ロサンゼルスのバスの乗り方解説!観光バス情報もあわせて紹介します

ロサンゼルス バス

「ロサンゼルスに行くけれど、バスの乗り方がわからない……」
「ロサンゼルスのバスの仕組みやルールを知りたい!」とお困りではありませんか。

エンターテイメントの聖地としても知られるアメリカ西海岸の都市、ロサンゼルス。ハリウッドを始めとする世界有数の観光地として愛されているだけでなく、最近では留学先としても人気があります。

今回はロサンゼルスに観光で訪れる人、留学に初めて訪れる人に向けて、ロサンゼルスのバス乗り方を解説します。

バス事情から乗り方、注意点まで現地で役立つ情報をぎゅっとまとめました。おすすめの観光バスツアー情報もご案内していますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

【PR】

ロサンゼルスのバス事情

ロサンゼルス バス

まずは、ロサンゼルスのバス事情をご紹介していきましょう。

ロサンゼルスではバス路線が多種多様!

ロサンゼルスは、車社会です。カリフォルニア州最大の都市というだけあって、住民の足、観光客の移動手段としてバスが広く利用されています。

ロサンゼルス内では、数種類のバス会社が運行しており、主要道路から観光ポットまでを網羅しています。

ロサンゼルスには、地下鉄もありますが歴史はバスの方が長く、市民の足として愛されています。特に市内の中心部にはたくさんのバス停があるので、移動もしやすく、快速バスや長距離バスなど多様な種類も特徴的です。

ロサンゼルス最大のメトロバスの路線図を見れば、どれだけバス路線が網羅されているかが一目瞭然です。

ロサンゼルス バス 路線図

Photo by : (http://media.metro.net/riding_metro/maps/images/system_map.gif

ロサンゼルスのバスの特徴

ロサンゼルス バス 特徴

続いて、ロサンゼルスのバスの特徴をご紹介していきます。

バスの種類

ロサンゼルスではさまざまなバスが市内を運航しています。今回は、特にメジャーな4種類をご紹介していきます。

メトロ・バス

ロサンゼルス最大級のバス会社です。路線は200ほどあり、LAMCA(LA 郡都市交通局)が運行している路線バスです。地下鉄のメトロレイルも、LAMCAが運営しています。ロサンゼルスのほぼ全域に路線があり、観光や長距離移動にも適しています。

エルモンテ、サンタモニカ、カリフォルニア・ディズニー・リゾートへの移動はメトロバスが便利です。オレンジもしくは白にオレンジのストライプの車体が目印です。

メトロ・ラピット

メトロ・ラピットも同じくLAMCAが運営しているバスですが、こちらは急行バスです。

メトロ系列のバスは一律料金なので、急行でも料金は1.75UED(約193円)と安いのが特徴です。停車が少ないので、遠方へのアクセスも短い時間で可能です。赤い車体にRapitと書いてあります。

ビッグ・ブルー・バス

サンタモニカ市が運営するバスです。サンタモニカ周辺からLAダウンタウンなどをカバーしています。

料金は普通が1USD(約110円)で、急行が2USD(約220円)です。ロサンゼルス空港線もあり、空港と市内の移動に非常に便利です。目印は青い車体です。

ダッシュ

LADOT(ロサンゼルス市交通局)が運営するバス。ダウンタウン、ハリウッドなど37路線があり、運賃は0.50USD(約55円)と他のバス会社と比べて非常に安い運賃が特徴です。

Downtown Aはウォルト・ディズニー・コンサート・ホールやリトルトーキョーのバス停があり、観光に便利です。ただし、他のバス会社と比べて土日に運行していない路線が多いので乗車する際は注意が必要です。車体は青と白でカラーリングされています。

料金体系について

ロサンゼルスのバス料金は、バス会社によって違いは少しあるものの、基本的には路線問わず均一です。料金を一覧で確認してみましょう。

  • メトロ・バス:1.75UED(約193円)
  • メトロ・ラピット:1.75UED(約193円)
  • ビッグ・ブルー・バス:1.25USD(約138円)、急行は2.5USD(約275円)
  • ダッシュ:0.50USD(約55円)

路線や急行かどうかによって料金が異なることがあるので、注意してください。また、土日に運行しない路線もあるので、初めてロサンゼルスに行く人は事前に利用する路線の時刻表をチェックしておいたほうが無難です。

また、各社1DAYチケットや定期券などを発売しています。滞在が長期の人や、バスでの移動が多くなることが予想されている人は、お得な切符の購入も検討しましょう。

支払方法

料金について注意したいのは、メトロ・バス、メトロ・ラピット、ビック・ブルー・バス、ダッシュは前金制です。ただし現金で支払う場合、お釣りは出ないので、バスに乗る前はそれぞれの小銭を準備してくださいね。

また、どのバスを乗るのにも「Tap card(タップカード)」というチャージ式のカードが非常に便利です。日本のsuicaやpasmoと同じようなシステムで、購入はメトロの駅やネット、ビック・ブルー・バスのオフィスで購入とチャージが可能です。バスではチャージできないので、注意してください。

バスの乗り方

ロサンゼルス バス 乗り方

ロサンゼルスのバスの乗り方は、日本とは少し異なります。事前にチェックしておくと安心です。

流れ(1)停留所

まずは停留所を見つけましょう。ご紹介したようにロサンゼルスでは、たくさんのバス会社がたくさんの路線のバスを運行しています。バスの色を手掛かりに間違えないように気をつけましょう。

