School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

TOEICってどんな問題形式?配点や解答のコツ、おすすめ問題集など解説します

テスト

「TOEICのテストってどんな問題が出るのだろう……」

と悩むTOEIC初心者の方は、多いのではないでしょうか?

TOEICはパート1から7まで問題があり、前半はリスニング、後半はリーディングに分かれています。200問を2時間で解くため、問題傾向や対策、時間配分を考えることが欠かせません。

とはいえ、初めてのTOEICテストだとなかなかイメージしにくいですよね。

そこで今回は、

・パート1から7までの問題形式と対策
・TOEIC対策におすすめの参考書
・テスト当日の注意点
・スコアアップが難しいときの対処法

を中心にお伝えします。「1〜7まで対策をするのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要を理解するだけならば簡単です。

まずは問題傾向について、大まかに理解しましょう!

【PR】

TOEICってどんなテスト?出題形式と必要な英語力とは

試験

まずは、

・TOEICテストの出題数や出題形式
・必要な英語力

をお伝えします。

TOEICはパート1から7までの200問を2時間で解く

まずTOEICは、7つのパートに分けられています。合計200問を2時間で解きます。

各パートの問題は、以下の通りです。

【リスニング】
パート1:写真描写(6問)
パート2:応答(25問)
パート3:会話(39問)
パート4:説明文(30問)

【リーディング】
パート5:短文穴埋め(30問)
パート6:長文穴埋め(16問)
パート7:長文読解(54問)

それぞれ問題形式が異なるため、パートごとの対策がスコアアップのカギです。

TOEICスコアでわかる英語力:平均の400点には、中学英語が必要

TOEICを基準とした英語力を、スコア別にまとめました。

200点台 中1の英語もわからない
300点台 中学英語もあやふや
400点台 中学英語の基礎はわかる(日本人大学生の平均レベル)
500点台 中学英語はひと通り理解できる
600点台 高校英語の基礎は理解し、ゆっくりであれば日常会話ができる
700点台 日常会話やビジネス英語を理解できる
800点台 ビジネス英語を理解し、やりとりもできる
900点台 英語を何不自由なく使いこなせている

日本人の平均は「400点台」です。このスコアに近づくためには、最低でも中学英語の理解が欠かせません。

続いては、各パートの問題形式や対策を詳しく解説します。

リスニング:パート1「写真描写問題」の形式と対策

パート1は、写真を使った問題が6つ用意されています。

しっかりと点数をとるために、パート1の問題形式や難易度、解答のコツを紹介します。

パート1の問題形式と難易度

パート1はそれぞれ写真が1枚用意されており、内容について正しい選択肢を選びます。設問文と選択肢は書かれていません。

写真は、以下の5パターンあります。

【人物写真】
(1)1人だけの写真
(2)2人の写真
(3)3人以上の写真

【人物以外の写真】
(4)乗り物
(5)風景

パート1の問題と解答例

パソコンに向かう人々

例えば上記のような写真をもとに、以下の文章が読まれます。

A.They are taking some glasses off.
B.They preparing to leave the table.
C.They are carrying the table outside.
D.They are talking together around laptop.

正解はDです。

パート1で高得点を取るための対策

まずパート1のコツは、「5W1Hを聞き取ること」です。

【5W1H】
・Who(誰が)
・Where(どこで)
・What(何を)
・When(いつ)
・Why(なぜ)
・How(どのように)

誰が何をしているのかを聞き取ることで、解答できる確率がアップします。例えば、「男性がスマホを持っている」「女性がコピーを取っている」などです。

状態を問うため、選択肢は「現在進行形(be adjusting:~を整えている)」や「受動態(be placed:〜が置かれている)」が多いです。反対に、「過去形」「現在完了形」などはあまり出てきません。

もしもAやBなど早い段階で正解がわかっても、選択肢は最後まで聞いてください。早く判断してしまい「答えっぽい解答」にひっかかると、スコアダウンにつながります。

パート1対策におすすめの問題集

パート1の選択肢は、シンプルな文章構成がほとんど。そのため「文法」を強化することで、正解率がアップします。

以下の参考書は、基本となる中学3年分の英語を復習できます。


中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

すでに中学英語を理解している人は、以下がおすすめです。

高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。

リスニング:パート2 「応答問題」の形式と対策

TOEIC

パート2の文章は基本的に短いものの、スコアダウンの原因にもなりやすいです。スコアを落とさないためにも、問題形式や解答のコツを理解しましょう。

パート2の問題形式と難易度

英語の設問を1つ聞いたあと、A〜Cの選択肢から正しい答えを選びます。設問文と選択肢は、問題用紙に書かれていません。

パート2の特徴は、以下の通りです。

・日常や仕事場でのワンシーンを想定
・短い文章

出題は全部で25問です。

パート2の問題と解答例

以下のような質問がされます。

・Where is the new FAX machine?(新しいFAXはどこにありますか?)

