ダブリンの天気・気候と服装

アイルランドはイギリスの左側にある国で、日本と同様の島国です。北海道よりも北に位置しているので、「寒いのでは?」と思いがちですが、実は冬は日本の方が寒いです。

冬は平均2°C〜7°Cほど。日本の冬と同じような格好で大丈夫です。反対に夏は11°C〜18°Cほどなので羽織れるものを1枚持っていくと便利です。気温から予想できるように、アイルランドのベストシーズンは、暑さをしのぎやすい「夏」です。

こちらでは、アイルランドの首都「ダブリン」の一年間の気候を、東京の気候と比較をしながらご紹介します。時期に合わせた服装や、ベストシーズンについても合わせてお伝えしますので、お役立てください。

アイルランドの首都「ダブリン」の気候

北海道より北に位置している高緯度地域なので、雪がたくさん降るのでは?というイメージが強いですが、一年間を通して暑すぎず、寒すぎることなく、非常に過ごしやすい気候の地域です。

その理由として、南から暖かな海水を運ぶメキシコ湾流が大きく影響しています。また、大西洋からの偏西風も伴って、安定した気候を保っています。
冬の気温はおよそ2℃~7℃ほどが平均です。東京の気温と比べると少し寒いですが、雪が積もることはほとんどありません。また、夏の平均は11℃~18℃ほど。もっとも暑い7~8月の時期でも、日本のように30℃を超えることはまずないです。
そんな過ごしやすいダブリンですが、気をつけたいのが「雨」です。アイルランドは「1日の中でも四季がある」といわれるくらい不安定なお天気になることが多いです。朝は晴れていたのに、急に雨が降ることは日常茶飯事で、アイルランド人は会うたびにお天気の話をしていることもあります。そのため、出かけるときは、雨具の準備は忘れないように気をつけてください。折りたたみ傘などをカバンに入れておくと安心です。
しかし、1年間を通しての降水量は東京の方が多いです。アイルランドでは雨が降る日数自体は多いですが、日本の梅雨のように、ずっと降り続くことはなく、短時間でやむことが多いため、年間の降水量は少なめです。アイルランドの中でも若干差はあり、東海岸に位置するダブリンは、他の地域と比べてさらに降水量は少なめなので、雨で困る機会は減るかもしれません。
日照時間も日本と比べて特徴があります。気温が一番高い7~8月はとても日が長く、およそ18時間も日照時間があります。夏の間はだいたい夜11時近くにならないと暗くならないといわれています。日本にいると考えられないですが、夏の間は1日をお得に楽しむことができます。

ダブリンの春(3月~5月)

ダブリンの春は、日本でいう3月くらいの体感です。平均8℃~12℃くらいで、比較的過ごしやすい気候です。日によって差はありますが、長袖のシャツに薄手のコートを羽織る服装で過ごせます。雨は月の半数は降るので、急に寒くならないように、羽織れるものを持っていくこと便利です。

ダブリンの夏(6月~8月)

夏は日本でいう4~5月くらいの気候です。日本のように30℃を超えることはないので、「夏を快適に過ごしたい」という方には人気の滞在期間です。気温が一番高い日には、半袖シャツ1枚で過ごすことができますが、基本的は涼しい体感です。

ただし、日照時間が長いからといっても、朝晩は冷え込むので、羽織れるカーディガンや長袖のシャツは持っていきましょう。また、日が長いので、気温が高くなくても日差しが強いことがあります。帽子やサングラスはもちろん、日焼け止めも忘れずに用意してください。

ダブリンの秋(9月~11月)

9月に入るとだんだんと気温が下がり、肌寒く感じます。日本でいう4月頃の体感で過ごせそうですが、いつ急に寒くなるか分からないので、セーターやマフラー、手袋といった防寒具も用意しておきましょう。11月に入ると日本と同様にコートが欲しくなる体感になります。

ダブリンの冬(12月~2月)

最も気温が下がる日は、2°C以下になり、東京より冷え込むことがあります。なので、冬はしっかりと防寒対策をしていきましょう。日本の12月や1月の真冬の格好のイメージで問題ありません。ヒートテックやセーター、マフラーや手袋、帽子といったアイテムも必需品です。風を通さない上着や登山用のインナーなどを揃えるのもいいかもしれません。

また、1年を通して雨がよく降りますが、特に冬の間が一番多く降ります。雨が降るとかなり冷え込むので、雨具だけではなく、タオルや着替えを用意しておくと便利です。反対に雪はほとんど降らないので、地面が凍結して歩きにくい、という危険はありません。しかし、都市部は石畳が多く、ヒールでは歩きにくい可能性があるので、歩きやすいスニーカーやブーツを履いていきましょう。

ベストシーズンは「夏」

1年を通して穏やかな気候であるアイルランドは、日本のようにどのシーズンでも楽しめる国です。中でも特にオススメなのが6月〜8月の夏のシーズンです。

日本のように、暑すぎることがないので、快適に過ごせます。街中を歩いていても、汗ばむことが少ないので、「夏の暑さから逃れたい」と思っている人に、アイルランドは人気のスポットです。

しかも日照時間が長いので、1日を長く遊ぶことができたり、観光スポットを見てまわることができます。草花もキレイに咲いているシーズンなので、散策も充実します。ただし、過ごしやすい季節だからこそ、気をつけたいポイントがあります。

注意点①「宿泊施設」

まず、注意したいのが「宿泊施設」について。アイルランド全体が、「夏は過ごしやすい」という認識が世界各国にあるので、夏の期間に観光客が増えて、宿泊施設が足りない、という問題があります。

人気のホテルはもちろん、連休を利用したり、イベントに合わせていく場合は、宿泊できるホテルがない、ということも考えられます。夏のシーズンにアイルランドへ行きたいと考えている人は、連休やイベント行事を外して行くか、早い段階から予約をしておくと安心です。

注意点②「夜景が楽しめない」

日照時間が長い夏シーズンでは、夜遅くまでアクティビティを楽しむことができます。しかし、「夜景が楽しめない」というマイナス点があります。

実はダブリンは、アイルランドの都市の中でも夜景がキレイなスポットとして有名です。石畳の道が多く、歴史を感じられる建物と一緒にライトアップされた夜景は幻想的です。普段なら日本では見ることのできない夜景を楽しむことができますが、夏シーズンだと、見れる時間が短くなる問題点があります。

毎日夜景を楽しむために、遅くまで起きているのも翌日に影響し、女性一人の場合だと治安も心配です。夜景を楽しみたい、という人は、日照時間が短くなる時期を狙った方がいいかもしれません。

まとめ

寒いと思いがちなアイルランドですが、国全体が比較的穏やかな気候で、一年中楽しむことができます。服装に関しても、基本的には日本と同じような格好で過ごすことができるので、荷物を準備する負担もそこまでかかりません。ただし、雨や気温差が大きいので、注意が必要です。

ベストシーズンでは、日本とは違った夏の楽しみ方ができると思います。ぜひ参考にしてください。

ダブリン留学に戻る

ダブリン留学ガイド

ダブリンのおすすめ観光スポット情報

ダブリンの地区・周辺エリア情報

ダブリンの空港情報と市内へのアクセス方法

ダブリンの現地生活情報

ダブリンの天気・気候と服装

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (土曜定休)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(土曜定休)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。