが抑えられる

2つ目のメリットが、その他の留学に比べてコストが抑えられる点です。

交換留学では留学先の大学に学費を払う必要がありません。日本で通っている学校の学費を納めていれば基本的には問題ないです。

正規の学生として入学する「正規留学」や、大学を経由せずに留学する「私費留学」と比較すると、交換留学は費用をそれほどかけずに留学することができます。

日本の学費は高いと言われていますが、人気の留学先であるアメリカなどではさらに高いです。経済協力開発機構(OECD)が2017年に公表したレポートによれば、アメリカの公立大学の年間授業料(平均)は8,202ドル(約91万円)でした。日本は5,229ドル(約58万円)ですので、1.5倍以上高い計算になります。

私立の学費になればさらにその差は大きくなり、留学のハードルは高いです。費用面で心配な人には、交換留学を断然おすすめします。

参考:BUSINESS INSIDER「日本は高い? 大学の授業料が世界で最も高いのはアメリカ(https://www.businessinsider.jp/post-104945)」

メリット3. 留学期間が短く、海外留学のハードルが低い

3つ目のメリットが、留学期間が短く、海外留学のハードルが低い点です。

正規留学や私費留学が4年間必要なところ、交換留学であれば1年間の留学となります。4年間の留学となると失敗できないためかなり慎重になってしまいますが、1年間であれば

  • ・留学をとりあえず経験してみたい
  • ・海外の学生の友だちをつくりたい
  • ・異文化を知るために短期間だけ留学してみたい

といったケースでも利用しやすいです。

自分の目標に対して短期間でアプローチするため、留学の充実度も自然と高まります。

交換留学のデメリット

交換留学 デメリット

交換留学のデメリットは、

  • 1. 留学先を自由に選べない
  • 2. 学校の成績(GPA)や単位、語学レベルの証明が必要
  • 3. 生活費用がかかる

の3つです。

デメリット1. 留学先を自由に選べない

1つ目のデメリットが、留学先を自由に選べないことです。

先にお伝えした通り、交換留学は「学校が協定を結んでいる海外の学校に留学する制度」ですので、留学先は協定先の学校に限定されます。協定を結んでいる学校の中に留学を希望する学校が無い場合は利用できません。

もしどうしても交換留学を利用して希望する学校へ留学したいのであれば、高校や大学へ進学する前に、その学校が海外のどこの学校と協定を結んでいるか調べておくべきです。

デメリット2. 学校の成績(GPA)や単位、語学レベルの証明が必要

2つ目のデメリットが、学校の成績(GPA)や単位、語学レベルの証明が必要なことです。

学校ごとに、交換留学を申し込むにあたって必要な「成績(GPA)」や「単位」が設定されています。成績、単位ともに平均よりやや上に基準が設定されていることが多く、あらかじめ交換留学を念頭に置いて学業に専念することが必要です。

また語学レベルの証明も必要となるため、一定の英語力を身につけるため、早い段階から準備を進めておかなければいけません。語学レベルの証明については後ほど詳しく解説しますね。

デメリット3. 生活費用がかかる

3つ目のデメリットが、生活費用がかかることです。

交換留学における滞在先は主に寮かホームステイが一般的で、水道光熱費や朝夕の食事は滞在先に支払う料金に含まれています。
f
他の留学に比べて学費などがかからないとはいえ、生活費用はもちろん必要です。それらを含めた生活費は月あたり10~13万円ほど、1年間で120~160万円ほどになります。

交換留学に必要な英語力

交換留学

交換留学を利用するには、条件として一定の英語力が必要です。ここでは、交換留学に必要な英語力について解説します。

交換留学での語学力の証明はTOEFLやIELTSを使う

また英語力証明については、TOEFLもしくはIELTSが採用されるところが多いです。

TOEFLは「Test of English as a Foreign Language」の略で「外国語としての英語のテスト」を意味し、120満点でリーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの4つのスキルを確認します。特にアメリカの大学を中心に採用されることが多いです。

一方IELTSは「International English Language Testing System」の略で、主にイギリス・オーストラリア・ニュージーランドなど、イギリス英語圏の国の大学で採用されています。試験内容はTOEFL同様リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの問題です。

パソコンで受験するTOEFLと違ってIELTSは筆記試験で、スピーキングテストもパソコンに向かってスピーチするのではなく面接形式で行います。

交換留学に必要なTOEFLやIELTSのスコア

交換留学に必要なTOEFLやIELTSのスコアは留学先の学校によってさまざまですが、以下のスコアを目安にしてください。

・TOEFL:最低でも60以上(できれば70~80以上のスコア)
・IELTS:最低でも5以上(できれば6~6.5以上のスコア)

「TOEFLスコア60」および「IELTSスコア5」は英検で言うと、「準1級~1級」のレベルです。

交換留学に必要な費用の目安

交換留学 費用

交換留学に必要な費用は、留学する国や学校によって異なりますが、必要な生活費はおおむねひと月10~13万円ほど、1年間で120~160万円ほどです。

内訳は以下を参考にしてください。

  • 【交換留学に必要な生活費】
  • ・寮またはホームステイ:80~100万円
  • ・昼食、軽食費:15~20万円
  • ・観光、交際費:15~20万円
  • ・雑費:10~20万円

