元英語教材編集者が行く、オーストラリア留学体験記#07〜 ブリスベンのエリア別おすすめレストラン・スイーツスポット特集

TOP

こんにちは!Ayakaです。私は現在、キャリアチェンジを目指す1年間のビジネス留学中で、オーストラリア・ブリスベンにあるグリフィス大学にてツーリズムやスポーツマネジメントを学んでいます。

今回はブリスベンに来たらぜひ皆さんに訪れてほしい、おすすめ飲食スポットをエリア別に特集します♪

おしゃれなカフェやカジュアルなレストランが並ぶサウスバンク、アクセスのよいシティ、シティ近郊の3つのエリアから、自信を持っておすすめできるお店を8つ選んでみました

オージービーフからスイーツまで、ぜひ想像(妄想!?)しながら読んでいただけたら幸いです!

当記事では、2017年6月時点での情報を元に作成された記事となっております。
公開から期間が経ち、店舗が閉店するなど掲載情報が古くなっている恐れがございますので、お店へお越しの際には事前に最新情報をご確認ください。

オーストラリア留学
南半球の大都市を有する留学人気国
掲載学校数 363
国の詳細を見る

【留学行くか迷っているなら、まずはLINEで相談!】

LINEで留学のプロに無料相談

いつかは留学へ行ってみたい。そう思った今すぐ留学相談!

スクールウィズのLINE相談なら、ちょっとした疑問から具体的な留学先の検討、見積もり・申込手続きまで留学カウンセラーが一人ひとりのご相談に対応しているので、検討が一気に前に進みます。

【LINE相談で知れること】
1. 目的を叶えるための留学プランづくり
2. 学びたいことや学習・生活環境など希望に合った留学先のご紹介
3. 想定する期間や留学先で実際にかかる費用
4. ビザや航空券などの準備の流れ

LINEだからいつでも思い立った時に聞ける。憧れの留学に「あなたにピッタリなプラン」を見つけてみませんか?

【無料】LINEで留学相談する!

~サウスバンクは美食の宝庫!?~

ブリスベンのシティの南側、ブリスベン川沿いのサウスバンクと呼ばれるエリアは、カジュアルながらもこじゃれたレストランが並ぶエリア。友達との飲み会に、カップルでのデートに、自分へのご褒美に、多様なシーンに合うお店が並んでいます。

(1) クラフトビール × ウィングの最強タッグが止まらない!Tippler's Tap

Tippler’s Tap

ブリスベンでクラフトビールとウィング(手羽のから揚げ)を楽しみたいなら、Tippler's Tapがおすすめ

インディアペールエール、ブラックIPA、ブラウンエールなど、オーストラリア国内外の多様なクラフトビールを常時20種類以上取り揃えています。定番はもちろん、時季によって種類を入れ替えているので、新しいビールを楽しみにしているお客さんも多いそう。

また、料理がリーズナブルなのも魅力的。お店の看板商品でもあるウィングは、15個近く入ったバスケットサイズで$12。ブルーチーズソースでディップして食べるのがお店のおすすめですが、コショウが十分効いているので、そのままビールといただいても十分美味しいです!

お腹を満たしたいなら、ミニサイズのハンバーガー「スライダー」も併せて注文するのがおすすめ。通常のハンバーガーの1/3ほどのサイズで見た目も可愛いです♪単品では1つ$5ですが、5個頼めば$20になるので、友達とシェアするのにも最適!

プチハンバーガーのスライダー

写真:プチハンバーガーのスライダー。「どれを食べたい!?」と仲間とわいわい盛り上がる一品です。

ビーフやベーコンなど各種スライダーの中でも試してほしいのが、Halloumi(ハルーミ)のスライダー。ハルーミとは、キプロス料理の一種。ヤギ乳と羊乳から作られるセミハードの非熟成塩漬けチーズのことです。

これをマッシュルームやビーツと混ぜてグリルするとお肉のような味わいに。ベジタリアン向けのメニューですが、ヘルシーなので人気の一品です。日本でいうと、おからハンバーグのような感じかもしれません。

Tippler’s Tap

Tippler’s Tap

写真:木製のテーブルとイスが温かみのある雰囲気を作っています。山小屋風の個室はカップルにもおすすめです。

Tippler's Tap

写真:ビールにウィング、スライダーを囲んで皆でわいわい飲み会するのにもってこいのお店!

