School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

留学先に持っていくスーツケースの選び方は?留学期間ごとのおすすめ商品も紹介します

スーツケース

留学の際に必要なものといえばスーツケースですが、留学の期間によって選ぶ種類は異なります。購入の際は、サイズ、容量、重さ、頑丈さ、防犯機能といった5つのポイントを確認しておくと、自分の留学スタイルに合ったスーツケースが見つかりやすくなります。

今回は、留学先に持っていくキャリーケースの選び方やポイント、持っていくスーツケースの個数、さらには短期、中期、長期の留学ごとにおすすめのスーツケースや一緒に購入しておくと役立つ便利グッズをご紹介します。

【PR】

留学先に持っていくスーツケースを選ぶ基準、ポイントは?

ポイント

留学先へ持っていくスーツケースを選ぶ際には、5つの基準があります。また、スーツケースは機内へ持ち込みをするのか受託手荷物(チェックインカウンターで預ける大きな荷物)にするのか、利用する航空会社の制限がないかということも、確認しておきましょう。

大きさ/サイズについて

スーツケースの大きさやサイズに関しては、3辺の和を確認しましょう。基本的には、幅(W)、高さ(H)、奥行(D)の和が158センチ(62インチ)以内のスーツケースであれば、飛行機で利用可能です。

国内や海外のどの航空会社でも、共通のサイズ制限となっています。ただし、日本航空(JAL)のみ、3辺の和が203センチ以内のスーツケースまで利用できます。荷物の多い方はJALであれば、より多くの荷物を持っていくことができるでしょう。

重さについて

スーツケースの重さは、軽ければ軽いほど、荷物を持っての移動がスムーズに行えます。実際に中身を詰めた状態では、平均23kg分まで受託手荷物として預けられる航空会社が多いです。

荷物を入れた状態の重さ制限は、航空会社によって異なります。そのため、荷物を少しでも軽くしたい、もしくはたくさん入れられるようにしたいというときは、スーツケース自体が軽いものを選ぶと、荷物をたくさん持っていくことができます。帰国の際にお土産を買いたい方は、増える分を考えてすこし余白を開けておくのがおすすめです。

容量について

スーツケースの容量は、L(リットル)で表されます。留学の日数によって容量は異なりますが、1泊につき10Lと考えると分かりやすいです。10Lの容量があれば、着替えの衣服やパジャマ、歯ブラシやタオルといった生活用品まで、1日を過ごすために必要な荷物をほとんど入れることができます。

そして、1ヶ月以上の留学では85L前後のスーツケースを使用するのがおすすめです。長期留学でも1週間分の衣服があれば、洗濯をして着回しができるため問題ありません。そのため、平均で1週間分の荷物が入るスーツケースがあれば、十分です。

留学日数ごとに適している容量は、以下になります。

・1〜2週間:70L前後
・1ヶ月:85L前後
・数ヶ月〜1年:85〜100L前後

1ヶ月以上の留学でも、85Lで十分な容量です。衣服はかさばりますが、現地では洗濯して着回しすることができるため、1週間分で十分です。圧縮袋を使えば、さらに量を減らすことができるため、1ヶ月でも半年でも、容量は85Lで問題ありません。

また、大きいスーツケースの方が荷物は入りますが、大きすぎて持ち運べない、重さ制限の23kg以内におさまらないといった問題が発生します。85Lのスーツケースであれば、中身を詰めても23kg以内におさまりやすく、超過料金が発生しません。

頑丈さ

スーツケースは、なるべく強化プラスチックのような、頑丈な素材の方が安心です。そのため、ハードケースの方が壊れにくいと言われています。

スーツケースは、ソフトケースとハードケースの2種類があります。ソフトケースは、ナイロンのようなやわらかい素材で作られており、ハードケースは強化プラスチックといった硬い素材で作られています。海外では荷物を預けたときに、乱暴な扱いを受けることもあります。そのため、硬いハードケースの方が頑丈で壊れにくく、衝撃にも耐えられる仕様になっています。

防犯機能(TSAロック、その他セキュリティ機能について)

海外留学の場合のスーツケースは、防犯機能が搭載されているものを選ぶと安心です。カギ付きスーツケースはもちろん、国によってはTSAロックというものが搭載されているスーツケースでなければいけない場合もあります。

TSAロックとは

TSAロックとは、アメリカへの渡航の際に必ず必要となる、カギの種類です。アメリカの空港では9.11のテロ以降、受託手荷物のスーツケースのランダムな中身確認が義務付けられています。しかし、各自のカギを勝手にこじ開けることはできないため、共通のTASロック機能のついたカギの使用を求められています。

