【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

ワーキングホリデーと留学の違いって何?ビザや費用など徹底比較!

ワーキングホリデー 留学 違い

「ワーキングホリデーと留学って、何が違うんだろう……」

と感じている方は、多いのではないでしょうか?

ワーキングホリデーと留学は、「ビザの種類」が異なります。ビザが違うために、ワーキングホリデーでは現地でアルバイトができるものの、留学では働くことが許可されていません。

ビザの違いを知っておくことで、自分が海外でやりたいことにあわせて渡航スタイルを選択できます。これにより「英語力アップ」や「海外生活の体験」など、目的も達成しやすいです。

とはいえ、具体的な違いは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • ・ワーキングホリデーと留学の具体的な違い
  • ・ワーキングホリデーと留学の共通点
  • ・それぞれの渡航スタイルをおすすめできる人の特徴

などを紹介します。

「いきなり渡航スタイルを決めるのは難しい…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけなら簡単です。

まずはワーキングホリデーと留学の違いについて、ざっくりと理解しましょう!

【PR】

ワーキングホリデーと留学の違いは「ビザの種類」

ワーキングホリデー 留学 違い

まず、ワーキングホリデーと留学の定義を確認しておきましょう。

ワーキングホリデーとは、協定を結ぶ国へ渡航して、「観光」「就学」「就労」ができるもの。一方で留学とは、海外の学校に通って勉強することです。

これらを踏まえた上で、

・ワーキングホリデー
・留学

それぞれのビザについて、解説します。

ワーキングホリデーのビザ

ワーキングホリデービザは、日本とワーキングホリデーの協定を結んでいる国のみで発行が可能です。そのため、世界中のすべての国に渡航できるわけではありません

詳細は以下の通りです。

・ビザ:ワーキングホリデービザ
・期間:1〜2年間
・年齢制限:18〜30歳以下
・対象の国:協定を結んでいる19のエリア(2018年時点)
・ポイント:現地で働くことができる

1つの国に対して、一度しかこのビザは取得できません。

しかし最大で2年間、現地で自分の好きなことをして暮らすことが可能です。現地でできることが幅広く、「海外生活」をしっかりと体験できます。
ワーキングホリデーとは?日本の協定国から費用、ビザ情報までまるっとご紹介!

留学のビザ

留学の目的は、現地で勉強することです。この場合は「学生ビザ」と「観光ビザ」を利用します。ワーキングホリデーとは異なり、渡航できる国に制限がないことが特徴となっています。

・ビザ:学生ビザ、観光ビザ
・期間:制限なし(ただし「観光ビザ」は3カ月まで、「学生ビザ」は4カ月以上の留学向け)
・年齢制限:なし
・対象の国:なし
・ポイント:勉強が目的のため、働くことはできない

同じ国でも2回、3回と、複数回に渡って留学することも可能です。

ポイントは現地で仕事ができるかどうか

ワーキングホリデー 留学 違い

2つのビザの大きな違いは、「現地で働くことができるかどうか」です。

国にもよりますが、留学のビザで働くことはできません。学生の就労は禁止されており、国によっては有給のインターンも禁止です。国によって働けたとしても、週に20時間ほどの短時間です。

ワーキングホリデーは、観光や休暇の意味合いが強い制度ですが、現地で働くことが可能です。内容はアルバイト、もしくは有給のインターン。ビザがもともと就労を許可しているもののため、別のビザを取る必要もありません。

