School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

絶対に食べるべし!アイルランドのオススメ郷土料理13選

アイルランドには、特徴的で美味しい地元の料理がいくつもあります。

そこで、留学や旅行でアイルランドに行かれたらぜひ食べてほしい地元料理を、アイルランド在住の私が10選に絞っておすすめします!

これからアイルランドに行く予定の方、ぜひ参考になさってください!

【PR】

1. アイリッシュシチュー Irish Stew

アイルランドのおすすめ料理、アイリッシュシチュー

通常のシチューと違って羊のお肉を使うのが、アイリッシュシチュー。

角切りのマトン肉と玉ねぎ、人参、じゃがいもなどを一緒に煮込んだ、ポトフのようなシチューです。

家庭の数だけレシピがあり、日本の肉じゃがに例えられることもあります。

羊肉が風味によく合うといわれており、手に入りにくい場合は、牛肉かラム肉で代用します。

香辛料として、タイムやパセリ、塩こしょうと、スープストックで弱火で煮込み、白く仕上げる点が特徴です。

家庭によっては牛乳を加えてクリームシチュー風にする場合もあります。

紫キャベツのマリネを付け合わせにするのが伝統的です。

2. ギネスシチュー Guinnes Stew

アイルランドのおすすめ料理、ギネスシチュー

アイリッシュシチューは羊肉を使いますが、ギネスシチューは牛肉を使います。

牛肉、玉ねぎ、人参、セロリ、カブ(ターニップ)などの野菜類を使い、ニンニク、塩コショウ、トマトビューレ、タイム、赤唐辛子、ブラウンシュガーなどで味付けます。

炒めた肉と野菜にギネスビールを加えて、とろみがつき、肉が柔らかくまでじっくり煮込むのがポイント。

アイルランドはギネスビールの発祥地としても知られ、黒ビールを使って煮込むビーフシチューとして国民食として親しまれています。

ギネスといえば、ギネス記録などでも知られていますね。

3. ソーダブレッド Soda Bread

アイルランドのおすすめ料理、ソーダブレッド

重曹を加えた無発酵のパンで、イースト菌の代わりに重曹で膨らませる、素朴な味わいのパン。
通常のパン作りよりも簡単に作れるクイックブレッドです。

伝統的な材料は小麦粉、重曹(炭酸水素ナトリウム)、食塩、バターミルクで、レーズン、鶏卵、ナッツ類が加えられることも。

中には、精白粉や全粒粉を使ったものもあります。

重曹がアイルランドに伝来した1840年頃にソーダブレッドが誕生し、アイルランドの主食となり、朝食には紅茶とポークソーセージ、マーマレードとともにブラウンブレッドがよく食べられています。

4. アイリッシュブレックファスト Irish Breakfast

アイルランドのおすすめ料理、アイリッシュブレックファスト

ベーコン、ハム、目玉焼き、ホワイト・ブラックプディング、マッシュルームソテー、炒めたトマト、トーストなどボリューム満点の朝食メニュー。

さらにソーダブレッドやポテトケーキなども出され、アイリッシュブレックファストティーは濃いので牛乳も添えられます。

別名、アイリッシュフライとも呼ばれます。

アイルランド島北部のアルスターの朝食では、大きいマッシュルームや重曹やジャガイモで作ったファールという炒めたケーキが出され、アイリッシュブレックファスト以上にボリューミーな朝食はアルスターフライ(Ulster Fry)とも言われます。

5. ボクスティ Boxty

アイルランドのおすすめ料理、ボクスティ

じゃがいものパンケーキで、アイルランド北部の伝統料理の一つ。

アイリッシュブレックファストの一品でもあり、最近では肉やチーズ、野菜などを包んで食べることも多いです。

ボクスティ(Boxty)という名前の由来は「救貧院のパン」というアイルランド語「’aran bocht tî /bacstai」というところからつけられています。

味付けも塩コショウだけで、すりおろしたじゃがいもと茹でて潰したじゃがいも合わせて、フライパンでパンケーキのように焼くか、団子状にして茹でることもあります。

アイルランドの代表的なじゃがいも料理の一つですね。

6. コルカノン Colcannon

アイルランドのおすすめ料理、コルカノン

コルカノンはケール、玉ねぎ、西洋ねぎなどの野菜やベーコンが入ったマッシュポテトサラダのこと。

ケールが旬になる頃、ハロウィンの季節の伝統的な料理として親しまれています。

アメリカではセントパトリックデーの料理と認識されることも多いですね。

じゃがいもを茹でて潰し、ケールやキャベツを炒めるか茹でて、温めた牛乳にじゃがいもとケールかキャベツを混ぜ、ふっくらするまで火にかけるといった料理で、バター、塩コショウで味付けします。

