シカゴ観光といったらここ!現地で楽しめるおすすめ観光スポット・グルメ・イベントまとめ

最終更新日:2023/12/21

シカゴ 観光

シカゴには、ジョン・ハンコック・センターをはじめ多くの抑えておきたい観光スポットがあります。現地での観光とあわせて、その土地ならではのイベントやグルメも楽しみたいものです。

今回はそんなシカゴでも特におすすめの観光スポットやグルメ、イベント情報などをを厳選してご紹介したいと思います。

※記事内ではアメリカ・ドルをUSDと表記し、為替レートには2023年4月3日時点での情報を参照し、1USD=134円で計算しています

夏の留学を考えているなら
今すぐスクールウィズへご相談ください!

LINEで留学のプロに無料相談

大人気の夏の留学、今ならまだ空室があります!
人気の語学学校はすぐに空きが埋まってしまうので、今がラストチャンス!

スクールウィズならLINEで留学カウンセラーの相談に気軽に相談できるので、
留学先の検討がサクサク進みます!

最新の情報をもとに希望に適う留学先をご提案しますので、
これから夏の留学を準備しようとしている方は今すぐご相談ください!

【無料】LINEで留学相談する!

アメリカ第三の都市「シカゴ」

シカゴ 観光

シカゴはニューヨークやロサンゼルスに次ぐ、アメリカ第三の都市です。イリノイ州に属し、アメリカ五大湖のひとつであるミシガン湖に面しています。

シカゴの特徴のひとつは天気です。

風の街(Windy City)と呼ばれるほど強い風の吹く日が多く、天候の変わりやすさはChicago Weatherと称されることも。観光の際は、急な天気の変化にも対応できるよう対策しておきましょう。

シカゴ中心部には摩天楼のような高層ビルが立ち並び、一大観光スポットとなっています。高層ビル群を眺めながらの散策も楽しめるでしょう。

ほかにも、スポーツ観戦やアート鑑賞、ショッピングなどさまざまな楽しみ方ができる街でもあります。

LINE留学相談

繁華街のランドマーク「875ノース・ミシガン・アベニュー(875 North Michigan Avenue)」

ジョン・ハンコック・センター

875ノース・ミシガン・アベニューは1969年に建設された高さ457.2メートルの超高層ビルです。地上100階建てで、シカゴで4番目の高さを誇ります。

以前はジョン・ハンコック・センターという名称で親しまれていましたが、2018年に改名され現在の名前になりました。

建物内には企業のオフィスをはじめ、チーズケーキショップやスターバックスなどの飲食店も入っています。観光客も気軽に利用できますよ。

営業時間 -
入場料 -
公式サイト https://875northmichiganavenue.com/
住所 875 N Michigan Ave, Chicago

シカゴの街を眺めてみよう

シカゴ 観光 875ノース・ミシガン・アベニュー

photo by:Sorbis / Shutterstock.com

875ノース・ミシガン・アベニューの94階・地上310メートル地点には、展望台「360℃ Chicago」があります。ダウンタウンの街並みやミシガン湖まで上空から見下ろせます。

また、2014年に新しく設置された「TILT」も人気です。

等身大のガラス窓が外側に30度傾斜していて、倒れ込むように外の景色を見下ろすことができます。このアトラクションならではのスリル満点な体験です。

展望台への高速エレベーターは所要時間なんと39秒。こちらも一度体験してみてください。

営業時間 -
入場料 20USD(2,680円)
SNS
公式サイト https://360chicago.com/home
住所 875 N Michigan Ave, Chicago

シカゴで一番高いビル「ウィリス・タワー(Willis Tower)」

シカゴ 観光 ウィリス・タワー

photo by:EQRoy / Shutterstock.com

ウィリス・タワーはシカゴで一番高い、110階建て(高さ527.3メートル)の高層ビルです。103階(地上412メートル地点)には、360度ガラス張りのパノラマビュー展望台「スカイデッキ・シカゴ」があり、天気が良ければイリノイ・ミシガン・ウィスコンシン・インディアナの4州が一度に見渡せます。

2009年には全面ガラス張りの展望台「ザ・レッジ」が完成しました。展望台部分がビルから突き出た状態になっており、ダウンタウンの高層ビル街を足元から見下ろせます。

空中に浮かんだような、スリル満点の貴重な体験ができますよ。

スカイデッキ営業時間 9:00~22:00(週末は8:30~、季節によって異なる)
スカイデッキ入場料 36.50USD(4,891円)
SNS
公式サイト https://www.willistower.com/
住所 233 S Wacker Dr, Chicago

ウィリス・タワーの楽しみ方!

