TOEIC700点のレベルを解説!達成に必要な勉強法やおすすめの参考書も紹介します

TOEIC 700

英語の資格試験の中でも、TOEICは定番の英語試験ですよね。そのTOEICの点数を伸ばしたいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

TOEICの得点を伸ばすためにおそらくまず突破しなくてはならないのが、700点の壁です。700点って簡単なようで、意外と難しく、突破口を見出せずに困っている人も多いはずです。

そこで今回は、TOEIC700点を突破するための勉強法やおすすめの教材などをご紹介して行きます。TOEICの勉強方法で悩んでいる方は、この記事がヒントになると嬉しいです。

TOEIC700点の難易度はどのくらい?

TOEIC 700

それではまず、TOEIC700点の難易度を知って行きましょう。

受験者全体から見たTOEIC700点台の割合

TOEIC700点台の割合は、全体の約15%とされています。しかし、テストの回によってこれは異なるため、おおよその数値となっています。

そして、800点以上も約15%とされているため、700点台だと全体の上位30%に位置しているということが言えるのではないでしょうか。

言い換えれば、700点台までTOEICの点数が上がれば、日本の上位3割の英語力を有しているということになります。やはりまずは、700点を目標にするといいかもしれません。

TOEIC700点と他資格との比較

TOEIC700点を他の英語資格と比較していきましょう。TOEICとよく比較される英検であると2級〜準1級程度、TOFELiBTであると50点前後とされています。

TOEICと英検やTOEFLはテスト形式も異なるため一概には言えませんが、目安としてはこの程度です。

それぞれテストの傾向が異なり、得意、不得意が出ると思うので、TOEICで700点が取れないから他の試験もこの程度とは限りません。

私の場合はTOEICは得意ですが、英検はいつもかなり苦労しています。

TOEIC700点は就活や転職で有利!

先ほどもご紹介した通り、TOEIC700点はTOEIC受験者の中で上位30%となります。そのため、持っていて損はないと言えるでしょう。

特に最近では、英語資格を持っていないと正社員になれないという企業もあるため、時間があるうちに勉強しておくといいでしょう。

また、約85%の企業がTOEICを採用の際に多少なりとも参考にしているまたは、参考にしたいと思っているとされています。

しかし、これは周りと同じ点数ではなかなかアピールポイントとならないため、周りよりちょっとリードしている700点台であるといいでしょう。

もし、新卒採用などでアピールしたい場合は、800点以上あるのが理想かもしれません。

LINE留学相談

TOEIC700点はどうしたら取れる?必要な英語力とは?