交換留学の注意点

交換留学 注意点

ここでは、交換留学の注意点として、

・単位認定制度については事前の確認が必要
・留年する可能性もある

の2点についてお伝えします。

注意点1. 単位認定制度については事前の確認が必要

1つ目の注意点が、単位認定制度については事前の確認が必要な点です。

交換留学においては基本的に単位認定制度(留学先で取得した単位を日本の大学に移行できる制度)が採用されています。しかし一部の大学では「自由科目には認定されるが、教養科目としては認定しない」などのルールもあるようです。

ルールは大学によって異なるため、留学先の大学で取得した単位の認定についてはあらかじめ学校に確認してください。

注意点2. 留年する可能性もある

2つ目の注意点が、留年する可能性もある点です。

交換留学は単位認定制度があることから、休学せずに4年で卒業することが可能ですが、いくつか注意すべきポイントがあります。

そのポイントが、

・交換留学中に必修科目は取得できるか
・卒論の提出に問題はないか

の2点です。

学校では次学年へ上がる際に必修科目(必ず取得しなければならない科目)が設定されていることが多いです。その場合、交換留学中に必修科目を取得できなければ留年してしまいます。

また大学4年生のタイミングで交換留学に行く場合は、卒論に注意しなければなりません。卒論が提出できなければ、もちろんこの場合も留年になってしまいます。

必修科目については代替の科目を設定してもらったり、事前に取得しておいたりすることで解決が可能です。いずれにせよ、どちらのケースも学校側に確認を取り、その上で留学の計画を立てることをおすすめします。

交換留学に必要な英語力が足りないときは、語学留学もおすすめ

交換留学 語学留学

「交換留学に行きたいけれど、英語に自信がない……」
という方は、語学留学もおすすめです。

語学留学は

  • ・留学する国
  • ・留学する学校
  • ・留学する期間

を自由に選び、手軽に海外で英語を学ぶことができます。英語学習だけに集中して勉強するため、日本にいるよりもはるかに効率よく英語を身につけることが可能です。

交換留学の選考は1年前からスタートする学校が多く、英語力が足りないと応募すらできません。選考前に語学留学をするのも英語力アップの近道です。

School Withでは、アメリカやカナダ、フィリピンをはじめとした世界32カ国の語学学校の情報を紹介しているので、参考にしてみてください。
海外留学ならSchool With

まとめ

ここまで、交換留学のメリットについてお伝えしました。

おさらいしますと、交換留学とは「学校が協定を結んでいる海外の学校での留学」を指します。日本の高校や大学は、海外の学校と交換留学の協定を結んでいる場合があり、その制度を利用して留学するのが交換留学です。

交換留学のメリットは、

  • 1. 好きな専門科目を学べる
  • 2. その他の留学に比べてコストが抑えられる
  • 3. 留学期間が短く、海外留学のハードルが低い

の3つ。他の学生と同様に講義を受けるため英語学習だけでなく、自分の関心がある専門科目を学ぶことができます。

費用面では、基本的に留学先の大学に学費を払う必要がないというメリットが大きいです。外国の学費はかなり高い国もあるので、交換留学をうまく使うことでコスパの良い留学を実現することができます。

加えて交換留学の期間は半年から1年間ほどであるため、心理的なハードルをかなり下げて留学することが可能です。

一方で交換留学のデメリットは3つあります。

  • 1. 留学先を自由に選べない
  • 2. 学校の成績(GPA)や単位、語学レベルの証明が必要
  • 3. 生活費用がかかる

交換留学を利用する場合、留学先は協定先の学校に限定されます。また申し込みには学校の成績(GPA)や単位、語学レベルの証明が必要です。特に語学レベルは

・TOEFL:最低でも60以上(できれば70~80以上のスコア)
・IELTS:最低でも5以上(できれば6~6.5以上のスコア)

と比較的高めなので、計画的に準備しましょう。

そして、交換留学に必要な生活費はおおむねひと月10~13万円ほど、1年間で120~160万円ほどです。学費は追加でかかりませんが、海外での生活はそれなりにお金がかかります。

最後に、交換留学の注意点として、

・単位認定制度については事前の確認が必要
・留年する可能性もある

の2点をお伝えしました。いずれも日本の学校に1度確認しておくことをおすすめします。

交換留学は、英語を学びつつ自分の好きな専門科目を学ぶことができるなど、とてもメリットの多い留学スタイルです。それだけ申し込みの条件も厳しくなっていますので、早い段階から準備を進めておきましょう。

英語力に自信がない方は語学留学もおすすめですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

長濱 裕作

長濱 裕作

学生時代はお金を貯めて海外各地を放浪。異文化に触れる楽しさや多様性の価値を知る。学生結婚を経て12年に渡り大手アミューズメント企業に勤めるも、家族と過ごす時間を増やすために退職。現在は田舎に引っ越して古民家を購入、半農半ライターとして生活。子どもたちの留学の在り方についても勉強中。妻ラブな3児の父。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。