シカゴ 観光 ウィリス・タワー

photo by:ChicagoPhotographer / Shutterstock.com

ウィリス・タワーには企業のオフィスに加え、飲食店やエンターテイメント施設が入居しています。

ドーナツショップやスターバックスなど、観光客も利用しやすいお店が多いのが魅力。テイクアウトして、高層階にあるテラスで景色を楽しみながら味わうのも良いでしょう。

LINE留学相談

エンターテイメントが集結!「ネイビー・ピア(Navy Pier)」

シカゴ 観光 ネイビー・ピア

photo by:f11photo / Shutterstock.com

ネイビー・ピアは毎年700万人以上の観光客が訪れる巨大複合施設です。遊園地・博物館・映画館・展示場・レストランなどの商業施設が集まり、一度に色々と楽しめるのが魅力です。

中でも遊園地にあるセンテニアル観覧車は、シカゴ万博のときに建てられた世界初の観覧車として有名です。高さが46メートルあり、シカゴの街並みやミシガン湖を一望できます。

営業時間 施設によって異なる
入場料 -
SNS
公式サイト https://navypier.org/
住所 600 E Grand Ave, Chicago

盛りだくさんのイベントに参加しよう

シカゴ 観光 ネイビー・ピア

ネイビー・ピアでは、年間をとおしてさまざまなイベントが開催されています。特に、年末年始やクリスマスシーズンは楽しいイベントが目白押しです。

例えば、クリスマスシーズンの屋内ライトアップはシカゴ最大規模です。特設スケートリンクも設置され、人々でにぎわいます。

12月31日の新年カウントダウンも人気イベントのひとつ。市内最大級のダンスフロアでカウントダウンを行い、日付が変わった瞬間に華やかな花火が打ちあがります。

現地の新年の様子を体感できるイベントです。

シカゴの前庭「グラント・パーク(Grant Park)」

シカゴ 観光 グラント・パーク

グラント・パークはミシガン湖沿いにある、1.29平方キロメートルの広さが自慢の大型公園です。1901年に開園した、古い歴史を持ちます。

敷地内には人気観光スポットのシカゴ美術館やバッキンガム噴水が園内に設置されています。地元の人に親しまれていることから、シカゴの前庭と呼ばれることもあります。

営業時間 6:00~23:00
入場料 -
SNS
公式サイト https://www.chicagoparkdistrict.com/parks-facilities/grant-park/
住所 337 E Randolph St, Chicago

公園のシンボル!「バッキンガム噴水」

シカゴ 観光 グラント・パーク バッキンガム噴水

公園内に設置されたバッキンガム噴水は、世界でも有数の規模を誇るシンボル的な存在です。1927年に寄贈されて以降、この公園のフォトスポットとして親しまれています。

ロココ様式のデザインはまるでウエディングケーキのようなシルエット。噴水が行われるのは通常5月〜10月までの季節限定なのでご注意ください。

夜にはライトアップされ、より幻想的な雰囲気に仕上がります。

地元の人でにぎわう「ミレニアムパーク(Millennium Park)」

シカゴ 観光 ミレニアムパーク

photo by:Peter James Sampson / Shutterstock.com

ミレニアムパークはグラントパーク内にある大きな公園です。夏はコンサート・展示会といったイベントやフェスティバルが催され、冬は気候を利用したスケートリンクが設置されます。

都会にいながら緑を感じられる観光スポットです。地元の人に交じって、のんびりとした時間を過ごしてみましょう。

営業時間 6:00~23:00
入場料 -
公式サイト https://www.chicago.gov/city/en/depts/dca/supp_info/millennium_park.html
住所 201 E Randolph St, Chicago

「ザ・ビーン」と記念撮影!