ここからは具体的にどれくらいの英語力が必要かご紹介します。

必要な単語数

これに関しては、一概に言えませんがTOEIC700点を取得するためには、2,000語程度と言われています。

これは、リスニングが得意やリーディングが得意、またはどちらもそこまで得意ではないなど、どの部分でどれだけ点数を取得するかによっても変化してきます。

私はTOEICを何度も受験してみて、リスニングはそこまで単語数がなくても比較的いい点数を取得できると考えています。

なぜなら、流れでなんとなくわかることもありますし、何度もそのわからない単語が出てくるということが少ないからです。

特にTOEICでは、よく出る単語というものは決まっているので、そこまで多くの単語数を取得しなくてもある程度の点数までなら取得することができるでしょう。

リスニング

リスニングのレベルとしては、英語で聞き取って、そのまま英語で回答できるレベル感がTOEIC700点のレベルです。

これは、英語を聞き取って、日本語に訳するというステップなしでリスニング問題を回答できるということです。

日常生活から言えば、海外旅行で特に会話に困ることなく、テンポの良い会話ができるレベルと考えるとわかりやすいかもしれません。

リーディング

リーディングに関しては、TOEICの長文問題を抵抗なく読めて、なおかつある程度のスピード感で内容を理解できるレベルが必要であると考えられます。

この内容理解は完璧である必要はありませんが、読解問題の量が多いTOEICでは、まず抵抗なく長文が読めることが大切です。

TOEIC700点を取るためのポイント4つ

TOEIC 700

続いては、TOEIC700点を取るためのポイントを4つご紹介します。

ポイント(1)高校レベルの文法を身につける

まず、TOEIC700点を取るためには基礎固めが大切です。しかし、ただ基礎を固めるのではなく、中学校レベルはもちろん、高校レベルまでの基礎固めが必要になります。

これは、大学入試に対応できるレベル感の英語力が必要ということであり、何となくわかるではなく、しっかりと英文法を理解しておく必要があります。

特にTOEICの文法問題では、品詞問題が多いため、品詞という部分を意識して学習するといいかもしれません。

ポイント(2)TOEIC700点を取るには2〜3ヶ月英語漬けで勉強目安

TOEIC700点を取るためにには、一般的に2〜3ヶ月の間英語漬けで勉強することが目安とされています。

しかし、これは現時点での点数によっても異なってきます。例えば650点から700点にするのと、600点から700点にするのでは必要な勉強量が異なります。

そのため、あくまでも目安となりますが、英語を数ヶ月間必死で勉強をすれば自分の英語をブラッシュアップすることができ、700点を取得することができるのではないでしょうか。

ポイント(3)リスニングを強化する

とにかく点数を伸ばしたいというだけであれば、リスニングを強化することがおすすめです。

なぜなら、私自身、TOEICの点数を伸ばしたいと思った時にリスニングを伸ばすのが一番やりやすかったというところにあります。

しかも、リスニングは全100問あり、それぞれに特定の対策が必要というよりも、聞き取れるようになれば、それぞれのセクションごとにちょっとしたコツを掴むだけで、点数は伸びるからです。

リーディングがあまりにも点数が低い場合にはこの方法はおすすめできませんが、どちらもそれほど変わらない程度の点数であれば、この方法がおすすめです。

ポイント(4)TOEICの語彙を増やす

ある程度文法を理解できていて、試験時間がそれほど足らないということがなければ、やはりTOEICの語彙を増やすことも点数を伸ばすためのコツの1つです。

特にTOEICは、ビジネスシーンにおける英語の試験のため、700点を目指している人の中には、日常の単語は理解できていても、ビジネス関係の単語が理解できないという弱点がある方が多いかもしれません。

もちろん、500〜600点程度であれば、専門用語等はあまり理解できていなくても取得可能ですが、700点となると全てではないにしてもある程度は必要になってくるでしょう。

単語集にある「TOEICによく出る」の部分だけでもマスターしておくといいかもしれません。

LINE留学相談

TOEIC700点の勉強法

それでは、セクションごとの勉強法をご紹介していきます。

リスニング

まずはリスニングからです。

何を聞きとれば回答できるか把握する

リスニングセクション1以外では、答えるのは質問に対する回答です。

ですから、何を聞かれているのか、何を聞き取れれば回答できるのかということを意識してリスニングを行うのがおすすめです。

具体的な方法として、セクション2では質問文の5W1Hに注目しリスニングをこなってみるようにしましょう。

すると、答えに当てはまらない選択肢がすぐに明らかになります。また、迷った際も5W1Hを意識して聞いていれば、答えを導きやすくなります。

逆に言えば、5W1Hさえ聞き取れれば回答できてしまう問題もあるということです。

一方、セクション4、5では、質問文も選択肢も問題用紙に記載されています。そのため、選択肢からどのようなところを聞き取れれば回答できるのかというように考えましょう。

簡単にいうと、問題文からどのようなパッセージかを予想し、パッセージで回答部分が流れたら選択肢を選ぶといった形です。

とにかく数をこなす

リスニングの放送はもちろん英語です。

先ほどもご紹介しましたが、英語を聞いて、日本語で考えるというリスニングの方法ではなく、リスニングの英語をそのまま英語で理解して、回答するという方法ができるようになるのがTOEIC700点への道とも言えます。

そのため、英語をそのまま英語で理解するために、とにかくTOEICの問題にふれ、英語を日本語に訳すというステップを行わないようにしながら、リスニング問題を解くなどのトレーニングを行うことがおすすめです。

