バンクーバーの交通事情まとめ!利用料金からおすすめの移動手段まで徹底解説

バンクーバー 交通

バンクーバーには日本にない交通機関があったり、日本にもある交通機関が異なる方法で使われたりする場合があります。そのため現地でどのような移動手段を使えば良いかわからず、不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

幸いにもバンクーバーにはバスや電車など、日本でも一般的に使われる交通機関が移動手段として利用されています。

とはいえ現地での利用方法や料金は、日本と異なる点も多々あります。

そこで今回はそんなバンクーバーで利用されている交通機関、利用料金、おすすめの移動方法などを解説したいと思います。これからバンクーバーを訪れる予定のある方はぜひ参考にしてみてください。

なおレートは

留学カウンセラーがあなたのお悩みを無料で伺います!

「留学にはどれくらい費用がかかるんだろう?」
「渡航時期や期間はどうしよう?」
「留学先はどこにしよう?」

その留学のお悩み、プロに相談してみませんか?

スクールウィズでは無料で留学相談を受付中。 留学について気になっていることがある方、ぜひお気軽にご相談ください。

LINEで留学相談する

無料留学相談

バンクーバーの交通事情

バンクーバー 交通

バンクーバーは比較的治安もよく、自然が豊かなカナダの都市です。四季を通して気候が穏やかですが、山岳部にいけば雪があり、気軽にウィンタースポーツも楽しめます。

そのため、観光だけでなく、語学留学やワーキングホリデーの滞在先としても人気です。コンパクトな中規模都市なので、交通機関の種類はそれほど多くはありません。

ダウンタウンに大きな入り江があり、それをぐるっと囲む形で都市が形成されている地形が特徴です。交通機関は主に、バス、タクシー、そしてスカイトレインという比較的新しい路線です。地下鉄になっており、都市の地下に駅が設置されています。

空港からの移動も、このスカイトレインが主な手段になっています。ただ、観光にいくにはバスが便利です。バンクーバーの交通機関について、ご紹介しましょう。

LINE留学相談

バンクーバーで使われている交通手段

それではバンクーバーで使われている交通機関の種類を具体的に見ていきましょう。

短い距離の移動ならバス

交通 カナダ バンクーバー

photo by:Marc Bruxelle/ Shutterstock.com

バンクーバー内での主な移動手段は、バスです。バンクーバーはビジネス街でもあるので、仕事のためにダウンタウンに向かう人たちで、朝と夕方は混雑します。たくさんの大型バスが、バンクーバー内を走っている様子が見られます。

利用の仕方

バスの乗り方は、日本の乗車の仕方と変わりません。市内にあるバス停で待っていれば、バスがやってきます。必ず、表示してある行き先や路線を確認してから乗りましょう。

日本と違うのは、バスの降車の仕方です。バスのなかには、一見するとつり革のような紐があちこちにぶら下がっています。目的地に近くなったら、その紐をひいて、運転手に知らせてください。そうすると、バスが止まってくれます。バス停にもとまりますが、このほうが確実です。

利用料金

料金の支払い方は、あらかじめ料金を用意して支払う方法と、日本のSUICAのような交通系ICカードにあたるCompass ardで支払う方法とがあります。料金は、どれだけのっても一律で2.95カナダドルなので、バスの利用はお得と言えるでしょう。

バンクーバーの市街地にまでいくには、「ゾーン」を確認しましょう。バンクーバーのバスは三つの「ゾーン」を行き来しており、ワンゾーンを移動するたびに1.25ドル加算されます。

Compass cardは、あとで紹介するスカイトレインにも利用できます。また、空港でも買えるので、あらかじめ購入した方が便利かもしれません。また、一日乗車券にあたるCompass cardもあり、こちらは10.25カナダドルです。一か月定期は、「ゾーン」の距離にもよりますが、バンクーバー市内であれば95カナダドルです。
参考:TRANS LINK

具体的なバスの利用方法は下の記事で解説しているので、利用の前にご確認ください。
バンクーバーに滞在するなら知っておきたい「市内バス」の利用方法まとめ

長距離の移動なら電車

交通 カナダ バンクーバー

photo by:Macklin Holloway/ Shutterstock.com

バンクーバーは1985年に、スカイトレインを創設しました。無人運転システムを導入しているスカイトレインは、いまではバンクーバーの顔になっています。空港からは高架を通りますが、基本的には地下鉄になっています。

利用の仕方

駅もほとんどが無人で、自動改札機が設置してあります。バスの乗り方でご紹介したCompass cardを利用するか、切符を買って駅に入り、電車に乗るというシステムで、日本の乗り方と変わりません。

10分から20分おきに電車がやってくるので、行き先とホームを確認してから乗りましょう。

治安はかつてはあまり良くなかったということですが、現在は見回りが導入されて安全な交通機関になりました。また、車内でのスマホでの通話も可能です。また、自転車を持ち込んで移動することができます。

利用料金

スカイトレインも、「ゾーン」制をとっています。ワンゾーン内の移動だと、一律で2.85カナダドルです。ただし、空港からは2ゾーンなので、やや料金がかかります。

自動改札でタップするとき、チャージの料金をチェックしておきましょう。また、深夜の1時過ぎまで運行しているので、夜遅くになったときも便利です。

具体的な電車の利用方法は下の記事で解説しているので、利用の前にご確認ください。
バンクーバーの電車の乗り方からお得な料金の仕組みなど交通事情を徹底解説!

