School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

アイルランドってどんなとこ?アイルランドと首都ダブリンを基本から紹介しちゃいます!

アイルランドの首都ダブリン

こんにちは。アイルランドの首都ダブリンに滞在中のモモです!

日本ではなかなかなじみが薄いアイルランド。実際に留学している私でさえ、ここに来る前はアイルランドやその首都がどこにあるのかすらよく分かってませんでした。。

そこで!!

今となってはアイルランドが大好きになった私が、「アイルランドとは?ダブリンとは?」をテーマに、みなさんにアイルランド、ダブリンの基本から観光情報までご紹介をしていきたいと思います!

それでは、アイルランド紀行のはじまりはじまり~♪

【PR】

お得に留学へ行こう!秋の留学応援キャンペーン

まずはアイルランドの基本情報から★

そもそもアイルランドについて全然知らない!そんな方のために、まずはアイルランドの位置から確認してみましょう!

アイルランドの地図

写真を見ていただければお分かりいただけると思いますが、アイルランドはヨーロッパにありまして、イギリスにとーっても近い島国です。ダブリンからロンドンまで飛行機で、たったの1時間半で行けちゃいます!

アイルランドの首都は「ダブリン」で、ちょうどアイルランドの中央東のあたりに位置しています。人口は約460万人と日本の四国地方と同じくらい、面積も84,421㎢と北海道とほぼ同じ大きさ。

第一公用語は英語ではありませんが、実際は一部の地域でのみ「ゲール語」が話されていることを除いて、ほとんどは英語が話されています。ちなみに道路標識や看板にはゲール語が先に書いてありますよ。

アイルランドの基本情報まとめ
首都 ダブリン
人口 464万人(2015年)
大きさ 84,421㎢
言語 第一公用語 : ゲール語 / 第二公用語 : 英語
通貨 ユーロ

もともとはイギリス領?

歴史面で言うと、かつてアイルランドはイギリス領となっていました。しかし1916年4月24日「イースター蜂起」と呼ばれる7日間に渡る武装蜂起をきっかけに、独立を果たしました。2016年がちょうど100周年にあたります。

気になるアイルランドの治安情報

アイルランドの治安面についてですが、ヨーロッパの中では比較的安全な国だとは思います。しかし、スリや盗難は日常茶飯事です。また「やんちゃ」な若者もたくさんいて、歩いていたら罵声を浴びせられた、歩きスマホをしていたらそのまま持ってかれた!という話はよく聞きます。

私もやたら近づいてくる人がいるなと思っていたら、鞄のファスナーを開けられていた経験もあります。幸い何も盗まれませんでしたが、エリアによっても若干の治安の差は出るので、自分の身は自分で守るということを常に忘れてはいけません。

アイルランドって何が有名なの!?

アイルランドの羊

アイルランドの有名なものとしては、アイルランドの先住民であるケルト人の音楽やそれに基づく文化、また自然豊かな国でもあるので乳製品や羊毛なども有名ですね

また日本でもみかける「ギネスビール」はアイルランド出身のビールです。ダブリン市内には「ギネスストアハウス」と呼ばれる工場もあり、中を見学してビールができる工程を見学することができるんです。

アイルランド人はじゃがいもを毎日食べる?

アイルランドのじゃがいも

そうそう、アイルランドで忘れてはならないのが、ポテト(じゃがいものこと)!アイルランド人はいつもポテトを食べてます。冗談ではありません!(笑)

というのも、ホームステイすると「ほぼ」毎日主食の代わりにマッシュポテトやフライドポテト、ときにはポテトそのものが、ごろんごろんと出てきます。じゃがいも好きな私にとっては、毎日幸せな食事でしたが、飽きがきている留学生もよく見ます。

ちなみにアイルランドのじゃがいもは、日本のものとは違って小っちゃくてかわいいんですよ!アイルランドにお越しの際はぜひお試しを♡

アイルランドの首都ダブリンってどんなとこ?

アイルランドの首都ダブリンの街並み

アイルランドについてなんとなくイメージが掴めてきたところで、私が滞在しているダブリンについてお話ししたいと思います。ダブリンはアイルランドの中央東に位置している、アイルランド最大の都市

ダブリンの地図

またダブリンはアイルランドの首都ではありますが、東京のような大都会とは全く違います。どちらかというと街全体がコンパクトで、建物も低め。アイルランドに着いた初日にダブリンの街を見たとき、かわいらしい印象を受けたのを覚えています。

アイルランドの首都ダブリンの街並み

日本でいうと「地方の大きい都市」という感じです。買い物をするにも必要なお店はほとんどあって、デパートもある。人もちょうどいいほどにいて、主要観光スポットには歩いて行ける、そんなところです。

ちなみにコンパクトさ故なのか、ダブリンでは4、50分の距離でも普通に”歩ける範囲”とみなします。みんな普通に歩いていくので、ダブリンに住むと痩せますよ!