なるべく数をこなすと、自然とこれができるようになるので、隙間時間には欠かさず、英語を聞くようにしておきましょう。

リーディング

リーディングセクションは下記のように勉強してみてください。

重要部分を拾うスキミング

リーディングでのおすすめの勉強法は、重要部分を拾うスキミングという長文読解の技を身につけることです。

これは、長文を精読しなくてもだいたいどのようなことがどこに書いてあるのかということを理解するために行う長文読解の方法で、大量の長文読解を限られた時間の中で行わなくてはならないTOEICにおいて、かなり役立つ技です。

この方法を身につけるにはまず、パッセージの中でどの部分がトピックセンテンスなのかを瞬時に把握する必要があります。

トピックセンテンスとは、パッセージのトピックの部分、すなわちパッセージでどのようなことを述べているのかを簡潔に述べている部分のことです。これは1つとは限りません。

この文は、基本的に段落が変更される文頭などにあることが多く、これがどこにあるのかがわかれば、どこにどのようなことが書いてあるのかがわかり、全てを精読しなくてもTOEICの問題に対しては回答できるようになります。

この方法は、トピックセンテンスを意識しながら、数をこなすことで徐々に習得することができ、リーディングのペースは格段に上がります。

どのようなパッセージなのか理解する

TOEICのリーディングにはさまざまなパッセージがあります。例えば、メールに、注文伝票、アルバイト募集の掲示など多岐に渡ります。

その中でも、メールのパッセージは多いです。メールがどのようなシーンなのかを瞬時に判断できるようになると複数パッセージある問題でも、そのメールがどのように他と関わっているのかということを簡単にわかるようになります。

そして、同一人物が複数パッセージに登場する場合は、その人が誰で、どことどのように関わっているのかということを理解できると、内容を理解しやすいです。

このようにパッセージの状況をなるべく早い段階で理解できるように人やパッセージの種類に注目するようにしましょう。

ボキャブラリー

最後に、大事なボキャブラリーについてです。

何度も何度も繰り返し

ボキャブラリーというものは、1度ではなかなか身につきません。そのため、何度も何度も根気よく繰り返す必要があります。

おすすめのやり方としては、まず「よく出る単語」のようなマストのセクションを完璧にするようにしましょう。

1日どれだけやるかということを自分で決め、1度やったら、2、3日後にもう1度やり、できなかったところをまた数日後にやるというようにやって行きます。

そして最初になってから1週間くらい経ったところで、抜け落ちてしまった部分を再び補うというやり方です。

時間はかかりますが、人間の脳は基本的に1度で全てを覚えるほどハイスペックではないので、何となく全部やったというよりも、マストの部分を完璧にやるという方が、いざ本番で「やったことあるな……。」ではなく、「わかる!」にすることができます。

そして、繰り返し行う際に、単語帳に類義語や対義語、イディオムなどを一緒に自分で書き込んで、自分だけの単語帳にすると1つの単語を覚える際に、他の単語と紐付けることができるので、忘れにくくもなりますし、1度に複数単語を覚えることができますよ。

何かをしながら暗記する

何度も繰り返す方法とは別に、何かをしながら単語学習をすると覚えやすくなるかもしれません。

例えば、歩きながらがよく聞くやり方です。何かをしながら暗記をするとその動きとともに覚えることができると言われています。

私も単語を覚えるのにはかなり苦労しましたが、自分にあった方法が見つけられると覚えやすくなりますよ。ゲームなどが好きなら、アプリでの学習もいいかもしれませんね。

TOEIC700点を目指す人におすすめの参考書

TOEIC 700

それでは、ここからはおすすめの参考書をご紹介していきます。

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

まずは、リスニング力アップのためのおすすめ参考書からです。この参考書のおすすめポイントは何と言っても、問題の量です。

同じ問題を何度も解くことはないと思うので、1冊に多くの問題があるといいですよね。

さまざまなタイプで全5回分のリスニング模試があるこの参考書ならリスニングを攻略するための勉強法もバッチリと行うことができるはずです。

また、解説もしっかりとあり、どのような部分からその解答が導き出されたかということもわかるようになっています。しっかりと解説があると見直しの際に、どこで自分が間違ったのか把握できるので、いいですよね。

