プログラミング留学を徹底解説!おすすめの国や費用など基本情報まとめ

  • 学校の選び方
    • 公開 : 2021/02/25 編集 : 2021/02/25
    • School With 留学ブログ編集部

プログラミング留学解説

英語とプログラミングのどちらも効率よく身に付けたいと思っている方は多いのではないでしょうか?英語とプログラミングの2つのスキルをバランスよく持つ人材の需要は高まっています。

プログラミング留学なら、英語とIT技術の両方を効率よく学ぶことができるのです。

ただし、海外でプログラミングを学ぶとなると、具体的にどんなコースがあるのか、留学後の進路や費用についてなど、気になることはたくさんありますよね。行くとしたらどこの国が良いのかも、疑問に思うポイントだと思います。

こちらの記事では、プログラミング留学の流れや身に付くスキル、留学後の就職先、費用の目安、オススメの行き先などをご紹介します。英語とプログラミングの両方をスキルアップしたいとお考えの方は是非参考にしてください。

プログラミング留学とは?

プログラミング留学とは

「プログラミング留学」というワードを、初めて聞く方もいらっしゃるかと思います。プログラミング留学とは何か見ていきましょう。

プログラミング留学の概要

「プログラミング留学」とは、一度の留学で「英語」と「IT」分野のスキルを一度に学べる比較的新しい形の留学です。

「英語」と「IT」の2つはビジネスシーンにおいてどんどん価値が高まっています。つまり、英語やプログラミングのスキルを身に付けることで、ビジネスパーソンとしての市場価値を飛躍的にアップさせることができる可能性があります。

プログラミング言語を学ぶ「プログラミング留学」「エンジニア留学」の他、「IT留学」としてデザインやマーケティングまで幅広い分野の知識を学べるコースを用意している学校もあります。

プログラミング留学で学べること

プログラミング留学は大きく分けると、「英語でプログラミングを学ぶ留学」と「日本語でプログラミングを学ぶ留学」の2つがあります。後者の日本語でプログラミングの授業を受ける場合は、プログラミングの授業とは別に、英語を学ぶ授業が用意されていることが多いため、この2つのどちらでも英語は学べます。

学校によっては、まず英語の基礎を固める授業をしばらく受講し、その後プログラミングの授業を受けるというコースを推奨しているところもあります。

プログラミング留学で身に付くスキル

留学先の学校によって複数のコースが用意されており、内容によって身に付くスキルも異なります。

英語に関しては、TOEICのスコアを伸ばすことを目的としたコースや、実践的なスピーキングやヒアリングを上達させるコース、「IT英語」や「ビジネス英語」に特化して学ぶコース、正しい文法をしっかりと身に付けるコースなどがあります。

プログラミングの授業についても、希望するスキルに合わせてコースが分かれています。まずは基本のWebデザインについて学習するコースもありますし、より専門性の高い「PHP」「Ruby」「Python」などのプログラミング言語を学ぶコースなど、目的に合わせて選択できます。

プログラミング留学後の進路・就職先

IT企業にエンジニアやデザイナー、ディレクターとして就職・転職を目指す人、海外就職や起業、フリーランスを目指す人もいます。ゼロから知識を学ぶ場合もあれば、スキルアップ、あるいは専門分野プラスアルファのスキルを得たい人もいるでしょう。

留学後の進路について気になる方は多いと思います。卒業後の就職先や、留学中のカリキュラムの一例として、よければこちらの記事も参考にしてみてください。

プログラミング未経験からグローバルエンジニアに!今人気急上昇中のセブ島エンジニア留学をレポート

こちらの記事では、フィリピン・セブ島での英語留学とプログラミング留学経験談が読めます。1ヶ月間のエンジニア留学によって、HTML/CSSを使ったWebサイト作成や、PHPを使ったECサイトの作成スキルを身に付け、オリジナルWebサービスの開発にも携わりました。帰国後は日本企業でエンジニアインターンとして採用され、日々エンジニアとしてのスキルアップに励んでいます。

LINE留学相談

プログラミング留学のメリット3つ

プログラミング留学のメリット

プログラミング留学には、英語とプログラミングを同時に学ぶ上で多数のメリットがあります。主なメリットを3つ紹介します。

(1)学習効率が良い

プログラミング留学では、英語とプログラミングの両方を同時にスキルアップさせられます。

2つの事柄を平行して勉強することは「インターリーブ学習法」と呼ばれる、脳科学においても非常に有効とされる学習方法です。1つの事柄ばかりに集中して取り組むより、複数の事柄を交互に学習する方が、脳にとって実は効率が良いのです。