TSAは、赤いマークが特徴で、もともとスーツケースに付いているタイプも多いです。TSAのカギであれば、空港スタッフがTSA専用のカギを使用して中身確認を行うため、スーツケースを壊される心配がありません。サイパンやハワイも対象となるため、留学先に選んでいる方は注意しましょう。

その他の持ちやすさや機能について

スーツケースは、その他にも持ちやすさや値段といったポイントも確認しておきましょう。

留学の初日や帰国時は、スーツケースを持って移動しなければなりません。そのため、持ち手がグリップになっているというように、握りやすいものを選ぶと移動もしやすいです。また、スーツケースの値段によっても、クオリティが変わることがあります。平均3万円、もしくはそれ以上の値段のスーツケースを選んでおくと、壊れにくいことが多いです。

選ぶ際の注意点

・機内持ち込みをする場合
スーツケースを機内持ち込みする場合は、3辺の和が115センチ以内のスーツケースなら利用可能です。幅(W)×高さ(H)×奥行(D)が、40×55×25で、重さは平均10kgまでであれば持ち込み可能です。

重さをオーバーした場合、超過料金をチェックイン時に取られてしまいます。航空会社によって料金は異なりますが、平均6千〜2万円かかります。重さをオーバーしてしまう場合は、事前に申請しておけば安く荷物を預けられる航空会社もあります。どうしても23kgを超えてしまう場合は、事前申請も検討してみましょう。重さ制限は利用する航空会社によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

・キャスターの個数と音について
スーツケースを選ぶ際に、キャスターの個数と音を確認する方も多いです。キャスターは2輪と4輪の2種類があります。2輪はキャスターが2つしか付いていませんが、スーツケースを斜めにして動かすことができる、一般的なタイプです。対して、4輪はキャスターが4つ付いており、斜めに動かさずにスーツケースを立てたまま、転がして移動することが可能です。

スーツケースは、エスカレーターの上り下りが多い場所や人が多い場所など、動かしにくいところもあります。移動が多い、動かしやすいものが良いという方は、キャスターが4輪付いているスーツケースの方が、扱いやすいでしょう。あまりスーツケースを利用したことのない方にもおすすめです。

また、キャスターの音を確認するという方も多いです。キャスターは、素材によって転がしたときの音の大きさが変わります。プラスチック製はうるさく、ゴム製の方が静かに移動することができると言われています。さらに商品によっては、衝撃吸収性や静音効果の施されているスーツケースもあります。音が気になるという方は、キャスターの素材と騒音対策も確認しておきましょう。

スーツケースは何個待っていくべき?

基本的には、大きなスーツケースが1個あれば十分です。スーツケースと機内持ち込みをするサブバッグの2個で、問題ないでしょう。

スーツケースの個数に関しては、航空会社の荷物制限があります。受託手荷物と機内持ち込み荷物をそれぞれ1個までと決めている航空会社も多いです(パソコン用ケースは例外)。ただし、ANAやJALといった日系の企業であれば、2個まで飛行機で利用できることが多いです。

留学期間別におすすめなスーツケースまとめ

留学の期間別に、どんなスーツケースが良いのか、実際におすすめのスーツケースをご紹介します。

1週間〜2週間

・どんなスーツケースがおすすめ?
1〜2週間の留学であれば、容量は70L前後のものがおすすめです。荷物が少ないという方は、50L前後で足りる場合もあります。また、短期留学の場合は短い期間で移動するため、軽量のものを選んでおくと、移動が楽になります。スーツケースの個数も、よほど荷物が多くない限りは、1個で十分でしょう。

・おすすめなスーツケース:リモワ サルサエアーシリーズ(80L)
スーツケースメーカーのリモワは、ドイツのスーツケースブランドです。軽量化に特化しており、中でもサルサエアーシリーズは従来の同シリーズから、さらに約26%もの軽量化に成功している商品です。

リモワのスーツケースには、ポリカーボネートという、軽量のプラスチック素材が使用されています。ポリカーボネートはアルミニウムよりも軽く、航空機や自動車の部品として使用されることの多い素材です。また、耐衝撃性も高く、ガラスの約200倍もの強度があると言われています。

スーツケースの扱いに慣れていなくても持ち運びやすく、衝撃にも強いためぶつけてしまっても壊れにくいです。初めての留学や短期留学におすすめのスーツケースです。

リモワ サルサエアーシリーズ 80L

1ヶ月〜3ヶ月

・どんなスーツケースがおすすめ?
1〜3ヶ月の渡航であれば、容量は85Lほどのスーツケースがおすすめです。基本的に、受託手荷物として預けるスーツケースは1個で十分です。しかし、荷物が多い、帰りのお土産が入るか不安という方は、2個持っていくというのもおすすめです。

