ボストンのエリア情報を解説!観光、生活にはどこがおすすめ?

ボストン エリア

ボストンは、アメリカ北東部マサチューセッツ州大西洋岸のチャールズ川河口に位置し、マサチューセッツ州最大の都市かつ同州の州都となっています。歴史も古く、ハーバード大学をはじめとする高等教育機関が数多く立地する学術都市であることから、日本からの留学生も数多く生活しています。

また、世界9位の金融センターであるステート・ストリートもあり、交通網も非常に発達していて非常に生活しやすいエリアです。

ボストンといってもかなり広く地区に分けると13あります。今回は、それぞれの地区がどのような特徴を持つのか詳しく説明していきます。

留学カウンセラーがあなたのお悩みを無料で伺います!

「留学にはどれくらい費用がかかるんだろう?」
「渡航時期や期間はどうしよう?」
「留学先はどこにしよう?」

その留学のお悩み、プロに相談してみませんか?

スクールウィズでは無料で留学相談を受付中。 留学について気になっていることがある方、ぜひお気軽にご相談ください。

LINEで留学相談する

無料留学相談

ボストンはどんなエリアに分かれている?

ボストン エリア

ボストンはダウンタウンを中心に、商業地区・観光地区・住宅地区といった様々なエリアに分かれます。今回はメインの13のエリアに分けてご紹介します。

ボストン エリア

・ダウンタウン
・ノースエンド
・ビーコンヒル
・バックベイ
・チャールズタウン
・ケンブリッジ
・シーボード
・グリーンウェイ
・サウスエンド
・フェンウェイ
・イーストボストン
・サマービル
・ブライトン

ボストンの中心部「ダウンタウン」

ボストン エリア ダウンタウン

ボストン エリア ダウンタウン

ボストンの中心的なエリアであるダウンタウンはアメリカで最も古い歴史を持つボストンコモンを有し、近代的な建物と歴史的な史跡が自然に溶けこんでいます。数百年の歴史を有する墓地やフリーダムトレイルの起点であるボストンコモンはダウンダウンの真ん中に広がり、都市に暮らす人々の憩の場としてダウンタウンに根ざしています。

ローガン国際空港からも地下鉄で20分程とアクセスも良く、隣接する様々な地域への行き来もしやすいダウンタウンは、ボストンでの中心的な存在となっています。

アメリカ独立を語る上で欠かせないボストン虐殺事件の跡や、様々な協会などもあり、歴史的な観光名所が目立つ一方で、フリーダムトレイルの史跡の指定を受けているファニュエルホールは、ショッピングモールとなっており、100軒を超えるショップが並んでいます。

また、ダウンタウンには劇場地区やチャイナタウンの存在も欠かせません。ワシントンストリートに佇むボストンオペラハウスは、ボストンにおける芸術の中心的な存在となっています。2000年代初頭に新しく生まれ変わったボストンオペラハウスは、今ではブロードウェイのツアー公演などが上演されています。

ニューイングランド唯一の中国系エリアであるチャイナタウンも、ここダウンタウンにあります。飲茶からしゃぶしゃぶ、フォーまで楽しめるチャイナタウンでは、ボストン名物クラムチャウダーなどとはまた違った味を楽しむことができます。

イタリア文化が広がる「ノースエンド」

ボストン エリア ノースエンド

ボストン エリア

ノースエンドは、ダウンタウンの北に位置するイタリアの伝統を受けた文化で形成され、人気の高いエリアです。リトル・イタリーとも呼ばれるイタリア人街であり、街の至る所にイタリア文化を感じることができます。

ローガン国際空港からは地下鉄で9分ほど、ダウンタウンからは5分ほどでアクセスが可能です。大通りのハノーバー通り(Hanover st)やセレーム通り(Salem st)を中心としたエリアには、数多くのイタリア料理店やカフェが密集しています。

フリーダムトレイルの史跡も残されており、オールドノース教会を始めとする歴史情緒溢れる名所も存在します。歴史に浸りながらイタリアの風を感じることのできる趣のあるエリアです。

