ロンドンの現地生活情報

生活情報

世界から最も人が訪れる街の1つであるロンドン。イギリスの首都で経済の中心にもなっています。そんなロンドンの現地の生活は一体どのようなものなのでしょうか。こちらでは、ロンドンに必要な生活情報を、お金、交通、食事、医療に分けて詳しくご紹介します。

留学カウンセラーがあなたのお悩みを無料で伺います!

「留学にはどれくらい費用がかかるんだろう?」
「渡航時期や期間はどうしよう?」
「留学先はどこにしよう?」

その留学のお悩み、プロに相談してみませんか?

スクールウィズでは無料で留学相談を受付中。 留学について気になっていることがある方、ぜひお気軽にご相談ください。

LINEで留学相談する

無料留学相談

生活基本情報

ロンドン

ロンドンの生活情報を見ていきます。実際の生活に必要な基本情報、お金、交通、食事、医療について紹介します。また、どんなものにいくらぐらいかかるかも一緒にみていきましょう。

時差

日本との時差は9時間あります。日本が17:00のとき、イギリスは8:00。日本の方が9時間進んでいます。イギリスとの時差を考える時に注意すべき点が1つあります。それは、サマータイムです。イギリスにはサマータイムと呼ばれる夏時間があります。その年のサマータイムに設定された日時になると、時間を1時間はやくすすめます。

3月末〜10月末に設定されることが多いのですが、詳しい日時は毎年変わってくるので、サマータイム期間中にイギリスを訪れる場合は調べてみましょう。なので、サマータイム期間中の時差は、8時間です。サマータイム終了日時を超えると時間をまた1時間戻すので時差も9時間に戻ります。

電源プラグタイプ

イギリスの電源プラグは日本のもの異なります。Gタイプ(BF)というものが使用されています。長方形の穴が3つあるものです。日本製品の充電を行う場合は、変換プラグが必要です。

治安

ロンドンは世界中から観光客が訪れる人気の街です。また、ヨーロッパ圏内でも移民が多い国と言われていて、さまざまな人種の人が集まっています。ちょっとした価値観の違いから生まれる対面でのトラブルもしばしば。

ロンドンで多いのは観光客を狙った軽犯罪。スリや置き引きなどは、ロンドン市内の観光名所や人通りの多いストリート、広場で多発しています。レストランやお店によっては観光客に高額の料金を不正に要求してくるお店もあったりするようです。怪しげなお店や人には近づかないように気をつけましょう。

LINE留学相談

お金

ポンド

通貨

イギリスの通貨はポンド(£)です。1ポンド以下は、ペンスを使います。1ポンドは100ペンスです。イングランド銀行が発行しています。正式には、スターリング・ポンドと言われます。エジプトでは今も使われれいますが、日本では英ポンドを呼ばれることが多いです。世界的に使用されるようになっているのはUSドルですが、以前はイギリスのポンドが世界的に使用されていた歴史もあります。

・8種類の硬貨
1、2、5、10、20、50ペンス
1、2ポンド
・4種類の紙幣
5、10、20、50ポンド

物価、税金

日本よりも高めの物価です。特にロンドンはイギリスの中でも高い方だと言われています。コーラ1本が450円(3ポンド)することもあったり。また、イギリスの税金はVAT(Value Added Tax)と呼ばれています。日本の税金が8%なのに対して、VATは20%。このVATは、食品、衣料品、本、子供服、おむつなどかからないものもあります。ただ、食品のなかでも、お菓子類やお酒の一部はVATがかかるものもあるので注意が必要です。その他、所得税は年収によって5〜45%かかります。

お金の管理方法(現地銀行口座、現金、クレカ)

イギリスもクレジットカードが普及しているのでほとんどの人がカード払いをします。そのため現金を持ち歩かないことが多いです。イギリスで銀行口座を開設する場合は主に、パスポート・ビザ・学校在籍証明書(紹介状)・イギリスの滞在先住所・最初の入金費用などが必要になってきます。

口座の開設ができると、現地のATMで残高の確認、入出金ができるようになります。日本の口座からの送金もできるため、海外送金サービスを使ってイギリスの口座に入金することができます。

交通

バス

鉄道、地下鉄

ロンドン市内の移動には、鉄道や地下鉄が便利です。鉄道は、市内の至る所に駅があり路線の数も豊富です。市内の移動はもちろんですが、パディントン駅やキングス・クロス駅など大きな駅からは、イギリスの各地方へ向かう列車もでています。ロンドンをハブとして、イギリス国内、ロンドン市内に鉄道が発展しています。

地下鉄はTubeと呼ばれています。ロンドンの中心地をゾーン1として、1〜6のゾーンに分かれています。地下鉄の運賃もゾーンによって異なります。地下鉄には、オイスターカード(Oystar Card)と呼ばれるカードを利用するのが便利です。日本で言うSuicaやPasmoのようなカードの役割があり、チャージをしたり、定期券を購入したりして利用できます。

金額をチャージして利用する場合は、使った分だけカードの残高が減っていきます。一駅分の切符でも、オイスターカードを利用したほうが割引がつき半額ほどの料金で利用できるのでお得です。現金で切符を買うと料金が倍くらいになるため、地下鉄の利用はオイスターカードを使い、現金は使わないようにすると良いです。また、定期券は、1週間や1ヶ月単位で買うことができます。

これをトラベルカードといいます。自分の購入したゾーン内の地下鉄は乗り放題になるので、移動の範囲が決まっていたりする場合にトラベルカードを購入すると良いでしょう。
トラベルカードはを利用してバスに乗車することもできます。バスのみに乗れるバスパス(Bus Pass)という種類もあります。バスの利用の方が多かったり、移動に便利だった場合にはこちらのバスパスを利用したほうが金額が安くなるので、自分にあった交通手段を選んでみて下さい。