ダブリンの天気は変わりやすい

ダブリンの天気はとても変わりやすいのが特徴的。こうして記事を書いている間にもいきなり雨が降ったり止んだり、晴れ間が見えたり。。ダブリンに関わらずアイルランドの天気予報がこれほど不要だと感じたことはありません(笑)。

アイルランドやダブリンのお天気事情に関しては、以下の記事も参考にしてみてくださいね!
1日のうちに四季がある!?驚くべきアイルランドのお天気事情

ダブリンにもあるぞ、2階建てバス!

私の場合はダブリンの街中に住んでいるので、市内の移動手段は”完全徒歩”です。あまりにも歩くのが嫌な時だけバスを使いますが、人に会うにも飲みに行くにも、基本は歩いています。友達も遠くに住んでいない限りは歩いて行動してます。

ところで突然ですが、みなさんイギリス、ロンドンの赤い2階建てバスはご存知でしょうか?非常に有名ですよね!驚くことに、アイルランドはなぜかはわからないけど、”黄色い”2階建てバスが走っています!

ダブリン市内の2階建てバス

緑だとアイルランドっぽくてもっといいんじゃないかと、何となく思ったのは内緒の話(笑)。。初めてバスに乗ったときは2階でうきうきしちゃいました。

ダブリン市内の交通手段

またダブリン市内の交通手段としては、バスのほかにはもちろん車と、Luas(ルーアス)と呼ばれる路面電車、また、Dart(ダート)という電車が主流です。地下鉄はありません。ちなみに車は日本と同じく左方向です。

ダブリン内で生活する分には問題ありませんが、郊外の方は車がないと移動が難しいかもしれません。アイルランド全体を旅行したい場合は、レンタカーがベストな選択だと思われます!

どこ行くべき!?ダブリン市内のオススメ観光スポット

アイルランドの首都ダブリンで、観光客がよく足を運ぶ場所をいくつかピックアップしました!ダブリン観光の際は参考にしてみてくださいね。

ギネスストアハウス

ギネスストアハウス

先ほど紹介したギネスビールの工場。中を見学してビールができる工程を見学できます。最後には入れたてのギネスビールを1パイント=500ml飲めちゃいます!展望台からダブリン市内を見ることもできたりと、主要観光スポットとなっていますよ。 

クライストチャーチ

ダブリンのクライストチャーチ

アイルランドで最も大きい大聖堂。ダブリン観光では外せないスポットです。

キルメイナム刑務所

ダブリンのキルメイナム刑務所

かつて使用されていたヨーロッパ最大の刑務所。アイルランドが独立するきっかけとなったイースター蜂起で、中心になった人たちが収容され処刑されたことでも有名です。

トリニティ大学図書館

ダブリンのトリニティ大学図書館

400年以上の歴史をもつアイルランド最古の大学。世界で最も美しい本といわれる”ケルズの書”をみることができます。

テンプルバー

ダブリンのテンプルバー

ダブリン市内にあるパブがたくさん並んでいる、オシャレな石畳通りです。

などなど。挙げ始めたらキリがありません!ダブリン市内であれば徒歩や歩きで回れるところばかりですし、モハーや北アイルランドに関しては1日ツアー(50ユーロほど)も出ています。アイルランドにお越しの際はこちらもお見逃しなくっ!


いかがでしたでしょうか。簡単にではありますが、アイルランドとダブリンについて紹介をさせていただきました!これを読んでアイルランドに興味を持ってくだされば嬉しいです(^^)♪

最後までありがとうございました!またよろしくお願いいたします。

■おすすめ記事
1ヶ月の留学費用っていくら?アイルランド英語留学でかかった費用の総額を項目別に解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

Momo

Momo

周りの友達が就活をしている中、大学4年の後期から休学を決意して「日本人が少ない」「ヨーロッパ留学かっこいい!」というだけの理由で2015年10月よりアイルランドに1年の予定で語学留学。現在6ヶ月を終えちょうど折り返し地点に到達。留学情報が少ない国ですがリアルなアイルランド情報を発信していきます!

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

お得に留学へ行こう!秋の留学応援キャンペーン
みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。