語学学校とは?意味ないって本当?入学に必要な英語力や選び方、おすすめの留学先など徹底解説!

語学学校

「語学学校ってどんなところなんだろう」
「語学学校はどう選べばいいんだろう」

と考えてはいませんか?

語学学校とは、その名の通り語学を中心に勉強する学校です。基礎的な英語力をアップさせたい、大学留学前に授業で対応できるレベルの英語力を身に付けたいという人にとって、語学を効果的かつ集中的に勉強できる環境が整っています。

とはいえ、自分に合った語学学校の探し方や、語学学校の費用、どの国に行くべきかは悩むところです。

そこで今回は、

・語学学校とは
・語学学校の種類
・語学学校に通うメリットとデメリット
・語学学校で必要な費用相場
・語学学校の選び方
・おすすめの留学先
・授業料を安くするポイント

について解説します。

今回の記事を参考に、自分にあった語学学校を探してみてくださいね。

語学学校とは?留学して通うのは意味ない?

語学学校

最初に語学学校の定義やコース例、入学条件などを解説します。

語学学校とは語学を学ぶ学校

語学学校とは、語学を主に勉強する学校です。留学生を対象としており、英語や現地の言葉を学びます。

授業は、日本の学校のようなグループレッスンからマンツーマンレッスンまでさまざま。国や学校によって特徴が異なります。

語学学校で学べること、コース例

語学学校では、英語以外にもさまざまな言語が学べます。

例えば、

・スペイン語
・フランス語
・中国語

など。

また近年は、語学と平行して専門スキルやTOEIC対策に特化した学校・コースも増えました。

例えば、次のような専門分野を勉強できます。

・TOEICなど試験対策
・プログラミング
・デザイン

また次のようなプログラムを楽しめる語学学校もあります。

・マリンアクティビティ
・観光やツアー

留学の目的にあわせてコースを選ぶことができそうですね。

語学学校の入学条件・必要な英語力

語学学校には、特に厳しい入学条件はありません。必要な書類を用意できれば、入学を許可されることがほとんどです。

また英語力ゼロの生徒の受入れも想定されており、入学時に高い英語力を求められることも少ないです。

語学学校によっては入学できる年齢を「18歳以上」と設定していることがありますが、近年は親子留学などの人気によって、未成年でも入学できる学校が増えました。保護者同伴など条件をクリアすれば、18歳以下でも入学は可能です。

