シングルマザーでも留学したい!おすすめの留学方法や国など徹底解説します

シングルマザーでも留学したい!おすすめの留学方法や国など徹底解説します

「シングルマザーだけど、留学できるかな?」
「留学したいけど、子供を預けられないし心配」

と子供や留学費用のことを考えてしまい、なかなか一歩を踏み出せずにいませんか?

シングルマザーだと子供を家に置いていけませんし、子供を誰かに預けて留学へ行くのは心配ですよね。

その一方で、近年ではシングルマザーで留学する人や、子供を連れて親子留学をする人も増えています。

本記事では、シングルマザーが安心して留学できる方法や費用を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

シングルマザーでも留学できる?

シングルマザーでも留学できる?

シングルマザーが留学する上で、子供やお金をどうするかという問題点があげられます。ここでは、シングルマザーの留学について紹介します。

シングルマザーでももちろん留学できる!

結論から言うと、シングルマザーでももちろん留学はできます。

  • ・子供を預けて短期間の留学へ行く
  • ・物価や生活費の安い国を選び、費用を抑える
  • ・子供と一緒に親子留学へ行く

など方法はたくさんあります。

子供を預けられる場合は、1〜2週間の短期留学などが人気です。

シングルマザーが留学を決断するのはさまざまな理由がある

シングルマザーが留学を決断するには、さまざまな理由があります。

  • ・英語を学び転職や就職に役立てる
  • ・専門資格を取り、家族で海外移住する

上記のように、今後の生活やキャリアを考えて英語を学ぼうとするシングルマザーも多いです。
留学後、現地の住みやすさに惹かれ、フィリピンなど物価の安い国へ子供を連れて移住する人もいます。

近年は子連れの「親子留学」も増えている

近年では、子供を連れて留学する「親子留学」も増えており、中にはシングルマザーも少なくありません。

親子留学は、2〜3歳の乳幼児から小学生まで一緒に参加できる留学プログラムがたくさんあります。

  • ・親は語学学校、子供は託児所や幼稚園、小学校へ通う
  • ・親子で語学学校に通う
  • ・英語教師と一緒に暮らしながら英語を学ぶ

上記のように子供の年齢に合わせて、留学スタイルを決められます。

親子留学における最大の魅力は、親と子が一緒に英語を学びながら海外生活を送れることでしょう。

LINE留学相談

シングルマザーに親子留学をおすすめする理由3つ

シングルマザーに親子留学をおすすめする理由3つ

シングルマザーになぜ親子留学がおすすめなのか、3つの理由を紹介します。

理由(1)親子留学は子供と一緒に渡航するので安心できる

シングルマザーだと、留学中に子供を預けられないことも多いですし、何より心配ですよね。

しかし親子留学は、子供と一緒に渡航するので安心です。子供も親と一緒なので、意欲的に英語が学べるでしょう。

理由(2)「IT留学」などで自身の仕事につながるスキルを得られる

最近では、英語とITが一緒に学べる「IT留学」があります。

WEBデザイン、サイト制作、プログラミング、AIコースなどのコースもたくさんあり、自身のスキルアップに繋がります。

英語を学びながらスキルも身につけられるので、今後転職をしたい、スキルを身に着けたい人にはおすすめです。

また「親子IT留学」もあるので、子供も一緒にITを学べます。これからの時代は、IT教育は避けて通れませんし、需要があり人気です。

理由(3)海外移住をすれば、子供の学費が無料になる国もある

カナダでは、一定の条件を満たせば、州立の学校や大学に通学する生徒の扶養家族は、公立校の学費が無料になる制度があります。

  • 【実例:カナダ(モントリオールの語学学校BLI)】
  • ・親が2年以上の公立校へ通う
  • ・子供の年齢が5〜17歳以上であること
  • などの条件があります。

カナダで子供が公立のインターナショナルスクールに通う場合の学費は、月に約10万円と高いです。年間にすると、約120万円の学費を節約できます!

