モントリオールでの滞在方法は何がある?滞在期間ごとにおすすめをご紹介!

モントリオール 滞在

モントリオールを訪れる方の中には、現地でどのような滞在方法があるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

モントリオールには、滞在期間に応じて以下の滞在方法があります。

  • 【1カ月未満の短期滞在向き】
  • ・ホテル
  • ・ゲストハウス
  • ・ホームステイ
  • ・コンドミニアム
  • 【1カ月以上の長期滞在向き】
  • ・シェアハウスやルームシェア
  • ・アパート
  • ・学生寮

とはいえ各滞在方法の特徴や滞在先の探し方はわからない方もいるかもしれません。

そこで今回はモントリオールでの滞在方法の種類、滞在先の探し方、滞在する際の注意点について紹介します。モントリオールへの渡航に際し、現地での滞在先を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

モントリオールで滞在におすすめのエリア

モントリオール 滞在

具体的な滞在方法を紹介する前に、ここではモントリオールで滞在する際におすすめのエリアをご紹介します。

エリア(1)サントルヴィル

サントルヴィルは、北米のパリと称されているモントリオールのダウンタウンエリアです。エリア内には観光スポットとして人気のノートルダム大聖堂をはじめ、中世ヨーロッパを思わせる建築物も多く建てられているため、観光目的での滞在におすすめのエリアとなります。

エリア(2)メルシエオシュラガメゾヌーヴ

メルシエオシュラガメゾヌーヴはサントルヴィルから約9km北にあるエリアです。サントルヴィルと比べると田舎で、メインストリートを外れると住宅街や賃貸物件が並んでいます。

エリア内には個人店や観光客向けのホテルが多くあり、観光というよりは生活のしやすさで評価が高いエリアとなっています。メインストリートから車や鉄道でまっすぐ南に行けば、ダウンタウンに行けるため利便性にも優れています。

エリア(3)サンレオナール

サンレオナールは閑静な住宅街が多いエリアで、ヨーロッパの雰囲気漂うモントリオールの中ではアメリカ寄りの町並みとなっています。

サンレオナールの住人はイタリア系カナダ人が多く、町中ではカナダの公用語である英語とフランス語に加え、イタリア語が飛び交う世界中でも珍しいエリアです。

レオナルド・ダ・ヴィンチセンターはこのエリアのシンボルとなっており、オペラや演劇などさまざまな用途に使われています。

エリア(4)ビューモントリオール

ビューモントリオールはセントローレンス川とサントルヴィルに挟まれているエリアで、モントリオールの中では最も古い街並みを残しているためオールドモントリオールとも呼ばれています。

サントルヴィルと並んでモントリオールの中で人気のエリアとなっており、景観を壊さないようデザインされたカフェや石畳、さまざま有名アーティストの画廊があります。

夜は街灯が建物を照らし、幻想的な街の雰囲気を楽しむことができます。

短期滞在におすすめの方法

まずは短期滞在者におすすめの方法をご紹介します。

滞在方法(1)ホテル・ホステル

モントリオール 滞在 ホテル

現地のホテルやホステルを予約して滞在するという方法です。個室、もしくは友人同士で利用することができます。

また、風呂やトイレは部屋についているため、ほかの人を気にすることなく利用できます。

モントリオールのホテル・ホステルは、ダウンタウンのあるサントルヴィルを中心にホテルが集中しています。中心部に簡単にアクセスできるエリアも人気です。

おすすめのエリア

  • ・サントルヴィル
  • ・ビューモントリオール
  • ・ルヴィラージュ
  • ・メルシエオシュラガメゾヌーヴ

相場の料金

15,000~25,000円あたりが相場です。

滞在先を探す方法

以下の宿泊予約サイトで探すことができます。
agoda

滞在方法(2)ゲストハウス

モントリオール 滞在 ゲストハウス

ゲストハウスはドミトリーと呼ばれる部屋に複数人で一緒に寝泊まりをする宿泊施設です。トイレや風呂は共同で、食事も自炊が多いですが最近では食事を提供しているところも多くなってきました。

モントリオールの中では、サントルヴィルやビューモントリオールに集中していますが、中西部にも点在しています。

おすすめのエリア

  • ・サントルヴィル
  • ・ビューモントリオール
  • ・ヴィルレイ

相場の料金

13,000~18,000円あたりが相場です。

滞在先を探す方法

以下サイトにて滞在先のゲストハウスを探すことができます。
Booking.com

滞在方法(3)ホームステイ

モントリオール 滞在 ホームステイ

ホームステイとは、留学生などがモントリオールの一般家庭などに宿泊させてもらい共に生活をするシステムです。英語を話す環境としては最適で、ホストファミリーと一緒に食事やお出かけをすることもあります。

