【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

ポーランドでワーホリ開始1ヶ月目!現地生活の様子や驚いたこと | フリーランスのワーホリ連載 #5

ポーランドの街並み

こんにちは。フリーランスとして活動しているしっしー(@sissy0424)です。現在はポーランドの首都ワルシャワに滞在しています。

前回の記事ではポーランドでワーホリするに至った経緯を解説してきましたが、今回はポーランド到着から1ヶ月間の生活についてお話します

日本人にはあまり馴染みのないポーランド。到着から1日の流れに加え、現地で生活して驚いたことや苦労もたくさんありましたので、それらも合わせてまとめていきます。ポーランドでのワーホリを検討している方は参考にしてみてください。

過去の連載記事については以下から ↓↓
#フリーランスのワーホリ連載

【PR】

ポーランド到着から現在まで

ポーランドの街並み

僕がポーランド生活の拠点として最初に選んだ都市は、首都ワルシャワです。羽田から北京経由で数十時間。あまり飛行機が好きではないので、ひたすら耐えるのみでした。幸かったのはずっと隣の席が空席だったこと……。

ワルシャワに到着し空港の売店でSIMカードを購入するも、設定方法が分からない。これはマズイと思って、タクシーで近くのショッピングモールへ行くことに。SIMカードを取り扱うショップに駆け込み、設定をしてもらいました。

ちょっとしたトラブルもありましたが、なんとか自分の住む家に到着。

ワルシャワのAirbnbで借りた家

ワルシャワではAirbnbで家を借りました。中国人家族がホストで、かなりお金持ち。周りの家も豪邸が多く、高級住宅街という感じでした。部屋も広くて快適で、仕事をする環境も整っています。

こんな感じでワルシャワ生活がスタート。基本的には家で仕事をしているため、1ヶ月目はあまり外出をしていません。ワルシャワの街の様子や観光スポットなどについては、2ヶ月目以降に紹介したいと思います。

ワルシャワでの1日はどんな風に過ごしている?

それでは僕がどんな1日を送っているのか紹介します。

7:00 起床・仕事開始

起きたら顔を洗って、さっそく仕事を開始。午前中に重要な仕事を終わらせたいので、朝食は摂らず水だけで過ごします。

12:00 昼休憩

お昼は自炊です。前日に購入しておいた食材で簡単な料理を作ります。

ポーランドで購入したお米

ポーランドには炊飯器がないので、鍋に入れて炊けるお米を利用。小さな穴が空いた袋にお米が入っており、そのまま沸騰したお湯で10分茹でます。日本でも一人暮らし用に販売したら、流行りそうだと思うのですが。

お米が食べられるので、毎日チャーハンか丼ものを作って食べています。これからバリエーションを増やしていきたいところです。

13:00 仕事

昼食後も仕事です。午前中に終わらなかった業務や雑務をこなしていきます。

17:00 仕事終了・夕飯の買い出し

仕事が終わったら近所のスーパーで買い出しをします。ポーランドの物価は日本の3分の1、どの食材もとにかく安いです

ポーランドのスーパー

500gの豚肉が150円買えたり、生ビールも1本90円くらいで購入できます。あまり値段を気にせず買い物ができるのは嬉しいポイントです。

18:00 夕飯作り

買ってきた食材で夕飯を作ります。ただ先ほど話したように、チャーハンか丼ものしか作りません。スーパーには醤油しか売っていないところも多く、限られた調味料でやりくりします

肉と野菜を炒めて塩と醤油で味付け、チャーハンの味付けも塩と醤油のみ、などバリエーションが少なく、そろそろ飽きてきました。

20:00 自由時間

夕食後は基本的に自由ですが、ブログを書いたり残った仕事をしていることが多いです。暇な時はお酒を飲みながら読書をしています。

23:00 就寝

23時には就寝。なるべく早く寝るようにしています。

ポーランドに来て驚いたこと

続いてポーランドに来て驚いたことを紹介します。

スーパーで会計前の商品を食べても良い

ポーランドのレジ会計

ポーランドのスーパーでは、会計前に商品を食べている人をよく見かけます。日本人からすれば驚くかもしれませんが、ポーランドでは当たり前のことです。

・ポテチの袋を豪快に開けてバリバリ食べるおばさん
・パンコーナーでクロワッサンをほうばる子供
・飲み干した空のペットボトルだけ持ってレジに並ぶ青年

見ているだけで楽しくなります。自分もやってみようと思っていますが、怖くてまだできていません。

アルコールの種類がハンパない

ポーランド人はよくお酒を飲みます。スーパーでも様々なアルコールを取り扱っており、しまいには野菜コーナーやお菓子コーナーにまでビールが置いてある始末。

世界一アルコール度数の高いスピリタス(度数96%前後)もポーランド発祥のお酒です。ワインからウォッカまで、見ているだけでも楽しくなってきます。値段も安いので、ちょくちょく購入して飲んでいます。