さらにカナダのケベック州では、市民権や永住権がなくても18ヶ月以上生活すれば、子供手当も受給できます。福祉が充実していることは、シングルマザーにとって最大の魅力ですね。

【1ヶ月】シングルマザーが親子で留学したときにかかる費用の目安

【1ヶ月】シングルマザーが親子で留学したときにかかる費用の目安

親子留学でかかる費用の相場は行く国によっても大きく異なります。

親子留学で人気の国はたくさんありますが、その中でもオーストラリアは自然豊かで子育ての環境ものんびりとしており、過ごしやすく海外初心者からも人気です。

ここでは親子留学で人気の高い国オーストラリアに絞り、1ヶ月の費用を紹介します。

▼1ヶ月オーストラリアで親子留学した場合の費用

学費 約26〜55万円
滞在費 約7〜30万円
生活費 約8.5〜16万円
渡航費 約16〜24万円
ビザ代 約0.4万円
海外留学保険 約3〜4万円
観光費 約10〜15万円
合計 約70.9〜144.4万円

それぞれの費用について詳しく解説します。

費用(1)学費

留学で最も費用がかかるのが学費。親子で1ヶ月留学する際の学費について紹介します。

入学金:約4〜10万円

入学金は、学校に入学するときにかかる費用です。語学学校なら、1人につき2〜5万円ほどかかります。

授業料:約20〜40万円

オーストラリアで語学留学に行く際の授業費は、1週間2.5万円ほどが相場です。子供と一緒に留学する際の相場は、20〜40万円です。

教材費:約2〜5万円

学校で習う教科書などは受けるコースにより異なりますが、1冊2千円前後です。
1ヶ月の短期留学であれば、購入する教材は多くないでしょう。

費用(2)滞在費

留学の滞在方法はさまざまです。ここでは、親子留学2人分の滞在費について紹介します。

学生寮:約7〜12万円(2人部屋の場合)

学生寮は、個室や、2人からのドミトリーなど、人数によっても料金が変わります。
リビングやトイレ、バスルームはシェアするのが基本です。学生同士との接点が増えるので、友達が作りやすくなります。

ホテル:約15〜20万円

子供がいる場合、学生寮は人も多く気を遣ってしまうかもしれません。ある程度予算があるのなら、自分たちのペースで過ごせるホテル滞在がおすすめです。またホテルだとセキュリティもしっかりしていて、設備も快適です。

コンドミニアム:約21万〜30万円

コンドミニアムとは、キッチンや洗濯機などの家具が揃っている宿泊施設のことです。中長期での宿泊や、親子で留学するのに向いています。好きなタイミングで家事や自炊もできるので、自分たちのペースで生活したい人におすすめです。

費用(3)生活費

留学で学費の次にお金がかかるのが生活費。親子留学にかかる1ヶ月分の生活費を紹介します。

食費:約7〜13万円

オーストラリアは500mlの水が200円、アボカドが1個400円など、日本と比べて物価が約2倍も高いです。外食すると2〜4千円はかかります。毎日外食してしまうとお金がかかってしまうため、費用を抑えたい場合は自炊しましょう。

交通費:約1〜2万円

オーストラリアは、土地が広く車社会ですが、都市部であれば電車やバスも整備されているので車がなくても生活できます。電車やバスの料金は、10kmの距離で約300円と日本とそこまで大差はありません。学生割引や子供の運賃割引があるので、うまく活用しましょう。

通信費:約0.5〜1万円

オーストラリアの携帯会社は、プリペイドSIMカードもあり簡単に契約できます。日本からSIMフリーに対応している携帯を持っていけば、SIMカードを差し替えるだけで使えるようになります。

通信量の相場は、1ヶ月3GBで約3千円です。親子で携帯2台契約しても1万円あれば十分足りるでしょう。

その他・日用品代:約3〜6万円

日用品費、娯楽費など、その他の費用もかかることを想定しておきましょう。
また、医療費はキャッシュレスサービスのある海外旅行保険に加入していると、窓口での支払いが無料になることもあるので、不安な方は検討してみてください。

