School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

【知っておきたい英語スラング一覧】ネイティブが使う略語から最新の表現37選

英語

中学生の頃、”How are you?” ”I’m fine thank you, and you”という文を暗記した方は多いのではないでしょうか。でも実は、私たちが習ってきた英語は、ちょっと硬い表現だったり、もう使われなくなっている言い回しだったりします。

特にネイティブはまずこういった表現を使いません。

だからこそ、ネイティブが現在進行形で使っている生きた英語を知る必要です。ネイティブは、聞こえる音を短縮して表現する場合や、本来の意味とはちょっと違った意味で使うこともよくあります。こうした英語を「スラング」と呼びます。

今回は、ネイティブが使うスラングをご紹介していきます。会話の中でスラングを取り入れることができれば、よりスムーズなコミュニケーションにつながりますよ。

【PR】

スラングはどんな時に使う?

会話する女性

ではまず、スラングはどのような時に使うのかを確認していきましょう。

Slang(スラング)ってなに?

そもそもSlang(スラング)とは、日本語に直訳すると「俗語」です。コミュニケーションの中で使われる砕けた表現のことを指します。

日本語で言うところの「めっちゃ」や「やばい」、一昔前でいえば「KY」など、教科書には載らない若者言葉をイメージするとわかりやすいです。

スラングはどんなシーンで使われる?

スラングが使われる場面は、主に会話やチャットなど、軽いコミュニケーションが中心です。文章やビジネスなどでは砕けすぎた表現と捉えられることが多いので、避けたほうが無難です。

実は、国によって使われるスラングは違う!

例えば、アメリカ人がよく使う「awesome(オーサム)」という言葉があります。直訳すると「畏敬の念を起こさせる」なのですが、それがくだけて「とってもよい、すごい、イケている」というような意味で使われています。

アメリカ人と会話していると、ポジティブな「やばい」という意味で、”awesome”を本当によく耳にします。ただ”awesome”は、同じ英語を使う国、イギリスではほとんど聞かれません。

このように、国によって使われるスラングが異なる場合もありますので、使う相手の国によっては使い分けたほうが良いでしょう。

スラングを使う時の注意点

注意点

さっそくスラングをご紹介していく前に、スラングを使う際の注意点を確認しておきましょう。

注意点(1)ビジネスシーンではスラングの使い方に注意しよう

スラングは砕けた表現が多いので、ビジネスシーンなどフォーマルな場面ではネイティブたちもあまり使いません。私たちが職場で上司と話す際に「まじ」などの表現を使わないのと同じです。

非ネイティブである日本人は、その辺の線引きをすぐに理解するのは難しいかもしれません。友人や家族に使ってもいい英語と、ビジネスシーンでは避けるべき英語があることを理解した上で、スラングを使うようにしてください。

心配な場合は通常の表現を使うことを心がけましょう。

注意点(2)意味を理解していないのに使わない

ドラマで見たり、友達が使っていたり、スラングに憧れる人は多いと思います。自分も使いたいという気持ちはよくわかりますが、英語学習中の人はスラングを使う際は注意が必要です。

意味を正しく理解していないのにわかったつもりになっていると、誤解を招いてしまったり、教養がないと思われてしまったり、いいことはありません。

下手をすると相手を怒らせて喧嘩……ということもありえなくはないので、ニュアンスの違いを理解した上で使うようにしましょう。

ネイティブのスラング:挨拶

あいさつ

英語のあいさつでは、つい”Hello”や”Good morning?”、そして”How are you?”を使いがちです。会話の引き出しを増やすためにも、以下に紹介するスラングを覚えておいて損はありません。

ここでは、挨拶の際に使われるスラングをご紹介します。

スラング(1)”Hey 〇〇”

意味:やあ。
例:”Hey brother. How are you?”(やぁ、元気?)

解説:アメリカでよく使われる、軽い挨拶の言葉です。対象が男性であれば”Hey man”や”Hey bro”、イギリスであれば”Hey mate”と言ったふうに使われます。

対象が複数形の場合、アメリカでは”everyone”のスラングとして”guys”が使われ、”Hey guys!”のように用いられます。

スラング(2)”Hi there.”

意味:やあ。
例:Hi there.How are you doing?(やあ、調子はどう?)

解説:”Hi there”は、洋画などを見ているとよく使われるフレーズ。親しみのある挨拶です。”there”に特に意味はなく、”Hi”と同じ感覚で使われます。アメリカだと”guys”を使うこともよくあります。

スラング(3)”How’s it going?”

意味:調子はどう?

解説:”How are you?”と同じように使われるスラングです。主にオーストラリア英語でよく使われます。

スラング(4)”What’s up?”

