【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

MBA留学とは?MBAの基本情報やメリット・デメリット、おすすめの大学も解説

MBA留学

MBA留学とは大学院で経営に関する修士課程を修了することです。経営や金融、マネジメントについて学ぶことができ、転職によるキャリアアップや海外就職などの可能性が高まります。

とはいえ、具体的にMBA留学でどのようなことを学ぶのか、またメリット・デメリットなどは周りに経験者がいないとなかなか把握しづらいところ。そこで今回はMBA留学を検討している方に向けて、

  • ・MBA留学の基本的な情報
  • ・MBA留学のメリットとデメリット
  • ・MBA留学で人気の学校

を紹介します。まずはMBAの基本情報について理解していきましょう!

【PR】

MBAとは、大学院で経営学を学ぶプログラム

PC

MBAとは簡単に言うと、経営学を学ぶプログラム。「Master of Business Administration」の略で「経営学修士」の意味です。経営学における大学院の修士課程にあたり、大学院で1〜2年学んだ後に修士が与えられます。「ビジネススクール」などとも言いますね。

始まりは1881年にできたアメリカのビジネススクール「ウォートン・スクール」。その後、ハーバードのビジネス・スクールが現在のMBAを作ったと言われています。

MBAの目的は「経営者、もしくは経営をサポートできる人材を短期間で育成すること」です。そのため卒業後の進路として、転職はもちろん、起業を選ぶ人も少なくありません。

授業では、経営に必要なマネジメントや金融の知識、リーダーシップ、経済学などについて学びます。また近年のビジネススクールでは、最新のテクノロジーを踏まえた授業も組み込まれていたりします。

またMBAは日本国内の経営大学院はもちろん、海外の留学先としてはアメリカやイギリス、カナダなどの他に、最近ではシンガポールや中国などアジアのトップ大学院で学ぶ方もいます。

MBAの受験資格

勉強

MBAの受験資格は、海外と国内で異なり、大学によっても条件は違います。おおよそ以下のような条件が多いです。

海外のMBA

  • ・大学の学位
  • ・TOEICやTOEFLなどの英語力
  • ・社会人経験が3年以上

他には小論文や面接などで、個人の能力を測定します。また海外大学院に留学する場合は、一定の英語力があることを証明する必要があります。英語力の基準は国や大学によっても異なり、例えばアメリカのMBA出願では最低でもTOEFL100点は必要となります。

国内のMBA

・大学の学位
・社会人経験が3年以上

国内外で「3年以上の社会人経験」が求められますが、これは明確な条件ではありません。あくまで暗黙の了解のようなもののため、新卒でもMBAは取得できます。ですが社会人での実務経験がある方が、MBAでの学びをより深くできるはずです。

MBA留学をする年齢

MBA留学は、社会人3年目以降の25〜30歳前後がおすすめです。新卒でもMBA留学はできますが、MBAの平均年齢は以下の通りです。

・海外:25〜30歳
・日本:30〜40歳

そのため新卒で受講しても、周囲の学生と比較しスキルや知識不足を実感することが多いでしょう。MBAでの学びを活用するためにも、25歳以降など、一定の社会人経験を積んでから留学することがおすすめです。

MBA留学にかかる費用の目安

海外でMBAを学ぶ場合、国により相場は異なりますが留学費用の目安としておよそ400〜900万円は必要です。授業料の相場は、1年あたり100万〜300万円です。

しかし海外の場合、留学費用は授業料だけではありません。航空券や滞在費用、生活費など、あわせて300〜600万円ほどかかります。そのため、1年あたり1,000万円近い留学費用を用意しておくと安心です。2年の留学期間ならおよそ2000万円ほどですね。

MBA留学後の進路

MBA留学

MBAを取得した後の卒業生の進路は、たとえば転職はもちろん、起業したり、管理職に就くなどの選択肢があります。経営者としてのキャリアを歩み始める方も多いですが、それ以外にも異業種への転職や役職アップなどが期待できます。MBAでの授業と平行し、起業の準備を進める方もいらっしゃいますね。

オンラインで学ぶ選択肢も

MBA留学をする場合フルタイムで通学する選択肢だけでなく、社会人でも通いやすいようにさまざまな受講形態が用意されています。例えば夜間や週末に開講されていたり、場合によっては海外大学でオンラインの授業もあります。

自分の生活スタイルに合わせた方法を選ぶことができるため、仕事や育児を理由にMBAの取得をあきらめる必要はありません。もちろん大学によって提供しているプログラムは異なりますが、勉強を続けやすい環境が整っている大学もあり社会人から人気を集めています。

新卒でMBA留学をするメリット

メリット

MBA留学にはメリットとデメリットがあります。ここではまずMBA留学のメリットとして、

(1) 自分で考えて行動する力が身につく
(2) キャリアチェンジのきっかけになる
(3) 人脈を広げることができる
(4) 英語力が身につく
(5) 海外就職の可能性が高まる

の5つを紹介します。

(1) 自分で考えて行動する力が身につく

MBAでは、経営全体を見つめるスキルを身につける中で「自分で考えて行動する力」が身につきます。MBAの授業には、答えがすぐに出せない、もしくは明確にはない実例を交えたテーマについてのディスカッションやケーススタディなどもあります。

こうした問題について深く考え、解決策を考え続けることが欠かせません。書籍や講義からは答えが見つからないため、自らの知識やスキルをもとに考える力が自然と身につきます。