LINE留学相談

語学学校の種類

語学学校

次は、現地にある語学学校の種類を紹介します。

種類(1)大学附属

大学附属の語学学校とは、主に大学入学に必要な英語力を身に付けることを目的とした学校です。

大学附属の語学学校に通う生徒の目的は、例えば次の2つが想定されています。

・大学合格を目指す
・現地での学部聴講

現地大学に入学したい人、大学の雰囲気を味わいながら学びたい人に人気の語学学校です。

種類(2)私立

私立の語学学校は、英語を学びたい人向けに運営されている学校です。みなさんがイメージしている語学学校は、私立に当てはまるでしょう。

私立の語学学校の特徴は、語学の習得にフォーカスして教えていること。基本的には語学だけを学び、現地の大学に進学することなくそのまま帰国する人が多いです。

留学中に語学学校に通うメリット3つ

語学学校

語学学校に通うメリットはどんなものがあるでしょうか。ここでは、

・英語力を集中的に伸ばせる
・切磋琢磨し合う友だちができる
・海外生活を体験できる

の3つを解説しますね。

メリット(1)英語力を集中的に伸ばせる

語学学校に通うことで、英語力を集中的に伸ばすことができます。

語学学校の授業は、週に20〜30時間ほど。授業が多い学校では、50時間を超えることもあります。

日本でも英語を勉強することは可能ですが、仕事や学業をしながらの学習は両立が大変です。また独学の場合、正しい勉強法を見つけるまでに時間が掛かることがあります。

語学学校なら、授業を通して効率よく英語力をアップさせることが可能です。

メリット(2)切磋琢磨し合う友だちができる

語学学校では、勉強に忙しい日々を過ごします。分からないとき、思うように英語力が伸びないとき、日本から離れた遠い地で孤独を感じることがあります。

そんなとき、語学学校の友達の存在はとても大きいです。友達ができると勉強方法の悩みを聞いてもらったり、気分転換に遊びに行ったりと留学生活がさらに充実します。

メリット(3)海外生活を体験できる

将来、海外での生活を夢見る人にとって、語学学校に通うことは海外生活を体験するいいチャンスです。

海外での生活は、馴染みある日本とは違い、うまくいかないことの連続です。自分が海外に適応できるかどうかを判断しつつ、うまくいけば適用力アップが期待できます。

LINE留学相談

留学中に語学学校に通うデメリット3つ

語学学校

次は、語学学校に通うデメリットとして、

・まとまった費用が必要になる
・自分に合う・合わないがある
・観光や遊びの時間は少なくなる

の3つを紹介します。

デメリット(1)まとまった費用が必要になる

語学学校に通うには、学費や教材費が必要です。

期間や国にもよりますが、学費は1ヶ月でおよそ10万〜30万円ほど。また生活費もかかるため、ある程度の貯金が必須となるでしょう。

ただし費用に心配があっても、奨学金を活用すれば自己負担を減らせます。現地でもできるリモートの仕事を日本から持って行くという選択肢もありですね。

デメリット(2)自分に合う・合わないがある

語学学校はそれぞれ特徴やコースが異なります。

留学生活をより充実したものにするためには、自分に合う学校かどうか事前に見極めることが必要です。

おすすめは、実際に留学した人の声を確認すること。リアルな感想を事前にチェックしておくことで、入学してからギャップを感じることは少なくなるはずです。

デメリット(3)観光や遊びの時間は少なくなる

語学学校に通うと平日は1日5〜8時間の授業があり、朝や夜に数時間、自分の時間が確保できます。

ただし、自由時間だからといって観光や遊びに費やしてしまっては元も子ありません。留学中は自習の時間を確保し、復習と予習に費さないと英語力アップにはつながりません。

もし、観光なども楽しみたい場合は、アクティビティコースに通うことも考えてみましょう。一般のコースと比べて、英語に触れる時間は減ってしまいますが、授業時間にアクティビティが組み込まれているため、勉強と遊びを両方楽しめます。