Tippler's Tapのクラフトビールとオニオンリング

写真:クラフトビール。ウィングと一緒にアツアツのオニオンリングもぜひ。

■店舗情報

住所 5/182 Grey St, South Brisbane QLD 4101
時間 火~木・日:午前11時~午後9時
金~土:午前11時~午後11時
URL Tippler’s Tap公式サイト

(2) トルコ料理の魅力に気づく Ahmet's

Ahmet’s

サウスバンクにはイタリアンやベトナム料理、日本の居酒屋や餃子屋もあるのですが、ぜひ試してほしいのがトルコ料理レストランのAhmet's。

バターとガーリックがたっぷり効いたふわふわカリカリのターキッシュブレッドに、塩が効いたターキッシュケバブはワインによく合います。エキゾチックな色味で統一されたお店は雰囲気があり、中高年のご夫婦がゆったり食事を楽しむ姿もよく見かけるお店です。

日によっては店内でベリーダンスショーも開催されています。ヒーターを付けて暖を取りながら過ごせる屋外席も雰囲気があります。

Ahmet’sのターキッシュブレッドと、ターキッシュケバブ

写真:ターキッシュブレッド($6)と、ターキッシュケバブ($14.5)。夕暮れ時ならスパークリングワインを軽く1杯、テラス席でいただくのもおすすめ。

■店舗情報

住所 10/168 Grey Street, South Bank, QLD 4101
時間 月~日:午前11時~午後10時
URL Ahmet's公式サイト

(3) チュロスと魅惑のチョコディップ SAN CHURRO CHOCOLATERIA

チュロスと魅惑のチョコディップ SAN CHURRO CHOCOLATERIA

サウスバンクには美味しいスイーツのお店も点在しています。どこも夜まで営業しているので、レストランで軽く食事をしてからデザートを求め、近くのスイーツ専門店へはしごすることもしばしば・・

私のお気に入りはSAN CHURRO CHOCOLATERIA。スペイン系のチュロスを売りにしたチョコレートショップです。クイーンズランド州には11店舗展開しており、シティ中心部にも店舗があります。チョコレート色にスパイスを彷彿とさせるオレンジ色が効いたお店のデザインに、いつもつい誘われて入ってしまいます。

おすすめはやっぱりチュロス(チョコディップ付き、3本で$8.95)ですが、ワッフルの上にチョコレート+フルーツ+アイスクリームをトッピングしたFunnel cakeも美味しいです。

Funnel cakeのストロベリー&ホワイトチョコレート

写真:Funnel cakeの中でも、特にストロベリー&ホワイトチョコレート($12.95)は見た目もキュート!写真奥は中にヘーゼルナッツチョコレートが詰まったフィルド・チュロス($4.95)。

甘いものにホットチョコレートを合わせるのはさすがにちょっとくどいので、これをいただく時は、飲み物はロングブラック($3.5)を選びます。ロングブラックは、ダブルエスプレッソにお湯を加えたもの。日本でいうところのブラックコーヒー、アメリカンにあたります。

フェアトレードのコーヒー豆を使っているのもお店のこだわりが感じられますね!

クラッシックスパニッシュ

写真:クラッシックスパニッシュ($5.95)は、ほんのりとスパイスが効いてちょっと大人の甘さです。

■店舗情報

住所 2/161 Grey St, South Brisbane QLD 4101
時間 月~木・土〜日:午前10時~午後10時
金:午前10時~午後11時
URL SAN CHURRO CHOCOLATERIA公式サイト

(4) 日本でも大人気! MAX BRENNER

日本でも人気のイスラエル発チョコレートショップ、MAX BRENNERはサウスバンクでも人気のお店。東京の表参道店はあまりに大行列で入るのを諦めていたのですが、ブリスベンに来てようやく味わうことができました!

MAX BRENNER

写真:サウスバンク店の正面には大きな木がそびえ、ゆったりとした雰囲気。

天井に配置されたパイプの中にはチョコレートが流れているというイメージの内装に、それだけで心躍ってしまいます♪

MAX BRENNERのクラシックホットチョコレート

写真:クラシックホットチョコレート($5.9)を手にすっぽり収まる「ハグマグ」でいただけば、気持ちもとろんととろけます。

MAX BRENNERのチョコバナナピザ

写真:チョコバナナピザ($17)は4人でわけるのにちょうどよいサイズ感♪

ツーリストインフォーメーションセンター

写真:お店の隣はツーリストインフォーメーションセンターになっています。ここで各種パンフレットを集めて、MAX BRENNERでお茶をしながら観光プランを練るのもいいですね!