(2) 起業や転職、役職アップのきっかけになる

MBAを通して身につけたスキルが、転職や起業のきっかけになることがあります。たとえばマネジメントや金融、テクノロジーについてのスキルなどの知識を身につけることで、新たな仕事や役職、プロジェクトに挑戦できることも。今まで建築やデザインなど専門的なスキルを使って働いていた人でも、管理職としてのキャリアを歩み始めるきっかけになります。

(3) 社会人同士のネットワークを作ることができるから

世界地図

MBAの受講生は、9割以上が社会人の経験者です。そのため平均年齢は「海外が20代後半」「日本が30代」と高い傾向です。職歴も大手銀行員、商社、IT企業さまざま。また海外のMBAでは世界中からさまざまな人材が集まります。そのためMBAを受講するだけでも、世界中のあらゆる業界に人脈を広げることに。

業種や国籍を超え、同年代の仲間ができやすいため、仕事の情報交換や相談ができることも少なくありません。お互いに高め合う中で、卒業後も繋がるネットワークをつくることができるでしょう。起業や就職をしたとき、これらの人脈が仕事につながることも少なく、将来につながるネットワークを作ることができます。

(4) 英語力が身につく

海外でMBAを取得する場合、まず受験で一定水準以上の英語力が必要です。さらにディスカッションなどの授業に参加するためには、より高度な英語力が欠かせません。これらは日本国内のMBAでは身につきにくいものです。そのためMBAを通して、実践的な英語力を身につけることができます。

(5) 海外就職の可能性が高まる

ビジネス

アメリカなど海外では、MBAなどの学位がとても重要視されています。というのも、海外は日本以上の学歴社会。そして「通年採用」のため、即戦力として働くことができる仕事の経験やスキル、知識が欠かせません。MBAでは海外就職に欠かせない「知識」や「学歴」を身につけることができます。新たな進路のきっかけとなり、就職の可能性が高まります。

新卒でMBA留学をするデメリット

MBA留学はメリットも多いですが、一方でデメリットもあります。ここでは、

・就職が保証されるわけではない
・費用が高い

の2つを紹介します。

就職や転職が保証されるわけではない

MBAではスキルを生かして活躍することが前提のため、卒業後は就職(転職)活動が必要です。しかしMBAの取得後、必ず就職できる保証はどこにもありません。中でも海外就職は、希望する仕事の経験が重視されます。異業種からの転職では不安を感じますよね。

未経験から職種で就職を希望する場合は、留学中のインターンシップをおすすめします。異業種への転職でも、留学中の長期インターンシップを「実務経験」とみなしてくれる企業は少なくはありません。MBAで取得したスキルと経験を持っていることで、卒業後の就職活動で有利に働く可能性があります。

MBA留学は費用が高額

費用

MBAを海外で取得する場合、年間で平均400〜900万円の費用が必要です。これらは普通の海外留学よりも高額。MBAの費用にハードルを高く感じる場合は、将来の投資と考えましょう。

スキルアップして転職や起業をすることで、「年収アップ」することも少なくはありません。MBAの取得には高額な費用が必要ですが、最終的に費用を回収できる可能性もあります。先行投資として、将来に役立つ知識を学びましょう。

MBA留学で人気の学校ベスト5

最後に、MBA留学先としておすすめの学校を5校紹介します。

おすすめの学校1:ハーバード大学(アメリカ)

ハーバード大学は、MBA留学の中でも最も人気の学校です。事例研究を中心としており、授業は対話が中心です。卒業生に、楽天の創業者である三木谷浩史さんや、マイクロソフト日本法人代表の樋口泰行さんなどがいらっしゃいます。

おすすめの学校2:ロンドンビジネススクール(イギリス)

イギリスで最も高い評価を得ているMBAです。経営学の他にも、金融の授業が充実しています。

おすすめの学校3:メルボルン大学(オーストラリア)

メルボルン大学のMBAでは、基本の科目に加えて、選択コースから自分が興味のある分野を選択できます。たとえば「ブランドマネジメント」「交渉」など、興味のある分野をさらに深く学ぶことができます。

おすすめの学校4:シンガポール国立大学(シンガポール)

シンガポール国立大学は、アジアで最も優れたMBAとして有名です。アジア圏からの留学生が多く、費用も欧米圏に比べると安いと感じることが少なくありません。またシンガポール就職の可能性も高く、海外就職を考えている人におすすめです。

おすすめの学校5:香港科技大学(香港)

香港科技大学の卒業生は、8割以上がアジアでのビジネスに関わっています。アジアで就職したい、起業したい人におすすめです。

まとめ:MBA留学で起業や就職の準備を

今回はMBAのメリットについて、解説しました。

おさらいすると、MBAとは「経営学を学ぶプログラム」です。メリットとして、以下の5つを紹介しました。

・自分で考えて行動する力が身につく
・キャリアチェンジのきっかけになる
・人脈を広げることができる
・英語力が身につく
・海外就職の可能性が高まる

今回紹介した学校を参考に、海外でMBAを取得することを検討してみてくださいね。

アメリカでのMBA留学の体験談はこちら↓

純ジャパ・海外経験なしの元会計士が、アメリカMBAに留学するまで #バブソン大学MBA留学記 01
アメリカ・ボストンにあるバブソンカレッジMBAで留学中のRyoと申します。元々は会計士として監査業務に従事、その後ベンチャー企業でIPOや投資などを経験。しかし英語のできる同僚や上司に憧れ、会社を退職しMBAへ。今回は、私がMBA留学するまでの道のりから費用、授業内容ついて紹介します。これからMBA留学を検討されている方は、ぜひ読んでみて下さいね。
2019/02/04
イベント・体験記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。