どちらも勉強はできますが、仕事ができるのは「ワーキングホリデー」のみです。

ワーキングホリデーと留学の共通点

ワーキングホリデー 留学 違い

続いては、ワーキングホリデーと留学の共通点として、

・観光と就学ができる
・ホームステイができる

の2つを紹介します。

観光と就学はできる

「英語が勉強したい」という目的であれば、どちらのビザも利用可能です。他の新たなビザを申請する必要はなく、語学学校に申し込むことで入学できます。

また休日も自由のため、周辺の観光や他の国への旅行も可能に。どちらのビザでも、観光と勉強は可能です。

ホームステイができる

留学でもワーキングホリデーでも、ホームステイは可能です。ワーキングホリデーは語学学校に通う場合のみですが、学校で申し込んで手配してもらいます。

ホームステイをすることで、

・現地に知り合いができる
・現地の生活をのぞくことができる

などが体験できます。

人によっては、帰国してから何年もホストファミリーと付き合いがあるという人も。現地の家庭や、生活環境を知りたい人にはおすすめです。

ワーキングホリデーだからできること3つ

ワーキングホリデー 留学 違い

ここからはワーキングホリデーと留学、それぞれの制度だからこそできることを紹介します。

まずはワーキングホリデーでできることとして、

  • ・アルバイト
  • ・インターン
  • ・海外での生活

の3つを紹介します。

アルバイト

ワーキングホリデーでは就労が許可されているため、アルバイトが可能です。

例えば、

  • ・カフェ
  • ・レストラン
  • ・農場
  • ・ホテル

などです。

国にもよりますが、時給は1,500〜3,000円ほど。特にオーストラリアやニュージーランドは時給が高いため、貯金をして帰国する人も少なくありません。

大変な仕事もありますが、ワーキングホリデーだからこそ「海外で働く」という体験が可能に。自分が海外就職に向いているのかもわかります。

インターン

国にもよりますが、留学の学生ビザや観光ビザでは、有給のインターンはできません。ワーキングホリデーでは、無休でも有給でもインターンが可能なため、内容を気にせず応募できます。

またインターンは帰国後の就職活動で、「実務経験」として見てもらうことも可能です。社会人のワーキングホリデーでは、滞在中にインターンをして、新たなスキルをゲットする人も。帰国したあと、スキルを活かして就職活動を有利に進めるケースも少なくありません。

ワーキングホリデーであれば、時間や報酬の制限を気にすることなく、インターンができます。

「海外で生活する」という体験

ワーキングホリデーでは、就学から就労まで体験できるとお伝えしました。これらのすべて体験することで、「海外での生活」が実現します。

留学生やアルバイトなど、立場によって見える国の一面も異なります。

例えば、

・語学学校は楽しいけれど、働くと給料が安くて長時間労働になりがち
・時給は高いから稼げるけれど、講師のやる気がないため英語力はアップしない

などです。

極端な例ですが、生活してみて初めてその国のことを理解できます。この体験は、ワーキングホリデーだからこそできることです。

留学だからできること3つ

ワーキングホリデー 留学 違い

続いては留学だからこそできることとして、

  • ・大学や大学院への留学
  • ・語学の上達
  • ・途上国での生活

の3つを紹介します。

大学や大学院への留学

大学や大学院への留学は、学生ビザが必要です。そのため海外で専門分野を学ぶことは、留学でしかできません。

例えば、

  • ・経済や経営
  • ・デザイン
  • ・マーケティング
  • ・法律
  • ・心理学

などです。

このような語学以外の専門分野を学びたい場合、学生ビザで留学する必要があります。

語学の上達

留学では働くことができないため、語学の勉強に集中できることも特徴です。

またワーキングホリデーで渡航して、最初の2〜3カ月間は語学学校に通ったものの、「そのあと英語力はアップしなかった」と言う人は少なくありません。

ワーキングホリデーで語学が上達しにくい理由は、

  • ・農場など英語を必要としないアルバイトをしていた
  • ・日本人とよく遊んだり生活したりしていた
  • ・アルバイトで疲れて勉強の時間が確保しにくかった

などです。

また英語圏で生活するだけでは、英語は上達しません。学習を続けて英語を使い続けることで、ようやくスキルアップできるからです。

留学はアルバイトができないため、勉強に集中するのみ。1年間続けて勉強することで、大幅な英語力アップが期待できます。

途上国での生活

留学には渡航する国の制限がないとお伝えしました。学生ビザや観光ビザが許可されることで、ほとんどの国に渡航できます。

そのため途上国や、物価の安い国への留学が実現します。

例えば、

  • ・フィリピン
  • ・タイ
  • ・グアテマラ

などです。

学生ビザだからこそ、途上国での生活を体験できるのです。このように渡航スタイルによって、できることが異なります。

ワーキングホリデーと留学の費用の違い

ワーキングホリデー 留学 違い

ワーキングホリデーと留学では、費用も大きく異なります。

ここでは、

  • ・ワーキングホリデー
  • ・語学留学
  • ・大学や大学院への留学

の3つ、それぞれの費用を解説します。

※どれも1年間の費用で計算しています。

ワーキングホリデー

3カ月間は語学学校に通って、あとはアルバイトをする場合を紹介します。

・航空券:10〜15万円
・授業料:0〜50万円
・家賃:50万円(1カ月4〜6万円)
・生活費:120〜144万円
・海外旅行保険:25万円
【合計】200万円〜

語学留学

語学留学の場合、以下の通りです。

・航空券:10〜15万円
・授業料:50〜200万円
・家賃:50万円(1カ月4〜6万円)
・生活費:120〜144万円
・海外旅行保険:25万円
【合計】250万円〜

大学・大学院留学

大学や大学院への留学は、以下の通りです。

・航空券:10〜15万円
・授業料:50〜300万円
・家賃:50万円(1カ月4〜6万円)
・生活費:120〜144万円
・海外旅行保険:25万円
【合計】250万円〜