日曜日は法律で小売店が閉店している

ポーランドでは小売店の日曜営業が法律で禁止されています(例外あり)。日曜日になると人通りがなくなり、車もほとんど走っていない状況に。誰もいない街を日本で見るのは大晦日くらいなので、とても新鮮な気持ちになりました。

日曜日はお店が閉まっているので、家でゆっくりと過ごす人がほとんどだそうです。日本にも同じような制度があれば、友達や家族と過ごす時間が増えて良いなと感じました。

ポーランド人は真面目でシャイ

ポーランドのバー

ヨーロッパの人は陽気で明るいイメージがありますが、ポーランド人は意外と真面目でシャイです

先日BARに行った時も「ビール注いでるの写真に撮ってもいい?」と聞くと「顔が映らないならいいぜ」と言われたり、お寿司屋さんで「お寿司の写真撮ってもいい?」と聞くと「ああ、顔が映らないならいいよ」と言われました。

今までいろんな国に行きましたが、ポーランド人ほどシャイな人は初めてです。今までは「俺の顔も一緒に撮ってくれ」「写真か?俺も入れてくれないか?」「ポーズはこうか?」とノリノリな人が多かったので驚きました。

ポーランド人は日本人と似ている部分が多いです。なんだか日本にいるような気持ちになりました。

治安がめちゃくちゃいい

ポーランドの街並み

ポーランド渡航前から治安が良いと聞いていましたが、想像よりも治安が良くて驚いています

  • ・街に設置されたゴミ箱がきちんと活用されている
  • ・子供だけで遊んでいる
  • ・子供だけでスーパーに買い物に来ている

世界中を見ても、子供だけで遊んだり買い物ができる国は多くありません。そこそこ治安が良い国でも、子供だけで遊ばせることは少ないかと思います。

街を歩いていても危ない雰囲気はありませんし、ゆっくりとした時間が流れています。他の日本人の話だと、落とした財布が帰ってきたそうです。

日本並みに治安が良いので、安心して生活ができています。

まとめ

ポーランドワーホリも始まったばかりですが、充実した生活を送っています。あまり外に出ない性格なので、2ヶ月目は積極的に外出をする予定です。

次回の記事ではワルシャワの街の様子、新たな発見があればその話題について書いていこうと思います。

前回の連載記事は以下から ↓↓

ポーランドへワーホリに行きます!オーストラリアを辞めた理由とは…【フリーランスのワーホリ連載 #4】
こんにちは。フリーランスとして活動しているしっしーです。これまではオーストラリアへワーホリに行く準備として、セブ島へ英語留学していました。そして突然ですが、オーストラリアに行くのを辞め、ポーランドでワーホリしに行ってきます!今回はポーランドに路線変更した理由や気持ちの変化についてお話します。ワーホリ先を検討している方はぜひチェックしてみてください。
2019/05/01
イベント・体験記

フィリピン留学3ヶ月目〜卒業、そして友との別れ【フリーランスのワーホリ連載#3】
こんにちは。フリーランスとして活動しているしっしー(@sissy0424)です。セブ島留学もついに3ヶ月目ということで、今回は留学開始3ヶ月目の様子と卒業までを語っていきたいと思います。また実際にセブ島留学をしてみて感じたメリットやデメリットもまとめていきます!セブ島留学もいよいよ大詰め、どんなことを感じた3ヶ月間だったのか読んでみてください。
2018/11/14
イベント・体験記

過去の連載記事一覧 ↓↓
#フリーランスのワーホリ連載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

しっしー

しっしー

コンビニ商品開発職を退職後、ライター兼ブロガーとして独立。現在はオーストラリア在住ライターとして活躍。主に留学やオーストラリアについて発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。