【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

フィリピン留学成功の秘訣 留学後に後悔しないために気をつけるべき3ステップ

フィリピン留学

いま人気のフィリピン留学、チャレンジしてみたいという方は多いのではないでしょうか。比較的費用が安く日本からの距離も近いので、英語圏への留学よりも敷居が低いというイメージを持っている方も多いはず。

私は5カ月間フィリピンのセブ島に語学留学していましたが、そのとおりだと思いました。マンツーマンの授業が多いにも関わらず英語圏留学よりも費用が安く、スピーキングに慣れていない日本人にはピッタリの授業スタイルでした。

うまく活用できれば飛躍的に英語力が上がるフィリピン留学ですが、いくつかのポイントを押さえなければ留学後に「失敗」だと感じてしまうことも……

特に留学初心者の方や短期でのフィリピン留学を計画している方は、慣れない留学生活で貴重な時間が慌ただしく過ぎて行ってしまうかもしれません。限られた留学期間の中で、しっかりと英語を身につけて今後のキャリアに活かしたいですよね。

そこで重要になるのが、自分で授業内容や勉強計画を組み立てること。それができている生徒は短い留学期間でも英語力が格段に伸びていました。

フィリピン留学を成功させるために大切なポイントは、

  • ・講師選択
  • ・授業内容の調整
  • ・勉強のスケジュール管理

の3つです。この記事では、フィリピン留学を成功に導くために知っておきたいポイントを、3つのステップに分けてご紹介していきます。フィリピン留学を絶対に成功させたいと思っている方、留学の英語力が伸び悩んでいる方はぜひご参考にしてください。

【PR】

フィリピン留学成功への3ステップ

セブ島

ここからはマンツーマンレッスンを想定して、フィリピン留学を成功させる3ステップについてご紹介します。

ステップ1. 講師選択

最初のステップにして、一番重要なのがこの「講師選択」です。フィリピンの語学学校では授業を担当する講師を変更できるシステムを設けている学校も多いです。

私が留学していた学校では、週に1~2回講師の変更申請ができ、数日後~翌週までに新しい講師の授業が受けられることになっていました。
※ 講師変更のスケジュールは各語学学校により異なります。ルールをしっかり確認しましょう。

突然ですが、あなたが行きたい語学学校、もしくは現在通っている学校に講師が何人在籍しているか知っていますか?私が通っていたセブ島にあるマンモス校では、約200名の講師が在籍していました。

講師の幅は広く、新卒の若い講師からベテランの講師までさまざまです。せっかくならベテラン講師の授業を受けたいという方は多いかもしれませんが、必ずしも長く在籍している講師が素晴らしいというわけではありません。若くても大学でしっかりと英語教育について学び、生徒の英語力を伸ばそうとしてくれる先生はたくさんいます。

最初に割り振られた講師をもとに、自分はどのような授業スタイルの講師がいいのか一度考えてみましょう

優しいけれど雑談ばかりで授業が進まない(フィリピン人はおしゃべり好きな人が多いです 笑)、厳しいけれどしっかりと文法や発音の間違いを指摘してくれるなど、先生によって特徴があるはずです。

その中でお気に入りの講師や授業スタイルを見つけましょう。自分のやり方に合う先生を見つけられたら、英語学習も格段にはかどります。そして単純にお気に入りの先生だと、授業のモチベーションも上がります。また授業の雰囲気が良いと発言しやすくなるので、スピーキングの練習にも、もちろんプラスになります。

私が講師選択で重要視していたことは、

  • ・授業中はできるだけ話す機会を与えてくれる
  • ・すぐに英語がでなくても待っていてくれる
  • ・間違えた表現を直してくれる
  • ・計画的に授業を進めてくれる
  • ・定期的に英語の評価をしてくれる

以上5つです。最初は英語環境や授業に慣れることに精一杯でしたが、だんだん余裕ができて自分に合う講師の条件を見つけられました。

また長く在籍している生徒に、評判のいい講師を聞いてみるというのもおすすめです。2~3カ月同じ学校にいると、やはり講師の評判は少なからず聞こえてくるものです。そのような生徒たちのアドバイスは講師選択のときにとても参考になります。

フィリピン留学では基本的に週5日間、朝から晩までタイトに授業が詰まっています。毎日同じ先生の授業を受けることを考えると、やはり講師選択は最優先で考えたいところです。