バス

ロンドン市内では、赤い2階建てのバスがはしっています。これはロンドンの風景としても有名ですよね。移動手段としてのバスは、24時間利用できるものもあり非常に便利です。バス停は2種類のものがあり、「Request :手をあげないととまらない」「Bus Stop:バスが停車するバス停」が存在します。バスの料金は基本的に一定金額で、どこまで乗っても同じ値段になります。

飛行機

ロンドン周辺には6つの空港があります。

・ヒースロー空港
・ガトウィック空港
・シティ空港
・スタンステッド空港
・ルートン空港
・サウスエンド空港

ヒースロー空港は、世界中の航空会社が発着するイギリス最大の空港です。世界で最も利用客が多い空港と呼ばれるほど、利用客が多くヨーロッパのハブ空港としても知られています。日本からロンドンに行く場合には、ヒースロー空港に直行便がでています。その他、イギリス2で番目に大きいとされるガトウィック空港やその他の空港は、ヨーロッパ圏内やイギリス国内を結ぶ国際空港となっています。

LINE留学相談

食事・レストラン

イギリス料理

フィッシュ&チップスで有名なイギリスの食事。ロンドンの物価は、イギリス国内のなかでも最も高いとされています。そんなロンドンの食事について見ていきます。

現地の食生活、料理

イギリスの伝統的な朝食にイングリッシュ・ブレイクファーストがあります。トースト、ソーセージ、卵、ビーンズ、野菜などが盛り付けられています。市内のカフェなどで食べることができて、値段は1500円(10ポンド)ほど。また、移民や世界からの観光客が多い街だけあって、日本食、中華などいろんな国の食事ができるお店も存在します。

比較的安いお店で1050〜1200円(7〜8ポンド)ほど。外食した場合には、1000円程度はかかると考えておきましょう。市内の各地で開かれるマーケットには、豊富な食材や食べ物屋が集まっています。こちらは750〜900円(5〜6ポンド)ほどで購入できるものも多いので、食費を抑えたい場合には利用してみるのも良いでしょう。

ランチやディナーの値段

安めのランチで450〜900円(3〜6ポンド)、ディナーなら2250〜4500円(15〜30ポンド)程度です。ピザが約1500円(10ポンド)、日本食で約750円(5ポンド)といった具合です。こうしてみると、日本での食事より割高です。外食する場合は日本よりも出費がかさむと思っておいてもいいかもしれません。

チップ

支払い総額の10〜15%ほどがチップとなります。一般的には紙幣や1,2ポンド硬貨で支払います。日常的な場面であるなら50ペンス硬貨も使用可能です。小銭をたくさん渡すことは相手に対して失礼に当たるのでさけるようにしましょう。チップを渡す際は相手にお礼をいいながら目を見て渡すようにします。食事の際は、テーブルやお皿の上においておきます。

飲酒、喫煙:法律(年齢制限)

18歳〜飲酒、たばこの購入が可能です。お酒の販売については、時間制限のあるお店があったり、25歳以下に見える場合は年齢確認を求められることもあります。

医療

医療

病院事情

イギリスの国民健康保険NHS(National Health Service)は原則、診察は無料です。しかし、処方箋、歯科、眼科検診は含まれません。イギリスのNHSをうける際に注意すべきことは、居住地のGP(総合診療医:General Practitioner)に事前登録が必要ということ。

薬剤費は別途かかるのですが、イギリスでの治療をGPの登録をしておけば基本的に無料で受けられます。そして、治療を受ける前にGPで診察を受けて紹介状をもらい、医療機関にて診察をうけることができます。

もう一方の私立医療サービス、プライベートでは、スタッフや設備が充実しているもののプライベートで受けた診察費、治療費は全額自己負担になります。公的医療と私立医療の2つが存在するので、どちらにかかるか事前に調べて必要な手続きをしましょう。

留学生が診療にかかる場合の方法やアドバイス

前述の通り、GPへの事前登録をしましょう。急な体調不良の場合はやむを得ませんが、体調が悪くて病院にかかりそうだなと、思ったら悪くなる前にNHSを受けるよう準備いておいたほうが良いです。

病院の診察結果が大したことがなくても、プライベートの診察になって高額の医療費を支払うことになるよりも、たとえ診察後何もなくても、お財布にも自分にも良いと思います。もちろん、プライベートは医療環境が充実しているのでしっかり診察したいという場合は、そちらに行くこともできます。

まとめ

観光客や移民の多く訪れる街ロンドン。現地の生活には、日本の生活との違いも多く存在します。

ロンドン留学に戻る

LINE留学相談

ロンドン留学ガイド

ロンドン留学の特徴とメリット・デメリット

ロンドン留学の費用まとめ

1週間のロンドン留学費用の内訳と総額

1ヶ月のロンドン留学費用の内訳と総額

3ヶ月のロンドン留学費用の内訳と総額

半年のロンドン留学費用の内訳と総額

1年のロンドン留学費用の内訳と総額

ロンドンの地区・周辺エリア情報

ロンドンの治安情報

ロンドンへ渡航する前に知っておきたい両替情報

ロンドンの交通事情まとめ

ロンドン留学の休日の過ごし方

ロンドンのおすすめ観光スポット情報

ロンドンの空港情報と市内へのアクセス方法

ロンドンの現地生活情報

ロンドンの天気・気候と服装

ロンドンの仕事事情

ロンドンの滞在先の種類と特徴

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

スクールウィズならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう オンライン個別面談を予約する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

スクールウィズなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE登録&無料相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。