レンガ造りの街並みで人気の「ビーコンヒル」

ボストン エリア ビーコンヒル

ボストン エリア

ビーコンヒルはダウンタウンの西、ボストンコモンとボストン・パブリック・ガーデンの北に隣接しており、ボストンコモンを見下ろす丘の上にあります。ジョージアン様式と呼ばれる住居で街並みが形成されており、レンガ造りの街並みが続く高級住宅街です。

地区の由来は諸説あり、かつて丘の頂上で航海上の目印として、かがり火が焚かれていたことや、外部からの侵入者を知らせる警報を発するのろし台を語源としているとも言われています。

ボストンの美しい景観を楽しめるとして、観光客にも人気の高いエリアとなっています。

芸術活動盛んな「バックベイ」

ボストン エリア バックベイ

ボストン エリア

バックベイ駅を中心として広がるバックベイは、元々はチャールズ川の一部であった埋立地で、現在は有名ファッションブランド、レストラン、ホテルが密集する一方、ロマネスク復古様式で建設されたトリニティー教会などの世界的に著名な建築物も点在するエリアです。

ニューベリー通りでは若者向けの高級ブティックが軒を連ね、コモンウェルス通りではパリのシャンゼリゼ通りの雰囲気を感じることができます。

そのほか、イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館、ボストン美術館、アメリカ最古の植物園であるパブリックガーデン、レッドソックスのホームスタジアムであるフェンウェイパーク、ボストン交響楽団の本拠地となるシンフォニーホールなどがあります。

アイルランド系が多く暮らす整った住宅地「チャールズタウン」

ボストン エリア チャールズタウン

ボストン エリア

チャールズタウンはボストンの北東部、チャールズ川を挟みノースエンドの対岸に位置するエリアです。現在はアイルランド系住民が多く住むチャールズタウンはフリーダムトレイルの終着地ともなっています。

歴史上、イギリス軍と数々の激戦を繰り広げたこの地では今も歴史の面影を残しており、古くからの建物が建ち並ぶ街並みからは落ち着いた雰囲気を感じることができます。

独立戦争における主要な戦いであるバンカーヒルの戦いを記念して建設されたバンカーヒル記念塔(Bunker Hill Monument)はフリーダムトレイルの終点であり、ボストンの観光名所の一つとして多くの観光客が訪れています。

世界最高峰の頭脳が集まる学園エリア「ケンブリッジ」

ボストン エリア ケンブリッジ

ボストン エリア

ケンブリッジはチャールズ川の対岸に広がる世界有数の学園都市です。ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学など世界最高峰の大学機関が密集し、世界の政治、経済、技術、医療、芸術とありとあらゆる分野に優秀な人材を排出しています。

地下鉄もケンブリッジ市内だけで5駅あり、ダウンタウンへのアクセスも良好です。またチャールズ川沿いにはサイクリングロードも整備されており、アカデミックな雰囲気とのどかな景色が共存しています。

観光スポットも多い湾岸エリア「シーボード」

ボストン エリア シーボード

ボストン エリア

ウォーターフロントは港町ボストンを象徴するエリアです。アメリカ合衆国国定歴史建造物であるクインシー・マーケット(Quincy Market)から少し離れたところにあるボストン・ハーバー。ハーバー周辺にはやニューイングランド水族館、コロンブス・ウォーターフロント公園などがあります。

アメリカの歴史を語る上で欠かせないボストン茶会事件でハンコックの一隊に襲われたイギリス船ビーバー号を再現した船もある、ボストン茶会事件の船と博物館(Boston Tea Party Ships & Museum)もこの周辺にあります。

