AELCセンター2の留学体験レポート#2 ネイティブ講師とのマンツーマンレッスン

みなさんこんにちは!
私は12月01日〜12月12日までの2週間、フィリピンのクラーク(アンヘレス)にあるAELC センター2という学校に語学留学してきました。

前回はAELCセンター1からの移動〜授業開始までをご紹介しました。
今回は授業についてレポートしたいと思います。

※「AELCセンター2」は現在「AELC 親子留学センター」となっております。

<AELCセンター2の留学体験レポート一覧>
AELCセンター2の留学体験レポート#1 最高の住環境で留学生活がスタート
AELCセンター2の留学体験レポート#2 ネイティブ講師とのマンツーマンレッスン
AELCセンター2の留学体験レポート#3 クラーク経済特区内のコンドミニアムでの生活
AELCセンター2の留学体験レポート#4 一期一会のフィリピン留学を終えて

【留学プロフィール】

ペンネーム:Hitoshiさん
性別:男性
留学時の年齢:23歳
留学した国:フィリピン
留学した地域:クラーク
留学先の学校:AELCセンター2
留学期間:2週間(2014/12/01 〜 2014/12/12)

一般 Semi Intensive ESLコース

私が受講したコースはAELCセンター1と同様の一般 Semi Intensive ESLコースです。

フィリピン人講師とのマンツーマンが2コマ、ネイティブ講師とのマンツーマンが2コマ、ネイティブ講師とのグループレッスンが2コマの計6コマです。

イブニングクラス(オプショナルクラス)は夕食後に2コマ、ネイティブ講師によって行われます。

スケジュール

授業スケジュール

レベルチェックテストの結果はセンター1から引き継がれていたので、私のレベルはセンター1在籍時同様の7段階中(7が最高)の4でした。

時間割は次の通りです。

朝食 7:30 〜 9:00
1コマ目 8:00 〜 8:45 空きコマ
2コマ目 8:50 〜 9:35 マンツーマン
3コマ目 9:40 〜 10:25 マンツーマン
4コマ目 10:30 〜 11:15 空きコマ
5コマ目 11:20 〜 12:05 グループ
ランチ 12:00 〜 13:40
6コマ目 12:55 〜 13:40 空きコマ
7コマ目 13:45 〜 14:30 グループ
8コマ目 14:35 〜 15:20 マンツーマン
9コマ目 15:25 〜 16:10 空きコマ
10コマ目 16:15 〜 17:00 マンツーマン
夕食 17:00 〜 18:00
11コマ目 17:45 〜 18:30 イブニングクラス1
12コマ目 18:35 〜 19:20 イブニングクラス2

8時から1コマ目が始まり、17時に最後のコマが終わります。
1コマ45分、休憩が5分というスケジュールでした。

LINE留学相談

授業内容

2コマ目 マンツーマン IELTS

フィリピン人講師によるマンツーマンレッスンです。

先生がいつもIELTSを教えているとのことだったため、受検のよていは今のところないものの、IELTSがどうゆうものかを知るために、IELTSの授業を受けていました。

英語の勉強はゴールがわからなくなることが多いので、テストが目標だと勉強もしやすいなと感じました。

マンツーマン1

3コマ目 マンツーマン Writing

カナダ出身のネイティブ講師とのマンツーマンレッスンです。先生が元新聞記者であったため、ライティングのスキルがものすごく高いため、ライティングを教わっていました。

毎回宿題で事前に文章を書いてきて、それに対して添削をしてくれます。ただ、彼が教えるのが好きなのと日本文化が好きであったため、しばしば文化の話やスポーツの話をしていました。

マンツーマン2

5コマ目 グループ Debate

イギリス出身のネイティブ講師とのグループレッスンです。この授業ではテーマに対して、Debate(議論)をしていました。

生徒が3人しかいなく、レベルが割と高かったため、複雑なトピックについても議論していました。

他の生徒は韓国人だったのですが、一つのトピックに対して、いろいろな国籍の人と議論をすると全然異なる考え方を持っており、文化・考え方の違いを知ることができ勉強になりました。

