【2カ国留学体験記】留学して感じた2カ国留学のメリット・デメリットとは

フィリピンの様子

こんにちは、suuzieeeyです。わたしはこれまでフィリピン英語留学後にカナダへ留学・ワーホリをする、いわゆる「2カ国留学」をしてきました。

そしてついに、2年近くの海外生活を終え日本へ帰国することとなりました。楽しかったことも大変だったこともたくさんありましたが、いざ終わりを迎えるとなるとさみしいものです。

わたしはもともと学生時代から海外留学に憧れがありましたが、経済的な理由で留学を諦めていました。しかし社会人になり生活が落ち着いてきたところで、「やっぱり海外留学したい」と一念発起し、それまで勤めていた職場を辞め海外へ。

それまで英語とは無関係の生活だったので、はじめの頃は英語力が低く不安だらけの留学でしたが、その分この2年間で得られたものもたくさんあり充実した2カ国留学ができました。

そこで今回は2年間の総まとめとして、「そもそも2カ国留学とは何か」や「2カ国留学のメリット・デメリット」について、フィリピンとカナダでの体験を交えてご紹介していきます。

2カ国留学に少しでも興味がある方や、英語力に自信がなくて留学に行くこと自体を悩んでいるという方は是非読んでみてください。

いますぐ2カ国留学について相談したい方は以下から↓↓
無料 2ヶ国留学カウンセリングのご案内 | School With

2カ国語留学とは

空港の様子

2カ国留学とは、フィリピン留学と英語圏への留学・ワーキングホリデーを組み合わせる留学スタイルです。

たとえば、「フィリピン留学+オーストラリア留学」や「フィリピン留学+カナダワーキングホリデー」といった具合です。

フィリピンの公用語はタガログ語ですが、フィリピンの人々は幼いころから英語に触れる機会が多い環境で育っているため、非英語圏にもかかわらず英語人口が非常に多くなっています。

フィリピンとカナダ留学の違いについては下記記事もご参考ください。

フィリピン留学とカナダ留学の違いって? 2ヶ国留学経験者が比較してみた
フィリピンとカナダの語学留学したわたしが、実際に感じた両国の違いや、メリット・デメリットについて比較・解説していきたいと思います。留学は自分の目的やレベルにあった国や学校を選ぶことで、より効率的に英語の習得ができます。「フィリピン留学かカナダ留学かどっちにしよう?」と悩んでいる方や、「フィリピンにいくメリットはあるの?」と疑問に思っている方は、ぜひ目を通してみてください。
2019/10/18
学校の選び方

そもそもフィリピン人の英語力ってどうなの?

語学学校で働くフィリピン人講師はその中でも特に英語力が高く、私が通った学校ではみなネイティブレベルでした。そして講師たちは定期的にトレーニングを受けているので、英語検定やビジネス英語の知識も豊富です。

「訛りが強いんじゃないの?」と不安に思う方もいると思いますが、個人的には問題ないと思います。実際に英語圏に行って感じたことですが、どの国の人もアクセントは多少あります。

英語圏内でも様々なアクセントがあるくらいですから、そこまで問題にならないのが実際のところです。大切なのは「自分が思っていることをしっかりと伝えられること」です。それを訓練する場所として、フィリピンは優れていると思います

フィリピン留学についてはこちらから ↓

5カ月間のフィリピン留学を終えて感じたフィリピン留学の効果とは【留学体験談】
わたしは2018年の秋から2019年の春まで、5カ月間フィリピンのセブ島に語学留学をしていました。英語学習にも今後の人生にもプラスになった5カ月でした。この記事では、わたしの5カ月間のフィリピン留学体験や周囲の留学生たちの様子も踏まえて、英語力の変化などフィリピン留学の期間別の効果についてご紹介していきたいと思います。
2019/07/08
学校の選び方