シカゴ 観光 ミレニアムパーク

photo by:Tinnaporn Sathapornnanont / Shutterstock.com

ミレニアムパーク内には、あちこちにユニークなアート作品が設置されています。

中でも記念撮影スポットとして人気なのが、豆のような形をした作品のクロウ・ゲートです。ザ・ビーンという愛称で親しまれています。

168枚ものステンレス板をつなぎ合わせて作られていますが、継ぎ目が見えない不思議な作品です。表面にはシカゴを代表する高層ビル群が映ります。

記念撮影だけでなく、さまざまな角度から鑑賞してみると面白いですよ。

アメリカ三大美術館のひとつ「シカゴ美術館(The Art Institute of Chicago)」

シカゴ美術館

シカゴ美術館はメトロポリタン美術館、ボストン美術館に続く、アメリカ三大美術館のひとつです。

1879年開館と歴史が古く、コレクション数はなんと30万点にもおよびます。世界的な名画が数多く展示されています。

ミュージアムショップは館内2か所に設置され、お土産さがしにもぴったりの場所。お気に入りの作品がモチーフになったグッズは記念になりますよ。

営業時間 11:00~17:00(木曜日のみ~20:00、火・水曜日休館)
入場料 25USD(3,350円)
SNS
公式サイト https://www.artic.edu/
住所 111 S Michigan Ave, Chicago

門外不出『グランド・ジャット島の日曜日』は見逃せない

シカゴ 観光 シカゴ美術館

photo by:blvdone / Shutterstock.com

美術館にはさまざまな展示作品がありますが、中でもジョルジュ・スーラ作『グランド・ジャッド島の日曜日』は外せません。1884年、パリのグランド・ジャット島で過ごす人々をテーマに、点描法を使って見事な色彩で表現した作品です。

スーラの代表作ともいえる作品のひとつですが、他の美術館に貸し出されることはないため、シカゴ美術館でしか見られない作品です。

ゴッホの「自画像」も!

シカゴ 観光 シカゴ美術館

photo by:Piotrwoz / Shutterstock.com

19世紀末に活躍した画家、フィンセント・ファン・ゴッホの自画像もシカゴ美術館で見ることができます。点描法でダイナミックに描かれ、ゴッホの芸術に対する情熱が伝わってくるかのようです。

そのほかにも、ゴッホの寝室やゆりかごを揺らすマダム・ルーランなど、ゴッホの手がけた作品が18作品所蔵されています。ゴッホ作品を一度に複数鑑賞でき、ファンにはたまりません。

恐竜の骨格展示に圧倒される!「フィールド自然史博物館(Field Museum of Natural History)」

フィールド自然史博物館

フィールド自然史博物館はミシガン湖のそば、ミュージアム・キャンパス公園地区にある博物館です。館内には天井の高いエリザベス・モース恐竜の殿堂が置かれ、12体以上もの巨大な恐竜の展示を行っています。

オークションで10億円以上もの値段がついたティラノサウルスの骨格展示は、見どころのひとつ。高さ4.5メートル、体長12.8メートルもの大きさで、スーという名前で親しまれています

他にも、インディアンの資料や恐竜の化石、世界各地の宝石など、歴史価値の高い展示物が多数あります。随時開催中の特別展も見逃せません。

営業時間 9:00~17:00
入場料 30USD(4,020円)
SNS
公式サイト https://www.fieldmuseum.org/
住所 1400 S Lake Shore Dr, Chicago

科学の世界を満喫できる「シカゴ科学産業博物館(Museum of Science and Industry, Chicago)」

シカゴ科学産業博物館

シカゴ科学産業博物館はジャクソン・パーク内にある、西半球最大規模の科学博物館です。ドイツの潜水艦U-505や、アポロ8号計画で使用されたNASA宇宙船など、子どもから大人まで魅了される科学産業の展示物が人気です。

営業時間 9:30~16:00
入場料 21.95USD(2,941円)
SNS
公式サイト https://www.msichicago.org/
住所 5700 S Dusable Lk Shr Dr, Chicago

子どもから大人まで楽しめる体験・展示が豊富!

