【お知らせ】9/25(水)〜27日(金)は社員研修のため臨時休業とさせていただきます。お問い合わせは9/28(土)以降順次回答いたします。

バイロン・ベイの地区・周辺エリア情報

地区

オーストラリア最東端と呼ばれている、バイロン・ベイという地区があります。ゴールドコーストから南に位置する、小さな街です。ビーチがあること、自然を好む人が多いことから、スローでのんびりとした雰囲気が漂います。また、移住者が多いため、多国籍な地区でもあります。

今回は、バイロンベイ市内、ライトハウス、メインビーチ、タロウビーチといった4つのエリアと、ゴールドコーストからバイロン・ベイへのアクセス方法をご紹介します。

バイロン・ベイはオーストラリア最東端の地区

バイロン・ベイ

バイロン・ベイは、オーストラリア最東端の地区と言われています。ゴールドコーストにあるサーファーズパラダイスから、車で南に1時間半で到着するビーチが広がるリゾート地です。

ビーチといっても早朝にヨガをする人がいたり、穏やかな雰囲気が漂っています。もともとは酪農や捕鯨基地として栄えた地区であり、現在はホエールウォッチングも盛んに行われています。

バイロン・ベイは、街全体にナチュラルでスローな雰囲気が漂っています。そのためか、サーファーやアーティスト、ヒッピーが多く集まり移住しています。中でも、オーガニックなお店やアロマテラピーなどナチュラルなものを好む人、健康やエコに関心の高い人が多いことが特徴です。雑貨や工芸品のお店も多いです。移住者が多いため、国籍や年代もバラバラです。

気候はゴールドコーストに近く、年中温暖です。平均気温も20℃前後と1年を通して温暖でしょう。

バイロン・ベイ市内(Bayron Bay City)

バイロン・ベイ市内はかなり小さいので、徒歩や自転車でまわれる規模になっています。市内には特に、オーガニックのレストランやカフェ、アロマテラピーのお店など、リラックス系のショップがたくさん集まっています。また、エリア自体は小さいですが、住人のほとんどは移住者です。国籍や年齢、宗教も様々な人が暮らしているエリアでもあります。

毎年3月になるとイーストコースト・ブルース&ルーツ・フェスティバルというお祭りが行われます。また、毎月第一日曜日にバトラーストリート(Butler Street)で行われるクラフト&プロデュース・マーケットが開催されているなど、イベントが多いエリアでもあります。

普段は人口の少ないバイロン・ベイですが、お祭りやイベントが多いので、時期が近くなると人も増えて賑やかになります。

ライトハウス(Light House)

ケープバイロン灯台

ライトハウスは、バイロン・ベイの中でも一際飛び出している土地の部分になります。白い灯台があり、バイロン・ベイのシンボル的存在となっています。バイロン・ベイの街中であれば、どこからでもこのライトハウスが見えるようになっています。

ライトハウスへは、市内からハイキングコースで向かうことができます。観光客も多いエリアですが、地元の人もよく訪れます。オーストラリア人は、毎日散歩がてら登る人もいます。

メインビーチ(Main Beach)

メインビーチは、バイロン・ベイ市内にあるジョンソンストリート(Jonson Street)をまっすぐ海の方向へ突き進むとたどり着きます。

波も強くなく、ライフセーバーの監視もあって安心なエリアです。バイロン・ベイの街並みと同様に、のんびりとした雰囲気の漂っています。早朝にビーチでヨガをする人も多い、スローライフが感じられる場所でしょう。

タロウビーチ(Tallow Beach)

タロウビーチは、市内から南へ下がった場所にある、徒歩で30分ほどのエリアです。メインビーチよりは比較的小さいビーチとなっています。

砂浜がやわらかくて、ぼんやりと過ごす人も多いビーチです。運が良ければクジラを砂浜から見ることもできると言われています。

ただし、ビーチということもあって特に紫外線が強いので、日焼け止めと水分補給は忘れないようにしましょう。

バイロン・ベイにはバイロンイージーバスで訪れよう

バイロン・ベイには主要な空港がありません。そのため、ゴールドコースト空港から訪れるのが一般的な行き方です。ゴールドコースト空港からバイロン・ベイまで運行している、バイロンイージーバス(Bayron Easy Bus)というバスで訪れることができます。

バイロンイージーバスは、片道料金3600円(40豪ドル)です。毎日5〜7便は運行しているので、どの時間に到着する飛行機でも比較的利用しやすいでしょう。到着先は、バイロンベイのビジターインフォメーションセンター(Visitor Information Center)になります。

まとめ

オーストラリア最東端にあたるバイロン・ベイは、こじんまりとした地区です。ですが、そのゆったりとした雰囲気に魅了される人が多く、移住してくる人の多い街です。サーファーやアーティストが多く、エコや健康に意識の高い人がほとんどです。そのためか、オーガニックを意識した飲食店やアロマテラピーのお店がたくさんあります。

今回は、バイロンベイ市内、ライトハウス、メインビーチ、タロウビーチといった4つのエリアをご紹介しました。バイロン・ベイは小さいので、4つのエリアを網羅すれば十分です。向かう際は、バイロンイージーバスで簡単にアクセスすることができるでしょう。

バイロン・ベイ留学に戻る

バイロン・ベイ留学ガイド

バイロン・ベイの地区・周辺エリア情報

バイロン・ベイへ渡航する前に知っておきたい両替情報

バイロン・ベイの治安情報

バイロン・ベイ留学の失敗事例と後悔しないためのポイント

バイロン・ベイの交通事情まとめ

バイロン・ベイ留学の特徴とメリット・デメリット

バイロン・ベイの滞在先の種類と特徴

バイロン・ベイでできるアクティビティ情報

バイロン・ベイのおすすめ観光スポット情報

バイロン・ベイの現地生活情報

バイロン・ベイの天気・気候と服装

バイロン・ベイの空港情報と市内へのアクセス方法

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。