茹でたハムやアイリッシュベーコンと一緒に食べられたり、わけぎやリーキ、チャイブなどを混ぜたりすることもあり、地域によって調理方法は様々です。

7. ジャケットポテト Jacket Potato

アイルランドのおすすめ料理、ジャケットポテト

皮付きのままじゃがいもをオーブンで焼き、中身をくりぬいて、火を通した玉ねぎと混ぜ、再びじゃがいもの皮にチーズをかけ、オーブンで焼いたもの。

ベイクドポテト(Baked Potato)やジャケットポテト(Jacket Potato)とよばれ、皮が付いたままのベイクドポテトがジャケットを着ているように見えるところから呼ばれています。

ジャケットポテトに向いているのは、キングエドワードのような男爵種。

オーブンや、バーベキューグリル、焚き火などで焼き、中にバター、チーズ、ハム、鶏肉を入れて調理する場合も。

中がふわふわ、外がカリカリで、キャンプなどでよく食べられています。

8. シェパーズパイ Shepherd's Pie

アイルランドのおすすめ料理、シェパーズパイ

ラム肉とみじん切りにした玉ねぎやニンニクを炒め、塩コショウで味付けし、野菜をパイ生地やチーズでなく、マッシュポテトで覆い、オーブンで焼きあげたもの。

パイ生地の代わりにじゃがいもを使うのがポイントで、別名は羊飼いのパイといいます。

あっさりとしているので食べやすく、脂身も少ない羊肉のため、さっぱりとした口当たり良い仕上がりです。

おもてなし料理など、ホームパーティーにも最適な一品。

また、牛肉を使う場合はコッテージパイと呼ばれています。

1700年頃に農民から生まれた家庭料理で、その場合は牛のひき肉を使います。

9. ラム肉のグリル grilled lamb

アイルランドのおすすめ料理、ラム肉のグリル

アイルランドでは羊のお肉がよく食べられ、ローストラムや骨つきラム、ラムチョップ、マトンなどのメニューも伝統的な料理として親しまれています。

ラム肉のグリルは、グレイビーソースをたっぷりかけて食べる料理。

アイルランドではウィックロウ産のラム肉が美味しいといわれています。

グレイビーソースは、お肉から出るジューシーな肉汁と小麦粉や片栗粉、野菜のエキスを使って作る伝統的なソースです。

セントパトリックデーやイースターなどでもラム料理がふるまわれます。

南西部のカウンティーケリーは、ラム肉の産地として有名です。

10. 生牡蠣とスモークサーモン

アイルランドのおすすめ料理、生牡蠣とスモークサーモン

アイルランドの牡蠣は、日本よりも小ぶりで臭みがなく、大西洋水域の影響で甘味があり、クリーミーさがあるのが特徴。

アイルランド西部の港湾ゴールウェイの生牡蠣が美味しいと有名で、1954年から9月下旬にゴールウェイ・インターナショナル・カキ&シーフード・フェスティバルが開かれています。

ギネス記録を狙った挑戦者が20ヶ国から集まる、牡蠣の殻むき世界選手権大会も行われています。

牡蠣が採られる場所としては、カーリングフォード(carlingford)、ウォーターフォード(waterford)、ゴールウェイ(galway)、コーク(cork)、ドネゴール(donegol)などの海。

また、アイルランドのサーモンも美味しいことで知られており、スモークサーモンがよく食べられています。

朝食やディナー、お酒のおつまみとしても人気です。

11. アイリッシュクリームチーズケーキ

アイルランドのおすすめ料理、アイリッシュクリームチーズケーキ

一般的なチーズケーキとは異なるアイリッシュクリームチーズケーキは、チーズが非常に濃厚でほっぺがとろける美味しさ。

少しボリューミーではありますが、食べだしたら止まらない!そんな美味しさです。カフェによってアイリッシュクリームチーズケーキの味が異なったりもするので、ぜひ色んなお店で試されてみてはいかがでしょうか?

コーヒーやカフェオレとの相性も抜群です!

12. フィッシュ&チップス

アイルランドのおすすめ料理、フィッシュ&チップス

フィッシュ&チップスというとアイルランドではなくイギリスではないか、と思う方もいらっしゃるでしょう。

実はアイルランドにもイギリスに負けないくらいのパブ文化が根付いているんです!人によっては、アイルランドのフィッシュ&チップスの方が美味しいと答える人もいるくらいです。

特にチップス(フライドポテト)にこだわる店が多いので、食べ比べしてみてはいかがでしょうか?

13. アイリッシュオムレツ

アイルランドのおすすめ料理、アイリッシュオムレツ

オムレツはオムレツでも、アイルランドのオムレツは一味違うんです。というのも、オムレツにマッシュポテトが入っているからです!

じゃがいも大国ともいうべきアイルランドのオムレツは、ふわふわの卵の中にほくほくのマッシュポテトを混ぜた絶品なんです。

1つ食べればお腹がいっぱいになるほどのボリューム感。ぜひご賞味あれ!

おわりに

以上、アイルランド在住の私がおすすめする、アイルランドのおすすめ地元料理10選でした。

アイルランドには、各地方で様々な郷土料理があり、現代の生活にも根付いています。

現地に行ったらぜひ食べてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。