【お知らせ】ゴールデンウィーク期間中(2019年4月29日〜5月6日)も毎日休まず営業します。お気軽にご相談ください!詳細はこちら

「フィリピン留学+ワーホリ」の効果とは?仕事を見つけるためには英語力が欠かせない

フィリピン留学+ワーホリ

ワーキングホリデーへ行きたい人の中には、フィリピン留学を考えている人も多いかと思います。

そのような人の中には、

・「フィリピン留学からワーホリへ行った人の話を聞きたい」
・「フィリピン留学ってぶっちゃけどうなの?」
・「フィリピン留学で英語力はつくの?」

といった疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

本記事では、フィリピン留学からワーホリへいった私の経験談を踏まえつつ、フィリピン留学とワーホリについて解説をしていきたいと思います。

【PR】

フィリピン留学をしてからワーホリする人が増えている

フィリピン留学+ワーホリ

以前はワーホリで現地にある語学学校へ通うのが一般的でした。

しかし、現在ではフィリピン留学からワーホリへ行く人が増えています。

実際に、私の周りにいるワーホリ経験者の半数以上がフィリピン留学経験者。現地の物価の安さも関係して、フィリピン留学の人気が高まってきているようです。

後ほど、フィリピン留学のメリットも紹介しますので、参考にしてみてください。

フィリピンの語学学校とワーホリ対象国の語学学校の違い

フィリピン留学+ワーホリ

まずは、フィリピンとワーホリ対象国の語学学校の違いを解説していきます。

レッスン方式(集団とマンツーマン)

集団レッスン

ワーホリで人気のカナダやオーストラリアの語学学校では、生徒数も多いため「集団レッスン」が一般的です。

複数人で同時にレッスンを行うため、「英語を話す時間が短い」というデメリットがあります。

積極的でない人は、「授業中に一度も話せなかった」という人もいて、英語の上達が遅れてしまう可能性も。

個人レッスンにする方法もありますが、料金がかなり高額になるので、よく考えてから決めてください。

マンツーマンレッスン

一方、フィリピン留学では「マンツーマンレッスン」が一般的です。

講師と一対一でレッスンが行われるため、嫌でも英語を話す環境に身を置けます。

私もフィリピン留学中はマンツーマンレッスンを毎日受けていましたが、必死に講師と話さなければならないので、英会話力が一気に伸びました

英語漬けの環境に身を置くならフィリピン留学がおすすめです。

生活スタイル(ホームステイと寮)

ホームステイ

ワーホリ先の語学学校へ通う人の中には「ホームステイ」をする人もいます。

ホストファミリーと生活をするので、現地の英語を肌で体感しながら勉強することができます。

朝食や夕食が提供されるい家もあるので、自炊が苦手な人にもおすすめです。

ただ、ホストファミリーの食事が口に合わなかったり、ルールが厳しかったりなどの理由でホームステイをやめる人もいます。

事前に、どんなホストファミリーなのか、ルールは厳しくないかなど確認をしておきましょう。

フィリピン留学では、ほとんどの学生が学校の寮に入ることになります。

私の場合は、3食の食事と洗濯が含まれている学校だったので非常に楽でした。

部屋に関しては、相部屋で複数人と生活をするのが一般的です。1人がいい場合は、個室もありますが、料金は少々高くなります。しかし、ワーホリ先の物価にか比べれば非常に安いので、検討してみてもいいかもしれません。