費用(4)渡航費:約16〜24万円

日本からオーストラリアへの飛行時間は、8〜12時間ほど。
どこの都市へ行くかにより渡航費は変わりますが、1人往復10万円前後が相場です。

費用(5)ビザ代:約0.4万円

1ヶ月の留学であれば、学生ビザは不要なのでETASという観光ビザで入国できます。
申請に1人2千円ほどかかります。

費用(6)海外留学保険:約3〜4万円

子供が突然熱を出すなど、予測できないことが起きた場合に備えて、海外旅行保険に加入しておくと安心です。

費用は加入するプランで変わりますが、1ヶ月であれば親子2人で3〜4万円が相場でしょう。3ヶ月未満の留学であれば、クレジットカード付帯保険も利用でき、費用を抑えられます。

費用(7)観光費:約10〜15万円

シドニーのオペラハウス、ウルルのエアーズロック、ケアンズのグレードバリアリーフと見どころがたくさんのオーストラリア。どこへ行くかにより大きく費用は変わりますが、観光も視野に入れて留学先の都市を決めるのもいいですね。

LINE留学相談

シングルマザーの親子留学で費用を抑える方法3つ

シングルマザーの親子留学で費用を抑える方法3つ

シングルマザーの親子留学で費用を抑える方法を3つ紹介します。

方法(1)教育ローンに申し込む

シングルマザーだと、数百万円の留学費用は決して安いものではありません。そんなときに味方となってくれるのが教育ローンです。

「日本政策金融公庫」を利用すれば、他の銀行や教育ローンよりも金利が安く、最大450万円までの融資が受けられます。

詳しくはこちらをご覧ください。
日本政策金融公庫「教育一般貸付」

方法(2)留学期間を短くする

留学期間が半年〜1年と長期間になると、その分費用が高くなりますが、1ヶ月などの短期間にすれば費用が抑えられます。

▼(例)親子留学をした場合の費用相場

1ヶ月 半年
アメリカ 75〜120万円 150〜400万円
カナダ 60〜100万円 150〜300万円
オーストラリア 60〜90万円 200〜300万円

親子留学では、慣れない土地で生活する子供の負担や、学校の休みの期間などを考え、1ヶ月以内で留学する人が多いです。

方法(3)物価の安い国に留学する

学費はもちろんですが、現地での物価が高いとどうしても費用がかさみます。

ただし、フィリピンやフィジーなど物価の安い国へ留学すれば、留学費用を抑えられます。

特に親子留学で人気のある国が、フィリピンです。
フィリピンで親子留学する際の費用相場は、1ヶ月40〜60万円と他の国と比べて安いです。
フィリピンの物価は日本の3分の1ほどと言われており、学費や生活費も安く抑えられます。

シングルマザーの親子留学におすすめの国3つ

シングルマザーの親子留学におすすめの国3つ

ここでは、シングルマザーが子供を連れて安心して留学できる、生活水準が高い国や、費用が抑えられるおすすめの国を3つ紹介します。

目的に合った留学先が選べるように、ぜひ参考にしてくださいね。

国(1)アメリカ

映画、音楽、アートなど経済面だけでなく、幅広い分野で常に世界の中心であるアメリカ。そんなアメリカは、留学先としても不動の人気を誇っており、世界中から留学生が集まります。

おすすめポイント

本場のアメリカ英語を現地で学べるのは、何よりも大きな魅力でしょう。

語学学校、大学留学、専門学校など自身のスキルアップや目的に合った留学方法がたくさんあり、教育カリキュラムも柔軟です。

最近では親子留学のプログラムも増え、子供はサマーキャンプに参加して異文化交流するプログラムなどもあり、親子共々、刺激的な留学となるでしょう。

費用相場(1ヶ月)

アメリカで親子留学にかかる1ヶ月の費用相場は75〜120万円です。

▼費用例

学費 30〜40万円
滞在費 15〜25万円
渡航費 20〜30万円
その他(生活費など) 10万円〜

総合的な費用は以下のページを参考にしてください。
1ヶ月のアメリカ留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!

