留学経験なしは就活で不利?履歴書への書き方や就活を有利に進めるポイントを解説

留学経験なしは就活で不利?履歴書への書き方や就活を有利に進めるポイントを解説

就活を控える人の中には、
「留学経験って就活に有利なのかな……」
と考える人は多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、留学経験は就活に有利に働くことが多いです。特に英語力や留学で得たもの、変化などをしっかりとアピールできると、採用につながる可能性は高いです。

ただし留学した理由や目的を明確にする、留学前と留学後の変化を説明するなど、意識しておきたいポイントもあります。

そこで今回は、

  • ・留学経験が就活に役立つ理由
  • ・履歴書の経歴に書ける留学と書けない留学
  • ・留学経験からアピールできる英語力の目安
  • ・就活において意識したいポイント

を順に解説します。

また留学経験がない人におすすめの「2カ国留学」も最後に紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

留学経験は就活に影響あるの?3つのメリットや活かし方を解説

留学経験は就活に影響あるの?3つのメリットや活かし方を解説

就活に有利に働くことが多い留学経験。具体的にどのようなメリットがあるのか、

  • ・英語力は就活においてアピール材料になる
  • ・留学していない人と比べると英語力があるので有利になる
  • ・チャレンジ精神や計画性、異文化理解など新たな能力が身に付く

の3つを詳しく解説します。

メリット(1)英語力は就活においてアピール材料になる

留学を通して、語学力は大きく伸びることが多いです。しかし日本では、アピールできるほどの英語力を持っている人はあまり多くありません。

留学中にビジネス英語やスピーキングの能力を身に付けていれば、それだけで他の人との差別化になります。

TOEICでは800点近いスコアが必要になりますが、しっかりと勉強していれば有利に働くはずです。

メリット(2)留学していない人と比べると多くの経験をしている

留学経験がないことを理由に、就活で不採用になることは基本的にありません。

しかし留学経験のあるAさんと留学経験のないBさん、その他は同じスキルを持った2人が最終選考に残ったとしましょう。この場合、留学経験のあるAさんの方が、英語力や海外での経験を評価され、採用される可能性があります。

留学経験のない人と比べたときにアピール材料が増えるので、留学は有利に働くといえます。

メリット(3)チャレンジ精神や計画性、異文化理解など新たな能力が身に付く

留学で得られるのは、語学力だけではありません。チャレンジ精神や計画性、異文化理解の経験など、新たなスキルを手に入れられることも多いです。

実際にベネッセの調査によると、多くの企業が留学経験のある学生に求めることとして、以下を回答しました。

  • ・チャレンジ精神(65%)
  • ・対人コミュニケーション能力(59.8%)
  • ・広い視野(54%)

【出典】ベネッセ教育情報サイト「留学経験者を積極採用したい企業が約6割」

留学を通して、チャレンジ精神やコミュニケーション能力などの経験・スキルを得ることができ、就活の際にプラスに働くことがあります。

また国際交流を経験していることで、外資系企業への就職につながることも。

LINE留学相談

履歴書の経歴に書ける留学と書けない留学

履歴書の経歴に書ける留学と書けない留学

ここまで留学経験が就活に有利になるとお伝えしましたが、すべての留学方法がアピールになるわけではありません。

そこで次は、履歴書に書ける留学と書けない留学について解説します。

履歴書に書ける留学:正規留学や交換留学

履歴書に書ける留学は、例えば

  • ・正規留学:海外の大学に、入学から卒業まで正規で約4年間通う方法
  • ・交換留学:日本で通っている大学と提携している海外の大学に、半年から1年ほど留学する方法