フィリピン留学+ワーホリのメリット

フィリピン留学+ワーホリ

それでは、フィリピン留学からワーホリへ行くメリットを紹介していきたいと思います。

フィリピン留学は費用が安い

フィリピン留学最大の魅力は、なんといっても料金の安さにあります。

ワーホリ人気国のカナダやオーストラリアで学校に通うと、最低でも月30万円前後はかかってしまいます。

一方フィリピン留学は、学費、生活費、食費をすべて含めても1カ月15万円前後で済ますことが可能です

私もセブ島の語学学校へ通っていましたが、1カ月の学費(3食付き)が15万円前後でした。

娯楽や外食に関しても格安で、300円あればお腹いっぱい食事をすることができ、観光地の物価も安かったです。

オーストラリアなどでは、食事をすると数千円かかるのが普通なので、物価が安いフィリピンは非常におすすめです。

私の知り合いで、オーストラリアへのワーホリ後にフィリピン留学に行った人がいましたが、フィリピンの物価の安さに驚いていました。

「オーストラリアでは外食ができないけど、フィリピンなら毎日外食ができる」と目を輝かせていたほど。

フィリピンで学費を抑えつつ、ワーホリに備えるのは鉄板のコースになってきました。

英語力がアップしているため、ワーホリで仕事が見つかりやすい

フィリピン留学からワーホリ行く場合、現地での仕事探しがしやすくなります

現地へ到着した時点で、ある程度は英語力が身についています。いきなりワーホリへ来た人よりも英語ができるので、仕事の採用率もグッと上がります。

ワーホリで仕事をしたい人は、フィリピン留学でしっかりと英語を身につけてから行くのもありです。

ワーホリ期限の1年間を最大限活用できる

ワーホリで現地の語学学校へ通うと、その分だけワーホリ期間が短くなってしまいます。

語学学校を卒業した頃には、もう残り数カ月しかないということもあります。

その点フィリピンで語学留学をしていると、ワーホリの1年間を最大限に楽しむことが可能です。

ワーホリの時間をがっつり活用したい人は、ワーホリ前にフィリピン留学へ行きましょう。

フィリピン留学+ワーホリのデメリット

フィリピン留学+ワーホリ

フィリピン留学はメリットばかりではありません。デメリットもあるので、しっかりと確認をしておきましょう。

移動費が必要になる

フィリピン留学は、単純に移動費がかさんでしまいます。

直接ワーホリへ行くのであれば、片道の航空券だけでいいですが、フィリピン留学の場合そうはいきません。

フライトが最低でも1つ増えるので、移動が苦手な人や、航空券が高い時期に行くと、損をしてしまう可能性があります。

おすすめは、航空券が安い時期に留学をして、ワーホリをすることです。

私は東京からフィリピンまで3万円台で行くことができたので、そこまで費用はかかりませんでした。

ワーホリの現地の語学学校に通わない場合、友達を作るチャンスが少ない

フィリピン留学後にワーホリ先の学校に通わない場合、現地の友達を作る機会が少なくなります。

現地の学校に通うのであれば、友達もできて、仕事やリアルな情報をすぐに得ることも可能です。

情報収集や友達作りといった面では、フィリピン留学はおすすめできないかもしれません。

しかし、私がフィリピン留学をした時は、ワーホリに行く人が非常に多かったので、友達がたくさんでき、情報収集もスムーズでした。

フィリピンはエリアによってインフラが不安定

フィリピンは交通網が発達していない地域があるので注意が必要です。

私はセブ島にいましたが、電車がないので交通渋滞に悩まされました。特に夕方から夜にかけては、タクシーに乗っても全然進めないのが日常茶飯事。

事前に、現地の交通事情を調べて行くことをおすすめします。

フィリピン留学+ワーホリの成功事例

フィリピン留学+ワーホリ

それでは、フィリピン留学からワーホリを成功させた人の事例をみていきたいと思います。

ワーホリ先へ行ってすぐに仕事が決まる

フィリピン留学をしていると、ワーホリ先ですぐに仕事が決まる人が多いです。

実際に、私と一緒にフィリピン留学をしていた人も、現地へ入ってすぐに仕事が決まったと言っていました。

また、フィリピン留学はマンツーマンレッスンが基本なので、現地の仕事でも慌てることなく、業務に取り組めるようです。

レベルの高い学校に通える

私の通っていたフィリピンの語学学校の生徒には、ワーホリ先にあるレベルの高い学校へ行きたい人が多かったです。

・「現地のレベルが高い学校へ通いたい」
・「TOEIC700点以上しか入れない学校がある」

こういった目標を持っている人も多く、フィリピン留学で力をつけてからワーホリへ挑む人もいるのです。

私の友人も、フィリピン留学で力をつけてレベルの高い学校へ行っていました。

フィリピン留学+ワーホリを成功させるために必要なこと

フィリピン留学+ワーホリ

続いてフィリピン留学+ワーホリをする際に前もってしておきたい必要なことを以下でご紹介します。

留学やワーホリの目標を決める

フィリピン留学とワーホリを成功させるためには「目標」を決めることが大切です

