【お知らせ】春から夏にかけての留学人気校の空きが少なくなってきています。まずはお気軽に無料相談から!

ワーホリでおすすめ!カナダ西部の人気都市バンクーバーとウィスラーを3つのポイントで比較

カナダ

カナダへのワーキングホリデーが決まったら、次に重要なのが「どの都市に滞在するか」。わたしはカナダに来て、これまでにカナダ西部のバンクーバーとウィスラーの2都市に滞在しました。

カナダは国内で時差があるほど広大な面積を誇るので、都市によって街の雰囲気や経験できることが全く異なります。

この記事ではバンクーバーとウィスラーの2都市での体験をもとに、実際に滞在してみないと分からない都市ごとのワーキングホリデー事情について比較しながらお伝えしていきます

カナダにワーキングホリデー予定だけどどの都市にしようか迷っている方、複数の都市でワーキングホリデーしてみたいという方はぜひ目を通してみてください。

【PR】

どうして2都市でワーホリをしたの?

バンクーバー

私はカナダでワーキングホリデーを開始した当初、最初の半年間はバンクーバーで語学学校に通いつつ、現地で仕事もいくつかしました。

バンクーバーは過ごしやすく気に入っていたのですが、1年間という限られた生活の中でいろいろな経験をしてみたいと思い、その後ウィスラーに引っ越し。

新しい仕事も見つけ、ワーキングホリデー後半の期間を満喫しています。

バンクーバーとウィスラーは車で2時間半ほどと比較的近い距離にありますが、都心部とスキーリゾート地と環境が大きく異なるためそれぞれで違った経験ができています

ひとくくりにカナダでワーキングホリデーといっても、都市ごとで経験できることが変わってきます。

人気都市バンクーバーとウィスラーを3つのポイントで比較

カナダのワーキングホリデー先として人気があるバンクーバーとウィスラー。今回は、

  • ・実際に生活してみて感じた街の特徴
  • ・ワーホリメーカー必見の仕事情報
  • ・気になる英語環境の度合い

の3点について、それぞれご比較していきたいと思います。

バンクーバー

バンクーバー

まずはバンクーバーの特徴からご紹介します。

・街の特徴

トロント、オタワに並んでカナダ3大都市の一つであるバンクーバー。カナダの人気ワーキングホリデー先としても、毎年1、2位を争うほどワーホリメーカーから注目を集める都市です。

地理的に日本から行きやすく、また過ごしやすい気候と程よい都会感が人気の要因です。

もともと移民の国であるカナダは、第二言語として英語を話す人も多く、英語が流暢ではないワーホリメーカーや学生にも理解があります。

バンクーバーはとくにアジアからの移民者が多いため、場所によってはアジアにいるような感覚になることも。ジャパニーズマーケットを含めアジア系のマーケットが多くあり、日本食やアジア料理が手に入りやすいところも魅力的の一つです。

またバンクーバーは「Greenest City」と謳うほど緑豊かな街です。

ダウンタウンは賑わっていますが、トロントほど都会的な派手さはなく、少し足をのばせば海岸や森林などの自然に出会えます。

大都市が苦手な方やアクティビティが趣味の方には、うってつけの滞在先です。

・現地の仕事事情

ワーキングホリデーの不安の種といえば「仕事が見つかるか」ということですが、バンクーバーはカナダでも比較的仕事探しがしやすい都市だと思います。

夏シーズン中は観光客が多く人手が必要になる店が多いので、街中でよく「Hiring」という求人チラシを見かけます。インターネットの求人サイトでも多くの求人が出回ります。

ジャパニーズレストランはもちろん、ローカルのお店であっても熱意をみせれば英語が多少苦手でも雇ってもらえたという成功談もよくあります。

トロントに比べると仕事に困るワーホリメーカーは少ない印象です。

・英語環境

バンクーバーは人気都市のため、日本からのワーホリメーカーや留学生を多く見かけます。夏のピークシーズンには街を歩いていると日本語が聞こえてくることも珍しくありません。

そのため、英語を話す機会を自分で積極的に作る努力が必要です。

その一方で日本人向けのサービスが充実しているというメリットもあります。たとえば、銀行口座開設や携帯電話契約などが日本語で行える店舗もバンクーバーにはあります。

英語が不安で日本語でのサポートが欲しい方には、最初の目的地としておすすめの都市です。

ウィスラー

ウィスラー

続いてウィスラーについてご紹介していきます。

・街の特徴

カナダへのワーキングホリデーというと、トロントとバンクーバーの2都市がポピュラーですが、ウィスラーも人気のワーキングホリデー先の一つです。

とくに雪質の良さから北米最大のスキーリゾートとして有名で、冬シーズンには世界中から観光客が集まるほど。2010年のバンクーバーオリンピックでは会場の一つにもなった、ウィンタースポーツ好きには堪らないワーキングホリデー先です。