流れ(2)乗車

バスには前から乗ります。支払いは前払いです。運転手の横にある料金箱にちょうどの現金を投入するか、TapCardをタッチして支払います。バスによっては乗り換えの申告が必要な場合があります。

流れ(3)着席

席が空いていれば着席しましょう。ただし、車内の雰囲気をチェックして違和感があれば無理に座る必要はありません。また、バスには優先席(priority seatsなど)があるので、座るときは注意してくださいね。

流れ(4)下車

バス会社によって異なりますが、多くのバスでは「紐」を引っ張って乗車を知らせます。日本のようなボタンはない場合がほとんどです。

ロサンゼルスでバスに乗る時の注意点

ロサンゼルス バス 注意点

ロサンゼルスでのバス移動は非常に便利ですが、トラブルに巻き込まれないために知っておきたいポイントがあります。ロサンゼルスでバスに乗る時の注意点は次の2つです。

注意点(1)乗車時間に注意する

日本だとバスや電車に乗る時間に気をつけることはまずありません。しかし、ロサンゼルスでは夜や早朝など、人通りが少ない時間帯の利用は極力避けましょう。

移動が必要な場合は、バスではなく、タクシーを使ってください。これはバスに限らず電車でも同じです。危険な場所は他の場所と比べて雰囲気が異なります。そんなのわからないよ……という人は、事前に「ロサンゼルス 危険地域」など検索をして、危ない地域をあらかじめ把握してください。
参考記事:ロサンゼルスの治安は大丈夫?現地のトラブル事例から危険な目に遭わないためのポイントまで紹介

注意点(2)バス停周辺の治安に注意する

バス停がある場所が安全かどうかも注意してほしいポイントです。バスを利用する時間によって、危険地域の近くで長時間待たなくてはいけないなんていうことも起きる可能性があります。

バスの本数は日本と同じように、利用者が少ない時間は減ってしまいます。まだ明るいから大丈夫と油断せず、長時間待たなくてはいけない場合は、タクシーを利用してください。

注意点(3)人をすぐに信用しすぎない

私が海外を旅行するときに気をつけているのは、声をかけてくる人をすぐに信じないことです。

国民性もありますが、ただバスに乗っている人に積極的に声をかけるのって不自然だと思いませんか?海外だと感覚が鈍ってしまうことが多いですが、声をかけてくる人を相手にしているとトラブルに巻き込まれることがあります。

もちろん本当の親切心や興味からということもありますが、あまり愛想よくしすぎないことも安全にバスを利用するためのポイントです。

ロサンゼルスの街を楽しむなら観光バスもおすすめ

ロサンゼルス バス 観光

ロサンゼルスには、ご紹介してきたように整備されたバス路線があります。自然豊かでたくさんの見どころがあるロサンゼルスを旅するなら、観光バスを是非おすすめします!

LAの観光バスについて

観光バスでの旅行は、見どころを効率よく回れるのが一番のポイントです。行きたいと思っている複数の観光地をまるっと網羅できるだけでなく、移動や乗り換えの心配がないので、英会話に自信のない人、方向音痴の人にもおすすめできます。

ロサンゼルスはハリウッドやサンタモニカ、ディズニーリゾートなど世界屈指の観光地が点在しています。現地滞在時間が限られているけれど、できるだけ多くの観光地を回ってロサンゼルスを堪能したいと思っている人はぜひ観光バスを利用してみましょう。

おすすめのバスツアー

ロサンゼルスに来たならぜひ参加したいオススメのバスツアーをご紹介します。今回ご紹介するのは、価格や内容にこだわっている2つのツアーです。

おすすめツアー(1)「乗り降り自由!ロサンゼルス観光地周遊バス」

ロサンゼルスの人気観光地を巡ることができる「ホップ・オン・ホップ・オフ」を利用するプランです。

チャイニーズシアターやハリウッド、サンタモニカなど6つのルートからお好みのルートを選べます。ロサンゼルスの観光地ほとんどを網羅しているので、移動の心配は不要。とことんロサンゼルスを堪能した衣という人におすすめです。

「乗り降り自由!ロサンゼルス観光地周遊バス」ツアー詳細ページ

おすすめツアー(2)「ロサンゼルスのグランドツアー」

ガイドとともにロサンゼルスの主要スポットを巡るツアーです。ハリウッド周辺から、ウォルトディニズーコンサートホール、ショッピングモール、ファーマーズマーケットなどを訪れます。

観光はしたいけど丸一日拘束されるのはちょっとという人は、5時間半で効率よく観光できるこのツアーがおすすめです。ホテルへの送迎もついているので、女性だけの旅でも安全です。

「ロサンゼルスのグランドツアー」詳細ページ

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、これからロサンゼルスを訪れる予定のある人に向けて、バス情報を徹底解説してきました。ロサンゼルスはのどかで自然豊かな人気の観光地です。

非常に整備されたバスを使うことで、より楽しい滞在になること間違いなしです。ただし、トラブルに巻き込まれないために、バス利用時に注意しておきたいポイントもあります。今回ご紹介した内容をご参考に、ロサンゼルスでの滞在を思いっきり楽しんでくださいね!

ロサンゼルス留学
日本の留学生に最も人気のある西海岸の玄関口
掲載学校数 56
都市の詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Ayaka

Ayaka

編集者・ライター。18歳の時に初めてタイを訪れてから、ひとり旅に魅せられ以後ライフワークに。「Where am I?」すら英語にできないレベルから、10年経って、ようやく普通の会話には困らないレベルになりました。夢の海外移住のためもう一歩上の英語力を目指して日夜勉強中です。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。