意味:やぁ。最近どう?何かあった?
例:”Hey dude.What’s up?”(やあ、最近どう?)

解説:挨拶における“What’s up?”は、主に2つの意味があります。例文で紹介しているように、本来の意味は、「何かあった?」で、”How are you”のように使われます。

ただ、特にアメリカでは、挨拶の最初の一言として、「よう」といった意味で”What’s up?”と声かけに使うことも多いです。これに対する返し方は”What’s up?”と言い返すだけ。知っていると会話のアイスブレイクとして役立ちますよ。

スラング(5)”Sup?”

意味:やぁ。最近どう?何かあった?

解説:”Sup?”は、さきほどご紹介した”What’s up?”を略した言葉。

メールやSNS上でよく見かける表現です。こちらも、”sup?”だけで「よう」といった声かけの言葉として用いられます。”What’s up?”と同様、それに対する返事は”Sup?”と返すのが正解です。

ネイティブのスラング:日常生活

ネイティブの日常生活では、スラングはよく用いられます。教科書通りのコミュニケーションでは、「硬いヤツ」と思われてしまうことも。英語での会話に慣れてきたら、織り交ぜていくと良いでしょう。

ここでは、日常会話において知っていると便利なフレーズをご紹介します。

スラング(6)”I got it.”

意味:わかりました。
例:”Do you understand?”(わかった?) ”I got it.”(わかったよ)

解説:相手が言ったことが理解できたことを伝えるフレーズです。”I understand.”でも良いのですが、より口語的な表現となっています。

スラング(7)”You got it.”

意味:わかりました。
例:”Can you send me a letter?”(手紙を送ってくれる?) ”You got it.” (わかったよ)

解説:”I got it.”と似ている表現に、”You got it.”があります。“I got it.”が、相手が言ったことを理解したことを示すために使われるのに対して、”You got it.”は自分に対する頼み事をされた際に「わかりました」の意を示すために使われます。

似ているフレーズですが、ネイティブはきちんと使い分けているので、きっちりと覚えて間違えないように使いましょう。

スラング(8)”Absolutely”

意味(1):完全に、絶対に
例(1):”That diamond is absolutely brilliant.”(あのダイヤは例えようがないほど美しい)

解説:形容詞を強調して修飾する”absolutely”。ネイティブはとてもよく使うフレーズです。”very”と似ていますが、”very”よりも強い意味を持つワードを修飾する言葉となっており、”impossible”や”perfect”、”great”などの意味をさらに強めるために使われます。

意味(2):そのとおり
例(2):”Did you like my gift for you?”(僕からのプレゼント、気に入ってくれた?) ”Absolutely.(とても気に入ったよ!)”

意味(3): とんでもない(否定文で)
例(3):”Are you kidding me?”(僕をからかってるのか?) ”Absolutely not!”(まさか、とんでもない!)

解説:YesやNoの強調表現として、会話中で語気を強めたい時によく用いられます。なにか質問をされた際に用います。

スラング(9)”Seriously?”

意味:本当?マジで?
例:”He is injured in the accident.”(彼は事故で怪我をしたの) ”Seriously?”(本当?)

解説:「マジで?」と言いたい時には、「真面目に、深刻で」という意味の副詞”Seriously”を用います。これはアメリカで使われている表現で、ドラマを見ていると、何かにつけて”Seriously?”が使われます。

スラング(10)”No way!”

意味:まさか、ありえない!
例:”I’m going to be on TV.”(今度テレビにでるんだ) ”No way!”(まさか!)

解説:信じがたいことが起こった際や、信じていてもとても驚いている際に用います。相槌として覚えておくと便利ですね。

スラング(11)”Awesome.”

意味:すごい、イケている
例(1):”I got the new job!”(新しい仕事に就くことになったよ! ”Awesome!”(おお、すごい!)
例(2):”This movie was extremely awesome!”(この映画、めちゃくちゃかっこよかったよ!)

解説:会話の中で、アメリカ人が本当によく使うワードが”Awesome”です。映画などにも頻繁に登場するので、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

意味としては日本語の「やばい」のように、さまざまな事柄に対して用いられますが、「やばい」がネガティブなことにも使われるのに対して、”awesome”はポジティブなことにのみ使われます。

スラング(12)”nasty”

意味(1):不快、意地悪、エグい
例(1):”There’s nasty wheater.”(気持ち悪い天気ね。)

解説:”awesome”がポジティブなことにのみ使われるのに対して、”nasty”はネガティブなことを中心に使われる形容詞です。

意味(2):”She is nasty at the piano.”(彼女のピアノはエグい(ほど巧みだ))

解説:もともとはネガティブな事柄でしか使われませんでしたが、スラングの中で「エグい(ほど良い)」と言ったふうに、ポジティブな表現でも使われるようになっています。そういった意味では日本語の「やばい」に近いですね。

スラング(13)”Don’t worry.”