・おすすめなスーツケース:アメリカンツーリスター ロールズⅡ スピナー75
アメリカンツーリスターは、アメリカ発祥のブランドです。丈夫で機能的でありながら、美しいデザインの製品作りを心がけているブランドです。

中でも、ロールズⅡシリーズは、軽量で細身な見た目にもかかわらず、容量が92Lと、やや大きめのサイズです。中期の留学でも、多めに荷物を持っていきたい場合におすすめです。また、キャスターが4輪になっているため、スーツケースを立てたまま移動させることが可能です。大きな荷物を斜めにして移動するのは、なかなか大変です。そのため、4輪のロールズⅡであれば、移動も楽に行えるでしょう。

アメリカンツーリスター ロールズⅡ スピナー75

半年から1年以上留学するなら

・どんなスーツケースがおすすめ?
半年から1年以上の留学へ行く場合も、スーツケースの容量は85L前後で十分です。基本的には、7〜10日分の荷物があれば問題ありません。また、長期間使用するということで、ハードケースの方が頑丈で安心です。

・おすすめなスーツケース:サムソナイト ジャニック スピナー73
サムソナイトは、アメリカのコロラド州で誕生したブランドです。カーブという素材の使用による軽量化や、コンパクトなのに大容量なスーツケースを多数販売しています。

中でも、ジャニックというシリーズは、115Lも入る大容量サイズを実現しています。ジャニックは、本体の底部分を低くすることで、容量の拡大に成功しています。底部分が低くなっただけでのため、見た目は一般的なスーツケースのようで大きく感じません。長期の留学でも、安心してたくさんの荷物を持っていくことができるでしょう。

サムソナイト ジャニック スピナー73

スーツケースと一緒に買っておくと役立つ3つの物

スーツケースの他にも、ワイヤーロック、スーツケースベルト、圧縮袋を一緒に購入しておくと、防犯面と荷物整理の際に便利です。

ワイヤーロック

スーツケースにワイヤーロックを付けておくと、防犯面で安心です。空港や移動時に、スーツケースとサブバッグをまとめておきたいと思っても、1人では荷物を盗られないか、不安に感じませんか?特に、初めての海外や長いフライトのあとは、慣れない土地ということと疲れから、ついつい気が緩みがちです。

ワイヤーロックは、細長い針金のようなもので、複数の荷物をまとめておくことができます。荷物をおろして地図を見たいとき、移動前に一息つきたいときなど、ワイヤーロックで荷物を盗られないように、まとめておきましょう。

旅行用3桁ダイヤル式ワイヤーロック

スーツケースベルト

スーツケースに専用ベルトを付けておくと、中身が飛び出る、預けている間に中を開けられてしまうといったことを防ぐことができます。

スーツケース自体にカギが付いているため、途中で中が開いてしまうことはありませんが、海外の空港や航空会社での荷物の扱いは、日本よりも雑です。さらには、空港スタッフがカギを開けて荷物を盗ろうとすることもあり、中身を開けにくくする工夫が必要です。

スーツケースベルトは衣服のベルトのようにスーツケースに巻きつけて使用するもので、簡単に取り付けができます。カギにはなりませんが、ベルトを付けていると開けにくくなり、防犯対策にもなります。

TSAロック式スーツケースベルト

圧縮袋

圧縮袋は、荷物を少しでも多く入れたいという方におすすめです。100円ショップでも手軽に購入することができます。

圧縮袋を数枚使用するだけでも、衣服が小さくなり、荷物が入るスペースが増えます。特に、「長期留学で、冬服と夏服を両方持っていかなければならない」という方は使用することをおすすめします。スーツケース内のスペースが増えるため、お土産などを入れるスペースが増えるだけでなく、荷物整理もしやすくなるでしょう。しかし、圧縮袋を利用すると洋服にシワがつきやすくなるため、畳み方には気をつけましょう。

まとめ

留学の際に、荷物をまとめるスーツケースは必ず必要です。留学期間によって、サイズ、容量、重さ、頑丈さ、防犯機能といった5つの点が変わります。特に、機内持ち込みでも受託手荷物でも、サイズは決まりが厳しく、さらには重さも平均20kgほどの荷物しか預けることができませんので、注意しましょう。

今回、1〜2週間の短期留学、1〜3ヶ月の中期留学、半年〜1年以上の長期留学に分けて、おすすめのスーツケースをご紹介しました。また、合わせて留学に役立つ便利グッズもご紹介しています。キャリーケースと一緒に、購入を検討してみてくださいね。

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。