海風を受けながら散歩ができる遊歩道、ハーバーウォーク(Harbor Walk)の全長は47マイルあり、歩道沿いには様々な施設、レストラン、公園が点在しています。

都会の中の休息エリア「グリーンウェイ」

ボストン エリア グリーンウェイ

ボストン エリア

photo by:Radomir Rezny/ Shutterstock.com

グリーンウェイはローズ・ケネディ・グリーンウェイという公園を中心に広がるエリアで、高層ビルが立ち並ぶ一帯の中での寛ぎの空間となっています。

歴史深い住宅エリア「サウスエンド」

ボストン エリア サウスエンド

ボストン エリア

サウスエンドはヨーロッパ調の住宅が立ち並ぶ閑静な住宅エリアです。エリア内にはアートスタジオもいくつかあり、文化活動も盛んに行われています。

レッドソックスのホームグラウンドが置かれる「フェンウェイ」

ボストン エリア フェンウェイ

ボストン エリア

photo by:Felix Mizioznikov/ Shutterstock.com

フェンウェイはボストン・レッドソックスが本拠地を置くフェンウェイパークを中心としたエリアです。

整備された住宅街「イーストボストン」

ボストン エリア イーストボストン

ボストン エリア

イーストボストンはダウンタウンノースエンドからボストンハーバーを挟んだ対岸に位置するエリアで、住宅地が広がっています。サウスエンドと異なり、建物は新しめのものが多く、きれいに整った印象を持つでしょう。

多くの人々が暮らす「サマービル」

ボストン エリア サマービル

ボストン エリア

photo by:Micha Weber/ Shutterstock.com

サマービルはボストン中心部の対岸に位置するエリアで、ボストンの中でも特に人口密度が高いエリアとなります。

ボストン大学周辺の静かなエリア「ブライトン」

ボストン エリア ブライトン

ボストン エリア

ブライトンはボストン中心部から西へ向かったところにあるエリアで、ボストン大学を中心にエリアが広がっています。エリア内は自然や住宅地が多く、静かな雰囲気が感じられます。

LINE留学相談

ボストンの語学学校と滞在先マップ

ここまでボストンの各エリアをご紹介してきました。各エリアについて少しは印象を持てたでしょうか。

ここではボストンで留学を検討している方に向けて、どんなところにある語学学校、滞在先があるかをご紹介します。下のマップに赤いピンで語学学校、青いピンで滞在先を載せてみたので、気になる地域にどんな学校・滞在先があるか見てみましょう。

なお、ホームステイについては申し込みがあってから滞在先を探すようになるため事前に場所が確定できませんのでご了承ください。また一部の滞在先はこちらでは公開できないため、気になる学校の滞在先がどこにあるか知りたい方は個別でご連絡いただければと思います。
滞在先について相談する

移動については、ボストンの場合市内を広くバスが通っているため、アクセスに不便さを感じることはあまりないでしょう。ボストンには他にも電車なども通っており時と場合によって幾つかの交通手段を使い分けるとより快適な生活が送れます。

現地に行ってからでも遅くはありませんが、事前にどのような交通事情かを知りたい方は下で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。
ボストンの交通事情まとめ!利用料金からおすすめの移動手段まで徹底解説

ボストンのエリア情報まとめ

ボストンは、ニューヨークにも近く、全米からアクセスが良好な歴史のある都市です。経済的に発展している一方で、街の至る所に歴史を感じさせる景色が広がり、趣を感じさせてくれます。またエリアによって様々な特徴があり、留学する上で学問だけではない色々な学びを与えてくれることでしょう。

地区に分けるとダウンタウン、ノースエンド、ウォーターフロント、ビーコンヒル、バックベイ、チャールズタウン、ケンブリッジの7つのエリアを紹介しました。

7つのエリアはすべて、地下鉄やバスで訪れることができます。チャーリーカードというICカードを使えば、お得にかつスムーズに移動ができます。気になった方は、ぜひ訪れてみてください。

ボストン留学に戻る

LINE留学相談

ボストン留学ガイド

ボストン留学のメリット・デメリット

1週間のボストン留学費用

1ヶ月のボストン留学費用

3ヶ月のボストン留学費用

半年のボストン留学費用

1年のボストン留学費用

ボストンの治安事情

ボストンの気候とおすすめの服装

ボストンの生活ガイド

ボストンの交通事情

ボストンのエリア情報

ボストンの定番観光スポット

ボストン留学の休日の過ごし方

ボストン留学の滞在方法

ボストンの空港と市内へのアクセス方法

ボストン留学での両替情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

スクールウィズならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう オンライン個別面談を予約する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

スクールウィズなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE登録&無料相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。