英語留学ならどの国が安い?フィリピンやヨーロッパなど国・地域別おすすめな留学先まとめ

英語留学 安い

こんにちは、フィリピンに留学を経て現在はポーランドで暮らしている白根です。

英語留学の費用をできるだけ安くしたいと思っている人は多いかと思います。しかし留学となると学費や生活費など、高額な費用がかかってしまいがちです。

そこで今回はアジアとヨーロッパに焦点を当てて、少しでも安く留学できるおすすめな地域・国、また費用を抑えて留学するコツを紹介したいと思います。私の経験を踏まえて解説していきますので、留学先で悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

安い英語留学にアジア、ヨーロッパをおすすめする理由

英語留学 安い アジア ヨーロッパ

まずはなぜ今回英語留学にアジアとヨーロッパをおすすめするか。その理由から説明したいと思います。

アジア

「アジア」と聞くと物価が安そうなイメージがあるかと思います。実際に物価だけでなく留学費用も安く、多くの留学生が渡航しているのです。

「アジアで英語が学べるの?」と思うかもしれませんが、公用語を英語としている国も多く、マレーシアやシンガポール、フィリピン、香港などの国では英語を使って生活をしています。

また英語が公用語ではないタイやインドでも、英語を学べる語学学校は存在します。

タイではタイ語がメインと思われがちですが、英語を学べる学校は多数あるので穴場的な存在として人気。語学学校の費用も安く、生活費も抑えられるのでアジア圏への留学はおすすめです。

ヨーロッパ

ヨーロッパは物価が高いイメージがありますが、国によっては留学費用を抑えられる場所もあります。

中でも人気なのがマルタ。留学費だけでなく現地の生活費もヨーロッパの中では比較的安く、日本の7〜8割ほどの物価です。近年はそんな穴場ということが留学生に知れ渡り、人気となっている留学先です。

またヨーロッパには学費が無料という国もあります。その国とはノルウェー。なんと現地の学生だけでなく、海外からの留学生も学費が無料になります。物価はやや高いので生活費は高くなりますが、そこだけ確保しておけば授業料を払うことなく留学ができるのです。

国の制度を利用して賢く留学先を選ぶのもひとつの手ですね。

LINE留学相談

英語留学が安いアジアの人気3カ国

それではまずはアジア圏に焦点を当てて、英語留学が安い人気国を3カ国ご紹介していきます。

1. フィリピン

英語留学 安い フィリピン

フィリピンは格安で留学ができると日本人から絶大な人気を誇っています。

フィリピンは7,000以上の島が密集した東南アジアの国です。温暖な気候で年中、半袖短パンで過ごすことができます。

日本との時差は1時間、時差ボケをすることなく渡航ができるのもメリット。治安に関しては最低限の注意は必要ですが、私は危険を感じるようなことはありませんでした。

一般的な留学費用(1ヶ月の総額)

33万円

フィリピン留学をする人の大半が3ヶ月を選択していました。私の周りも3ヶ月という人がいて、フィリピン留学を終えてからオーストラリアやイギリスなどの国に行く人が多かったです。

また料金が格安なので、半年間がっつり英語を学びにきたという人や、長期休暇を利用して1週間だけという人もいました。自分のライフスタイルに合わせて留学ができるのはフィリピン留学のメリットです。

おすすめな人

・英語初心者
・マンツーマンレッスンを受けたい人
・留学の時間が取れない人
・とにかく安く留学したい人

2. マレーシア

英語留学 安い マレーシア

マレーシアは多民族国家のため、マレー語だけでなく中国語や英語も日常で使われています。首都のクアラルンプールでは英語を使う人も多く、英語を学べる語学学校も多いです。

物価は日本の半分ほどなので、留学コストも大幅に抑えることができます。治安もよく女性留学生からも人気です。

一般的な留学費用(1ヶ月の総額)

30万〜40万円

マレーシアは往復の航空券が安いため、短期で留学をする人も多いです。また生活費も安くなるため長期留学でがっつり英語を勉強するのにもおすすめと言えます。

おすすめな人

・日本から近い場所で留学がしたい
・いろんな文化に触れてみたい
・生活費を抑えたい

3. タイ

英語留学 安い タイ

タイは経済成長の真っ只中。首都のバンコクでは高層ビルが立ち並んでいます。しかし一歩道を逸れれば、庶民的な屋台や歴史的な寺院を楽しめるでしょう。

タイと言えばタイ語ですが、英語を学べる語学学校も数多くあります。首都のバンコクには日本人だけでなく海外の駐在員も多いため、そういった方を対象にした語学学校や英会話スクールがあるのです

タイは非常に物価が安いため、格安で留学をすることができます。私もタイに1ヶ月ほど滞在した経験がありますが、1食200円くらいで済ませることができ、日本食レストランも豊富だったので不自由なく暮らすことができました。日本からも直行便も多く、気軽に留学ができる国としておすすめです。

一般的な留学費用(1ヶ月の総額)

