School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

留学で就職は有利になるの?不利になるの?メリット・デメリットを解説

就活

留学を経験した人たちの多くを帰国後に待ち受けているのが、就職活動や転職活動でしょう。留学を迷っている人の中には、帰国後の就職活動が不安で留学に踏み切れることができない人もいるかもしれません。

そこで今回は、留学後の就職活動の実情、留学経験を活かして就職活動を有利にするためのポイントについて説明していきます。留学に行くか迷っている人はこれを読んでどうすれば留学を成功させられるか、一緒に考えていきましょう。

【PR】

留学後の就活の実情

よく留学経験は就職活動において有利になると聞きますが本当にそうなのでしょうか。実際、留学経験者の就職活動はどのような実情になっているのか気になりませんか。

ここでは留学を経験した学生や社会人がたどっている就職活動の実情について紹介します。

学生の新卒の場合

学生の場合、目標を設定して目的意識を持った留学をすることができれば就職活動は有利になります。特にグローバル化が進み、海外との取り引きがますます増えることが考えられる企業にとって、英語力と目標達成能力を備えた学生はとても貴重な人材になるはずです。

ただ一点注意点しなければいけないのが、留学スケジュールと就職活動のスケジュールです。特に長期留学をする場合、留学期間が新卒の就職活動の時期をかぶってしまうケースもあるので、事前にスケジュールをずらすか、留学生を対象とした就職イベントに参加する必要があります。

社会人の転職の場合

社会人の場合、元から持っている専門性を生かせる英語力を身につけることができれば就職活動は有利です

現状「英語を含む外国語能力」を重要視している企業は、残念ながらまだまだ日本国内では少ないようです。なので専門知識は前提の上で、さらにそこに英語力を加える形でのアピールをしないと、最悪の場合、留学そのものをブランクとして見られてしまうこともあります。

留学後の就活で失敗する場合の理由

失敗

留学後の就活では、留学がうまくアピールできれば有利に働くことがわかりました。しかしその一方で留学生の中には就活に失敗してしまう人も多くいます。ここではそんな失敗する人の具合的な特徴をご紹介します。

留学した目的・理由が明確になっていない

留学経験がある場合、就職活動の面接時には留学した目的や理由を必ず面接官から聞かれるでしょう。その際、就職活動で失敗してしまう人は「どういった目的で、なんのために留学をしたのか」ということを明確に説明できていない場合が多いです。

明確に留学経験の内容を説明できない原因としては、留学の振り返りがうまくできていない、そもそも目的を十分に意識せず留学してしまった場合がほとんどです。

特に学生留学では、「海外で暮らして、現地の人々と交流して将来に対する視野を広げたい」、「英語を話すことができるようになりたい」などの理由で留学に行く人が多いです。問題はないですが、できればもっと深掘りをして「広い視野を獲得して何がしたいか」、「英語力を身につけて何がしたいか」を考えた方が良いでしょう。

自己アピールがうまくできていない

留学生の多くは就活時、自己アピールで留学の話をすることが多いです。その際注意しなければいけないのが、留学という行為だけをアピールしていないかということです。

留学を経験したことはもちろん素晴らしいことです。しかし、留学したことだけをアピールするのでは、企業にとって特に採用ポイントにはなり得ません。

留学でどう成長したか、そういった留学の前後での変化を自分自身で考え、アピールする必要があります。

就活で有利になるために抑えるべきポイント

チェックリスト

留学は誰でもできる経験ではありません。キャリアアップや自分の将来の選択肢を広げるために留学をする人がほとんどでしょう。

しかし注意しなければどんなに努力して語学力をつけても、全く評価されないこともあります。

せっかく留学というすばらしい経験をしたのだから、就職活動でも活かしていきたいですよね。ここでは、留学経験を活かし就職活動で有利になるための5つのポイントを紹介します。

(1)留学目標・目的を明確にしておく

当たり前のことですが、留学をする際には「なぜ留学をするのか」ということを明確にしておきましょう。「なんだか留学って聞こえがいいし、かっこいいイメージがあるし就職に有利そうだから」という理由で留学をするのは決しておすすめしません。

留学の目的がこのように「就職」を意識したものにすり替わってしまうと、特に主体性のない留学に終わってしまいがちになります。主体性のない留学を送ると、就職活動の際、留学の振り返りがあいまいなものになってしまうことが多くあります。

企業の人事担当者が海外留学経験者を採用する際に重要視するのはその留学目的や留学内容です。「どういった目的で留学に行き、そこでどんなものを得て、どういうように成長したのか」ということをはっきりと説明できることで、主体性のある人物だと思われることにもつながります。面接の際に、きちんと自分自身の言葉で留学の経験を答えられるようにしておきましょう。