シカゴ 観光 シカゴ美術館

photo by:Conchi Martinez / Shutterstock.com

シカゴ科学産業博物館では、臨場感のある展示も充実しています。おもちゃが組み立てられる過程を間近で見学したり、鳥のひなが卵の殻を割って出てくる様子を見学できたりと、子どもに人気の展示が豊富です。

また、操縦席に座って飛行体験をしたり、巨大潜水艦の乗船ツアーに参加したりなど、世代を問わず楽しめる展示もあります。

天文ショーが人気!「アドラープラネタリウム(Adler Planetarium)」

シカゴ 観光 アドラープラネタリウム

photo by:elesi / Shutterstock.com

アドラープラネタリウムは1930年にオープンした、アメリカ最古のプラネタリウムです。宇宙に関する展示とプラネタリウムを扱っています。

館内にあるのは、宇宙への好奇心をくすぐるような展示ばかりです。世界一長いとも言われる望遠鏡を覗いたり、旧式のプラネタリウムを体験できたりして、宇宙をより身近に感じさせてくれます。

プラネタリウムにはリクライニングチェアが並び、リラックスしてプログラムを鑑賞できます。思わず寝てしまわないように注意しましょう。

営業時間 9:00~16:00(火・木曜日休館、水曜のみ16:00~22:00)
入場料 19USD(2,546円)
SNS
公式サイト https://www.adlerplanetarium.org/
住所 1300 S Dusable Lk Shr Dr, Chicago

アメリカ五大湖のひとつ「ミシガン湖(Lake Michigan)」

シカゴ 観光 ミシガン湖

ミシガン湖はカナダ国境まで広がるアメリカ五大湖の1つ。面積は世界5番目の広さです。

湖面にはエメラルドブルー色の輝きが広がり、その美しさが観光客を魅了します。

営業時間 -
入場料 -
公式サイト -
住所 Lake Michigan, Chicago

ボートツアーや周遊クルーズを楽しもう

シカゴ 観光 ミシガン湖

ミシガン湖の楽しみ方はさまざまです。

ミシガン湖の豊かな自然をスリリングに楽しむならボートツアーに参加するのがおすすめ。速いスピードがスリル満点で、水に濡れるのも楽しい時間になるでしょう。

周遊クルーズは、ミシガン湖でのんびりと過ごしたい人に人気のアクティビティです。湖上からシカゴの高層ビル群を眺めることができます。

クルーズ中にランチやディナーを楽しめるプランもあるため、予算に合わせて選びましょう。

シカゴでスポーツを観戦しよう!

シカゴを訪れたら、本場のスポーツ観戦を楽しんでみましょう。

シカゴを本拠地とするチームはさまざまありますが、メジャーリーグのシカゴ・カブスとホワイトソックス、NBAのシカゴ・ブルズとNHLのシカゴ・ブラックホークスが特に有名です。

ここからは、シカゴを本拠地とするチームと試合の行われるスタジアムについて紹介します。

「リグレー・フィールド(Wrigley Field)」でカブスの試合を観戦!

シカゴ 観光 リグレー・フィールド

photo by:Mike Liu / Shutterstock.com

リグレー・フィールドはシカゴ・カブスの本拠地です。全米で2番目に古いスタジアムで、歴史を感じさせるレトロな雰囲気が魅力です。

カブスは2016年に108年ぶりのワールドシリーズ優勝を飾り、日本でも話題となりました。2021年からは日本のプロ野球で活躍した鈴木誠也選手が在籍し、試合を盛り上げています。

開催時期 毎年4~10月頃
入場料 試合や座席による
SNS
公式サイト https://www.mlb.com/cubs/
住所 1060 W Addison St, Chicago

