School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

やっぱり気になる屋台料理!おすすめフィリピン料理〜屋台編〜

フィリピンを訪れる際、毎回楽しみにしているものは、大好きなフィリピン料理!!
今回は、「フィリピン料理の屋台編」ということで、フィリピンに行ったら是非食べて欲しい屋台料理の一部をご紹介します。

衛生面やお水等で心配される方もいるかもしれませんが、基本的に火が通っていれば大丈夫です!!(私のお腹が強いだけかもしれませんが)
興味がある方は参考にしてみてくださいね。

*レートは全て1ペソ=2.6円で計算(2015年8月28日現在)

【PR】

1) フィリピン風焼き鳥

フィリピン風焼き鳥

バギオのナイトマーケットにて食べた「フィリピン風焼き鳥」。1本5ペソ~10ペソ(13円〜25円)で食べられます。安いですね!

そのまま食べても美味しいですし、お酢の中に唐辛子と玉ねぎが入ったタレや、スイートチリソースに付けて食べたりとお好みに合わせてどうぞ!
安くて気軽に食べられて、しかも美味いオススメな一品です!

2) Japanese cake(日本風ケーキ)

フィリピン風焼き鳥

今川焼ぽい食べ物。こちらもバギオのナイトマーケットで発見しました。1つ5ペソ~10ペソ(13円〜25円)。名前にひかれて購入しましたが、生地がふわふわで甘く、カスタードクリームのようなものが少し入っていました。

フィリピンの他地域でもこの「Japanese cake」を見かけましたが、チョコレートやチーズが入っていたりと地域によりバリエーションが豊かです。日本の今川焼に近い食べものですが、サイズが少し小さめで、生地も軽めなので食べやすいですよ!

3) Siomai(シューマイ)

シュウマイ

ピリ辛テイストなシュウマイクラーク周辺の市場にて見かけました。4つで20ペソ(50円ほど)、3つ+ドリンク付きで20ペソ。
醤油・カラマンシー(日本で言うシークァーサ)、唐がらのタレをかけて食べます。
見た目以上に、とっても美味しくビールのおつまみに最高の味でした

タレがピリ辛ですので、辛いのが苦手な方はやめておいた方がいいかもしれません。
もう一度食べたいほど美味しい一品です!

4) Lechon Manock(レチョンマノック)

鳥の丸焼き(レチョンマノック)

下味が付いた鶏肉を丸焼きにした料理こちらもクラーク周辺の市場にて。半分で90ペソ(230円)、1匹180ペソ(460円)します。

醤油にカラマンシー(シークァーサ)をつけてご飯と一緒に食べたり、おつまみにしたりと、とにかく美味いです!フィリピンへ行った際は、絶対に探して食べています。

まとめ

以上、おすすめフィリピン料理~屋台編でした。

屋台にも美味しい食べ物がたくさんあるんです!

フィリピンは7,000を超える島国ですので、地域によってさまざまな食べ物があります。
フィリピンに行った際は、現地の人におすすめフィリピン料理を聞いて、是非チャレンジしてみてくださいね!

「一カ月15万円から、英語留学ができる!?マンツーマンレッスン中心だから英語初心者でも安心!

常夏の島国フィリピンで、あなたも英語留学に挑戦してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

高橋 恭子

高橋 恭子

大学時代にタガログ語を専攻、そしてフィリピンのドゥマゲッティへ1年間留学。フィリピン出張では日本人にもフィリピン人と見間違えられる。娘とフィリピン親子留学を夢見る一児の母。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。