続いて、選択肢が読まれます。

A.Conference room.
B.I’ll send a FAX tomorrow.
C.By Wednesdday.

場所を聞かれているため、答えはAの「会議室」ですね。

パート2で高得点を取るための対策

パート1と同じになりますが、コツは「最初の疑問詞を聞き逃さないこと」です。

Where(どこで)」や「Why(なぜ)」、「How many(何個の)」などを聞き取れれば、場所や個数を答えている選択肢を選ぶだけですよね。

ただし中には「平叙文」という疑問詞のない、情報を伝える文章もあります。例えば「私は昨日、〇〇に行きました」などです。その場合、答えの選択肢は「〜でしたか?」など、疑問詞の確率が高いです。

パート2対策におすすめの問題集

対策として、“日常会話”のストックを作りましょう。


どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

リスニング:パート3 「会話問題」の形式と対策

会話する男性

パート3のポイントは、設問文を先に読むことです。

問題形式や解答のコツと合わせてお伝えします。

パート3の問題形式と難易度

パート3は複数人での会話を聞いたあと、会話の内容について答えます。会話文は13個、設問はそれぞれ3つずつの合計で39問に解答します。

パート3の特徴は、以下の通りです。

・設問1は前半、2は中盤、3は後半と順番に聞かれる
基本的に2人組の会話が多く、会話を見失わなければ難しくありません。

・数問ほど図表付きの問題もある
図は例えば、

・ホテルや会議室の値段
・プリンターなど商品の値段
・地図
・1日のスケジュール
・クーポン

などです。

音声と図の両方に集中する必要があるため、難しく感じることも。そのときは。ほかの問題に集中するのも1つの手段です。

パート3の問題と解答例

英文のあと、このような設問があります。

・Why is the woman calling?
・What does the man ask the woman about?
・What does the man offer to do?

そして、問題用紙に書かれているA〜Dの選択肢から正解を選びます。

パート3で高得点を取るための対策

まず設問文を最初に読んでおくことが欠かせません。

設問文を先に知っておくことで、質問内容が大まかにわかりますよね。そのためリスニング中、答えを探すことに集中できます。

そしてパート3の設問は、主に以下の7パターンです。

【設問のパターン】
・話の主題(このトピックは何について話しています)
・目的(なぜ女性はメールを送ったのですか?)
・職業(男性の職業は何ですか?)
・関心(男性が感じる問題点は何ですか?)
・登場人物の要求(女性が要求していることは何ですか?)
・次の行動(男性は何をしようとしていますか?)
・提案の内容(女性は何を提案していますか?)

ビジネス英語ではなく日常会話が中心のため、リスニングのハードルは高くありません。

パート3対策におすすめのアプリや問題集

パート3では、日常会話のリスニング力を鍛えましょう。スキマ時間に活用できるアプリ「ざっくり英語ニュース!StudyNow」がおすすめです。

iOS版はこちら
Android版はこちら

リスニング:パート4 「説明文問題」の形式と対策

電話する女性

パート4の出題形式は、パート3とほとんど変わりません。

そのためパート4のコツも、設問文と選択肢を先読みすることです。詳しく解説します。

パート4の問題形式と難易度

パート4はリスニングの中で、最も文章が長いです。またニュースやスピーチなど、日常会話より硬い内容が中心です。

まずはじめに英語の説明文を聞いて、そのあと設問に答えます。10個の会話文に設問が3つ、合計30問。選択肢は4つです。

パート4は、出題ジャンルがある程度決まっています。

例えば、

・電話のメッセージ
・会議の一部
・公共交通機関でのアナウンス
・ラジオ放送
・広告

などです。

またパート3のように、図表付きの設問もあります。

パート4の問題と解答例

英文のあと、以下の質問がされます。

・What does the speaker say about the repair?
・When can the listener pick up his car?
・What does the speaker offer to do?