(2)英語などの語学を使用することにこだわりすぎない

海外に留学したことで語学などのスキルも身に付けたことから、せっかくだし語学を使う仕事に就きたいと考えるかもしれません。しかし、その志望理由をもっとよく掘り下げて考えてみましょう。「外国語を使う仕事ってなんだかかっこいい」、「せっかく身に付けた語学力を無駄にしたくない」というような安易な志望理由が浮き彫りになってきませんか。

留学を経験したのだから語学を使った仕事をしたいという気持ちが出てくるのは当然のことです。しかし、就職活動が中々うまくいかない、または進まない場合、語学を使う仕事ばかりにこだわらないようにしましょう。そんなときこそ、語学を使わない仕事にも目を向けてみることが大切です。

近年、世界中で企業のグローバル化が進んでいます。日本の企業ももちろん例外ではありません。どのタイミングで日本から外国へ海外進出するか分かりませんし、外資系の企業以外にもどんどん海外からの外国人労働者がますます増えていくことが今後予想されています。

その際に突然語学が必要とされたり、使用する場面が出てくるかもしれません。そのときまでに語学以外の職務スキルを磨いておくという中・長期的な視野をもって就職活動を行うことも大切です。

(3)できるだけ早い段階から就職活動を行う

留学が終わり日本に帰国すると、少しゆっくりしたいと思うかもしれません。休憩したい気持ちは分かります。しかし、帰国後はなるべくすぐに就職活動を行うようにしましょう。

なぜかというと、就職活動をするまでに空白期間があることを企業は嫌う傾向にあるからです。動かない時間を短くすることで就職活動へのモチベーションを維持するのにも役立ちます。

また、より就職活動をスムーズに行うために、帰国前の留学中に就職活動を行うことも重要です。

例えば、隙間時間を有効活用して、自己分析をしたり、エントリーシートや履歴書の作成に取り組むのもいいでしょう。

最近では、海外にいてもスカイプなどのアプリケーションを利用してオンライン上で企業と面接が行えるようになりました。このような場所を選ばない、インターネット上でできる就職活動を行うことも有効的です。

(4)留学経験について可視化できるものを身につけておく

留学で得たものや成長できたものを説明することはもちろんですが、留学中どのくらい頑張ったのか企業にアピールできる材料を用意しておくのも大切です。

例えば、目に見えて分かるものとしてTOEICやTOEFLは有用的です。特に、語学学校で留学した人はTOEICやTOEFLなどのスコアを取っておくべきでしょう。留学前と留学後でスコアの違いを比較できるようにしておくこともおすすめします。

もちろん、語学力だけが採用の決め手になることはありません。しかし、TOEICやTOEFLは簡単に数値化できるものなので企業が留学経験者を評価する際に役立つでしょう。

(5)企業に対して適した自己アピールをする

就職活動時には、自己主張はほどほどにした方が良いです。企業によっては「留学経験者は自己主張が強くて扱いにくい」というマイナスのイメージを抱いているケースがあります。

実際、留学中は自分の意見を周りにはっきりと主張しないといけない場面が出てくるかもしれません。そのような環境にいるうち、自己主張をすることが普通になっているかもしれません。

しかし、日本で就職活動をおこなう場合、給与などの待遇面に関して自分の主張ばかりを企業に伝えるのはあまりいい印象が抱かれません。まずは、自分が企業にとってどのように貢献できるのか、自分のどんな部分がその企業とマッチしているのか伝えるようにしましょう。

まとめ

以上、留学経験が就職活動や転職活動において有利になるのか、また有利にするためのポイントについて紹介しました。留学経験は語学力を伸ばすことができるだけではありません。自分自身の成長にもつながる素晴らしい経験を体験することができます。

せっかくの留学経験を活かすためにもしっかりと準備をして就職活動に備えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

竹下さちえ

竹下さちえ

大学時代にアメリカで1年間交換留学を経験。留学先では主に国際関係論や平和学を学ぶ。大学卒業後はIT企業に就職。都内でSEとして様々な企業に常駐する。常駐先ではソフトウェア開発の構築、運用・保守を経験する。同企業で3年半働いた後、退社。現在、1人前のライターになるべく奮闘中。好きなものは映画と旅行。洋画が大好き。旅行は国内・海外問わずどこでも。今まで訪れた国はオーストラリア、アメリカ、メキシコ、ペルー、台湾、ベトナム、ベルギー、フランス、スペイン、韓国など10カ国。国内は全国都道府県を制覇するのが夢。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。