カルフォルニア大学で行われた記憶の実験では、このインターリーブ学習法を採用した場合、通常と比べ約2倍も学習効率が良かったのです。プログラミング留学は、学習効率においても理にかなっているといえます。

(2)勉強に集中する時間と環境を作れる

独学で勉強しようと思っても、なかなか時間がとれなかったり、思うように集中できなかったりということは多いのではないでしょうか。日本にいると、人付き合いや、仕事で時間をとられることもあると思います。また、ついついだらけてしまい、勉強を後回しにすることもあるかもしれません。

一方、留学するとなると、勉強にしっかり集中するための期間を作ることができます。その上、生活環境が一変するので、気持ちも新たになり、勉強へと意識を向けられます。集中的に勉強する期間を設け、その後一生使えるスキルを獲得することは、非常に有用な投資となるでしょう。

(3)意欲の高い仲間に囲まれる

留学に行くとなると、自国内で勉強するより手間も費用もかかります。つまり、留学に来ている学生はみんな、それなりの時間と費用とをかけて来ているのです。

自然と意欲の高い、スキルアップに真剣な人たちばかりが集まることになります。自分一人ではモチベーションの維持は大変ですが、周りが真剣に学習に取り組んでいると、良い焦燥感や緊張感が生まれ、学習意欲が維持しやすくなります。

プログラミング留学前にチェックしたいポイント3つ

いいことばかりに見えるプログラミング留学ですが、気を付けなければならない点もいくつかあります。

現状の英語力を把握しておく

コースを選ぶ際は、自分の英語力がどのくらいのレベルなのか知っておくことが大切です。レベルによって、英語でプログラミングの授業を受けるのか、それともプログラミングは日本語で学びつつ平行して英語の授業も受けるのか、自分に最も合ったコースを選べるからです。

基礎がないまま全く新しいことを同時に2つも学ぼうとしては、かなりのストレスがかかり、挫折しやすくなってしまいます。ただでさえプログラミングは難しいので、英語で授業を受けるにはそれなりの英語能力が必要とされます。

会得したいスキルを決めておく

ひとくちにプログラミングといっても、多種多様なものがあります。基本的なWebページ作成スキルを身に付けたいのか、踏み込んで専門のプログラミング言語を習得したいのか、留学前にしっかり考える必要があります。

プログラミング言語やフレームワークにもいろいろあります。Web制作がしたいなら「HTML」「CSS」「Boostrap」「JavaScript」など、Webアプリケーションの開発なら「PHP」「MySQL」「Ruby」「Ruby on Rail」、AIや機械学習に携わりたいなら「Python」など、希望するスキルによって学習すべき言語も違います。

コース選択の前に自分が何をできるようになりたいのか、具体的に考えてみるのが重要ですね。留学先選びの際は、コースの終了段階にどのようなスキルが身に付けられるのか明確な説明のある学校・コースを選ぶことも大切です。

具体的なゴールを設定する

留学終了後の目標設定も大切です。プログラミングによって副業収入を得たいのか、それともWebエンジニアとしてキャリアをスタートしたいのかで、選択すべきコースや留学期間、学費などが違ってきます。

目標設定があいまいなまま留学コースを決めてしまうと、コースの選択を誤り、留学中や卒業後に後悔する可能性が高くなってしまいます。具体的な目標がないと、モチベーションの維持も困難です。

ゴール設定のためには、留学校の卒業生がその後どのような就職先についたのか、どんな進路を辿ったのかなど、体験談を参考にするのもおすすめです。「卒業後はこうなりたい」というイメージがしっかりとあれば、大変なプログラミングの勉強への意欲も維持できます。

LINE留学相談

プログラミング留学でおすすめはフィリピン留学!費用目安をご紹介

フィリピンにプログラミング留学

どこへ留学に行くのかは大切なポイントですよね。プログラミング留学なら、フィリピンがおすすめです。

「英語」と「プログラミング」と聞くと、アメリカをイメージする方も多いかもしれません。しかし、プログラミング留学の行き先として、今、注目の国はフィリピンです。

フィリピンでは英語が公用語として広く使われています。フィリピンのもうひとつの公用語はフィリピン語でタガログ語を基本にしていますが、フォーマルな場面や、教育などにおいては英語が使用されるシーンも多いのです。

なんと、フィリピンは世界で最もビジネス英語能力が高い国1位に選出されたこともあるのです。日常会話でも英語を使う人が若者を中心に増えているので、ビジネスや教育の場だけでなく、普段の生活でも生きた英語に接することができます。