「ギャランティード・レート・フィールド」でホワイトソックスの試合を観戦

シカゴ 観光 ギャランティード・レート・フィールド

photo by:Hendrickson Photography / Shutterstock.com

ギャランティード・レート・フィールドはシカゴ・ホワイトソックスの本拠地です。

フェンスの高さはわずか2.4メートルで、選手との距離が近いうえホームランが出やすいスタジアムとして知られています。ホワイトソックスの選手がホームランを打つと、花火が打ち上がりスコアボード上に置かれた7つの風車が回るという豪快な演出があり、見逃せません。

シカゴ北部がカブスなら南部はホワイトソックスと、同じ地区でも人気が二分するほどです。ぜひスタジアムに足を運び、その熱狂を肌で感じてみましょう。

開催時期 毎年4~10月頃
入場料 試合や座席による
SNS
公式サイト https://www.mlb.com/whitesox/
住所 333 W 35th St, Chicago

「ユナイテッド・センター(United Center)」でバスケやアイスホッケーを観戦

シカゴ 観光 ユナイテッド・センター

photo by:Thomas Barrat/ Shutterstock.com

ユナイテッド・センターは、バスケットのシカゴ・ブルズ、アイスホッケーのシカゴ・ブラックホークスの本拠地です。

ブルズはかつてマイケル・ジョーダンが在籍し、1990〜1991年シーズンに初のリーグ制覇を達成しています。ブラックホークスは1927年創設の歴史あるチームです。

ユナイテッドセンターの会場外にはマイケル・ジョーダンの銅像があり、人気の写真撮影スポットとなっています。スポーツ以外にも毎年200以上のイベントが開催される人気アリーナです。

開催時期 試合による
入場料 試合や座席による
SNS 【CHICAGO BULLS】

【CHICAGO BLACKHAWKS】
公式サイト https://www.unitedcenter.com/
住所 1901 W Madison St, Chicago

「シカゴシアター (Chicago Theater)」で本場のエンターテイメントを楽しもう

シカゴ 観光 シカゴシアター

photo by:Dan Molon / Shutterstock.com

シカゴで本場のエンターテインメントを満喫するなら、歴史あるシカゴシアターを訪れてみましょう。1921年に創設された建物はバロック様式の豪華な造りが魅力で、シカゴの象徴ともいえる人気劇場です。

建物は1979年、国家歴史登録財に登録されました。現在も有名アーティストによる演劇やコンサートが日頃から開催されています。

営業時間 演目による
入場料 座席や演目による
SNS
公式サイト https://www.msg.com/the-chicago-theatre
住所 175 N State St, Chicago

シカゴのおすすめグルメは?

観光スポットめぐりやイベントとともに、シカゴならではのグルメも楽しみたいところ。ここからは、シカゴを訪れたら外せないグルメについて解説します。

片手で気軽に食べられる「シカゴドッグ」

シカゴ 観光 グルメ シカゴドッグ

シカゴドッグはシカゴ観光中におすすめのグルメです。片手で食べることができ、街の中心部にはスタンドが点在しているため気軽に味わえます。

ホットドッグはアメリカの誇るグルメですが、シカゴ流は大きなピクルスやトマト、刻み玉ねぎなどがたっぷりとトッピングされているのが特徴です。シカゴで何を食べようか迷ったときにもおすすめです。

具だくさんのご当地グルメ「ディープディッシュスタイル・ピザ」

シカゴ 観光 グルメ ディープディッシュスタイル・ピザ

ディープディッシュスタイル・ピザはシカゴ発祥のピザです。具材はチーズやトマトなどイタリアンピザと変わりませんが、深さのある焼き皿で焼き上げるため生地のフチが高くなっています。

発祥は1943年、シカゴの街角にあったピザレストランから。これまでにない新しいスタイルのピザとして広まり、現在も人々に親しまれています。

じっくりオーブンで焼き上げた具だくさんなピザは食べ応え抜群です。

シカゴ観光を楽しむためのアドバイス

シカゴ 観光 グルメ アドバイス

シカゴを訪れる際、治安を心配している人も多いのではないでしょうか。

もともとシカゴはアメリカ国内でも犯罪件数の多い街として知られています。特にダウンタウンから南のエリアは治安があまり良くないため、観光スポットの立地をよく確認しておきましょう。