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

こちらは先ほどご紹介したリスニングの参考書のリーディングバージョンです。

リスニングもそうですが、やはりリーディングもある程度の問題量をこなさないとなかなか得点は伸びません。

そこで、5回分のTOEICリーディング模試があるこの参考書はおすすめです。最初は時間を意識せずに読み方のコツを習得するように解いてみて、後半は時間と解き方の両方を意識して解いてみるのがおすすめですよ。

しかし、時間を意識しすぎるのは禁物です。TOEICはかなり問題数が多く、なかなか時間に余裕を持って終わるものではないと理解しておきましょう。

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

神崎正哉の新TOEIC TEST ぜったい英単語毎回出る頻出単語とスコアアップの急所

最後にご紹介するおすすめのテキストは、こちらの単語集です。この単語集には、TOEICでよく出ると言われている英単語がまとめられているので、スコアアップに直結するのではないでしょうか。

また、これに掲載されている英単語の数はものすごく多いというわけではないので、分厚くなく、気軽にどこへでも持ち運べるのもおすすめポイントです。

先ほどもご紹介しましたが、大量の英単語ではなく、よく出る英単語をしっかりとマスターするようにしましょう。

神崎正哉の新TOEIC TEST ぜったい英単語毎回出る頻出単語とスコアアップの急所

TOEIC700点を目指す人におすすめのアプリ

TOEIC 700

TED

「TED」は、テクノロジーや化学などの専門分野のプレゼン動画を英語で視聴することができるアプリです。

これは、直接的にTOEICとは関係はありませんが、英語を学ぶという面ではおすすめです。少しTOEICの勉強に疲れてしまったという時に息抜きがてら、視聴してみてはいかがでしょうか。

字幕をつけて映像を視聴することもできるので、リスニングの特訓にもぴったりですよ。色々な分野を学べるという点も面白いですね。

iOS版アプリページ
Android版アプリページ

アルク英単語パス

次のおすすめアプリは、「アルク英単語パス」です。TOEICに限ったことではありませんが、英語資格においてやはり鍵となってくるのは、語彙力です。

そこで、英単語をしっかりと学習できる英単語専用のアプリがこれです。

アプリ内で自分好みのテキストを購入して学習可能で、テストモードも搭載されていますよ。通勤や通学時間に英単語を学習していきましょう。

iOS版アプリページ
Android版アプリページ

Duolingo

Duolingoは、世界中で知られている語学学習アプリです。TOEIC専用のアプリではありませんが、ゲーム感覚で単語、文法、発音、リスニングなど総合的に学べるアプリとなっています。

また、英語以外の言語にも対応していてスペイン語や中国語などたくさんあります。

TOEICだけではなく、英語を全体的に、しかも隙間時間で勉強したいという方におすすめアプリです。

iOS版アプリページ
Android版アプリページ

まとめ

本記事では、TOEIC700点のレベルからそれを取得するために必要な勉強方法、参考書やアプリまで、多岐にわたってご紹介しました。

TOEIC700点というのは、誰もが簡単に取れるような点数ではありません。しかし、しっかりと対策をして、十分な時間勉強ができればそこまで難しいものであるというわけでもありません。

TOEIC700点を取得するためには、根気よく勉強することとTOEICマスターのためのコツを少し理解しておくことがポイントと言えるでしょう。なかなかまとまった時間が取れない方は隙間時間を利用して勉強してみてくださいね。

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Kanako

Kanako

こんにちは!女子大生ライターのKanakoです。高校時代に1年間カナダに留学していました。最近は海外旅行と料理にハマっていて、オーストラリアやフランス、イタリア、韓国、台湾、シンガポールなど数々の国を旅しています。みなさんの留学に対するお悩みを解消し、ワクワクやドキドキで溢れた留学生活ができるよう発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。