30〜40万円

おすすめな人

・生活費を安く抑えたい人
・日本食を気軽に食べたい人
・英語を学べるなら国は問わない人

英語留学が安いヨーロッパの人気3カ国

続いてはヨーロッパに焦点を当てて、英語留学が安い人気国を3カ国ご紹介していきます。

1. マルタ

英語留学 安い マルタ

物価が高いイメージがあるヨーロッパですが、マルタならフィリピンに近い価格で安く留学することができます。

マルタはイタリアの南部に位置する島で、正式にはマルタ共和国という名前がついています。公用語はマルタ語と英語。治安もヨーロッパの中では特に良いとされ、女性の留学先としても人気です

物価は日本よりも低く、外食が多くても食費は抑えられるほど。語学学校の授業料もイギリスやフランスと比べると安いため、フィリピン留学かマルタ留学か悩む人も多いです。

一般的な留学費用(1ヶ月の総額)

39万円

おすすめの留学期間

1週間〜半年

おすすめな人

・安くヨーロッパ圏で英語留学したい人
・治安が良い場所で生活がしたい人
・温暖な気候が好きな人

マルタ留学のおすすめ語学学校、費用、口コミなどの詳細情報

2. ドイツ

英語留学 安い ドイツ

ドイツはドイツ語のイメージがありますが、第二外国語として英語が話されている国です。ほとんどの国民が英語を話すことができるため、英語を学べる語学学校も多いのが特徴

ドイツは日本よりもやや物価が安く、首都のベルリンを除けば生活費も抑えられるかと思います。

またドイツでは国立大学に留学する学生は授業料が無料、私立大学でも1年間の授業料が50万円を切るので、留学費用を大幅に抑えることができます。語学学校も「フォルクスホッホシューレ」という民間の学校を利用すれば、月額5万円前後で授業を受けることも可能。

さらにドイツのベルリンではスタートアップやベンチャー企業、フリーランスが集まる都市として世界的に注目されています。挑戦する人を応援する文化も根付いているので、留学生も受け入れてもらいやすい環境です。

学費(1ヶ月)

無料〜10万円

渡航費

10〜15万円(往復)

おすすめの留学期間

3ヶ月〜1年

ドイツに留学するなら時間をかけて英語を学ぶことをおすすめします。フォルクスホッホシューレなどを利用すれば年間にかかる学費もかなり安いので、長期滞在に向いている国と言えますね。

おすすめな人

・学費を安く抑えたい人
・ヨーロッパ各国にも行ってみたい人
・長期滞在で留学したい人

3. ノルウェー

英語留学 安い ノルウェー

広大な自然が魅力のノルウェーは今、留学生から注目を集めている国のひとつです。なんとノルウェーは大学や大学院への正規留学の学費が無料。よって滞在費と生活費だけで留学ができてしまいます。大学の費用をカットできるので、お金の工面もしやすいのがメリット。

ただしノルウェーの物価は日本よりもかなり高いので、生活費は多めに想定しておく必要があります。

学費(1ヶ月)

無料〜15万円

渡航費

10〜15万円(往復)

おすすめの留学期間

1〜4年

ノルウェーでは大学に正規入学して無料留学することをおすすめしています。よって1〜4年ほどの留学をする人が多いです。

おすすめな人

・自然が好きな人
・長期留学を希望している人
・授業料にお金をかけたくない人

LINE留学相談

英語留学はアジアとヨーロッパのどちらがいいのか?

ここまでアジアかヨーロッパの安く人気の留学先を紹介してきました。選ぶのが難しいという人も多いかと思います。そこで、それぞれの留学がどんな人におすすめできるのか解説をしていきます。

アジアを選ぶべき人

アジアへの留学に向いている人は以下の通り。

  • ・英語を気軽に勉強したい人、英語初心者
  • ・日本からアクセスの良い場所で留学がしたい人
  • ・短期でサクッと学びたい人

アジア圏はヨーロッパ圏に比べて訛りがある場合もあるため、発音やイントネーションまでしっかりと勉強したい人には向きません。ただし英語教育のレベルはかなり高いため、気軽に英語を学びにいく環境としては最高です。また日本食に近い食文化なので、ストレスも少なく済むでしょう。

ヨーロッパを選ぶべき人

ヨーロッパへの留学に向いている人は以下の通り。

  • ・ネイティブの英語を学びたい
  • ・長期でじっくり英語を学びたい人
  • ・歴史や文化に興味がある人

ヨーロッパはネイティブの英語を学べる環境が整っているので、がっつり英語を学びたい人におすすめです。短期ではなく長期で留学をする人が多いので、大学留学される方も多いです。またヨーロッパの歴史や文化に興味があるという人にもおすすめです。

アジアならフィリピンが、欧米ならマルタがおすすめ!

アジアとヨーロッパ、どちらで留学するか検討いただけましたか?