などです。

上記の方法で1年を超える留学期間であれば、履歴書に書けることが多いです。

理由は「単位を取得し、専門知識を学んだことを証明できる」ためです。語学以外の専門知識やスキルもアピールできるので、就活でも自己PRの材料になり得ます。

履歴書への書き方は、以下の通りです。

【アメリカの大学に正規留学した場合】

年月 経歴
2016年4月 アメリカの〇〇大学〇〇学部〇〇学科に入学
2020年3月 アメリカの〇〇大学〇〇学部〇〇学科を卒業予定

日本における学歴の書き方と同じで構いません。

履歴書に書けない留学:ワーキングホリデーや語学留学

履歴書に書けない留学は、

  • ・ワーキングホリデー
  • ・語学留学

などです。

理由は「語学以外のアピールポイントが少ない」、そして「専門知識を得ているわけではない」ためです。

特に語学留学は経験している人が多く、自己PRに留学経験を話す人が多いです。そのため他の人との差別化が難しく、大きなアドバンテージになることは少ないです。

ワーホリや語学留学をアピールするときの対策

ワーホリや語学留学は、まったく就活に役立たないわけではありません。アピールの方法や視点を変えれば、就活で自己PRとして話すことは可能です。

例えば、

  • ・TOEICで英語力を証明する
  • ・留学で苦労して乗り越えたエピソードから、自分の強みを伝える

などです。

「語学留学だからアピールにならない……」と諦めず、自己PRで役立つことも多いので、何かエピソードはないか考えてみましょう。

語学留学のアピール方法は、以下の記事も参考にしてみてください。

語学留学は履歴書に書いてもいい?書き方や転職でのアピール方法を紹介します

留学経験で英語力はどのくらい身に付く?就活でアピールするには?

留学経験で英語力はどのくらい身に付く?就活でアピールするには?

続いては、留学経験の英語力に注目して、就活でアピールできるレベルや方法などを解説します。

「英語力がある」と言えるのはTOEIC800点・英検準1級以上のレベル

まず「英語力がある」といえるのは、以下のレベルに達した場合です。

  • ・TOEIC800点以上
  • ・英検準1級

日本人の大学生の平均的な英語力は、TOEIC400〜500点ほど。最低でもこれを超えているうえに、留学中に勉強したぶんを上乗せすると800点以上のスコアが必要となります。

またそれ以外にも、ビジネス英語の取得やスピーキング力の向上に努めていると、さらに評価されることがあります。

留学経験で十分な英語力を手に入れた人は、他のスキルを伸ばすことも考えてみましょう。

語学留学なら最低でも半年以上がおすすめ

これから就活のために語学留学を考えている人は、最低でも半年以上の留学を検討してみてください。

まず英語力は3ヶ月以上の時間をかけないと、伸ばすことができません。英語は予習や復習をくり返して身に付くものなので、数ヶ月経ってから伸びを実感することが多いのです。

そこからTOEICスコアを伸ばすとなると、さらに3ヶ月以上の時間が必要です。このことから、英語初心者やTOEIC400〜500点レベルの人は、半年以上の留学を計画しましょう。

注意点:世界に対応できる英語力が身に付くかは自分次第

ここまで半年以上の留学である程度の英語力が身に付くとお伝えしましたが、すべての人が英語力を伸ばせるわけではありません。英語力が身に付くかどうかは「自分次第」だからです。

半年留学しても、毎日遊んでいると英語力は伸びませんよね。遊びをほどほどにおさえて勉強に集中するからこそ、自分のスキルとして返ってくるものです。「半年ほど頑張れば就活や将来に役立つ」と努力できる人こそ、英語力を手にすることができるのです。

自分の行動次第で結果が変わるので、努力は忘れないようにしましょう。

(PR) 1人で英語学習が続かない人は仲間と一緒に頑張る「Gariben」がオススメ!

英語 gariben

ここまで英語学習についてご紹介してきましたが、勉強する内容はハッキリしていても、毎日英語学習するのはモチベーションが続かないという方がたくさんいます。実際に英語学習者の85%は英語学習の継続に挫折した経験があるそうです。 そんな方におすすめなのが「Gariben」です。 同じ目的と目標を持った仲間と切磋琢磨し、英語学習を継続できるサービスです。現在TOEICコースが提供されています。

本気の仲間との出逢い、グループで目標・進捗共有、TOEIC満点講師の対策講義など

英語 gariben

Garibenは、英語学習を頑張りたい人同士で5~6人のグループをつくり、学習状況をシェアするサービスです。 目安となる学習時間は毎日1.5時間以上。 参加いただいた方は毎日の学習レポートを仲間と共有し、日々の進捗を確認します。継続が難しい英語学習に日々のコミュニケーションを取り入れることによって必然的に学習に向き合う環境が提供されます。 本気の英語学習サービスを調べた経験のある方なら、コーチング式の英語スクールを検討したことがあるかもしれません。しかし、一般的なコーチング式の英語スクールでは3ヶ月で50万円ほどとかなり高額で、諦めた人も多いかと思います。 一方でGaribenは3ヶ月で66,000円という低価格設定です。 Garibenのサービス詳細は下記のページより確認できるので、今回こそは本気で英語学習に取り組みたいという方はぜひご検討ください。 2期生応募〆切は5/13なので興味ある方はお早めに! 「Gariben」公式サイトはこちら