LINE留学相談

2カ国留学のメリットとデメリット

留学

ここからは2カ国留学をして感じた、メリットとデメリットをそれぞれご紹介したいと思います。

2カ国留学のメリット

英語初心者でも安心して勉強できる

英語初心者がいきなり欧米の英語圏に行って、100%英語環境の中で生活の基盤を0から整えるのは不安があると思います。

学校の手続きや家探し、銀行口座の開設など、一定の英語力がなければ難しく感じるでしょう。

一方フィリピン留学では、留学した時点で現地の生活環境が整えられている(生活が学校内で完結する)ので、英語学習に集中できます。

英語初心者でもプレッシャーを感じずに、自分のペースで英語力を段階的に伸ばしていけるところが2カ国留学の魅力でした

マンツーマンレッスンで、英語基礎力を上げてから欧米に行ける

欧米留学では、1クラス10人ほどのグループレッスンが主体です。

一方でフィリピンでは、授業のほとんどがマンツーマンレッスンであったり、朝から晩までびっしりと授業が入れられています。マンツーマンレッスンだと自分が話す機会が増えるので、スピーキング力向上にはもってこいです。

またフィリピン留学で基本的な英会話力を鍛えた後に、英語圏に留学・ワーキングホリデーをすると、欧米でのグループレッスンでも積極的に発言する自信がつくので、その後の留学生活でもアドバンテージになります。

留学費用を安く抑えられる

フィリピンは授業料や物価が安く、留学費用を抑えられたところが大きなメリットです。

フィリピン留学の場合、初期費用には授業料だけでなく寮の滞在費や食費、ランドリーサービス料、クリーニング料などが含まれています。現地で支払うのはビザ費用、教材費、光熱費くらいなので、生活費も含めた留学の総費用がだいたい予測できます。

欧米での留学は生活面など含めると、物価が高くコストがかかります。1年間ずっと欧米に留学する、のではなく留学先にフィリピンと欧米をうまく組み合わせることで、留学費用を抑えられないか考えてみましょう

2カ国留学のデメリット

すでに英語上級者の方は欧米へ

少し意外かもしれませんが、すでに英語力が上級以上という方には2カ国留学はあまりおすすめしません。

というのも、フィリピン留学自体が英語初心者・中級者向けである場合が多いからです。フィリピン人講師も上級者に対して英語を教え慣れていないこともあります。

すでに英語上級者の方は英語圏に行って、ネイティブスピーカーから英語を学んで表現力をブラッシュアップしていく方が良いと思います。

人によって、合う・合わないがある

2カ国留学は「合う」「合わない」が分かれると思います。どうしてもアメリカやカナダに行きたいなど、初めから行きたい国が決まっていてそこで頑張りたいということであれば、フィリピンを挟む2カ国留学はおすすめしません。

初めから希望する国に行って、現地の生活を楽しんだり現地のアクセントに慣れた方が、効率的だしモチベーションも上がるかと思います。自分のやりたいことや全体の予定・予算を考慮して、留学先とスケジュールを立てると良いかなと思います。

フィリピンの環境面

フィリピンは開発途上国です。治安や衛生面は、欧米など先進国に比べて劣るのは否めません。そういった環境が苦手であれば、いくら英語学習のためといえどもフィリピン留学が苦痛に感じてしまうかもしれません。

留学先を選ぶ軸として環境面の優先度が高い方は、最初から欧米に行くことも検討してみてください。

まとめ

以上、2年間の2カ国留学で感じたメリット・デメリットでした。

前述したように、2カ国留学にはデメリットもありますが、わたしは2カ国留学に向いていたので、フィリピン留学とカナダワーキングホリデーのどちらも楽しんで留学生活を送ることができました。

2カ国留学は自分のペースでしっかり英語力を上げられるので、忙しくて英語を勉強する時間がなかなか確保できない社会人の方には良い留学スタイルだと思います

また実際に生の英語に触れたり、現地に友達ができたりすることで「もっと英語を話せるようになりたい」と思えるので、英語学習を続けるモチベーションにも繋がりました。

そういった意味でも、この2カ国留学から得られたことは、英語力だけではないと感じています。留学しようか迷っている方にこの記事を読んでいただいて、一歩を踏み出す手助けになればと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

無料 2ヶ国留学カウンセリングのご案内 | School With

過去の連載記事は以下から ↓↓

フィリピン留学編

フィリピン留学で知っておきたい!語学学校選びの5つのポイント
500校以上もあると言われるフィリピンの語学学校。留学するにあたり語学学校選びは一番の悩みどころ。語学学校で過ごす時間の多いフィリピン留学では、学校選びは留学成功の鍵となります。今回はセブで2つの語学学校に通った私の経験をもとに、フィリピン留学における特に重要な学校の探し方について、5つのポイントに分けてご紹介します。この記事を読んで、最適な語学学校を見つけましょう!
2019/04/19
学校の選び方