時間がない時に移動ならタクシー

バンクーバーのタクシーは安全に利用することができます。目安は、黄色いタクシーを選ぶことです。メーター制をとっているので、料金をチェックしながら乗りましょう。

利用の仕方

ホテルや空港の乗り場を利用したり、走行中のタクシーを手を上げてつかまえましょう。ホテルの人に、あらかじめ呼んでもらうのも便利です。日本の利用の仕方と変わりません。

利用料金

初乗り運賃は、時期によって変動しますが、おおよそ3カナダドルです。その後、1キロごとに1.8カナダドルが追加されます。移動距離に応じて、利用を検討してください。またチップも忘れずに。

移動自体を楽しみたいならシーバス

交通 カナダ バンクーバー

photo by:Josef Hanus/ Shutterstock.com

カナダの中心にある入り江には、フェリーであるシーバスが運行しています。15分ごと(週末は30分ごと)に出港しており、気軽に利用することができます。ダウンタウンにあるWater front駅から出発して、ノース・バンクーバーにあるLonsdale Quay 駅まで走行しています。バンクーバーのビル群や、山の風景が見られるので、観光客の利用も人気です。

利用の仕方

利用の仕方は、スカイトレインとほぼ同じです。自動改札機で料金を支払い、フェリーに乗りこんでください。約12分ほどで、ノース・バンクーバーに到着します。

利用の仕方

シーバス区間はスカイトレインの延長にあります。2ゾーンになるので、2ゾーン分の料金を用意しておきましょう。

バンクーバーでの移動に便利な「Compass Card」

交通 カナダ バンクーバー

photo by:Shawn.ccf/ Shutterstock.com

日本ではバスや電車に乗る際、「切符」もしくは「ICカード」のどちらを利用するか選ぶことができますよね。

バンクーバーでも「Compass Card」というICカードを利用できます。定期を購入すると毎度チケットを購入するよりも費用を抑えられ、かつチケット購入の手間もかからないためおすすめです。

購入はバンクーバー各所の駅などで行えるので、ぜひバンクーバーを訪れる際には購入してみてください。

LINE留学相談

バンクーバーの人気観光地に行くための交通手段

最後にバンクーバーの有名な観光スポットに行くためには、どのような交通機関を使えばいいのかをご紹介します。

観光スポット(1)グランビルアイランド

交通 カナダ バンクーバー

バンクーバー市内にある、ショッピングやグルメが楽しめる観光スポットです。エリア内には、地元でとれた野菜や魚介類のほか、テイクアウトできるスイーツや料理、地ビールなども並んでいます。

また、トーテムポールを作る作業所など、地元工芸品も扱っています。グルメを楽しんだり、お土産を買うにはぴったりな場所と言えるでしょう。

アクセス

市内中心地からバスで15分ほどです。バスの行き先をチェックして、近くまできたら運転手に合図して降車しましょう。降りた道路からは、少し歩くことになります。

住所

Granville Island カナダ ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー
グランビルアイランドをGoogle Mapで見る

観光スポット(2)スタンレー・パーク

バンクーバー 交通

広大な敷地のなかに、美しいバラ園やトーテムポールなどがある、自然豊かな観光スポットです。園内には、水族館も併設されており、アウトドアを楽しみたい方には一日中遊べる講演になっています。

アクセス

市内中心地からはやや離れていますが、徒歩30分ほどでたどりつけます。交通手段はバスで、約20分ほどで到着します。バス停が二か所あるので、降車場所にご注意ください。

住所

Stanley Park Vancouver, BC V6G 1Z4
スタンレー・パークをGoogle Mapで見る

観光スポット(3)ウォーターフロント

バンクーバーのダウンタウンにある、入り江周辺は、ノースバンクバーの山稜も見えて人気の観光スポットです。

2010年冬季オリンピックで使用された聖火台があり、フィギュアスケーターファンが訪れる場所でもあります。周辺には、カフェやシーフードレストランなどが立ち並んでおり、グルメを楽しむこともできます。

近くには19世紀の街並みをそのまま残したギャスタウンがあり、充実したショッピングが楽しむこともできます。中心のロブソン通りは、地元や観光客でにぎやかな繁華街になっています。中心には、有名な蒸気時計が設置してあります。

アクセス

市街地の中心からはバスでいけます。また、スカイトレンの最寄り駅はWater front駅です。シーバスも利用することができます。

中心地からそれほど離れていないので、散歩がてら徒歩で15分程度で行くことができます。

住所

カナダ 〒V6C 0C3 ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー
ウォーターフロントをGoogle Mapで見る

バンクーバーの交通事情まとめ

いかがでしたでしょうか。

バンクーバーには日本でも使われているバスや電車などの交通手段が現地で暮らす人や旅行者に利用されています。その中でも特にバスは、短い距離の移動に便利という点でおすすめの移動手段と言えます

これからバンクーバーを訪れる予定のある方はぜひこの記事の各交通機関の利用のポイントを抑え、快適にバンクーバーでの生活を過ごしてください。

バンクーバー留学に戻る

LINE留学相談

バンクーバー留学ガイド

バンクーバー留学のメリット・デメリット

バンクーバー留学の費用まとめ

1週間のバンクーバー留学費用

1ヶ月のバンクーバー留学費用

3ヶ月のバンクーバー留学費用

半年のバンクーバー留学費用

1年のバンクーバー留学費用

バンクーバーの治安事情

バンクーバーの気候とおすすめの服装

バンクーバーの生活ガイド

バンクーバーの交通事情

バンクーバーのエリア情報

バンクーバーの定番観光スポット

バンクーバーの人気アクティビティ

バンクーバー留学の休日の過ごし方

バンクーバー留学の滞在方法

バンクーバーの空港と市内へのアクセス方法

バンクーバー留学での両替情報

バンクーバーの仕事事情

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

スクールウィズならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう オンライン個別面談を予約する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

スクールウィズなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。