【1週間】語学学校に通ったときにかかる費用相場

語学学校

次は、実際に語学学校に通った場合の費用相場を紹介します。期間は1週間を想定しているため、短期留学の参考にしてみてください。

1週間の留学にかかる費用は約16万〜38万円

1週間の留学の費用相場は、約16万〜38万円です。詳しい内訳を見ていきましょう。

費用(1)学費

学費は1週間でおよそ4万〜10万円です。

・入学金:1万〜2万円
・授業料:3万〜7万円
・教材費:3,000円〜1万円

授業料は国によって大きく異なるため、あくまで目安として考えてください。

費用(2)滞在費

滞在費は、方法によって異なります。

・ホームステイ:4万〜7万円
・学生寮:3万〜5万円

どちらも食費が含まれていることが多いです。

費用(3)生活費

生活費の合計は、およそ1.5万〜4万円です。

・食費:1万〜3万円
・交通費:1,000〜3,000円
・通信費:1,000〜3,000円
・日用品代:3,000円前後

滞在先の備品のそろい具合によっても変わるため、しっかりと確認しておきましょう。

費用(4)渡航費

渡航費は5万〜10万円ほど。時期・国によって異なります。

費用(5)ビザ代

0〜3万円。ビザの種類によって変わるため、事前に調べておきましょう。

費用(6)海外留学保険

1万〜2万円ほどです。

費用(7)観光費

観光費は個人差があります。語学学校の卒業後に数日遊ぶ場合は、2万〜3万円あると十分です。

上記はあくまで目安のため、留学先の詳しい金額をしっかりと調べましょう。

語学学校の選び方5つ

語学学校

次は、語学学校の選び方として、

・クラスの人数
・コース
・留学生の年齢層
・先生のレベルや資格
・設備

の5つを紹介します。

選び方(1)クラスの人数

1クラスあたり何人在籍しているのか、確認しましょう。

クラスは主に、次のような形態があります。

・グループ:1対複数で10〜20人ほど
・マンツーマン:講師と生徒が1対1

アメリカやヨーロッパの学校では、グループスタイルが主流。日本の学校のように、1人の先生が何十人もの生徒を教えます。

マンツーマンレッスンは、フィリピン留学に多いです。講師と生徒が1人ずつのため、自分が発言することが増えます。

ある程度英語を話せる、より多くの人と交流したい人はグループがおすすめです。英語力に自信がない、じっくり指導してほしい人はマンツーマンを検討してみてください。

選び方(2)コース

留学で勉強したいことコースがあるかどうかも、語学学校を選ぶポイントです。

例えば、英語とあわせてWebスキルを学びたいとしましょう。その場合はプログラミングなど、IT系のコースがある語学学校を選ぶ必要があります。

選び方(3)留学生の年齢層

語学学校によって、在籍する年齢層にはばらつきがあります。ワイワイ楽しく過ごしたいのか、できるだけ静かに過ごしたいかは生徒の年齢層に左右されます。

例えば、20代が中心の語学学校は、活気がありイベントが盛んな学校が多いです。対して、30代以上の社会人が集まりやすい学校では、落ち着いた雰囲気で勉強ができます。

年齢層は事前に学校に問い合わせるか、口コミや経験者に聞くといいでしょう。

選び方(4)先生のレベル・資格の有無

先生の英語力や指導のスキル、講師の資格も重要です。

レベルの高い先生に教わりたいのなら、国際的な指導資格、英語の資格保持者の講師をウリにしている学校を選びましょう

選び方(5)設備の充実具合

設備が充実している学校の方が留学生活を快適に過ごせます。気になる人は設備の充実具合を事前に確認しておくのもおすすめです。

例えば次のような設備があると、気分転換の機会が増え、留学生活がより充実します。

・ジム
・プール
・カフェテリア

他にも、学校の設備は古すぎないか、学生寮の雰囲気はどんな感じかをチェックしてから決めることで、ミスマッチを予防できます。

【おすすめの留学先】語学学校の数が多く費用が安い5カ国

語学学校

次は語学学校が多く、費用も安い国として、

・フィリピン
・フィジー
・マルタ島
・アイルランド
・オーストラリア

の5つを紹介します。

おすすめ(1)フィリピン

語学学校 フィリピン

2087_9

東南アジアにあるフィリピンは、公用語タガログ語の他に英語も広く話されています。

特徴は物価が安いため、授業料が低価格なこと。1週間あたり数万円から入学できる語学学校が多いです。

おすすめポイント

おすすめポイントは、次の3つ。

・マンツーマンレッスンが受けられる
・語学学校の学生寮に滞在でき、食事も付いている
・留学できるエリアと語学学校の選択肢も豊富

基本的に語学学校に併設された学生寮に滞在します。食事も用意されるので、勉強に集中できる環境が整っています。

語学学校の多いエリアや都市

次のエリアは語学学校が多いです。

・セブ島
・ダバオ
・クラーク

もっとも人気なのはセブ島。日本人が多く、日系の語学学校も多いです。英語での手続が心配という人は、日本語でやりとりできる日系の学校がおすすめです。

さらに詳しい情報はフィリピン留学でチェック!

おすすめ(2)フィジー

語学学校 フィジー

フィジーは南半球に位置する国で、のんびりとした雰囲気が漂います。

フィジーの特徴は、明るくておおらかな国民性であること。フレンドリーな人も多い分、ホストファミリーや現地の人と会話する機会もたくさんあります

おすすめポイント

おすすめポイントは、次の3つ。

・マリンアクティビティのある語学学校が多い
・日本人の割合が高くて安心
・学費がフィリピンよりさらに安い学校もある

フィリピンよりさらに低価格で学校に通うことも可能です。

語学学校の多いエリアや都市

次のエリアは、語学学校が多いといわれています。

・ナンディ
・ラウトカ

さらに詳しい情報はフィジー留学でチェック!

おすすめ(3)マルタ島

語学学校 マルタ

マルタ島はイタリアの近くにある国です。美しい街並みが特徴で、リゾート地としても人気です。

マルタ島の特徴は、ヨーロッパなのに物価が安いこと。フィリピンより少し高いくらいです。

ヨーロッパでの留学と比べると、数万〜数十万円の節約になることもあります。

おすすめポイント

おすすめポイントは、次の3つ。

・ヨーロッパからの留学生が多く、国際交流できる
・日本人留学生の数がまだまだ少ない
・近隣の国に旅行もできる

ヨーロッパの雰囲気を味わいながらも、なるべく安く語学留学をしたい人におすすめです。

語学学校の多いエリアや都市

次のエリアは語学学校が多いです。

・ヴァレッタ
・セントジュリアン
・スリーマ

さらに詳しい情報はマルタ留学でチェック!