■店舗情報

住所 Little Stanley Street Plaza, 1.1&1.2 Little Stanley St, South Brisbane QLD 4101
時間 月~木・日:午前9時~午後11時
金~土:午前9時~午前0時
URL MAX BRENNER公式サイト

LINE留学相談

~シティ中心部~

ブリスベンのシティ中心部の飲食店は、食事よりも買い物ついでにちょっとお茶をしたり、インターンシップの勤務後に、小腹を満たしにふらっと立ち寄ったりすることが多いです。お気に入りをいくつかご紹介します♪

(5) おしゃべりするならここ! Bonsai Botanika

ブリスベンのシティで女子トークを楽しむのにおすすめなのは、カフェBonsai Botanika(ボンサイボタニカ)。シティの中心であるマイヤセンターの斜め向かいにあり、アクセスも抜群です。

Bonsai Botanika

写真:店舗は街のバスターミナルのすぐ近くにあるので、出勤がてらコーヒーをテイクアウェイしていくお客さんも多数。

エスプレッソが$3.2~と手ごろなのに加えて、抹茶ケーキやチョコレートケーキなどスイーツも充実。木目調のおしゃれな店内はいつも10~20代の若者を中心ににぎわっており、私の周りでも国籍を問わずここのファンの学生は多いです。

どれもとても美味しいのですが、私のお気に入りはホワイトチョコレートラテ。舌触りがとってもなめらかで美味しく、ついついリピートしたくなってしまう一品です!

Bonsai Botanikaのホワイトチョコレートラテ

写真:ホワイトチョコレートラテ($7.5)。粉末ではなく、丁寧にチョコレートを溶かして作るので、注文してから少し時間はかかりますが、一度は飲む価値があります!

■店舗情報

住所 109 Elizabeth St, Brisbane City QLD 4000
時間 月〜木:午前7時~午後5時
金:午前7時~午後9時
土~日:午前9時~午後5時
URL Bonsai Botanika Facebook公式サイト

(6) 日本にはないメニューを要チェック! クリスピー・クリーム・ドーナツ

日本で人気のクリスピー・クリーム・ドーナツはこちらでも人気のお店。ブリスベンには路面店はありませんが、ショッピングセンター内のテイクアウェイ専門店か、セブンイレブンで購入することができます。

クリスピー・クリーム・ドーナツのマイヤセンターの中にある店

写真:シティの中心にあるショッピングモール、マイヤセンターの中にある店舗。バスターミナルへの通り道にあるのが、ニクイです・・!

一番ベーシックなオリジナル・グレイズド($2.75)は、日本もオーストラリアも変わらない安定の美味しさです。

私が今ハマっているのが、イタリア発のヘーゼルナッツチョコクリーム「ヌテラ」とタイアップした Filled with Nutella(フィルド・ウィズ・ヌテラ $3.2)。

その名の通り、表面に粉糖をまぶしたふんわりドーナツの中に、あのヌテラがたっぷり詰まっています!これはもはや事件!シティにあるクイーンズランド州政府でのインターンシップ帰りに、ショッピングモールを通ると、「がんばったご褒美に!」とついつい自分を甘やかして食べてしまいます・・

写真:街中のセブンイレブンのクリスピー・クリーム・ドーナツ売り場。パンやサンドイッチと並んでショーケース1つ分あります。

フィルド・ウィズ・ヌテラ

写真:セブンイレブンで売っているフィルド・ウィズ・ヌテラは、ポップな箱に入っていてプチギフトみたいですね。

■店舗情報

住所 Food Court, Myer Centre, 8/91 Queen St, Brisbane City QLD 4000
時間 月〜木:午前7時~午後7時
金:午前7時~午後10時
土:午前9時~午後7時
日:午前9時~午後6時
URL Krispy Kreme Doughnuts公式サイト

~シティ近郊エリア~

シティ中心部から車で10~20分ほどのエリアにも、美味しいお店や飲食スポッが点在しています。

ブリスベン市内の主な公共交通機関は電車よりももっぱらバスですが、バスでのアクセスがあまりよくない場所でも、Uberを使えば移動は簡単。安心してお酒を楽しむこともできますね。