意味:気にしないで。
例:”I’m sorry for interrupt you.”(邪魔してごめん) ”Don’t worry.”(気にしないで)

解説:心配してくれている方に対して使います。

スラング(14)”Never mind.”

意味:なんでもないから気にしないで。
例:”Sorry?”(ごめん、何か言った?) ”Never mind.”(ううん、なんでもない)

解説:” Never mind.”はよく”Don’t mind.”と比較されます。” Never mind.”は、「気にしないで忘れて」といった意味があり、例えば会話の時に聞き直されたけど、もう一回話すほどのことじゃない時に”Never mind.”と返事をします。

一方”Don’t mind.”は、「私は気にしないよ」という意味です。日本では相手を励ます言葉として使いますが、英語では意味が違います。”May I open the window?”(窓を開けてもいいですか?)”Sure. I don’t mind”(もちろん。どうぞ)という使い方ができます。

スラング(15)”It’s up to you.”

意味:あなた次第だよ。
例:”What do you wanna have for dinner?”(夕食は何が食べたい?) ”It’s up to you.”(君に任せるよ)

解説:”up to you”は「あなた次第」という意味で、英会話の中でよく出てくるフレーズです。”up to 〇〇”は、決める権限があるのは〇〇さんですよ、という表現になるので、”up to our boss”(上司が決めること)などといった使い方もできます。

スラング(16)”Vice versa ”

意味:逆に、反対に、逆もまた同様
例:”You like me, and vice versa”(あなたもあなたが好き)

解説:” Vice versa ”は、「逆もまた同じ」という意味を持つ副詞です。基本的に文の最後に用い、前に言ったことも後に言ったことも両方正しいという場合に用います。

前に”and” ”or” ”but not”のいずれかがつきますが、それぞれ少しずつ意味が変わるので使う際は、3つの違いを理解した上で使いましょう。

まず”and vice versa”は、「逆の場合も同じ」という意味です。”or vice versa”は、「もしくは逆の場合が正しい」となり、どちらかが正しいという意味になります。

”but not vice versa”は「その逆はない」という意味なので、最初のセンテンスが正しいことを強調する場合に使います。

ネイティブのスラング:名詞

アメリカの紙幣

次は名詞です。ネイティブか使う名詞は、独特な表現を使う場合があります。正直、英会話がまだまだなうちから積極的に使うのはちょっと恥ずかしいこともあるので注意が必要です。

ただし会話の中でよく登場するので、覚えておくといいでしょう。

スラング(17)”bucks”

意味:ドル、お金

解説:アメリカドルを表現するときは、“dollar”が一般的ですが、ネイティブは“bucks”をよく使います。

スラング(18)”flick”

意味:映画

解説:こちらも映画といえば”movie” ”cinema”がすぐ思い浮かびますね。

”flick”は映画の種類を分ける時に使うスラングで、例えば“chick flick”は、女性が好きな映画を指します。いわゆるラブコメディとか、女性をターゲットにしたうるっときちゃう作品などは”chick flick”です。

ただし、”chick flick”はちょっとからかうような意味もあるので使うときは注意してください。他に”family flick(家族向き)”という使い方もします。

スラング (19)”ride”

意味:車、乗り物

解説:アメリカの黒人英語から生まれたスラングです。意味はそのまま「車」とか「乗り物」という意味です。

”That’s my ride”といえば“自分の車”という意味です。”ride”には人にまたがるという性的な意味もあるので、くれぐれも使う際はご注意を。

スラング(20)”abs”

意味:”abdominal muscles”(腹筋、筋肉)

解説:腹筋のことはabsと呼びます。他にもsix-pack absとも言いますね。海外には、日本よりも体を鍛える文化が根付いています。鍛え上げられた筋肉は海外では必要なモテ要素の一つですよ。

スラング (21)”Fiver” 、”Tenner”

意味:5ポンド、10ポンド

解説:イギリスで使われているお金を表す表現です。ほかにもポンドのことを” Quid” とも呼ぶので、イギリス留学に行く予定がある人は是非覚えておきたい名詞です。

ネイティブのスラング:メール・メッセージ・SNS

パソコン

普段何気なくSNSなどを見ていると目にするネットスラングが英語にもあります。外国人の友だちとメールやメッセージを交換する機会がある方は、略語や独特な表現が登場するのを一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

ここでは、ネットスラングとしてメールやメッセージ、SNS上でよく使われるスラングについてご紹介していきます。

スラング(22)”OMG”

意味:”Oh my god.”(まじかよ)

解説:キーボードで打ち込みがしやすいように、”Oh my god”の頭文字だけをとった”OMG”。信じられない意を表すのに使います。

スラング(23)”lol”

意味:”laughing and loud”(笑)

解説:”laughing and loud”の頭文字をとった”lol”。日本語で言う「笑」を意味します。

スラング(24)”JK”

意味:”Just kidding.”