グループレッスン

LINE留学相談

7コマ目 グループ Breaking News

5コマ目と同じ講師によるグループレッスンです。

一つのニュース記事をリーディングし、語彙を確認し、設問に答えたあと、先生の投げる質問に対して意見を述べるという形式でした。

生徒が10人ほどおり、少し多い気がしました。グループレッスンは4~6人くらいが最適の人数かなと思いました。

グループレッスン2

8コマ目 マンツーマン Reading

フィリピン人講師とのマンツーマンレッスンです。

この授業では比較的自由にやっていたので、先生が持ってきた記事をリーディングしたり、私がビジネス英語をやりたいと言った時にはその要望に答えてくれました。

たまにはフリートークをして、フィリピンや日本の話を色々としました。日本の話を先生とすると、もっと日本について英語で説明できる様に勉強しないとなと感じました。

マンツーマン3

10コマ目 マンツーマン Business

アメリカ人講師によるマンツーマンレッスンです。
アメリカンドラマに出てきそうな、カリフォルニア出身の彼女には、ビジネス英語を教えてもらいました。

ビジネス英語を教えるにはビジネスに対する知識が必要なため、多くの仕事経験を持っていた先生に頼んで正解でした。先生によって、教える内容にも向き不向きがあるので、最初に先生に得意科目と苦手科目を確認するといいかもしれません。

マンツーマン4

イブニングクラス(オプショナルクラス)

夕食後はネイティブ講師による、イブニングクラス(オプショナルクラス)が2コマあります。こちらの参加は自由となっています。

1コマ目はイディオムや洋楽を使って英語を学んだりする授業でした。生徒数が少なかったため(2~3人)、生徒の要望に応えて授業を行ってくれました。

2コマ目はNatural Speakingといって、流暢に喋れるように発音を理解したり、早口言葉をしたりする授業でした。ただこちらも生徒数が少なかったため、ほぼマンツーマンレッスンのような形になっていました。

イブニングクラス

授業と自習のバランス

フィリピン留学では、レッスンを多く受けることも大事ですが、自分で学習する時間をしっかり確保するのも大切です。

特に宿題を多くもらう方は、宿題をやっただけで自習時間が終わってしまうこともあるので、プラスで授業の復習を出来るようにはした方がいいと思います。

自習室

誰と過ごすかが大切

スピーキングに関しては喋ればしゃべるだけ向上していくと思うので、授業時間外でも英語が割りと出来る生徒と話すようにしていくと、上達していくのかなと思いました。

なんだかんだ量が大事

英語の学習方法はいろいろとあるとは思い、効率性も違うと思いますが、やはり英語がうまい方はそれなりの勉強量をこなしていると感じました。

授業に関するレポートは以上となります。
次回は授業以外の学校生活についてレポートしたいと思います。

※「AELCセンター2」は現在「AELC 親子留学センター」となっております。

<AELCセンター2の留学体験レポート一覧>
AELCセンター2の留学体験レポート#1 最高の住環境で留学生活がスタート
AELCセンター2の留学体験レポート#2 ネイティブ講師とのマンツーマンレッスン
AELCセンター2の留学体験レポート#3 クラーク経済特区内のコンドミニアムでの生活
AELCセンター2の留学体験レポート#4 一期一会のフィリピン留学を終えて

School With(スクールウィズ)では留学経験豊富なカウンセラーによる留学相談を受け付けています。

学校選びはもちろん、国や都市選びなど少しでも留学で気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください!
【無料】LINE・メール相談 / 個別相談 / 説明会はこちらから

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Hitoshi

Hitoshi

埼玉出身。半年間のマレーシアへの交換留学経験があるので、多少英語は出来るが、スピーキングについてはかなり難があり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。