(7) ブリスベンでオージービーフを食べるならここで! Norman Hotel

オーストラリアに観光に来たなら、やっぱり食べたいのがオージービーフ。私も渡豪前から「美味しいお肉が食べたい~!」というわくわくを胸に抱いていました。

渡豪3日目に、現地の友人が「それならココ!」と連れて行ってくれたのが、ウーロンガバというエリアにあるNorman Hotel。

名前には「ホテル」と付いていますが、1889年から続くステーキ専門の老舗レストラン。Brisbane's worst vegetarian restaurant(ブリスベンで一番、ベジタリアンからかけ離れたレストラン)と自ら名乗っているだけあり、お店の入り口には牛の像が待ち構えており、まさにステーキを食べるために来るお店!という感じです。

ブリスベンでオージービーフを食べるならここで! Norman Hotel

写真:お店の入り口の牛の像。なかなかの迫力に、思わず怖がってしまう小さい子も・・

ショーケースにはどっしりとした牛肉が並び、レジで肉の部位・焼き方・ソース・付け合わせを選び、先に支払うシステム。

テラス席は夜風が気持ちよく、ゆったりとした大人の雰囲気でビールやワインと一緒にオージービーフのステーキを楽しめます。ミディアムレアのきれいな赤身は見た目も美しく、味わいももちろんジューシー。私も家族や大切な友人が遊びに来てくれたらぜひここに招待したい!と思う、とっておきのお店です。

Norman Hotelのショーケース

写真:上質なステーキ肉がショーケースに並ぶ様子は圧巻!!

Norman Hotelのアイフィレ

写真:お肉はアイフィレ$43.9~(300g)、ティーボーン$36.9~(400g)など。初めて現地で食べたミディアムレアのオージービーフの美味しさにほっぺたが落ちそうになりました・・

■店舗情報

住所 102 Ipswich Rd Woolloongabba QLD 4102
時間 <ランチ>
月~木:午前11時30分~午後2時30分
金~日:午前11時30分~午後3時
<ディナー>
月~木・日:午後5時30分~午後9時
金~土:午後5時30分~午後9時30分
URL Norman Hotel公式サイト

(8) 毎週末が多国籍フードフェス! Eat Street Market

日本のガイドブックにはほとんど載っていないのですが、街中からバスかフェリー+徒歩30~40分ほどのノースショアというエリアにあるEat Street Marketは、週末限定の野外フードマーケット

船着き場の近くの敷地内に、コンテナ型の店舗が入り、スペイン、ギリシャ、ベトナム、中国、日本、タイ…と各国のお店がずらりと並んでいます。「Vol.6 オーストラリアのアルバイト事情を探る!」でご紹介した私のアルバイト先のお好み焼き専門店、OKONOMI HOUSE KOTETSUもここにあります。

入場料として$2.5がかかるものの、野外シネマや、無料で観覧できるライブショーもあるので、まるで食べ物のテーマパーク!

毎週末、たくさんの地元の人たちでにぎわい、皆興味津々に異国の食べ物の列に並んだり、ライブと会場が一体となって盛り上がったりと、まるで文化祭のような雰囲気です!

イートストリートマーケットの入り口

写真:イートストリートマーケットの入り口。カラフルなコンテナを並べた作りは、遠目に見ると、レゴブロックが並んでいるようです。

イートストリートマーケットの中

写真:イートストリートマーケットの中。屋外ですがアーケード部分もあり、雨天時でも楽しめます。飲食店以外にもヘナタトゥー(写真左)や雑貨屋さんもあります。

写真:マレーシア料理店malaylayのカレー($12)。付け合わせのロティはクレープを揚げたようなふんわりとした食感でそのままでも美味。

マレーシア料理店malaylayのカレー

写真:ブリスベン川を臨みながらいただくスペイン料理店PAELLA little ladyのパエリア($12)は、シーフードの出汁がきいて美味!私もよく、アルバイト前の腹ごしらえに食べています。

the doughnut barのヌテラ入りソフトクリーム

写真:the doughnut barのヌテラ入りソフトクリーム($6)。どんなスイーツと組み合わせても絶品のヌテラ、恐るべし・・!