スパルタコースってどれくらい厳しいの?スパルタとセミスパルタを徹底比較【フィリピン語学留学体験談】
フィリピンの語学学校を探していると必ず目にする「スパルタ」というコース。スパルタコースは授業スケジュールがかなり厳しく、平日は1日中勉強しかできません。。私は3カ月間セブ島のEVアカデミーでセミスパルタコース、CPILSに移り2カ月間スパルタコースを経験しました。この記事ではスパルタコースとセミスパルタコースについて、1日の具体的なスケジュールをもとに徹底比較していきます。
2019/05/08
学校の選び方

フィリピン留学成功の秘訣 留学後に後悔しないために気をつけるべき3ステップ
いま人気のフィリピン留学、成功すれば英語力を上げることができますが、上手くいかないと失敗してしまうことも……。フィリピン留学を成功させるために大切なポイントは、講師選択、授業内容の調整、勉強のスケジュール管理の3つ。この記事では、フィリピン留学を成功に導くために知っておきたいポイントを解説していきます。フィリピン留学を絶対に成功させたいと思っている方はぜひご参考にしてください。
2019/06/08
学校の選び方

5カ月間のフィリピン留学を終えて感じたフィリピン留学の効果とは【留学体験談】
わたしは2018年の秋から2019年の春まで、5カ月間フィリピンのセブ島に語学留学をしていました。英語学習にも今後の人生にもプラスになった5カ月でした。この記事では、わたしの5カ月間のフィリピン留学体験や周囲の留学生たちの様子も踏まえて、英語力の変化などフィリピン留学の期間別の効果についてご紹介していきたいと思います。
2019/07/08
学校の選び方

カナダ留学・ワーホリ編

カナダ・バンクーバーでワーホリ開始!現地到着から留学1週目の様子をレポート
こんにちは、suuzieeeyです。フィリピンでの5カ月間の語学留学を経て、ついにカナダのバンクーバーにやって来ました!ワーキングホリデービザを使い、語学学校に通ったり仕事をしたりする予定です。この記事では、わたしがカナダに到着してからワーホリ開始1週目までのリアルな様子についてご紹介していきます。これからカナダに渡航予定の方はぜひご参考にしてください。
2019/07/31
ワーキングホリデー

バンクーバーにある語学学校「CCEL」に留学!リアルな留学体験をレポート
カナダのバンクーバーにある語学学校「Canadian College of English Language(CCEL)」に2ヶ月間留学していました。CCELに実際に通っていた私がリアルな感想をもとに、学校の特徴や授業の様子、費用などをお伝えします。CCELに興味がある方や「カナダの語学学校ってどんな感じなんだろう」と疑問に思っている方は参考にしてみてください。
2019/09/12
学校の選び方

カナダワーキングホリデーで知っておきたい 仕事の探し方・準備ガイド
カナダでワーキングホリデー中のsuuzieeeyです。カナダは物価も高いし、交友費や国内の旅費もかさみます。カナダでワーキングホリデーを満喫するためにも、少しでもお金を稼ぐことをおすすめします。今回の記事では、実際にカナダで役立つ仕事探しの方法をご紹介していきます。カナダでこれから仕事を探したいという方や、いま仕事探しに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。
2019/11/01
ワーキングホリデー

ワーホリでおすすめ!カナダ西部の人気都市バンクーバーとウィスラーを3つのポイントで比較
広大な面積を誇るカナダは、都市によって街の雰囲気や経験できることが全く異なります。この記事では、カナダ西部の人気都市バンクーバーとウィスラーの2都市でのワーキングホリデー体験をもとに、都市ごとのワーホリ事情について比較しながらお伝えしていきます。カナダの複数都市でワーキングホリデーしてみたいという方はぜひ目を通してみてください。
2020/01/24
学校の選び方

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

suuzieeey

suuzieeey

前職は看護師。3年間働いていた職場を離れ、夢だった留学を決意。留学前の英語力はほぼゼロのため、中学英語の復習から開始。現在は5カ月のセブ留学中。留学中の勉強方法や学校の様子、セブの観光スポットやカフェ情報など、女子目線の記事を紹介していきます。今後はカナダのバンクーバにワーキングホリデー予定。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。