そして、A〜Dの選択肢から解答します。

パート4で高得点を取るための対策

パート4は設問文と選択肢が書いてあるため、質問内容を理解しやすいです。

対策は、以下の2つです。

・はじめに設問を読んでおく
質問に関係あるところをピックアップして聞きましょう。必要な箇所のみ聞き取ることで、集中力切れを防ぎます。

・出題ジャンルの英文を読み込む
アナウンスなど公的な内容が多いため、難しい表現が多いです。そのためパート4の頻出ジャンルの英文を読み込んで、問題やビジネス英語に慣れましょう。

パート4対策におすすめの問題集

パート4では、以下の参考書がおすすめです。


高校英文読解をひとつひとつわかりやすく。 (高校ひとつひとつわかりやすく)

リーディング:パート5 「短文穴埋め問題」の形式と対策

虫メガネ

パート5は、短文の穴埋め問題です。文法の知識が必要なため、「文法問題」でもあります。

詳しく解説します。

パート5の問題形式と難易度

文章の()内に当てはまる単語を解答します。選択肢は4つあり、合計30問です。

パート5の問題と解答例

例えば以下のような問題です。

・Among( ) recognized at the company awards ceremony were senior business analyst Natalie Obi and sales associate Peter Comeau.

A.who
B.whose
C.they
D.those

答えはDですね。

パート5で高得点を取るための対策

パート5の対策は、とにかく文法をしっかりと復習することです。英文法の知識や文脈の流れを問われるため、練習問題をやりこむことでスコアアップは可能です。

パート5対策におすすめのアプリ

パート5は以下のアプリで文法を復習しましょう。

初心者向け「早打ち英文法」
iOS版はこちら
Android版はこちら

中学、高校の英文法を復習できます。

リーディング:パート6 「長文穴埋め問題」の形式と対策

本

パート6からは長文問題です。長文の中の空欄に当てはまる解答を選びますが、文法と文脈を読み取る力が必要です。

問題形式と対策のコツをお伝えしますね。

パート6の問題形式と難易度

パート6は合計16問の長文問題です。4つの空欄があり、文法や文脈で当てはまる選択肢を選びます。

パート5の「文法型」の問題と似ているものの、「文脈型」が増えるため長文読解の力が必要です。

文法型

文を一文読むだけで解答がわかることがあります。

文脈型

空欄の前後の2〜3文、もしくは長文全体を読んでそこから当てはまる答えを推測します。選択肢が単語ではなく文章です。

パート6の問題と解答例

パート6は長いため、空欄になっている一文を抜粋します。

To all Park Designs project leaders.

In the coming weeks, we will be organizing several training sessions for ( )employees. At Park Designs, we believe that with the proper help and support from our senior project leaders.

A. interest
B. interests
C. interested
D. interesting

答えはCですね。空欄のあとに名詞「employees」が続いているため、受動態になるのが正しいです。

パート6で高得点を取るための対策

対策は「出題ジャンルを知ること」です。

パート6では、以下の文章がよく出ます。

【出題ジャンル一覧】
・手紙
・メール
・DM
・記事
・アンケート など

これらのジャンルの長文を読み込んで、慣れることがスコアアップの近道です。

パート6対策におすすめの問題集

パート6の出題ジャンルに慣れるためにも、専用の問題集がおすすめです。

TOEIC L&R TEST パート6特急 新形式ドリル (TOEIC TEST 特急シリーズ)

2〜3周は繰り返して使うことで、形式に慣れてきます。

リーディング:パート7 「長文読解問題」の形式と対策

リーディング

最後のパート7は、TOEICの中で最も英文の量が多いです。時間もかかるため、しっかりとコツをつかんでおきましょう。

パート7の問題形式と対策、おすすめ参考書を紹介します。

パート7の問題形式と難易度

3種類の長文問題が出題され、それぞれの内容に関する設問が2〜5つあります。54問とTOEICの中で最も問題数が多く、時間もかなりかかります。

パート7の英文は、以下の3種類です。

シングルパッセージ

1つの長文を読んで設問に解答します。

ダブルパッセージ

関係のある文章を2つ読んで、設問に答えます。

トリプルパッセージ

3つの文章を読んで、設問に解答します。

そしてどのパッセージも、

・チャット
・メール
・手紙

などがよく出ます。

パート7の問題と解答例

パート7も長いため、設問の一部を抜粋します。

According to the advertisement, why is Ms. Ghorbani selling her car?

A. She cannot repair the car’s temperature control.
B. She finds it difficult to maintain.
C. She would like to have a newer model.
D. She is leaving for another country.