目標がないと英語力がつかなかったり、ワーホリから帰国してからのビジョンも崩れてしまいます。

・「海外就職をするためにビジネス英語を身につける」
・「TOEIC800点を取る」
・「現地で友達100人作る」

など、具体的な目標を決めておきましょう。

日本で英語の事前学習をしておく

フィリピン留学前に中学英語はマスターしておきましょう。

語学学校側からも口すっぱく言われましたが、フィリピン留学にきてから英語学習を始める人は「時間の無駄」です

日本でできる学習はある程度終わらせておくと、フィリピンでのレッスンがスムーズにスタートできます。

単語なども学習しておくと、フィリピンのレッスンの勉強に時間が割けるのでおすすめです。

ワーホリ中も英語学習を続ける

フィリピン留学を終えてワーホリへ行った途端に英語学習を辞める人がいますが、ワーホリを台無しにしてしまう可能性があります。

英語学習を継続しないと、英語は頭から抜けてきてフィリピンへ行った意味もなくなります。

ワーホリを最大限に楽しむためにも、英語学習は続けるようにしてください。

ワーホリ前のフィリピン留学が向いている人とは?

フィリピン留学+ワーホリ

では一体、どんな人がフィリピン留学に向いているのでしょうか?以下で解説をしていきます。

英語初心者の方

フィリピン留学は、マンツーマンレッスンが基本です。そのため、英語がわからない初心者でも、すぐに質問をすることができます。そして講師とマンツーマンなので、英語力が一気に伸びると思います。

私もフィリピン留学前は、「Hello」しか言えませんでしたが、3カ月間続けると英語での日常会話ができるようになりました。

フィリピン留学は英語初心者に最もおすすめの留学方法だと思います

ワーホリ中にオフィスワークやサービス業を希望する人

ワーホリでがっつり仕事をしたいという人にはフィリピン留学がおすすめです。

いきなりワーホリへ行くと、語学学校へ通ったり、英語を勉強しながら仕事を探したりすることになります。

しかし、フィリピン留学をしていれば、すぐに仕事を探して稼ぐことが可能です。

マンツーマンレッスンで鍛えた英語力は、オフィスワークやサービス業に使えます。

フィリピン留学+ワーホリに必要な費用

フィリピン留学+ワーホリ

・フィリピン留学3カ月間

航空券 約5万円
ビザ 約3万円
授業料 約40万円
教材費 約1万円
生活費 約10万円
合計 約61万円

・ワーホリ1年間(オーストラリア)

ビザ申請料金 約3万5千円
航空券(フィリピンから) 約7万円
海外旅行保険(年額) 約20万円
生活費(宿泊費) 約120万円
合計 約150万円

フィリピン留学3カ月+ワーホリ1年間=191万円

約200万円あればフィリピン留学とワーホリをすることが可能です

語学学校や生活スタイルによって金額が変わってきますので、しっかりと計画を立ててください。

ワーホリ前のフィリピン留学におすすめのエリア

フィリピン留学+ワーホリ

次では、フィリピンの中のおすすめの留学エリアについてご紹介します。

セブ島

セブ島はフィリピン留学で最も人気のエリアです。

日本人経営の語学学校もあり、学校の種類もフィリピントップクラス。

また、世界的に有名なリゾート地でもあるので、観光スポットやショッピングスポットも多いです。

私もセブ島で留学を経験しましたが、日本と同じように生活用品も揃っていたので、不自由はなかったです。

セブ島留学
フィリピン留学の聖地であり、世界屈指のリゾート
掲載学校数 95
都市の詳細を見る

マニラ

フィリピンの首都であるマニラは、高層ビルが立ち並ぶ東南アジア屈指の大都市です。

フィリピン中から優秀な講師が集まるので、本気で勉強をしたい人におすすめ。

しかし他の地域と比べて物価は高いです。それでも都会的な生活を楽しめるので、田舎より都会がいいという方には良い環境です。

マニラ留学
アジア有数の巨大都市であり、ビジネスの中心地
掲載学校数 23
都市の詳細を見る

バギオ

バギオは日本人が少ない地域なので、英語をがっつり勉強したい人におすすめです。

フィリピンの避暑地とも呼ばれており、語学学校も多いので、勉強に集中できる環境が揃っています。

マニラからバスで7時間程度かかりアクセスは悪いですが、静かに英語を勉強したい人からは人気です。

バギオ留学
フィリピンの軽井沢と称される涼しい気候の高原都市
掲載学校数 22
都市の詳細を見る

まとめ

格安で行けるフィリピン留学は、英語学習に最適です。

マンツーマンでレッスンを受けることができるので、現地での仕事も見つけやすいのもいいですね。

ワーホリへ行きたいと思っている人は、ぜひフィリピン留学を検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

しっしー

しっしー

コンビニ商品開発職を退職後、ライター兼ブロガーとして独立。現在はオーストラリア在住ライターとして活躍。主に留学やオーストラリアについて発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。