空港や繁華街など、人の多いエリアでのスリや引ったくりにはご注意を。

また、シカゴは公共交通機関が充実している街です。地下鉄やバスに加え、高架鉄道も運行しています。短い距離を移動するならバス、交通渋滞を気にせず移動したいなら電車や高架鉄道と、状況に応じて使い分けましょう。

まとめ

以上、シカゴの主要な観光スポットやイベント、グルメをご紹介しました。

シカゴは観光だけでなくショッピングやイベント、グルメなどさまざまな楽しみ方ができる街です。気になる場所はピックアップしておいて、忘れずに訪れてくださいね。

シカゴ留学に戻る

あなたの目的に合った語学学校をご紹介します!

留学 ステップ

留学先となる国や都市のイメージを持てたら語学学校選びに移りましょう。ただし、国や都市と違い、語学学校選びはより希望を整理しながら進めていく必要があります。

  • ポイント1. 留学の目的
  • ポイント2. 生徒規模や雰囲気
  • ポイント3. 日本人留学生の比率や日本人スタップの有無
  • ポイント4. 立地
  • ポイント5. 滞在方法、滞在先の希望
  • 特に生徒規模や雰囲気、日本人留学生の比率や日本人スタッフの有無などは時期によって変わりやすいので、自分で調べた情報だけで決めてしまうと学校選びで失敗してしまう恐れがあります。
    より最新の情報をもとに語学学校を決めるなら、留学エージェントに相談してみましょう。

    英語力アップに強い留学エージェント「スクールウィズ」

    スクールウィズ

    スクールウィズは英語力アップに強い留学エージェントです。 初中級者のための英語学習プログラム「プレ留学」×「カスタム留学プラン」であなたの留学を、経験豊富なカウンセラーが万全の体制でバックアップ致します。

    1. 【スクールウィズが選ばれる7つの理由】
    2. 1. 専門家監修!英語学習プログラム「プレ留学」で事前学習もバッチリ
    3. 2. 充実した英語学習サポート体制!
    4. 3. 1万通り以上から選べる「カスタム留学プラン」
    5. 4. 経験豊富なカウンセラーによるベストなプラン提案
    6. 5. 代理店手数料0円&最低価格保証
    7. 6. 安心安全、充実の留学サポート体制
    8. 7. スマホで相談から手続きまで完結!

    せっかくの留学を失敗してほしくない想いから、英語力を伸ばす独自のサポート、納得いくプランづくりに力を入れています。

    いま英語力に不安があっても、しっかり準備するから大丈夫。留学で、憧れだった「英語を話せる理想の自分」を私たちと一緒に実現させましょう!

    留学に対するご質問から、留学プランづくり、事前の英語学習、留学中のサポートまで対応しておりますので、ご相談お待ちしております。

    【無料】LINEで留学相談する!

    シカゴ留学ガイド

    シカゴ留学のメリット・デメリット

    シカゴの治安事情

    シカゴの気候とおすすめの服装

    シカゴの生活ガイド

    シカゴの交通事情

    シカゴのエリア情報

    シカゴの定番観光スポット

    シカゴ留学の休日の過ごし方

    シカゴ留学の滞在方法

    シカゴの空港と市内へのアクセス方法

    シカゴ留学での両替情報

    英語力アップの留学エージェントなら
    スクールウィズ

    無料留学相談する!

    英語力を伸ばす「あなたにピッタリな留学プラン」を一緒に見つけましょう

    \直接話を聞いて相談したいなら/

    留学カウンセラーと
    個別面談する(オンライン)

    \まずは気軽に相談したいなら/

    公式LINEで
    相談・質問する LINE留学相談 QRコード

    スクールウィズのユーザーになる
    ×

    会員登録は無料!30秒で完了します。
    以下いずれかの方法で会員登録してください。

    既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。