ステップ2. 授業内容について講師と調整する

フィリピン留学のスケジュール

自分に合う講師を見つけられたら、次のステップは授業内容を先生と話し合い、調整することです。

その授業で何を学びたいのかはもちろん、留学期間中にどの英語スキルを集中的に伸ばしたいのか、について講師と共有し授業の方針を一緒に決めましょう。

スピーキングの授業でも、発音矯正を集中的にやりたいのか、とにかくいろいろなトピックについて話したいのか、新しい英語表現をたくさん覚えたいのか。その授業の目的を明確にして講師に相談すると、講師も授業内容を調整しやすくなります

また授業内容によって教科書も変わります。教科書の値段は学校にもよりますが、1冊あたり約200~400PHP(約460~920円)と、フィリピンの物価から考えると教科書はやや高めです。

クラスのレベルが変わったり、コースを変えたりすると、新しい教科書を購入することになることも。余分な出費をしないためにも、何を学びたいのか明確にすることが重要です。

ステップ3. 勉強のスケジュール管理

自習

最後のステップは、勉強スケジュールの管理です。フィリピン留学は英語圏留学に比べて授業数が多いです。私は1日8~9レッスン取っていました。

そこで問題になるのが、十分な自習時間が確保できるかということ。

授業数が多いと、宿題だけでなく予習・復習の内容も増えます。知らないボキャブラリーや表現など、毎日たくさんの新しい情報が入ってくる中で、頭がパンクしてしまうことも。

特にスパルタコースを選択する予定の方は注意です。授業数がセミスパルタの生徒よりも多く、ボキャブラリーテストを実施している学校もあります。毎日のスケジュールに追われ、毎日宿題をやるだけで精一杯という状況になってしまう生徒もたくさんいました。

しっかりと予習・復習できる範囲で、授業数を調整していくべきです。特に復習をしなければ、せっかく覚えた英単語も定着していきません。そこで授業数や宿題は多すぎないか、振り返って自分の留学に合った勉強スケジュールを組み立てていきましょう。

宿題量が多いのであれば、先生に相談して減らしてもらえるように交渉できます。むしろ宿題が少なすぎるのであれば、先生に宿題を出してもらうようにお願いするのも手です。あくまでも自分のペースで勉強を進めることが大切です。

フィリピン留学成功の3ステップまとめ

フィリピン留学を成功させる3ステップについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?これからフィリピン留学に行かれる方、また現在留学中の方の参考になると幸いです。

マンツーマンレッスンの多いフィリピン留学では特に自分に合った講師を選び、授業内容について相談して、自習がしっかりできるような勉強スケジュールを立てることが、留学成功の一番の手段です

限られた留学期間は過ぎてみるとあっという間です。留学後、後悔しないためにも自分で積極的に授業デザインをして満足のいく留学にしましょう。

フィリピン留学については過去の連載記事もチェックしてみて下さいね ↓↓

スパルタコースってどれくらい厳しいの?スパルタとセミスパルタを徹底比較【フィリピン語学留学体験談】
フィリピンの語学学校を探していると必ず目にする「スパルタ」というコース。スパルタコースは授業スケジュールがかなり厳しく、平日は1日中勉強しかできません。。私は3カ月間セブ島のEVアカデミーでセミスパルタコース、CPILSに移り2カ月間スパルタコースを経験しました。この記事ではスパルタコースとセミスパルタコースについて、1日の具体的なスケジュールをもとに徹底比較していきます。
2019/05/08
学校の選び方

フィリピン留学で知っておきたい!語学学校選びの5つのポイント
500校以上もあると言われるフィリピンの語学学校。留学するにあたり語学学校選びは一番の悩みどころ。語学学校で過ごす時間の多いフィリピン留学では、学校選びは留学成功の鍵となります。今回はセブで2つの語学学校に通った私の経験をもとに、フィリピン留学における特に重要な学校の探し方について、5つのポイントに分けてご紹介します。この記事を読んで、最適な語学学校を見つけましょう!
2019/04/19
学校の選び方

2カ国留学で英語力アップ!初心者でもフィリピン留学で英語が伸びるワケとは
私は今フィリピンのセブ島に語学留学に来ています。その後はカナダへワーキングホリデーに行く予定です。セブ島内の語学学校で転校も経験していて、1校目はEV Academy、2校目はCPILSに通いました。今回は私がフィリピンへ留学した理由や、フィリピン留学で英語が伸びるワケについて、実体験をもとにお伝えします。
2019/02/25
ワーキングホリデー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

suuzieeey

suuzieeey

前職は看護師。3年間働いていた職場を離れ、夢だった留学を決意。留学前の英語力はほぼゼロのため、中学英語の復習から開始。現在は5カ月のセブ留学中。留学中の勉強方法や学校の様子、セブの観光スポットやカフェ情報など、女子目線の記事を紹介していきます。今後はカナダのバンクーバにワーキングホリデー予定。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。