アジアとヨーロッパでは留学の内容が大きく変わってくるので、ぜひ自分がどちらに合うか考えてもらえたらと思います。

もしアジアとヨーロッパのどちらで留学するか決まった場合には具体的に国を検討していきましょう。

今回はアジアでの留学にフィリピン、ヨーロッパでの留学にマルタをそれぞれおすすめするので、ぜひどういった点が魅力かを見ていきましょう。

初心者でも着実に英語力を伸ばせる「フィリピン留学」

英語留学 安い フィリピン留学

Photo by : アラサー女子のフィリピン留学1ヶ月体験記

フィリピン留学の魅力はなんといっても、安い料金でマンツーマンレッスンを豊富に受けれる点

授業時間も朝から晩までみっちりと授業が用意されているため、英語初心者でも着実に英語力を伸ばせます。

またほとんどの場合は学校の敷地内にある寮に入ることになり、授業が終わっても英語を話す環境が用意されています。

滞在先では日本人はじめ、韓国人や台湾人、ベトナム人といった国籍の留学生と一緒に暮らすため、他国の文化を知るきっかけも多いです。

フィリピン留学の生活イメージを持ちづらいという方は、下の記事で留学生の実際の留学生活を紹介しているので、ぜひ参考にしてみていください。

アラサー女子のフィリピン留学1ヶ月体験記 Vol.2 〜7時間英語漬け生活の始まり
こんにちは、のっちです。セブ島のTARGET Global English Academy(ターゲット)という語学学校でフィリピン留学しています。留学する人にとって心配はやはり「実際の学校生活」ではないでしょうか。ということで今回は実際の留学生活をリアルに再現してみました。
2016/07/13
イベント・体験記

気軽にヨーロッパ人の友達を作れる「マルタ留学」

英語留学 安い マルタ留学

Photo by : 伊佐知美「マルタ語学留学体験記」

マルタは多くのヨーロッパ人が休暇で訪れる国で、語学学校にも観光ついでに英語を学びに来るヨーロッパからの留学生が多いです。

留学中はヨーロッパをはじめ世界中から集まる留学生らとマルタの街を散策したり、海に出かけたりと思い思いな過ごし方ができ、交流を通して英語力のブラッシュアップ、異文化交流を楽しめます。

そのため、留学先でヨーロッパ人の友達を作りたい方にはぴったりの留学先です!

マルタ留学のイメージしづらい方は下の記事で実際の留学生が感じたことを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マルタ長期留学って実際どんな感じ?留学生活の振り返り総まとめ #マルタ語学留学記
現在マルタに長期で語学留学中のkikiです。2019年の4月から始まった留学生活も、残すところ後2ヶ月。今回は実際にマルタに長期留学してみてどうだったか、これまでの留学生活を振り返りながら紹介していきたいと思います。これからマルタ語学留学に興味のある方はぜひチェックしてみてください。
2020/01/10
イベント・体験記

英語留学を安い費用で行くための3つのポイント

それでは安い費用で留学をするポイントを解説していきます。

1. 留学期間を短くする

留学期間を短くすれば、単純に費用を抑えることができます。

私の留学していたフィリピンでは連休などを利用して1週間だけ留学してくる人も非常に多かったです。アジア圏であれば航空券も安いので、費用をかなり抑えれば、1週間で総額10万円程度で留学することも可能です。

もちろん短期では留学期間の間に十分英語力を伸ばすことは難しいですが、英語を学ぶモチベーションが上がったり、日本とは違う海外の文化を体験できたりします。

2. オフシーズンに渡航する

留学生の多い夏休みや連休シーズンは語学学校の学費も高くなります。ハイシーズンを外せば留学費用や航空券代も安く、現地の物件も安くなる傾向にあるのでおすすめです。時間に余裕がある人はオフシーズンを狙って渡航してみてください。

3. 奨学金を活用する

留学をするお金を工面できない人は奨学金を利用するのもありです。

下の記事では返済が不要の奨学金を紹介しています。審査はあるものの、応募は自由なので申請しない手はありません。それぞれの特徴を理解して申し込みをしてみてください。

【2020年最新版】給付型留学奨学金一覧!応募条件や給付額まとめ
留学時に大きなハードルとなるのが、高額な留学費用です。海外での生活は学費や生活費、渡航費など出費がかさみますよね。実は、給付型留学奨学金を扱っている機関や民間団体は、調べてみると100近い数があります。条件もさまざまなので、あなたでも応募できる奨学金が見つかるかもしれません。今回は、数ある給付型留学奨学金の中から特におすすめの奨学金を厳選しました。それぞれの応募条件や給付額をご紹介していきます。
2019/11/15
留学前の準備

英語留学が安い国まとめ

本記事では英語留学が安い国をご紹介しました。アジアならフィリピン、ヨーロッパならマルタはおすすめな英語留学先です。また学安く英語留学をするコツは以下の通りです。

・学費が安い国を選ぶ
・オフシーズンを外す
・返済不要の奨学金に申し込む

現在、英語留学を検討している方は、今回紹介したポイントを踏まえて留学先を決めてみてはいかがでしょうか。

留学エージェントSchool Withでは留学経験豊富なカウンセラーによる留学相談を受け付けています。学校選びはもちろん、国や都市選びなど、具体的に留学を検討したい方はぜひお問い合わせください。
LINE@でのご相談はこちら
メール、電話、説明会、個別カウンセリングでのご相談はこちらから

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

しっしー

しっしー

コンビニ商品開発職を退職後、ライター兼ブロガーとして独立。現在はオーストラリア在住ライターとして活躍。主に留学やオーストラリアについて発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。