留学経験を就活で生かすために意識したいポイント3つ

留学経験を就活で生かすために意識したいポイント3つ

次は、留学経験を就活で活かすためのポイントとして、

  • ・留学した理由を説明できるようにしておく
  • ・自分の中での留学前と留学後の変化をまとめておく
  • ・留学経験をこれからどのようにして活かすか伝える

の3つを解説します。

ポイント(1)留学した理由を説明できるようにしておく

まず留学した理由や目的をしっかりと説明できることで、自分の決意によって留学したことが伝わると、「自分の頭で考えて行動できる人物」であることも伝わります。

就活が始まる前に、留学した理由や目的をしっかりと話せるようにしておきましょう。

ポイント(2)自分の中での留学前と留学後の変化をまとめておく

留学経験を通して、自分の中で変化があった人も多いのではないでしょうか。自分の内面の変化は、あなただけのエピソードとなります。語学力などとはまた違った視点で自己アピールができるので、他の就活生との差別化につながります。

自分の性格や行動の変化を書き出して、エピソードとして説明できるようにしてみてください。

ポイント(3)留学経験をこれからどのようにして活かすか伝える

留学は最中だけでなく、帰国してからも大切です。特に企業は「留学経験で得たことを仕事でどのようにして活かすのか」を知りたいと感じていることも多いです。

また留学経験から貢献できることをアピールできれば、「この人を採用するとこんなメリットがあるんだな」と感じてもらえることもあります。

留学経験で得たことをこれからどう活かせるのか、企業研究とともに考えてみてください。

英語力に自信がない人は2カ国留学がおすすめ

英語力に自信がない人は2カ国留学がおすすめ

ここまで留学経験を就活に活かす方法をお伝えしましたが、まだ留学経験がなく、これから留学を検討している人も多いかと思います。

そのような人におすすめの「2カ国留学」について解説します。

2カ国留学とは?

2カ国留学とは、例えばフィリピンなどアジア圏の国に留学した後、アメリカやオーストラリアなど別の国に留学するものです。

2カ国留学をおすすめする理由は以下の通りです。

  • ・フィリピンであればマンツーマンレッスンで勉強して英語力を伸ばせる
  • ・フィリピンなどアジア圏は物価が安いので、費用を抑えて長期留学がしやすい
  • ・ある程度英語に慣れてからネイティブの多い欧米などに留学できる

2カ国留学であれば「英語初心者だから……」と、留学をあきらめる必要がありません。特にフィリピンの語学学校は英語初心者が多いので、みんな同じ状態からスタートできるのです。

結果として、就活で有利に働く英語力も手に入るはずです。

2カ国留学におすすめの渡航先をチェックしてみよう

2カ国留学におすすめの渡航先をチェックしてみよう

2カ国留学をする場合でも、自分に合った留学先を見つけることは欠かせません。自分に合った国や学校で勉強する方が、英語力も伸びやすくなるからです。

どのような国が自分に合うのか悩んだときは、School Withの「オススメの国・都市診断」を受けてみてください。2分ほどの質問に答えるだけで、あなたにピッタリの留学先を提案してくれます。

そのまま留学相談を申し込むこともできるので、悩んだときには活用してみてくださいね。

オススメの国・都市診断

まとめ

今回は、留学経験を就活に活かす方法などを解説しました。

おさらいすると、留学経験は以下の点から就活で有利に働くことが多いです。

  • ・英語力は就活においてアピール材料になる
  • ・留学していない人と比べると英語力があるので有利になる
  • ・チャレンジ精神や計画性、異文化理解など新たな能力が身に付く

また留学経験を就活でアピールするためには、以下のことを意識してみてください。

  • ・留学した理由を説明できるようにしておく
  • ・自分の中での留学前と留学後の変化をまとめておく
  • ・留学経験をこれからどのようにして活かすか伝える

英語力に不安がある人は、2カ国留学もおすすめです。
留学先に迷ったときは、School Withの「オススメの国・都市診断」なども活用してみてくださいね。

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。