国(2)カナダ

カナダは、教育水準も高く、クセのないきれいな英語が学べると人気の留学先です。

おすすめポイント

カナダは、シングルマザーの親子留学に大変人気な国です。

その理由は、先程も紹介したように子供の学費が無料になる制度があるからです。長期間の留学を検討していて、ゆくゆくは海外移住をしたいのなら選ばない理由はありません。

費用相場(1ヶ月)

カナダで親子留学にかかる1ヶ月の費用相場は、60〜100万円です。

▼費用例

学費 16〜20万円
滞在費 15〜30万円
渡航費 19〜25万円
その他(生活費など) 10万円〜

総合的な費用は以下のページを参考にしてください。
1ヶ月のカナダ留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!

国(3)フィリピン

欧米と比べて物価や学費が安いフィリピンは、格安留学先としても認知度が高いです。渡航時間は日本から飛行機で5時間程度と近く、日本人や韓国人などアジア圏の留学生が多い傾向があります。

おすすめポイント

フィリピンの語学学校は、教師とのマンツーマンレッスンが主流で、しっかりと英語が学べます。また、親子留学を勧めている語学学校も多く、幼児から小学生まで幅広いプログラムが用意されています。

費用相場(1ヶ月)

フィリピンで親子留学する際、1ヶ月の費用相場は33〜50万円です。

▼費用例

学費 14〜20万円
滞在費 5〜10万円
渡航費 7〜10万円
その他(生活費など) 7万円〜

アメリカやオーストラリア、カナダと比べると費用を抑えられるのが特徴です。

総合的な費用は以下のページを参考にしてください。
1ヶ月のフィリピン留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!

シングルマザーの親子留学における注意点3つ

シングルマザーの親子留学における注意点3つ

シングルマザーの親子留学における注意点を3つ紹介します。

注意点(1)留学費用をできるだけ抑える

シングルマザーが留学に行く場合、費用は抑えていくことをおすすめします。

留学となると、多くの費用がかかってしまうので、帰国後生活に困らないくらいの貯金は残しておきましょう。

また、費用を最大限に抑えるためにも、安い航空券を自分で手配するなど、自分でできることは行いましょう。

注意点(2)子供が安心して過ごせる生活水準の高い国を選ぶ

留学できる国はたくさんありますが、生活水準が低すぎる、治安が良くない国は、子供がトラブルに巻き込まれる原因になりかねません。

子供と一緒に行くのなら生活水準が高い国を選びましょう。

シングルマザー向けた社会保障制度がある国を選ぶとさらに安心です。

注意点(3)目的をはっきりさせて行く

シングルマザーで留学するのは、1人で留学するよりも並ならぬ決断がいると思います。

留学前に、留学へ行く目的をはっきりさせておきましょう。

  • ・IT留学で新しいスキルを身につける
  • ・英語を転職活動や就職活動に役立てる
  • ・子供と海外移住を視野に入れる

など、はっきりと目的を持つとお金も無駄にならずに充実した留学生活が送れるでしょう。

まとめ

本記事では、シングルマザーが留学する際になぜ親子留学がおすすめなのか、費用を抑える方法、おすすめの国などを紹介しました。

シングルマザーが親子留学する際に、押さえておくべきポイントをおさらいしましょう。

  • ・親子留学は子供と一緒に渡航するので安心できる
  • ・「IT留学」などで自身の仕事につながるスキルを得られる
  • ・海外移住をすれば、子供の学費が無料になる国もある
  • ・親子留学はアメリカ、カナダ、オーストラリア、フィリピンがおすすめ

シングルマザーで留学している人はたくさんいて、需要は増えています。諦めず、自分に合った留学プランを見つけてみてくださいね。

LINE留学相談

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Machako

Machako

フィジー留学、オーストラリアにワーキングホリデーをしていました。海外を旅することが大好きで現在、海外ノマドでフリーライターをしつつ旅をしています。旅の中で好きなことは、人と会うこと、その国の美味しいご飯食べること、文化を知ることです。Twitterで海外ノマド情報や好きなこと、お仕事のことなど呟いてますので良かったらフォローお願いします^ ^

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。