このように費用も大きく異なるため、あらかじめ調べておきましょう。

ワーキングホリデーと留学で必要な英語力の違い

ワーキングホリデー 留学 違い

ワーキングホリデーと留学では、必要な英語力も異なります。

ここでは、

  • ・ワーキングホリデー
  • ・語学留学
  • ・大学や大学院への留学

の3つにわけて紹介します。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーでは、TOEIC600点ほどの英語力があると安心です。

ワーキングホリデーでアルバイトするならば、現地のネイティブのお客さんを相手にすることも少なくありません。そのため注文や頼まれたことを理解して、やり遂げるくらいの英語力が必要です。

TOEIC600点は、「日常会話ができて、仕事の内容も理解できる」くらいのレベル。そのためまずはこのスコアを目指して、相手の言いたいことを理解できるくらいの英語力を身につけましょう。

語学留学

語学留学は、TOEIC400点ほどの英語力が必要です。これは中学英語レベルであり、日常英会話を理解できる英語力です。

正直に言うと、語学留学は英語がまったくできなくても入学は可能です。そのため「ほとんど英語がわからない」という留学生も少なくありません。

しかし授業はすべて英語のため、日常会話は理解できなければ、レッスンも理解できませんよね。せっかく留学に来たのに、現地で単語を覚えたり、文法を復習したりすることは、時間がもったいないです。

そのため基礎である、「中学英語レベル」は身につけておくようにしましょう。留学後のレッスンや英語学習がスムーズです。

大学・大学院留学

大学や大学院への留学も、TOEIC600点は必要です。余裕があればTOEIC700〜800点ほど、また自分が学ぶ専門分野の用語も勉強しておきましょう。

大学や大学院の授業もすべて英語です。さらには専門用語も多いため、日常英会話やビジネス英会話だけではカバーできません。

そのためTOEIC600〜800点レベルの英語力と、専門用語を身につけておく必要があります。

ここまでワーキングホリデーと留学の違いを、さまざまな角度から解説しました。最後に、それぞれの渡航スタイルをおすすめする人の特徴をお伝えします。

ワーキングホリデーがおすすめな人

ワーキングホリデー 留学 違い

ワーキングホリデーは、以下の人におすすめです。

  • ・海外でアルバイトをしてみたい人
  • ・留学費用を節約したい人
  • ・海外就職を考えている人
  • ・渡航の目的に悩んでいる人
  • ・インターンでスキルアップしたい人

自由度が高いため、海外で挑戦したいことがたくさんある人には挑戦しやすい環境が整っています。

留学がおすすめな人

ワーキングホリデー 留学 違い

留学は、以下の人におすすめです。

  • ・英語力をアップさせたい人
  • ・留学資金に余裕がある人
  • ・海外の大学や大学院で学びたい人
  • ・学びたいことが決まっている人
  • ・勉強に集中したい人

また年齢制限がないため、英語を学び直したい社会人にもぴったりの制度です。

英語力に不安がある人は、まず語学学校に通うのもおすすめ

ワーキングホリデー 留学 違い

ここまでワーキングホリデーと留学の違いを解説しました。目的によって選ぶべきスタイルは異なりますが、どちらも「中学英語レベルの英語力」は欠かせません。

しかし、「英語がほとんどわからない……」という人もいるかと思います。また「ワーキングホリデーで働きたい…」と感じるものの、英語力が足りないから諦めるのも、なんだか悔しいですよね。

その場合は、まず語学学校に通うことをおすすめします。英語力ゼロから学んだ留学生は多く、英語学習に集中できる環境も整っています。

現地で生活しながら勉強することで、インプットとアウトプットが同時に可能に。数カ月でTOEICスコアが300点近くアップする人も、少なくありません。

School Withでは、1週間の短期留学から申し込みを受け付けています。フィリピンなど、留学費用が比較的安い国への留学も可能。都市や学校も、数ある中からあなたにあった場所を見つけることができます。

まずは自分の渡航先にどんな語学学校があるか見てみてはいかがでしょうか。
語学留学ができる国一覧ページ(https://schoolwith.me/countries

まとめ

今回は、ワーキングホリデーと留学の違いを解説しました。

おさらいすると、これらは「ビザの種類」が異なります。

そのため、ワーキングホリデーでは、

  • ・アルバイト
  • ・インターン
  • ・海外での生活

が可能に。一方で留学では、

  • ・大学や大学院への留学
  • ・語学の上達
  • ・途上国での生活

が実現します。

もしも語学に不安がある場合は、短期の語学留学からスタートすることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。