解説:文章の後につけて「なんちゃってね」と冗談の意を表します。

スラング(25)”ASAP”

意味:”As soon as possible”
例:”Finish the document ASAP!”(その資料、できるだけ早く仕上げて!)

解説:「できるだけ早く」を意味する”ASAP”。こちらは「エー・エス・エー・ピー」と言ったふうに、アルファベットで発音され、会話の中で用いられることもあります。

スラング(26)”WTF!?”

意味:”What the f**k!?”

解説:「何だって?」という”What the f**k”という言葉の頭文字をとったスラング。SNSなどでは頻繁に登場しています。

スラング(27)”R.I.P”

意味:”Rest in peace.”(安らかに眠れ)

解説:著名な人が亡くなったりすると、ネット上にあふれる「R.I.P.」。”rest in peace”の略で、日本語で言えば「ご冥福をお祈りします」の意味にあたります。

スラング(28)”C U”

意味:”See you”

解説:メッセージの最後に「さようなら」と打つ時に使います。たった2単語で済むので簡単です。

スラング(29)”Cuz”

意味:”Because”

解説:「なぜなら」という”Because”も略して”Cuz”となります。メッセージはできるだけ短く少ない単語で済ませるという傾向があるようです。

スラング(30)”r u”

意味:”are you”

解説:よく使われるのは「How r u?」です。基本的にYou はuで済まされることが多いので覚えておくといいでしょう。

スラング(31)”24/7”

意味:”24 hours 7 days”(24時間営業。年中無休)

解説:24時間定休日なくやっているという意味です。海外のお店の営業時間欄によく使われています。読むときはスラッシュは抜かして、「トゥエンティーフォーセブン」となります。

スラング(32)” TGIF”

意味:”Thanks god it’s Friday”

解説:日本でいう華金です。金曜日になると多くの人がSNSで”TGIF”を使い始めます。

ネイティブのスラング:使う時は注意したいスラング

注意

スラングの代表とも言える相手を罵るための汚い言葉です。映画などでは頻繁に登場しますが、かなり強烈なインパクトを持つワードですので、使いどころには注意を払いましょう。

特に非ネイティブの私たちが使うのはリスクが高いので、よほど慣れていない限り、使用を避けてください。

スラング(33)”jerk”

意味:嫌なやつ、クズ野郎
例:”You are such a jerk!”(このクズ野郎!)

解説:映画などを見ていると登場する”jerk”。基本的に、女性から浮気をした男性に対し、罵る言葉として使われます。

スラング(34)”Bullshit!”

意味:クソくらえだ!

解説:”bullshit”とは、直訳すると「牛の糞」という意味。

人を侮辱する言葉で、文脈によって「ふざけるな!」「嘘つき野郎!」などといった意味になります。非常に下品な言い回しなので、使いどころには注意しましょう。

スラング(35)”Ashhole”

意味:ゲス野郎
例:Our boss is such an asshole.(われわれのボスはクソ野郎だ。)

解説:”Ashhole”は直訳すると「ケツの穴」。主に人に対して侮辱するために使われます。”Bullshit!”に続き、こちらもかなり下品な言葉なので、使う場面には注意しましょう。

スラング(36)”F**k!”

意味:死ね!

解説:もはや説明不要な有名なスラング。テレビ放送などではこの言葉が出ると「ピー」と言った音声が流れる、いわば「放送禁止用語」です。

スラング(37)”What the f**k!?”

意味:何じゃこりゃ?、何だって?

解説:信じられないことが起こった時に使う言葉です。ネットスラングとして頭文字をとった”WTF!?”という言葉もよく使われています。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回ご紹介した以外にも、スラングは日々誕生しているので、まだまだたくさんあります。ネイティブとスムーズに会話するためには、学校や教科書に載っていない表現を覚えていくことも重要です。

それにはネイティブと会話をすることが一番の近道です。この機会に留学を考えたり、日本国内でもネイティブと会話する機会を作ったりして、英語力をさらに磨いてくださいね。

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Ayaka

Ayaka

編集者・ライター。18歳の時に初めてタイを訪れてから、ひとり旅に魅せられ以後ライフワークに。「Where am I?」すら英語にできないレベルから、10年経って、ようやく普通の会話には困らないレベルになりました。夢の海外移住のためもう一歩上の英語力を目指して日夜勉強中です。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。