住宅が多いメルシエオシュラガメゾヌーヴやサンレオナールなどのエリアが、主なホームステイ先となっています。

おすすめのエリア

  • ・メルシエオシュラガメゾヌーヴ
  • ・サンレオナール
  • ・ウェスト マウント

相場の料金

2,000~3,000円あたりが相場です。

滞在先を探す方法

留学エージェントに依頼して探す方法が最も主流の方法です。その他以下のサイトでも探すことが可能です。
HomestayBay

滞在方法(4)コンドミニアム

モントリオール 滞在 コンドミニアム

コンドミニアムとはキッチンや洗濯機などの各具があらかじめ備えられた宿泊施設のことです。滞在中に自炊、洗濯などをしたい方におすすめの滞在方法です。

モントリオールのコンドミニアムはサントルヴィル北部やミルトンパルクに集中しています。人が多く集まる多くエリアで、主要駅やビジネス街があります。

おすすめのエリア

  • ・サントルヴィル
  • ・ミルトンパルク
  • ・ルヴィラージュ

相場の料金

15,000~20,000円があたり相場です。

滞在先を探す方法

以下のサイトで探すことができます。
トリップアドバイザー

長期滞在におすすめの方法

続いては、長期での滞在におすすめの方法をご紹介します。

滞在方法(5)シェアハウス・ルームシェア

モントリオール 滞在 シェアハウス ルームシェア

シェアハウス・ルームシェアは、1つの部屋や家を借りて複数人で共有する方法です。基本的にトイレや風呂、キッチンなどは共用で、各個人に個室があります。

おすすめのエリア

  • ・ルトゥリアングル
  • ・プティットブルゴーニュ
  • ・サンストヴィル
  • ・ルプラトーモンロワイヤル
  • ・ユヴィル

相場の料金

3,500~4,000円あたりが相場です。

滞在先を探す方法

以下サイトにて滞在先を探すことができます。
e-mapleカナダ

滞在方法(6)アパート

モントリオール 滞在 アパート

アパートを借りて1人暮らしするという滞在方法です。日本での1人暮らしと同じような感覚で生活でき、1人暮らしを経験している人であればスムーズに生活をスタートすることができます。

おすすめのエリア

・サントルヴィル
・ビューモントリオール

相場の料金

2,000~2,500円あたりが相場です。

滞在先を探す方法

モントリオールでは日本とは異なり仲介業者がいないため、自分で大家さんや管理会社と契約します。また、事前に間取りを確認できないため、直接物件を見に行くことがほとんどです。

インターネットで物件を探す場合は以下のサイトの利用をおすすめします。
kijiji

滞在方法(7)学生寮

モントリオール 滞在 学生寮

学校が持っている寮に住むという滞在方法です。学校以外にも民間の寮が利用などもあります。

寮の場合、部屋は相部屋が一般的で、シャワーやトイレなどが共用となります。食事付き、キッチン付き、WiFiあり、女性専用など寮によって条件が違ってくるので、事前に確認しなければいけません。

モントリオールでは、サントルヴィルやウトルモンなど大学があるエリアに学生寮が集中して立地しています。

おすすめのエリア

  • ・サントルヴィル
  • ・ウトルモン
  • ・ビューモントリオール

相場の料金

2,500~5,000円あたりが相場です。

滞在先を探す方法

学校に電話で問い合わせるか、学生課の職員に直接聞きに行きましょう。さらに学校のホームページからも確認することもできます。

日本語で詳しく知りたい場合は留学エージェントに依頼するという方法も考えられます。

モントリオールで滞在する際の注意点

モントリオール 滞在 注意点

最後にモントリオールに滞在するあたり注意しておきたいポイントについて紹介します。トラブルに巻き込まれないためにも、事前に確認しておきましょう。

注意点(1)物乞い

モントリオールではホームレスや物乞いが多くいます。特に物乞いは声をかけてお金を求めてくるので、トラブルに巻き込まれないためにもお金は渡さないようにしましょう

注意点(2)立ち入り禁止区域、撮影禁止区域

モントリオールには旅行者立ち入り禁止区域があります。主に軍事関連施設や行政管理区域、私有地が禁止となっており、罰せられる可能性があるため注意しましょう。

また、空港イミグレーションでは撮影が禁止となっています。美術館や博物館は場所によって撮影禁止、協会や地下鉄では明確な決まりはありませんが、撮影を断られる可能性があります。

注意点(3)気候

モントリオールの気候は、年間の気温差が激しいことが特徴的です。

夏場の平均気温は25℃前後、冬場は-10℃前後まで低下するため、長期滞在する際は各季節に合わせた服装、過ごし方をするよう気をつけましょう。

モントリオールは川に囲まれているためほぼ島です。これにより夏は他の都市に比べて湿度が高く、気温が30℃近くに達すると東京と同じくらい湿度が上昇します。

モントリオールの滞在方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

モントリオールでは、短期滞在にホテルやゲストハウス 、長期滞在にはシェアハウスや学生寮などの滞在先がおすすめです。

これからモントリオールを訪れる予定のある方は今回紹介したポイントを踏まえ、現地での滞在先を検討してみてください。

モントリオール留学に戻る

モントリオール留学ガイド

モントリオール留学の特徴とメリット・デメリット

モントリオールへ渡航する前に知っておきたい両替情報

モントリオールの交通事情まとめ

モントリオールの地区・周辺エリア情報

モントリオールの空港情報と市内へのアクセス方法

モントリオールの現地生活情報

モントリオールのおすすめ観光スポット情報

モントリオールの天気・気候と服装

モントリオールの治安情報

モントリオールでできるアクティビティ情報

モントリオールの滞在先の種類と特徴

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。