ウィスラーには「ビレッジ」とよばれる小さな街があり、スーパーマーケットやカフェなどの商業施設が集約されています。

ビレッジ内は観光地化されており、かわいらしい街並みが楽しめます。またリゾート地なだけあり治安がよく、バンクーバーで出くわすような浮浪者はほとんど見かけません。

バンクーバーと比べると田舎の印象が強いウィスラー。賑わっているのはビレッジ付近のみです。主な勤務先であるビレッジから住宅街のあるエリアまでは暗い田舎道が続いたり、クマが出没したりすることもあるので注意が必要です。

公共交通機関はバスのみですが、運行本数が少ないため車か徒歩で通勤をする人が大半でした。移動手段の不便さは田舎町あるあるかもしれません。

・現地の仕事事情

ウィスラービレッジにはレストランやホテルなどの商業施設がたくさんあるので、レストランのウェイター、ホテルのフロントデスクやハウスアテンダント、雪山でのインストラクターなどの観光に関連した求人が多く見られます

冬シーズンに備えて、シーズンが始まる数カ月前から求人が出回ります。タイミングを逃すと仕事が見つかりにくくなるので、ウィスラーでワーキングホリデーをしたい方は前もって求人をチェックしておくのがおすすめです。

またウィウラーでは家探しが難しいので、アコモデーション付きの仕事がよいでしょう。

・英語環境

ウィンタースポーツを目的に様々な国の人が集まってきているので、日本人の割合はバンクーバーや他の大都市と比べても少なく、英語環境は作りやすいでしょう。

わたしが働いていた職場でもカナダ人はもちろん、アジア系、ヨーロッパ系、中東系など様々な人種の同僚が在籍していました。

そのため、たとえディッシュウォッシャーやハウスアテンダントなどの裏方仕事であっても、同僚や上司と英語でコミュニケーションをとる機会は多くあり、ある程度の英語力は必要となります。

まとめ

ここまでカナダワーキングホリデー先として人気のバンクーバーとウィスラーを比べてみましたがいかがでしたか?

簡単にまとめると、

・バンクーバーは程よい都会感で、海外生活が初めてでも挑戦しやすい都市
・ウィスラーは田舎町ですが、世界中から観光客が訪れる英語環境としては充実した都市

バンクーバーとウィスラーという距離の近い2都市でしたが、実際に滞在してみると全く違ったワーキングホリデー体験ができました。

そのためワーキングホリデー中の目標や目的に合わせて、都市を変えてみるのも良いかと思います。この記事が少しでもご参考になれば幸いです。

過去の連載記事は以下から ↓↓

ウィスラーでワーホリしてみた!ウィンターリゾート地での暮らしを7つの視点から紹介
わたしはカナダに来てから半年ほどバンクーバーに滞在していましたが、この度ウィンタースポーツで有名なウィスラーに引っ越しすることにしました。今回は物価や治安事情、休日の過ごし方などウィスラーでの生活の様子、バンクーバーとの違いなどについて、実体験を交えてお伝えできればと思います。ウィスラーでワーキングホリデーしてみたい方は、ぜひ一読してみてください。
2019/12/18
学校の選び方

バンクーバーで賢く節約! 今日から使えるおすすめ買い物術と節約方法を現地からレポート
わたしはバンクーバーへワーキングホリデーに来て、早6カ月になりました。今回は実際に現地で生活して感じたバンクーバーの物価や、現地で生活費を抑えるための買い物術について具体的に取りあげていきます。これからバンクーバーに留学予定で、少しでも現地での生活費を浮かせたい方や、すでにバンクーバーに滞在中の方にも役立つような情報をご紹介していきます。
2019/11/26
海外生活の豆知識

カナダワーキングホリデーで知っておきたい 仕事の探し方・準備ガイド
カナダでワーキングホリデー中のsuuzieeeyです。カナダは物価も高いし、交友費や国内の旅費もかさみます。カナダでワーキングホリデーを満喫するためにも、少しでもお金を稼ぐことをおすすめします。今回の記事では、実際にカナダで役立つ仕事探しの方法をご紹介していきます。カナダでこれから仕事を探したいという方や、いま仕事探しに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。
2019/11/01
ワーキングホリデー

フィリピン留学とカナダ留学の違いって? 2ヶ国留学経験者が比較してみた
フィリピンとカナダの語学留学したわたしが、実際に感じた両国の違いや、メリット・デメリットについて比較・解説していきたいと思います。留学は自分の目的やレベルにあった国や学校を選ぶことで、より効率的に英語の習得ができます。「フィリピン留学かカナダ留学かどっちにしよう?」と悩んでいる方や、「フィリピンにいくメリットはあるの?」と疑問に思っている方は、ぜひ目を通してみてください。
2019/10/18
学校の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

suuzieeey

suuzieeey

前職は看護師。3年間働いていた職場を離れ、夢だった留学を決意。留学前の英語力はほぼゼロのため、中学英語の復習から開始。現在は5カ月のセブ留学中。留学中の勉強方法や学校の様子、セブの観光スポットやカフェ情報など、女子目線の記事を紹介していきます。今後はカナダのバンクーバにワーキングホリデー予定。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。