このように登場人物の行動や内容について問われます。

パート7で高得点を取るための対策

パート7の対策は、以下の2つです。

はじめに設問を読む

最初に設問を理解して、関係のある箇所を探しましょう。答えに関係のある箇所が出てきたら、そこで答えをマークしてください。

英文の量が多いため、はじめに読んだ内容ほど忘れやすいです。「答えかも」と感じたらすぐにマークしましょう。

英文は冒頭から順番に読む

パート7の答えは、設問の順番に登場します。そのため文末から読む、関係ある箇所を流し読みしながら探すことはあまりおすすめできません。答えが見つからなければ何度も読み返すことになり、時間を大幅にロスするからです。

パート7対策におすすめの問題集

パート7は、とにかく長文に慣れるために、専用の問題集を何度も解くことが欠かせません。


TOEIC® L&Rテスト正攻法で攻めるパート7読解問題 (<cdーrom>)</cdーrom>

パートごとの解説はここで終了です。

続いては、TOEICのサンプル問題集が公開されているサイトを紹介します。

TOEICのサンプル問題をチェックできる無料サイト

パソコン

TOEICの過去問は、公式サイトにも公式問題集にも公開されていません。しかしサンプル問題を見ることはできます。

TOEIC公式サイト

TOEIC公式サイト

すべて無料で利用できますので、一度試してみてください。

スコアやパート別におすすめの参考書は、こちらでも紹介しています。
【TOEIC 対策】スコア・パート別におすすめなTOEIC教材・参考書まとめ

参考書選びに悩んでいる方は、こちらもチェックしてみてくださいね。

TOEICテスト当日の解答のコツや注意点:問題用紙には書き込みしない!

時計

続いては、TOEICテスト当日の

・スコアアップのコツ
・問題用紙に関する注意点

をお伝えします。

TOEICのスコアアップのコツは、時間配分を考えること

TOEICの、特にリーディングの時間配分は、「1問につき何分まで」と決めておきましょう。

目安としては、

・パート5:5〜10分
・パート6:10分
・パート7:50〜60分

です。

もしも時間が足りないときは、得意なパートから解きましょう。確実にスコアを取るために、得意パートを1〜2つは作っておくと安心です。

TOEICテスト当日の注意点:問題用紙への書き込みや持ち帰りは禁止!

TOEICでは、問題用紙に対して以下のことを禁止しています。

・書き込み
・持ち帰り
・撮影や録音、複写

これらはカンニングや、試験問題が外部に漏れることを防止するために禁止されています。

用紙はテスト終了後に回収されますので、うっかり書き込まないように注意してください。

TOEICのスコアが上がらないときは、留学も1つの選択肢

旅行カバン

「なかなかTOEICのスコアがあがらない…」

そんなときは、留学も1つの選択肢です。留学は常に英語に集中する環境が整っているため、短期間でのスコアアップがしやすいです。

実際にフィリピンなど、TOEIC対策に特化した語学学校では、3カ月で200点ほどスコアアップした事例も。費用とまとまった時間は必要ですが、伸び悩んだときはプロの指導を聞くことが1番の近道です。

留学で伸びる英語力については、こちらの記事で解説しています。
留学で英語力ってどれくらい伸びるの?伸ばすコツと伸びない時の対処法まとめ

英語力が伸びるか不安な方は、こちらの記事も読んでイメージをつかんでくださいね。

まとめ:TOEICの問題形式とコツを知って、スコアアップしよう

今回はTOEICの問題や対策、スコアアップのコツをパートごとにお伝えしました。

パートごとにおさらいすると、以下の通りです。

【リスニング】
・パート1:写真の内容
・パート2:日常会話の内容
・パート3:ビジネス場面での会話
・パート4:電話や広告など説明文

コツは5W1Hを聞き逃さないこと。また登場人物の行動にも注目しましょう。

【リーディング】
・パート5:短文の穴埋め
・パート6:長文の穴埋め
・パート7:長文読解

文法を復習すること、速読のスキルを鍛えることがスコアアップのコツです。また各パートの問題集を何度もやることも、有効な対策の1つです。

またTOEIC全般のコツとして、

・時間配分を考える
・得意なパートから解く

などがあります。またTOEICの問題用紙は書き込みや持ち帰りができないため、注意してください。

どうしてもTOEICのスコアが伸びないときは、語学留学もおすすめです。短期間で英語に集中することで、一気に200点ほどスコアアップも可能です。気になった方は、体験談などを読んでみてくださいね。

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。