おすすめ(4)アイルランド

語学学校 アイルランド

アイルランドは、英語を公用語とする国です。小・中規模のアットホームな学校が多く、大規模学校にはない講師との距離感が魅力です。

また、エコノミスト誌の「最も住みやすい街」に選出されたこともあり、過ごしやすさにも定評があります。

おすすめポイント

おすすめポイントは、次の3つ。

・ダブリンの英語はなまりが少ない
・大学付属の語学学校は日本語専攻の学生と交流もできる
・遊ぶ場所が少ないので勉強に集中できる

語学学校の多いエリアや都市

次のエリアは語学学校が多いです。

・ダブリン
・コーク
・ゴールウェイ

首都のダブリンは学校の数が多く、自分にあった学校が見つかる可能性が高まります。

さらに詳しい情報はアイルランド留学でチェック!

おすすめ(5)オーストラリア

語学学校 オーストラリア

オーストラリアの物価は高いですが、先進国の中ではまだ安い傾向にあります。

オーストラリアの特徴は移民が多く、世界各国から留学生が集まること。留学生の受け皿が整っているため、滞在エリアや語学学校の選択肢が多く、たくさんの留学生と交流できます。

おすすめポイント

おすすめポイントは、次の3つ。

・滞在先は都市部から地方まで幅広い
・語学学校のコースの選択肢が多い
・オーストラリア英語を学べる

日本人留学生が多く、先生は日本人の指導に慣れています。英語初心者でも、根気強く丁寧に指導してくれます。

語学学校の多いエリアや都市

次のエリアは語学学校が多いです。

・シドニー
・メルボルン
・ブリスベン

その他にも広大なオーストラリアには、パースやアデレードなど留学先の選択肢となる都市がたくさんあります。

さらに詳しい情報はオーストラリア留学でチェック!

語学学校の授業料や留学費用をおさえる方法3つ

語学学校

最後に、語学学校の費用を安くする方法として、

・オフシーズンに留学する
・インターンシップ制度を活用する
・できるだけ長い期間通う

の3つを紹介しますね。

方法(1)オフシーズンに留学する

留学費用はオフシーズンになると、安くなる傾向にあります。

理由は、次の2つ。

・費用は時期によって変動するから
・学生の少ない時期は割引キャンペーンを実施しているから

語学学校は生徒の少ない時期に「入学金無料」「授業料が20%オフ」など、キャンペーンを実施することがあります。

時期を選べる場合は、オフシーズンに留学して学費をおさえるようにしましょう。

方法(2)インターンシップ制度を活用する

語学学校にインターンシップに参加することで、費用を節約できることがあります。

インターンシップ制度とは、例えば次のようなものです。

・語学学校で窓口業務や事務作業などを担当する
・その対価として滞在費や食費が無料になる
・英語のレッスンも受けられる

業務と勉強の両立は必要ですが、無料で英語のレッスンが受けられる場合もあります。また仕事を通して、ビジネス英語を覚えることも可能です。

英語の基礎力が身に付いている人は、インターンシップも考えてみてください。

方法(3)できるだけ長い期間通う

費用対効果を最大限にするには、できるだけ長い間在籍することをおすすめします。

授業料や滞在費は、長期になるほど1日や1週間あたりの費用が安くなる、割引が適用されることがあります。

総合的な費用は高くなりますが、週単価で考えると安いです。

可能であれば、3ヶ月や半年など中・長期の留学を計画してみましょう。

まとめ

今回は、語学学校について解説しました。

語学学校に通うメリットとして、次の3つを紹介しました。

・英語力を集中的に伸ばせる
・切磋琢磨し合う友だちができる
・海外生活を体験できる

また費用を安くするコツとして、次の3つがあります。

・オフシーズンに留学する
・インターンシップ制度を活用する
・できるだけ長い期間通う

自分にあう語学学校選びはなかなか労力が必要ですが、今回紹介したことを参考に、よりよい学校が見つかることを祈っています。

LINE留学相談

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。