更に、近年フィリピンでは、プログラミングの授業に特化した学校が増えています。質の良い授業を、アメリカなどの他国と比べ低価格で提供している学校が多いのです。こうしたことから、フィリピンは「英語」と「プログラミング」を一緒に学ぶ場としてうってつけなのです。

おすすめな人

フィリピンへの留学にはいくつもメリットがあります。

・他国と比較して低価格

前述の通りフィリピンでは他国に比べ安く授業を受けることができます。物価も安いので学費、滞在費用ともに抑えることができるのです。

・フィリピンは日本に近い

日本からフィリピンまでは4時間30分で到着します。アメリカまでは10時間以上かかりますから、比べるととても近いことがわかります。近いと航空券の代金が安く済みます。時差も1時間しかないので、日本の家族や友人との連絡の際も安心です。

・ビーチが近い

フィリピンといえばリゾートを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。フィリピンには美しいビーチリゾートが多く、アクセスもよいので気軽に出かけられます。勉強に集中した上で、自分へのご褒美としてレジャーを楽しみたい方にも、フィリピンは良い滞在場所なのです。

以上の3つから、フィリピンへの留学は、費用を抑えたい方、留学中に日本と頻繁に連絡をとったり、一時帰国したい方、息抜きとしてレジャーも楽しみたい方に特におすすめです。

費用目安(1ヶ月の留学の場合)

それでは、フィリピンへの留学はどのくらい費用がかかるのでしょうか?

学費は、授業時間や希望するスキルの専門性によって大きく左右されますが、ITの基礎固めをするなら、12万円~のコースもあります。しかし、より専門性の高いスキルを求めるなら大幅に価格が上がります

生活・交通費や、観光費その他などで4~5万円ほど見積っておくとよいのではないでしょうか。滞在費は留学先の学校が寮を用意している場合が多く、学校に支払う費用に滞在費および食費も含まれているケースが大半です。

そのほかの費用としては、航空券に往復6万円ほどかかります。

また、フィリピンで何か授業を受ける際には、SSPが必要となり、この申請に15,000円ほどかかります。

総合すると、学費・滞在費、生活費、航空券、SSPで25〜30万円ほどはかかるということです。

プログラミング留学先の探し方は?

さて、いざプログラミング留学に行くとなると、大変なのは学校選びですよね。こちらではいくつかおすすめの学校を紹介させていただきます。

学べる言語が豊富な「Kredo」

プログラミング留学解説

Kredoはセブ島のビジネス街ITパークにある語学学校です。JQueryやJavaScript、Ruby、Pythonなど様々な言語を使った指導があり、目的にあった開発言語の習得を目指せます。
「Kredo」詳細情報はこちら

英語も一緒に勉強できる「ネクシード」

プログラミング留学解説

ネクシードは英語とプログラミングを同時に学べる語学学校です。せっかくの留学、英語もプログラミングどちらも学びたいという留学生にはうってつけの環境となっています。

学校はセブの中心部に位置し、近くにはセブ島最大級のショッピングモールアヤラモールがあるなど利便性が高く、留学生活を快適に送れることでしょう。
「ネクシード」詳細情報はこちら

マニラ郊外の自然に囲まれながら勉強できる「Keystone」

プログラミング留学解説

Keystoneはマニラから西へ50kmほどの距離、リゾート地スービックにある語学学校です。都心にあるKredo、ネクシードと比べ自然の多い環境にあるため、喧騒から離れ落ち着いた環境で勉強をしたい方におすすめの学校となっています。
「Keystone」詳細情報はこちら

IT留学の特徴、おすすめの学校まとめ
School Withは、海外留学の総合サイトです。専門の留学コーディネーターによる留学のサポートを受けられます。留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料。留学の心強い助けとなるので、是非ご活用ください。

まとめ

本記事では、プログラミング留学とは何か、そして行くならどこがオススメなのかをご紹介させていただきました。英語とITを学ぶならば、フィリピンは絶好の環境を備えています。その上、費用も安く済むため、コスパと効率を重視する方にはフィリピンへの留学がおすすめです。

注意点は現状の英語力を把握し、留学によって身に付けたいスキルを決めておくこと、そして留学後の進路を具体的にイメージしておくことです。困ったことや疑問があれば、スクールウィズにご相談ください。これらを押さえておけば、実りのある留学になるでしょう。

英語力、そしてプログラミングスキルを留学で向上させたいと思っている方のご参考になると幸いです。

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。