オランダのスイーツ店dutch de lites

写真:オランダのスイーツ店dutch de litesはワッフルが人気のお店。店頭のチューリップの装飾がオランダらしいですね。

dutch de litesのミニワッフル

写真:dutch de litesのミニワッフル($10)は、アルバイト帰りの手土産にして、ルームメイトとシェアして食べるのがささやかな楽しみ。

■店舗情報

住所 221D Macarthur Avenue Hamilton, QLD 4007
時間 金~土:午後4時~午後10時
日:午前11時~午後7時
(入場料$2.5 11歳以下は無料)
URL Eat Street Market公式サイト

ブリスベンにはまだまだこの他にも、美味しいカフェやレストランがたくさんあります。カジュアルなものからラグジュアリーな食事まで幅広くかつ多国籍に、どんな好みやシチュエーションにもぴったりなお店が見つかるのがブリスベンの食文化。

ぜひブリスベンにいらした際は、あなたのお気に入りの一品を求めて探検してみるのはいかがでしょうか?

【連載】元英語教材編集者が行く、オーストラリア留学体験記↓↓

あなたはどのステップにいる?語学留学実現までの流れ

留学 ステップ

語学留学を具体的に検討するなら、まずは留学を実現するまでの流れを確認しましょう!留学準備では大まかに5つのステップがあります。


  1. ステップ1:目星をつける
  2. ステップ2:相談する
  3. ステップ3:申し込む
  4. ステップ4:渡航準備
  5. ステップ5:出発!

留学を思い立ったら、まずは渡航時期、期間、渡航先の目星をつけてみてください。
いつ、どれほどの期間、どんな国で留学するかイメージが持てると具体的な計画を立てやすくなります。

考えることが多い留学準備には、プロの伴走者を

留学 ステップ

留学へ行くとなると考えることはたくさんあります。

  • 「そもそもどんな留学体験ができるんだろう?」
  • 「気になる留学先はあるけど、自分に合っているかわからない」
  • 「結局のところ何から準備を始めたらいいんだろう?」
  • 自分で調べてみたものの、ネット上ではさまざまな意見が発信されていて、何を信じていいかわからないまま、検討途中で止まってしまう留学生は多くいます。その疑問、無理に一人で解決せずに留学カウンセラーに相談してみませんか?

    英語力アップに強い留学エージェント「スクールウィズ」

    スクールウィズ

    スクールウィズは英語力アップに強い留学エージェントです。 初中級者のための英語学習プログラム「プレ留学」×「カスタム留学プラン」であなたの留学を、経験豊富なカウンセラーが万全の体制でバックアップ致します。

    1. 【スクールウィズが選ばれる7つの理由】
    2. 1. 専門家監修!英語学習プログラム「プレ留学」で事前学習もバッチリ
    3. 2. 充実した英語学習サポート体制!
    4. 3. 1万通り以上から選べる「カスタム留学プラン」
    5. 4. 経験豊富なカウンセラーによるベストなプラン提案
    6. 5. 代理店手数料0円&最低価格保証
    7. 6. 安心安全、充実の留学サポート体制
    8. 7. スマホで相談から手続きまで完結!

    せっかくの留学を失敗してほしくない想いから、英語力を伸ばす独自のサポート、納得いくプランづくりに力を入れています。

    いま英語力に不安があっても、しっかり準備するから大丈夫。留学で、憧れだった「英語を話せる理想の自分」を私たちと一緒に実現させましょう!

    留学に対するご質問から、留学プランづくり、事前の英語学習、留学中のサポートまで対応しておりますので、ご相談お待ちしております。

    【無料】LINEで留学相談する!

    こちらの記事もあなたにオススメです

    この留学ブログを書いた人

    Ayaka

    Ayaka

    「日本をもっと元気で楽しい場所にする!」を目標に、キャリアチェンジを目指し退職し、ICC国際交流委員会のInternship Business Professions でオーストラリア留学を経験。実用英語技能検定1級。

    カテゴリーから記事を探す

    英語力アップの留学エージェントなら
    スクールウィズ

    無料留学相談する!

    英語力を伸ばす「あなたにピッタリな留学プラン」を一緒に見つけましょう

    \直接話を聞いて相談したいなら/

    留学カウンセラーと
    個別面談する(オンライン)

    \まずは気軽に相談したいなら/

    公式LINEで
    相談・質問する LINE留学相談 QRコード

    スクールウィズのユーザーになる
    ×

    会員登録は無料!30秒で完了します。
    以下いずれかの方法で会員登録してください。

    既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。